バーレーンに引っ越しました♪
2014年11月26日、無事バーレーンに到着しました♪
その後の日常は、jijiのバーレーン日記で更新しております。
20130216CIMG2385.jpg

--/--/-- スポンサー広告   EDIT  TOP
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015/07/30 ミラノのこと COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
今回イタリアでの休暇中は、
ミラノで開催されている EXPOにも2回行くことが出来ました。
行くまではただ混んでいるイメージだったけれど、
各国のブースの催し物も盛りだくさんで、想像以上に楽しめました。

20150729IMG_7918.jpg
EXPOの東側の入口。
EXPO専用の駐車場に停めてシャトルバスに乗ると、この入口に下ろされます。
私たちは家からアクセスの良いTrennoという駐車場へ停めました。
駐車料金は1日12.5ユーロ。
EXPOのチケット売り場で駐車場のレシートを見せると、
夜7時以降に使える夜用の入場券(5ユーロ)を無料でもらえます^^
シャトルバスは結構頻繁に出ているので、便利でした。
ちなみにチケット売り場では、
ベビーカーや子供連れだと優先されて列の一番前に行くことが出来ます。

20150729IMG_7919.jpg
EXPOへの入場も子供連れや妊婦さんは一番北側の優先ゲートから入る事が出来ます。
セキュリティチェックは空港並みでした。

20150729IMG_7920.jpg
EXPOの中はこんな感じ
天幕の張られた大通りの両側に各国のパビリオンが並びます。

20150729IMG_7921.jpg
これは東ゲートから入ってすぐのオマーンのパビリオン

20150729IMG_7922.jpg
ロシアのパビリオン

20150729IMG_7923.jpg
日本のパビリオン

20150729IMG_7924.jpg
この後、この台の上には座らないようにと注意されてしまいました・・。

20150729IMG_7926.jpg
日本のパビリオンでは案内するスタッフが全て日本人だったのには驚き。
ここでもベビーカーだったので、優先入場させてもらえました。
開場すぐから日本館は大分行列していたので、これには助かりました。

20150729IMG_7929.jpg
中はとても幻想的
日本館は他のパビリオンに比べてもとても良く準備・構成されていた気がします。

20150729IMG_7931.jpg
日本館のハイライトはこのレストラン。
テーブルに着席し、お箸で画面をタッチしながら四季の食事を目で楽しむというゲーム。

20150729IMG_7932.jpg
選んだ食材の種類や季節によって、それぞれ違う食事が提案されるという仕組み。
日本人とイタリア人のMCが出てきて進行したりと、すごくよく出来ていました。

20150729IMG_7933.jpg
外国人の皆さんもとても楽しんでいた様子

20150729IMG_7934.jpg
日本館はモスバーガーやCOCO一番屋、美濃吉などのレストランが出店していたようです。

20150729IMG_7936.jpg
個人的にはこのクエート館が好きでした。
子供向けのちょっとした迷路(大人の同伴不可)やラクダの競争ゲームなど、
息子はとても楽しんでいました^^

20150729IMG_7937.jpg
文化的な展示もとても充実していました。

20150729IMG_7938.jpg
丁度中央に位置するイタリアのパビリオンのエリアまで到着し、
Lavazzaのカフェで一休み。

20150729IMG_7940.jpg
イタリアでは実はなかなか見ないアイスカフェラテもありました^^
とても美味しかったです。

20150729IMG_7941.jpg
EXPOではあちこちに、無料でお水が汲めるスポットが。炭酸水もありました。
後ろに見えるのはフランス館。

20150729IMG_7942.jpg
オランダ館では外に幾つもの出店が。

20150729IMG_7943.jpg
息子の好きなポテトフライを注文してみました。
大きなフライにケチャップかマヨネーズをのせてくれます。ボリュームがすごかった!

20150729IMG_7944.jpg
これはポーランド館の入口

20150729IMG_7946.jpg
リトアニア館ではしゃぐ息子(笑)
大自然や綺麗な街並の写真に、リトアニアへ旅行してみたくなりました^^

20150729IMG_7947.jpg
Sakotisというバター、卵、砂糖、小麦粉で出来たお菓子。
バームクーヘンに似た味でとても美味しかったです!

20150729IMG_7948.jpg
Riesutelisというクッキー。息子が全て食べてしまったので、味は分からず・・。

20150729IMG_7949.jpg
寄らなかったけれど、外から見たブラジル館
トランポリンのようなネットの上を歩くようなスタイルになっていて、面白そうでした。

20150729IMG_7953.jpg
韓国館

20150729IMG_7954.jpg
白と黒でまとめられていて近代的なムードでした。

20150729IMG_7951.jpg
チェコスロバキア館
小さな浅いプールがあり、たくさんの子供たちが水着で遊んでいました^^
息子ももちろん肌着と裸足で遊びました(笑)

20150729IMG_7956.jpg
スタッフのお姉さんたちが皆息子に優しくで印象的だったタイ館。
出口にはミニスーパーのようなお店があり、インスタントフードや飲み物が売られていました。
ミラノに住んでいたら、色々買っていたかも^^

20150729IMG_7957.jpg
そのスーパーで買ったライチジュースを早速飲む息子。
私も味見したけど、とても美味しかったです。

20150729IMG_7958.jpg
クエート館で子供向け迷路を抜けた後にそれぞれもらえるノートとペンセット。
そして入口で息子がもらったキーホルダー。
子供に優しいところも、中東らしい^^

20150729IMG_8066.jpg
2度目のEXPO。シャトルバスの中にて。
私たちはベビーカーも持って行きましたが、EXPOでレンタルも出来るそう。

20150729IMG_8067.jpg
ウルグアイ館で食事をしました。
手前はチーズのオーブン焼きのような料理。奥は挽き肉の入ったパン。美味しかったです^^

20150729IMG_8068.jpg
かなりブレていますが・・ソーセージも美味でした。

20150729IMG_8069.jpg
締めくくりは、EXPOのシンボルである生命の木で行われる噴水ショー。

20150729IMG_8071.jpg
まるでラスベガスの噴水ショーのような感じ。
音楽のセレクションも良く、素敵なショーでした。
スポンサーサイト

2015/07/29 海と山の家 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
ご無沙汰しています。
バーレーンに越してから初めて、夏休みでイタリアに戻って来ています。
夫の両親や親戚の住むマルケで2週間弱過ごしましたが、
例年にないほどの蒸し暑さにビックリ!
特に山の家では毎年夏でも、早朝や夜はカーディガンを羽織っていたのを覚えていますが、
この夏は夏用のパジャマでも汗ばんで寝苦しいほどでした・・。

今週は雨が降ってだいぶ涼しくなったようですが・・
どこへ行ってもエアコンがきいている中東の砂漠の国、
バーレーンの方がずっと涼しいと感じてしまうほどのこの夏休みでした。

週末には私と息子は日本へ、夫はバーレーンへ戻るので、
今週はミラノに戻り色々な雑用を済ませていますが・・
マルケのMarottaに滞在中行ったレストランがとても美味しかったので書いておきます^^

Marottaの海沿いに佇むレストラン、Ristorante California。
普段はシーフードというと必ずLa Rivaへ足を運んでいたけれど、
たまには新しいレストランも・・ということで、
オンラインで評判の良かったこのレストランへ行ってきました。

7月、8月ともなると週末は海へ来る家族や若者で賑わうMarottaですが、
その日は平日だったのでランチ時にも関わらずお客さんはまばら。
お陰でとてもゆっくり静かで贅沢な時間を過ごせました^^

Ristorante California di Piersanti Antonio
Via Spontini, 2, Marotta (PU)
Tel: 0721 967025


20150728IMG_8008.jpg
まずはパンと飲み物が運ばれてきて・・

20150728IMG_8011.jpg
その後は温かい前菜が。写真は海老ののったポレンタ。
今回は温かい前菜&冷たい前菜の盛り合わせ、そしてプリモを2種注文しました。

20150728IMG_8012.jpg
絶品だったポレンタの後は、ムール貝やボンゴレなどの温かい前菜が一度に運ばれてきて・・

20150728IMG_8013.jpg
最後には冷たい前菜がワンプレートで登場。この時点でもうお腹いっぱい(笑)
冷たい前菜はカルパッチョが特に美味しかったな。

20150728IMG_8014.jpg
プリモ1つめ。シーフードのトマトと生クリームソースの短いパスタ。
美味しいのだけど、かなりこってり目の味です。

20150728IMG_8015.jpg
これはどこで食べても美味しい定番、シーフードのtagliatelline(細めの平たいパスタ)。
ここもLa Rivaに負けないほど美味しかったです。

20150728IMG_8007.jpg
まだ食事前で余裕の表情のSimo・・(笑)
次回は前菜の盛り合わせ(冷製&温かいもの両方)を注文する時は、
プリモは1つだけにしよう・・。

20150728IMG_8009.jpg
店内の様子

20150728IMG_8010.jpg
私たちはテラス席で食事しました。目の前は海で、風通しが良く心地よかったです。
また機会があれば行きたいと思います。
2015/05/28 住居 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
去年の11月にバーレーンに越してからは、
特にこちらのブログに書くこともなかったのだけれど、
先日Simoがミラノの両親と電話で話している時に、家の税金の話になり・・。
イタリアのアパートは売らずにそのままにしているのですが、
去年は確か100ユーロほどだったという固定資産税、
バーレーンに越すにあたり、住民票を海外に転出する手続きをしたところ、
なんと今年分の税金は800ユーロと、大幅に値上がりしたそう・・。

イタリアは1軒目の(住民票を置いている)家に対する税金は安いのですが、
2軒目以降(イタリアでは別荘を持つ人が多いのです)の家は
「贅沢なもの」という扱いになり、毎年高い税金がかかります。
どうやら、私たちの所有するアパートはそれ1軒しかないにも関わらず、
住民票を抜いたことで、「別荘」扱いになってしまった様子。

電気やガスなどは止めているからいいとして、
その税金の他にもかかっているのが家の管理費(spese condominio)。
金額はその家の大きさや形態などにもよるのですが、
私たちのアパートの場合は年に2,000ユーロ弱払っているので、
計算すると年に約2,800ユーロ(約38万円)もの支出!

イタリアには夏に数週間帰るから・・と思っていたものの、
イタリアではミラノだけでなく、Simoの親戚の住むマルケにも1週間は滞在する上、
旅行もするかもしれないことを考えると、ミラノの家に居るのは年に数日程度・・。

色々考えて、不動産屋さんを経営しているSimoのお兄ちゃんに頼み、
ミラノのアパートを賃貸に出すことも考えています。

イタリアは色々な物が日本に比べて安いようで、
実は税金、家の管理費、車のガソリン、その他諸々・・結構生活費や維持費がかかるのです。

バーレーンに来てみると、物価は押し並べて日本やイタリアよりも高いけれど、
まずほとんどの物(特に収入、ガソリン)に対して税金がかからないというところで、
だいぶ生活が豊かに感じます(笑)
イタリアではガソリン(benzina)を満タンにして80ユーロ(約10,900円)かかるところ
こちらではたったの4ディナール(1,200円)!
しかも今バーレーンで乗っているのはSUV車なので、
車の大きさを考えると、イタリアだったらもっとガソリン代もかかったはず・・。

話は逸れましたが・・この夏は7月頃にイタリアに一時帰国する予定なので、
それまでに家を貸すかどうか、話し合って決めたいと思っています。
2014/11/25 引っ越し COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
今日は本当にバタバタでしたが、息子が普段よりも早く寝てくれたのでホッ・・。
いよいよ明日出発です^ ^
荷物は大きなスーツケース3個、ボストンバッグ2個にSimoのスーツ用バッグが1つ。
カタール航空で乗り継ぎですが、飛行時間は合わせて7時間。
日本に行くことを考えたら近いものです。

次はいつアップ出来るか分かりませんが、
落ち着いたらバーレーンでのことも書いていきたいと思っています。

今回イタリアから海外へ引っ越すにあたっての諸手続きについて
ここに覚え書きとしてメモしておきます!

住民票(residenza)
今朝住民票を抜くため市役所(comune)へ行ったところ、
今後住む国のイタリア大使館か領事館へ行き手続きをすれば、
新しい住所などの情報がこのイタリアの市役所へ報告され、それで手続きはokとのこと。
ただ、シモーネが5年前に日本に1年いた時には、
予め出発前にイタリアの市役所に海外への住民票の転出日(出国日)を伝えていき、
その後日本のイタリア大使館で手続きをしたみたいなので、
その後システムが変わったのかどうか分かりませんが・・。
とにかくそう言われたので、それを信じて現地に着いてから手続きをすることにしました。

ゴミ(rifiuti)の税金
これも住む場所によって異なるようですが、
Gaggianoではゴミや道の清掃のための税金がそれぞれかかります。
私たちの場合、ゴミについては年に2回(次は来月)86ユーロの支払いがあるのですが、
海外に行くと行ったら、手続きをすれば最低額の支払いになるようにしてくれるそう。
その場で5ページくらいの書類に記入し、手続き完了。
メールで支払額などの情報が届き、オンラインでその都度支払うことになるそうです。

ガス会社
1、2週間前にSimoが直接ガス会社のオフィスで引っ越す旨を伝え、
(今までは年に4回請求書が届いてから支払っていたのですが)
銀行の引落しに変更する用紙をもらい、今朝オフィスに提出。
年に2、3回ガスの消費量を見るため、メーターのチェックをしに人が家に来ているのですが、
それはSimoが手書きの書面で今日の時点でのメーターの数字を報告すれば
請求書などが来ないよう止めておくことが出来るとのことで、今日提出済み。

電気、インターネット、携帯電話、ケーブルテレビ
2週間ほど前からそれぞれSimoがサービスの停止のための手紙を書き、
書留で郵便局から送付済み。
日本だと電話一本で済みそう(?)ですが・・
イタリアではこうして書面で連絡をしなければならないそう。

テレビの税金
これはイタリア全土共通だと思うのですが、
なんとテレビを持っているだけで毎年税金がかかります・・。
なぜか毎年金額が若干違うのだけれど、今年は確か130ユーロ支払いました。
これもSimoが書面で海外に行く旨連絡済み。
あとは防犯も含めて、テレビをSimoの実家に持っていくだけ。

郵便物
イタリア(田舎)では休暇などで留守の間、お隣さんに家の鍵を渡し
植物やペットの世話をお願いしたり、
防犯のため郵便物を定期的にみてもらったりすることが多いのですが、
私たちもSimoの両親とお隣さんに鍵を託し、
郵便物のチェックと空気の入れ替えなどをお願いする予定。

車の保険
車の保険は丁度今月向こう半年分の支払いがありました。
結局売らずに、次に使う時まで車庫に入れておくことにしたのだけれど、
なんと私たちのような場合、保険を止めておくことが出来るのだそう。
あとはもし人に車を譲渡したり、海外へ持って行く場合でも、
出国日を境に、残りの保険料は後に返金してもらえるみたいです。
2014/11/25 引っ越し COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
昨日は無事に引っ越し屋さんに荷物を持っていってもらい、ホッと一息。
色々と書いてしまいましたが、この引っ越し屋さんの名誉のために言うと、
時間通りに来てくれたし、仕事はとてもテキパキしていて早かったです^^

でも、これも事前に言って欲しかった・・と思ったのは、
電化製品の製造番号(シリアル番号など)を全て書き出さなければならなかったそうで、
せっかく梱包用のフィルムなどで私たちがグルグルに包んだものを1つ1つわざわざ取り出していて・・。
こういったことは私たちから1つ1つ問い合わせすることでもないと思うし、
予め全て細かく連絡しておいてくれれば、お互いにかなりの時間の節約になったのに
・・と思わずにはいれない私(笑)

とにかく次の引っ越しの時には、自分たちでちょこちょこと始めてしまおうとはせず、
あちらのペースに合わせて最初から全て任せてしまった方が
結局はイライラすることが少なくて済むかもしれないという(笑)良い教訓になりました。

2014/11/24 運転免許・書換 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
先日Simoの国際免許証が出来たとのことで、取りに行ってきました。
申請時には費用の一部しか払っていなかったので、残りのお支払いをして、無事に受領。
私たちの場合は申請から2週間半で出来ました^^

日本の国際免許よりも紙がペラペラですが、作りはほぼ同じ。
イタリアのものは3年有効みたいです。(日本のものは1年)

とにかくこれで私もSimoも運転出来るし、良かったです。

20141124IMG_5525.jpg

20141124IMG_5524.jpg
2014/11/24 引っ越し COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
今朝引っ越し屋さんが来たのですが・・あり得ないことばかりでもうグッタリ・・。

まず、自分たちでもう段ボールを買ってしまっていたので、
(これも引っ越し屋さんのお見積もりがなかなか来ないから・・)
それを使うということで話はついていたのに、
今朝になり、自分たちの会社の段ボールに全て詰め直すと言われ・・。
しかも食べ物や薬類は全て持って行けないとまで言われたけれど、
それはSimoが会社に電話をしたら結局大丈夫ということで話が二転三転・・。
出来るだけ省スペースで詰められるよう、
そして壊れ物などのことも色々考えて、箱の中身のリストを作りながら
昨日はラストスパートでほぼ一日かけて終わらせたのに、
今までのこの時間は何だったのか、怒りを通り越して虚しくなり、
気分を紛らわせるためにブログを書いています・・(笑)
しかも洋服とお鍋を一緒に詰めるなんて不衛生だと、文句まで言われ・・。
それなら初めからそう言ってくれれば、
全てベッドルームにただカテゴリー別に荷物を山にして分けて置いておいたのに。
もうただただ虚しいです・・。

ブログに書いて少しスッキリしたので、
もう荷物を持っていってもらえさえすればいいやと、
ポジティブに考えることにします・・^^

さて、出発まであと2日!頑張ります。
2014/11/22 引っ越し COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
10社以上もの会社に引っ越しのお見積もりを依頼して1週間半後・・
結局返事をくれたのは3社のみでしたが、
ミラノ(しかも近所のAbbiategrasso)とバーレーン両方にオフィスがあるという
Crown Relocationsという会社にお願いすることにしました。

お見積もりの返事が来なかったり遅かったりだったので、
早いうちから自分たちで段ボールを買い、
もう自分たちで郵便局から送るつもりでちょこちょこと荷物を詰め始めていたので、
パッキングはこのまま自分たちで終わらせ、ただドアツードアでの運送だけお願いすることに。

パッキングをお任せしてしまうことももちろん出来たのだけど、
バーレーンでは冬という冬がないので冬物などは基本要らないこと、
今の家は売らないこと、そして現地では家具付きのアパートに住むことに決めているので、
ただ全ての荷物を適当に詰めて持って行ってもらう訳にもいかず、
結局自分たちでまず持って行く物と置いていく物の仕分けをしなくてはならなかったので、
それならばそのまま自分たちでパッキングをしてしまった方がよっぽど効率が良い・・。
このパッキング作業が思ったよりも時間がかかり大変だったけれど(笑)
月曜日に引っ越し屋さんが荷物を取りに来るのですが、
なんとかそれまでには終わりそうです^^

あとは車を持って行くかどうかで悩んでいたのですが、
家族会議の結果、コスト的にも手間的にも、
現地でレンタルかリースをする方がいいかもという話でまとまりました。
今の車は売ることも検討したのだけれど、
車の売買に詳しいお友達によると、今は不景気なこともあり、
車屋さんに持って行っても、新しい車を買わないと今の車を引き取ってはくれないとのこと。
実際に近所の車屋さんへ行ってみたのですが、
やはり中古の車が有り余っているので、良い値段で買うのは難しいと言われました・・。
年に1度は長期でイタリアにも戻る予定なので、
車はその時のためにとりあえずそのまま置いていくつもりです。
2014/11/12 引っ越し COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
Simoの新しい会社が就労ビザの申請をして約2週間、
昨日はようやくビザがおりたとの連絡があり、いよいよ引っ越しをするという実感が湧いてきました。

さて、引っ越しの準備はというと・・
先週の水曜日にSimoがメールなどで10社もの引っ越し屋さんにお見積もりをお願いしたのですが、
その週のうちに返事がきたのはたったの2社・・。
どちらも2、3日でお見積もりを出すと言ったのに、もう早1週間が過ぎました(笑)
その間に別のもう1社から連絡がきたそうなのだけれど、
イタリアからバーレーン(引っ越し先の国)への引っ越しというのが前例がないため、
引き受けることが出来ないと断られてしまいました・・。

もうそんなに悠々と待っている時間もないので、
自分たちで引っ越しをすることになりそうですが・・。
ホームセンターで段ボールを買い、パッキングをして郵便局から送る・・
アメリカから日本へ本帰国した時(もう8年も前だけれど・・)、
そしてSimoとイタリアへ移住した時と既に2度経験しているので、まあなんとかなりそうです^^
息子の物が増えたので、今回の方がもちろんずっと荷物は多いのだけれど。
ただ、バーレーンでは家具付きのアパートが多いため、家具は全て置いていく予定で
基本送るものは段ボールだけなので、それだけでもだいぶラクです。
あとは、万が一何か忘れても、現地で何でも調達出来るので・・^^

それにしても、いくら引っ越しを引き受けられないにしても、
ほとんどの引っ越し会社が返事さえしないなんて信じられない・・と1人プリプリ怒っていた私(笑)
日本から戻ってきたばかりなのもあり、地下鉄の切符販売機が壊れていたり、
国際免許の手続きで教習所側が1つ書類を忘れていて、
私たちがまたわざわざ戻らなければならなかったりと、
そういった小さなことがやけに目につき、イライラさせられます・・(笑)

さて、引っ越しまであと2週間。全てスムーズにいくよう祈るばかりです^^
2014/11/07 運転免許・書換 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
最近は育児ブログばかりで、
生活ブログの方はすっかり書くことがなくなっていましたが・・。
ミラノ生活が始まって4年半、実はSimoの新しい仕事が決まり、
海外へ引っ越すことになりました。
新しい会社を通して現在ビザの申請中なのですが、
順調にいけば、今月末には引っ越すことになりそうです。

そんなこんなで、まだビザがおりていないので引っ越す日にちさえ決まらず、
今は気持ちだけバタバタしていますが・・(笑)
少しずつ出来るところから引っ越しの準備を進めているので、
それについてまたこちらのブログに書いていきたいと思います。

さて、今度海外へ引っ越すにあたって、
10月に1ヶ月間日本へ一時帰国していた時に国際免許を取ってきた私。
日本での手続きは至ってシンプルで、免許証、写真1枚、パスポートを申請書と一緒に提出、
手数料2,400円を払い、ほんの10分ほどで交付されました^^

ところが先日、
Simoが近所の運転教習所で(イタリアの免許から)国際免許の申請をしたところ、
もちろん申請を代行してもらうので、
更に手数料がかかるのは仕方ないとは思ってはいたけれど、
手数料の合計がなんと120ユーロ、プラス収入印紙16ユーロ(合わせて約2万円)・・。
更に、提出する写真が確かに本人の物であるという証明書を
市役所で作成してもらわなくてはならず、
たかが国際免許なのに、
日本に比べかなりの手間と費用がかかることにビックリしてしまいました。
約2、3週間で交付されるそうなのですが、遅れないことを祈るばかり・・。
2014/08/18 食べ物 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
昨日は1年ぶり(!)くらいに中華街へ行ってきました。
長い間行きたかったのだけれど、車でそんなに行き慣れた場所ではない上、
着いてから駐車スペースを探すことを考えるといつも先延ばしになっていて・・。
昨日はFerragosto(祝日)後の日曜日。
ほとんどのお店が夏休みをとる期間でもあるので、
行きたかったKathayという中国食品スーパーも空いているかどうか怪しかったのですが、
Simoの「中国人のお店なら絶対に空いてる」という言葉を信じて行ってみると・・
メインストリートであるVia Paolo Sarpiの西側はお店はほぼ休み。
Kathayも残念ながらお休みだったのですが、
東側へ歩いていくとほとんどのお店がオープンしていてとても活気があり、
イタリア人が普段よりも少ないため、まるで中国へ旅行に来ているような気分でした^^

別の中国食品のスーパーが幾つか開いていたので、
International Storeというお店に入ってみる事に。
ずっと買いたかった豆板醤と甜麺醤を無事ゲット^^

朝ご飯に寄ったバールでは久々にタピオカミルクティー(Latte di perla)を飲みました。
近くの小さな中国系モールの中に、タピオカミルクティーの専門店を見つけたので、
次回はそこで飲んでみようと思います^^

以前からあったけれど、点心や火鍋のレストランも気になっている私・・
また機会があったら行きたいなあ。

20140817IMG_0956.jpg
タピオカミルクティー
色々なフレーバーがあるけれど、classicoが一番美味しい気がします。
2014/03/12 レストラン COMMENT(2)  TB(0)  EDIT  TOP
先週末の話。
Bergamoの動物園へ行った後に、お友達がしばらく前にオープンした日本食レストラン、
Miyabiでランチをしました。
Bergamoは近いけれど、息子を連れて車で1時間の旅はまだまだ1人では難しく・・。
ようやく暖かくなり天気にも恵まれた先週末、
やっとレストランへお邪魔することが出来ました。

レストランは2階席もあり、天井が高いのでとてもオープンな雰囲気。
2階席からはお寿司を握る様子を見る事が出来ます^^

メニューは豊富で、悩んだ結果海鮮サラダやカルパッチョ、握り寿司、
裏巻きなどを一通り注文してみることに。
息子用に焼うどんもお願いしました。

料理はもう全てが美味しくて大満足^^
私たちは午後1時前くらいに着きましたが、すぐに席は満席になったので、
予約はした方がいいと思います。

息子は到着した時には寝ていたのですが、
起きてから裏巻きを少しと焼うどんをたくさん食べていました。

次はいつ行けるか分からないけれど、
また機会があればぜひ美味しいお寿司を食べに行きたいと思います。

Miyabi
Via San Francesco d'Assisi 5/B
24121 Bergamo
Tel. 035.244014
http://www.miyabisushi.it/


marc12IMG_0584.jpg
店内の雰囲気

marc12IMG_0585.jpg
2階席で食事をしました。

marc12IMG_0586.jpg
Simoがとても気に入っていた海鮮サラダ
お刺身がたくさんのっていて、ドレッシングもとても美味しかったです。

marc12IMG_0587.jpg
カルパッチョ

marc12IMG_0589.jpg
ツナのクリームやアボカドの入った裏巻き
息子くらいの小さい子供も食べられます。

marc12IMG_0591.jpg
お寿司の盛り合わせ

marc12IMG_0592.jpg
チーズケーキと抹茶のティラミス
これも久しぶりにこんなに美味しいドルチェを食べたと思うほど、絶品でした。
2014/02/20 レストラン COMMENT(4)  TB(0)  EDIT  TOP
先週末の話ですが、久しぶりに日本食レストランへ行ってきました。
GambaraとDe Angeli駅の間にある、先週オープンしたばかりの「ふくろう」というレストラン。
中はお洒落でとても綺麗。落ち着く雰囲気で、サービスも良かったです。
午後1時前くらいに着いたのですが、テーブル席は満席。
息子を連れていなかったので、Simoと2人でカウンター席に座りました。
Simoは目の前で魚をさばく様子が見られて、とても楽しめた様子^^

メニューはお寿司やお刺身、カツ重、唐揚げなどの定食の他、
カレーとラーメン(炒飯と餃子のセットあり)も数種類ありました。
悩んだ末、今回はお寿司のセットとひのき箱 海鮮重をオーダー。
お刺身がとても新鮮で、盛り付けも綺麗。本当に美味しかったです。

お客さんはほぼ日本人で、Simoも「まるで日本にいるみたい」と大喜び(笑)
息子が生まれる前は、我が家から行きやすい立地だったこともあり、もっぱら食事亭でしたが、
今後はこのレストランに行く機会が増えそうです。

Fukurou
Via Trivulzio 16, 20146 Milano
Tel: 02 4007 3383

febr23IMG_0552.jpg
カウンターの板前さんにおすすめして頂いた海鮮重。
すごく美味しかったです。

febr23IMG_0554.jpg
お寿司のセット
これもとても美味しかった。

febr23IMG_0548.jpg
この日は1日遅れのバレンタインということで、Simoと2人でミラノ市内をお散歩。
以前は工事ばかりだったGaribaldiエリアが驚くほどモダンに変わっていました。

febr23IMG_0549.jpg
この奥には期間限定のスケートリンクもありました。

febr23DSC_2724.jpg
バレンタイン当日は特に何もしなかったけれど、チョコレートケーキだけ作りました。
Simoが丁度早く帰宅出来る日だったので、のんびりティータイム^^

febr23IMG_0536.jpg
これはバレンタインとは関係のない日ですが、
スーパーで売っていたハート形チョコレートケーキにSimoがデコレーション。
デコレーション用のペンも一緒に入っていました^^
2014/01/24 住居 COMMENT(2)  TB(0)  EDIT  TOP
もうほぼ1年ほど育児ブログの方しかアップしていないのですが、
ちょっとこちらのブログに書きたい出来事があったので・・。

先週のことですが、なんと我が家に泥棒が入りそうになりました・・。
午後7時半頃息子のお風呂を終えバスルームを出た時に、まるで家のドアの鍵を開けるような大きな音がして、
夫が帰宅したのかなと思ったのですが、なんだか様子がおかしい・・。
その瞬間、その音がベッドルームの雨戸(tapparella)の音だと気付き、
とっさにイタリア語で「誰ですか?」と2回大声をあげました。
するとガランゴロンとベランダの柵に何かが当たるような音がして、その後静かになりました。
泥棒かと思いつつも、まさかという気持ちがあり、
1分くらい息子を抱きかかえたまま考え込んでいた私。
その後ベッドルームの雨戸を思い切って開けてみると、
雨戸の一番下の部分が折れ、変によじれた状態で枠にひっかかっていて、
その他の部分(同じく下の方)も少し割れていました。

そこでようやく本当に泥棒がベッドルーム側から家に入ろうとしたことを確認し、
夫がまだ帰宅していなかったので、すぐにいつも良くしてもらっているお隣さんの所へ。
お隣さんは雨戸の状態を見てからすぐにcarabinieri(警察)に電話をしてくれて、
ほんの2分ほどで警察の人が状況を見にやってきました。
最後に盗難保険に加入しているかと聞かれ、加入していれば保険が修理費用を払ってくれると言われました。

我が家のベッドルームはアパート全体のガレージへの入口や通り
(前にはレストランやヘアサロンも有り)に面していて、
泥棒が来る直前までベッドルームの隣に位置するバスルームでお風呂に入っていた上、
時間は帰宅する人もまだ多い午後7時半。
そんな状況でのこの事件に、近所の人も皆驚いていました。

周りの人には、雨戸を閉める時も少し家の灯りが外に漏れる程度に隙間を開けるようにし、
部屋に人がいない時でも、夜は電気をつけておくよう勧められました。
あとは雨戸の上の方に中からひっかけておくタイプのロック(ganci)を常に使う。
泥棒は昼間何度も下見に来ている可能性もあるので、
家に常にいることをアピールするために昼間は少しでもいいから雨戸を開けておく。
(最近育児で時間がなく面倒だったので、リビング以外の部屋の雨戸はあまり開けることはなかった・・)

イタリアでは日本よりもずっとスリや泥棒の事件が多く、
近所や知り合いでも階数に関わらず泥棒にあったことがある人が本当に多いです。
私が大声を出したことで泥棒は逃げていったので、しばらくはきっと戻ってこないだろうと皆言うけれど、
私が少しでも長くお風呂に入っていたら・・と思うととても怖いし、
我が家も窓に鉄格子(inferiati)をつけることにしました。

早速お隣さんもお願いしたという業者さんに連絡をし、お見積もりをもらったのですが、
大きいドア型の窓3つ、中くらいのドア型の窓1つ、そして普通サイズの窓2つ全てにつけると
なんと金額は5370ユーロ(約76万円)・・。
ちょっと気軽につけられる値段ではありません。
大きいドア型の窓2つ(リビングとベッドルーム)のみだと2160ユーロ(約30万円)とのことで、
とりあえず場所的に一番気になるこの2ヶ所だけ早急に鉄格子をつけてもらうことにしました。

色々と話を聞くことは多かったけれど、
まさか自分の家が実際にターゲットになるとは思わなかったので、ショックでした・・。
雨戸が少し壊れた程度で済んで本当に良かったけれど。
今後も防犯のため出来る限りのことはして、気をつけて生活をしていこうと思います。
2013/02/17 生活 COMMENT(2)  TB(0)  EDIT  TOP
ずっとブログの更新が出来ませんでしたが、1月14日午前9時39分に息子が生まれました。

20130216CIMG2385.jpg

しばらくは育児ブログのみの更新になります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。