| HOME |
バーレーンに引っ越しました♪
2014年11月26日、無事バーレーンに到着しました♪
その後の日常は、jijiのバーレーン日記で更新しております。
20130216CIMG2385.jpg

--/--/-- スポンサー広告   EDIT  TOP
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/11/24 市役所(civile) COMMENT(4)  TB(0)  EDIT  TOP
結婚式を終えて早2ヶ月が経とうとしていますが、新居への引っ越しやパソコンの購入、膨大な量の写真の整理に時間がかかり、ようやくおととい結婚式の写真のプリントを注文してきました。

インターネットでstampa fotoと入れて検索をしたところ、アパートから2ブロックほどの所に写真屋さんを見つけて午後2時半頃に行ったのですが、運悪くその日は午後3時から開店だったようで、仕方なく一旦家に戻ることに。
すると1ブロック戻ったところの信号で何気なく辺りを見回すと、なんともう1軒 NonSoloStampaという別の写真屋さんを見つけました。
そのお店は開いているようだったので、中に入りUSBスティックに入れたデータを渡すと、すぐに写真をパソコンに取り込んで、注文を受け付けてくれました。
先週末にGaggianoに寄った時に近所の写真屋さんで購入したアルバムのサイズに合わせて、20センチ×30センチの写真を25枚、15センチ×20センチの写真を47枚プリントすることにしました。
なんと注文時に料金を払うシステムだったようで、手持ちに十分な現金がなかったためどうしようかと考えていると、持っている現金をとりあえず渡して、残りは写真の受け取り時の支払いで良いと言ってくれました。

P1060414_convert_20101125043615.jpg
Gaggianoで購入したアルバム

そして2日後の今日、学校の後早速写真を取りに行って来たのですが、残りの85ユーロのお支払いために90ユーロを渡したところ、10ユーロ札を1枚返され、5ユーロ分おまけをしてくれました。
なんとなく、見ていたところでは、レジにぴったりのお釣りがなかったから・・という様子でしたが、担当してくれた年配の男性はとても感じが良く、写真も全てキレイに出来ていたので、おすすめのお店です。

NonSoloStampa
Via Felice Casati, 4
20124 Milano
Tel: 02 29522729
Email: posta@nonsolostampa.biz
http://www.nonsolostampa.biz/

P1060412_convert_20101125043417.jpg
NonSoloStampaのお店

P1060416_convert_20101125044230.jpg
20センチ×30センチの写真

P1060415_convert_20101125050844.jpg
15センチ×20センチの写真
スポンサーサイト

2010/10/15 市役所(civile) COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
今日は午後、来年有効期限が切れるパスポートの切り替えをするついでに、婚姻届の提出もしてきました。
婚姻後3ヶ月以内であれば、日本に帰国する時に提出をすることも勿論出来るそうなのですが、せっかく日本に帰国する時には出来るだけそういう事に時間を使いたくないため、こちらで手続きをしてしまうことにしました。

先月日本の祖母が送ってくれた戸籍謄本、そして先週Simoの両親にGaggianoの市役所で取得してもらった結婚証明書 (Certificato di matrimonio)とSimoの国籍証明書 (Certificato di cittadinanza)をそれぞれ2通づつ持って、日本領事館へ。
領事館が用意してくれた雛形を使い結婚証明書と国籍証明書の訳文を完成させなくてはならない上、婚姻届は手書きで2枚記入をしたので、パスポートの申請書も含めて1時間近くもかかってしまいました。
婚姻届は基本的な個人情報の他、Simoの両親の名前 (カタカナ)、私とSimoの同棲期間、同棲前の2人の職業まで記入する箇所がありました。
最後に婚姻届の下に私の署名と、印鑑の代わりに右手親指を朱肉につけ拇印を押して終了。

今日提出した内容が日本の戸籍謄本に反映されるまでには2ヶ月ほどかかるそうですが、次に帰国する時には私が世帯主の新しい謄本が出来ているはずなので、1通取りに行ってみようと思います。

2010/10/08 市役所(civile) COMMENT(4)  TB(0)  EDIT  TOP
Simoと結婚してから、ここ数日名字を変えるかどうかについてずっと考えていました。
インターネットを使って、同じくイタリア人と国際結婚をした方々の夫婦別姓に関するディスカッションを読んだり、自分なりに名字を変えた場合に生じるメリット・デメリットについても考えてみました。
昨日はミラノの日本領事館にも行き、名字を変える場合の手続きについても聞いてみました。

結論から言うと、イタリアにいて名字を変えることは今までに手続きを終えている書類上の名前の変更を今後していく際に大変な時間と労力がかかりそうだということ、そして私たちの状況として今のところは日本には休暇で帰国するのみで基本的にイタリアに長く住むことになりそうだという点を考慮して、イタリア式に夫婦別姓にすることに決めました。

私はこちらで既に学生の滞在許可証をもらっている上、先日銀行口座を開く手続きもしてしまっているので、これからその登録された名字を変えるためには、日本とは違い夫婦別姓が普通なイタリアでは、なぜ結婚して名字を変えたいのかという点についてまずこちらから出向いて説得をしなくてはならないそうです。
その後、もちろん日本でも銀行口座や運転免許証、クレジットカード、保険、年金などの名前変更の手続きも出てきます。

更に夫婦別姓を選ぶ決め手となったのは、Simoが「もし同じ名字になったら、兄妹になったみたいで変な感じがする」と言ったことです。
私が日本人として夫婦別姓だとなんとなく他人のような気がしてしまうのとは逆に、Simoにとっては夫婦が同じ名字を持つということに対してとても違和感があるそう。
また、夫婦が同じ名字だからといって、「より結婚している」ということにはならないよとも言われ、確かにそうだなと思いました。
最後には、私が良く考えて決めればいいよと言ってくれたのですが、お母さんとも話した結果、名字は変えないという方向でようやく気持ちが固まりました。

一つ夫婦別姓で良いのではと思った点は、将来子供が生まれた時に、イタリアではSimoの名字、そして日本では私の名字で名前が登録されるということです。
パスポートもイタリアのものと日本のものがそれぞれ上記のように違う名字で表記されるそうです。
それを聞いた時に、日本で親しくしていた日本人とドイツ人のハーフの友人が、同じく2つのパスポートを持っていたことを思い出しました。
その子は、2つの名字とパスポート(国籍)を持つことで、日本では日本人として、またイタリアではイタリア人として偏見を持たれずに対応してもらえるので、旅行でも就職の面でも便利だと言い、それを誇りに思っている風でさえありました。
まだまだ先の話ではありますが、そういった長い目で見たときにも、私たちが夫婦別姓の方が自然で良いように思えました。

Simoは一緒にいると日本人のような雰囲気があるので、あまり今までお互いに驚くような違いを感じたことはなかったのですが、今回の件で話し合った時に久しぶりに大きな文化の違いを感じました。
ちなみに、アメリカでは基本的に夫婦は同じ姓を名乗り、また旧姓をミドルネームとして入れることが可能ですが、イタリアではそれは出来ないそうです。
同じアジアで日本とは近いように見える韓国も結婚後は夫婦別姓だと聞くし、国によって本当に様々なようです。
このような、ちょっとしたカルチャーショックが今後もきっと出てくるのだと思うのと同時に、まだまだ知らないことが多くあるのだなあと実感させられた出来事でした。


2010/10/03 市役所(civile) COMMENT(2)  TB(0)  EDIT  TOP
土曜日に無事に結婚式を終えました。

前日はSimoとSimoの両親、お兄さん、ガールフレンド、そして私のお母さんが揃ってのディナーがあり、寝るのが少し遅くなってしまいましたが、土曜日は早起きをして、お母さんに手伝ってもらいながら髪の毛のセットやメイクをしました。

11時からGaggianoの市役所の2階にあるセレモニー用の部屋で、私とSimo、私の証人をしてくれたNさんとSimoの証人Philが市長さんの前に立ち、結婚式が始まりました。

市長さんが話していることは、語学力の問題で残念ながらほとんど分からなかったのですが、途中で2回Simoと私が "Si" と言うところがあり、最後に40㎝×60㎝はあるとても大きなファイルの1ページの下に4人で署名をして終わりました。

その後市役所の外に出て、お隣に住むFraがその日の朝に買って来てくれたお米を皆が私とSimoに向かって投げるという、幸運を呼び寄せるためのちょっとした儀式を済ませ、ランチパーティーへ。

まずは外でのAperitivoがあり、その後レストランの2階の席でランチを食べました。メニューの内容は全てレストランにおまかせしていたのですが、ナスのラザニア風やズッキーニのフリット、かぼちゃのリゾットなど、どれも美味しく頂きました。
最後に食べたウェディングケーキも、量が丁度良く、甘さ控えめで美味しかったです。

人数は20人ほどの小さなパーティーでしたが、アットホームな雰囲気で良かったと思います。

10日ほど前にSimoが購入したiPadで、現在新居でのインターネットは問題なく使えているのですが、まだ写真を取り込む専用ケーブルを買っていないため、写真のアップロードが出来ません・・。
ケーブルを入手次第、写真を少しづつ載せる予定です。
2010/09/21 市役所(civile) COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
昨日は結婚式(婚姻式)の後のランチの場所を決めるため、Simoの両親と2軒のagriturismo(いわゆる農家のことで、レストランや民宿、結婚式を行うこともできる)を訪ねました。

始めに訪ねたIl VisconteはGudo Viscontiという場所にあり、入り口のゲートの向こうには両側を高い木に囲まれた真っ直ぐに続く道が見え、素敵な別荘のような雰囲気。
ただ、木・金・土・日しか営業していないようだったので、改めて週末に出直すことにしました。

2軒目はそこから10分ほど走った場所にあるCascina S. Ambrogioという小さなagriturismoで、中に車が数台停まっているものの、こちらもどうやら同じく週末しか営業していないようでした。
ただ、正確な営業日を見ようと入り口のゲートに近づくと、ゲートが開いたので、情報だけでも聞けないかと思いSimoのお母さんと中に入ってみました。
普段は誰もいないそうなのですが、なんでもその日はオーナーが友人を数人呼んで集まっていたようで、とてもラッキーでした。

まずはレストランの中を案内してもらい、メニューや料金の詳細を聞きました。
60人ほどが入るフロアが2つあるのですが、そこのレストランは結構人気があるようで、私たちのような小さなグループだと、1フロアをまるまる貸切にするのは難しいと言われてしまいましたが、2階奥の一番明るくて良いテーブルを幾つか予約してくれるそうです。
なんと先週末、庭まで使った大きな結婚式と披露宴を行ったばかりだそうで、以前の結婚式やメニューの写真も色々と見せてもらいました。
オーナーの人柄も良く、アットホームな雰囲気も気に入ったので、Simoとも話してここに決めることにしました。
軽いaperitivo、前菜4種、プリモ2種、セコンド2種、ケーキ、そしてワインなどの飲み物を出してもらうことにしましたが、メニューの内容はレストランにお任せということになりました。

今のところ準備は全て順調に進んでいるので、良かったです。

Cascina S. Ambrogio
20088 Rosate (MI)
Tel: 02 90849420

Cascina S. Ambrogio
Cascina S. Ambrogioのレストランの入り口

Cascina S. Ambrogio 2
レストランの前に広がる庭と牧場

Cascina S. Ambrogio 3
レストランの入り口前に飾られたお花と農作物



2010/09/20 市役所(civile) COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
昨日の夕方Simoの両親がミラノへ戻り、今日は結婚式や引越しのための準備でSimoの両親と朝から色々な場所を回りました。
月曜日の午前中は閉まっているお店が多く、午後にCorsicoにあるBomboniere Nellaというお祝い事用の贈り物を扱うお店へ行きました。

イタリアではいわゆる結婚式の簡単な引き出物(Bomboniere)としてアーモンドを砂糖でコーティングしたお菓子(confetti)を配ることが多いそうです。
このconfettiを入れるレースやサテンの袋の種類が豊富で悩みましたが、白いレースにお花の飾りをあしらったものと、それより少し大きめのサテンの巾着タイプの2種類を注文しました。
それぞれ袋の中にSimoと私の名前と結婚式の日付が入った小さな紙 (biglietto)を入れて、クリーム色の可愛いカゴにconfettiを並べて用意しておいてくれるそう。

このお店はconfettiの他にもギフトに喜ばれそうな写真たてやキーホルダー、ティーポットなど様々な商品が置いてあり、見ているだけで楽しい気分になります。

9月30日に出来上がったconfettiを取りに行くので、とても楽しみです。

Bomboniere Nella
Largo Don Giovanni Minzoni 5, Corsico (MI)
Tel: 02 45103407
Email: bombonierenella@alice.it
www.bombonierenella.it
2010/09/16 市役所(civile) COMMENT(4)  TB(0)  EDIT  TOP
今日は朝Simoと一緒に車でミラノ市内へ。張り切って結婚式用の洋服を探しに行ってきました。

午前中はDuomo横のla Rinascenteデパートをくまなく見て回ったのですが、ベビーピンクや暗めのゴールドの素敵なドレスとシフォン素材のトップ、スカートなどを幾つか見つけたものの、思い描いていたクリーム色の洋服に近いものは残念ながら見つからず、もし最終的にどうしてもパーフェクトな洋服が見つからなかった場合にまた戻ってこようと決めてデパートを後にしました。

THANAでランチを食べてから、Porta VeneziaとS. Agostinoにあるインターネットで調べてきたウェディングドレスショップ2軒へ行ってみようかとも思ったのですが、とりあえずはDuomoからS. Babila駅まで続くショッピング通りを歩いてみることに。

何軒かなかなか良いドレスを置いているお店を見た後、Luisa Spagnoliというお店に入りました。
ここは少し年代が上のおばさま向けといった雰囲気で、普段の私だったら入らないようなお店でしたが、洋服の質がとても良さそうだったので、見てみることにしました。
店内をエレベーターで上がった2階にパーティー用のドレスが多くあったのですが、残念ながらざっと見たところ私の希望の色のドレスは置いていないようでした。
店員さんが話しかけてきてくれたので、諦め半分で明るい色のドレスを探している旨伝えると、なんと店内に出ている以外にも奥に幾つか置いてあるとのこと。
早速ライトブルーとクリーム色のドレスを持ってきてくれました。
クリーム色の膝丈ドレスは形がとても良く、ノンスリーブの丸襟で、高めの腰の位置に小さなリボンの付いた2本のベルト風のデザインが施してあります。
試着してみると更に形の良さが分かり、すぐに気に入ってしまいました。

残念なことに同じ色のマッチするジャケットはなく(黒なら素敵なパーティー用の小さなジャケットがあったのですが・・)、店員さんの勧めるカーディガンやショールなどを一通り試着した結果、同じクリーム色の少し端にドレープの入ったショールを合わせることにしました。
しっかりとした生地とコンサバなデザインで少し硬い印象にも見えるドレスですが、ショールをはおると柔らかく華やかな雰囲気になります。

正直に言って、ここまでイメージにぴったりのドレスが見つかるとは思っていなかったので、本当に嬉しいです。
あとは結婚式までの残りの日にちでドレスに合う靴やバッグなどの小物を探す予定です。

Luisa Spagnoliですが、ブランドのウェブサイトを見てみたところ、若い人でも普段着れるような可愛い服が多く、お店に漂うイメージとは少し違う雰囲気でした。
モノトーンや赤のパーティードレスも素敵なものが結構あり、値段も高くはないので、エレガントな中に少しキュートさの入ったデザインが好きな人にはおススメです。

Wedding dress
Simoにはまだ見せていませんが、今日買ったドレスとショール
2010/09/07 市役所(civile) COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
先週末は結婚指輪とドレスを買いに出かけました。

結婚指輪はGaggianoの運河沿いにある小さなジュエリーショップでオーダーしました。
デザインはたくさんあったのですが、一番ClassicなデザインがいいというSimoと、材質はプラチナがいいという私の意見を合わせて、すぐに決まりました。
使用するプラチナのグラム数を決め、指輪の内側に彫ってもらう名前や日付などを伝えて、あとは出来上がり次第連絡がくるのを待つだけです。

ドレスはSimoのお母さんの勧めでCorsicoのEsselungaの向かいにある、DEMASという大きなドレス専門店へ行きました。
結婚式用のドレスとは言っても、10月は市役所での婚姻と親戚・親しい人とのささやかなランチをするだけなので、本格的なウェディングドレスは来年の披露宴までとっておいて、今回は白かクリーム色の膝丈くらいのワンピース風ドレスにジャケットという雰囲気の洋服を予定しています。

店内に入ると、2階が男性用のフォーマルスーツや小物売り場、3階が女性用のウェディングやセレモニー用のドレス売り場となっていました。
早速3階へ向かい市役所での結婚式(rito civile)用の白かクリーム色の洋服を探している旨スタッフに伝えると、教会でのウェディング用のいわゆるウェディングドレスはたくさん置いてあるものの、私たちのイメージに合う洋服はあまりないとのこと。
そう言いながらも初めに出してきてくれた2着のクリーム色と白のロングドレスはどちらもなかなか良かったのですが、残念ながらこれといった決め手がなく、他に見せてもらった膝丈のワンピースとジャケットのセットは、イメージしているほどの華やかさがなく、どちらかというと真面目な仕事用のスーツという雰囲気。
素敵なカラーのドレスは結構あったのですが、やはり結婚式なので白かクリーム色にしたいと思い、妥協せず別の場所で探すことにしました。

イタリアでは新郎は結婚式の当日まで新婦のドレスを見てはいけないというのをうっかり忘れて、Simoの前でドレスの試着をしてしまったので、今回買わなくて良かったのかもしれませんが・・。
Simoはというと、2階で素敵なスーツを見つけ、シャツやネクタイも合わせて購入していました。お店に入ってから購入まで、わずか5分・・。

私の洋服はイメージ通りのものが見つかるかどうか少し不安ですが、まだ時間があるので、今週と来週くらいでミラノ市内のお店やデパートを回ってみようと思います。

2010/06/22 市役所(civile) COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
今朝はSimoがComune di Gaggiano(Gaggiano市役所)へ行く用事があり、そのついでに結婚の日付の予約をしてきました。
色々と手続きが面倒なイタリアですが、今回日付の予約に関しては口頭で希望の日付を伝え、市役所の係の人が役所のカレンダーに記入をして終わりだったそうです。
10月2日(土)午前11時に決まりましたが、まだ数ヶ月先のことなので実感はありません・・。

式(披露宴)の方は、本当は同じ日に行いたかったのですが、早いものでもう来週は7月になるので、10月2日に披露宴もとなると準備の時間が足りないため、来年の春、暖かくなってから披露宴は改めて行うことに決めました。
あと、披露宴の会場をSimoと探していたときに、大きな庭のついた素敵なお城風の会場を幾つか見つけたのですが、イタリアではディナーの時間にApperitivo(カクテルタイム)とディナーを合わせた披露宴を行うことが多いそうで、10月以降になると午後7時前には日が沈んでしまい、例えばせっかくディナー前のApperitivoをお庭で計画しても、暗くなってしまうのではあまり意味がないとのSimoの意見がありました。

実は1軒ミラノ郊外にある運河沿いの結婚式場に先日メールで問い合わせたのですが、仮の日付として2011年6月4日(土)の空き状況を聞いてみたのですが、その日は既に予約でいっぱいだとの返信がありました。
結婚式を1年以上前から計画をするのは日本くらいかなあと思っていたのですが、イタリアでも人気の場所は1年以上前からの予約が必要な様子。

日付も場所も他にまだオプションがあるので良いのですが、出来る限り2人の希望に沿った素敵な結婚式にするためにも、早めに準備を進めていこうと思います。
2010/06/08 市役所(civile) COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
先週末に手続きを済ませた結婚に関する公布について、どのように貼り出されているのか興味があり、学校の帰りに見てきました。

大きな掲示板の一角に他5組のカップルの結婚の公布も一緒に貼り出されていたので、私たちの公布は目立たず少しホッとしました・・。
もちろん他はすべてイタリア人同士の結婚で、日本人(Giapponese)とあるのは私たちのものだけですが。
公布の内容は、Pubblicazione di Matrimonioと書かれた下に、まずどこの市でどの様な種類の結婚式をするのか(rito civileと呼ばれる民事婚か、rito religiosoと呼ばれる宗教上の儀式)が記載されます。
それから新郎(sposo) と新婦(sposa)それぞれの基本情報として名前と出身地、生年月日、住民登録されている場所、国籍などがあり、“この結婚に反対する者は・・”と言った法的な記述が続きます。
最後にこの公布が貼り出される期間(私たちの場合は2010年6月6日から2010年6月13日まで)が書いてありました。

これを見て実際に反対する人がいるのかどうかは分かりませんが、日本にはないとてもユニークな手続きだと思います。

Pubblicazione di matrimonio
一番右上にあるものが私たちの公布の用紙です。
2010/06/06 市役所(civile) COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
昨日は午前10時半にComune di Gaggianoでのアポがあったので、行ってきました。

到着すると受付窓口の横のドアから中に入るように言われ、奥にあるデスクの前に通されました。
それから白いダボダボのTシャツを着たとてもカジュアルな雰囲気の女性が前に座り、まずは今後Gaggianoの役所の掲示板に貼り出されるされる私たちの結婚についての公示(pubblicazione)の内容に間違いがないかどうかの確認をしてから、私とSimoがそれぞれ用紙の最後に署名をしました。
引き続き、職業、最終学歴、住民登録のある場所の名前などGaggianoの統計のための簡単な質問が幾つかあり、最後に14.62ユーロのMarca da bollo (収入印紙)を渡して手続きは終了。ほんの10分ほどで簡単に終わりました。

これから2週間の公示が終わってからでないと結婚式の日程の予約が出来ないとてっきり思っていたのですが、今回公示の手続きが終わり、後は婚姻当日に一緒に来てもらう証人(testimone)2人のIDのコピーをComune di Gaggianoに提出すれば、日程の予約は出来るそう。
証人には、お婿さんには男性の友人、お嫁さんには女性の友人を選ぶのが普通だそうで、現在Simoが誰にするか考えているところです。
2010/05/30 市役所(civile) COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
婚姻の手続きに関して、Comune di GaggianoからSimoの分の必要書類ができたとの電話が金曜日にありました。
早速今日の午前中に行って書類のサインなどを済ませようかと思ったのですが、これが予約制となっているようで、今日は既に予約で埋まっていて難しいと言われ、平日はSimoの仕事があるので、来週の土曜日の午前10:30に行くことになりました。

どのような書類にサインをするのか、そしてその後私たちの結婚についてどこにどのように公示されるのか、とても興味がありますが、とりあえずは来週末まで待つのみです。
2010/05/23 市役所(civile) COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
婚姻の手続きの件で、土曜日の朝Comune di Gaggianoへ行ってきました。
Simoが結婚する能力があるという証明書の発行手続きと一緒に、その他の必要書類の提出も出来るとのことだったので、ミラノ県庁で認証済みの私の書類とパスポート、あと念のため金曜日に発行されたばかりの滞在許可証のカードも持って行きました。

Simoの証明書については、申請書などの記入さえなく、Simoの名前だけ伝えて終わりでした。書類が出来次第電話をくれるとのことです。
私の方はというと、書類を提出すると、まず私がどこで住民登録されているかと聞かれました。
Gaggianoと答えると、あちらでしばらくパソコンで調べた後、Gaggianoでもミラノでも私の名前の登録がないとのこと。
滞在許可証の件が終わり、それで私の住民登録も自動的にされていると思っていたのですが、どうやら住民登録をするにはまた別の手続きが必要だそうです。
そんなに複雑な手続きではなく、書類に記入をするだけのようですが、今Gaggianoで住民登録をしてしまうと、今後ミラノに家を購入して引越しをする際に、住民登録の変更の手続きなどが出てきてしまうので、登録は将来引越しを済ませてから行うことにしました。

あとは、私のパスポートと滞在許可証カードのコピーをとってもらい、Simoの書類が完成次第再度来て、書類に2人で署名をして、その後私とSimoが結婚をする旨が公示されるそうです。
婚姻はそれから6ヶ月以内に行わないと、これまでの手続きが無効になってしまうそう。

とりあえず手続きは順調に進んでいます。あと3週間以内にはようやく結婚式の日付が決まりそうです。

写真はGaggianoの中心を流れる運河(Naviglio Grande)です。
Gaggiano navilio
2010/05/20 市役所(civile) COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
今日は先週ミラノ県庁で申請をした、認証済みの結婚用件具備証明を受け取りに行ってきました。
先週とはうってかわって来ている人は少なく、Consegna e Ritiro Documenti Pronti という中央の窓口であっという間に自分の番となりました。
先週もらった番号札を渡すと、すぐに私の証明書を出してくれたのですが、14.62ユーロのMarca da bollo (収入印紙)が必要と言われ、買いに行くことに。
途中で何度か通行人に聞きながら、ようやく近くの交差点にあるBarで収入印紙を買うことが出来ました。
収入印紙を持って戻ると、今回も特にIDなどのチェックはなく、すぐに証明書を渡してくれました。

次はSimoが結婚をする能力がある(現在婚姻していない)ということを証明する書類をComune di Gaggiano で作成してもらい、全ての必要書類を市役所に提出することになります。
2010/05/14 市役所(civile) COMMENT(2)  TB(0)  EDIT  TOP
今日は先日領事館で作成してもらった結婚用件具備証明を持って、ミラノ県庁(Prefettura di Mirano)へ行ってきました。

ミラノ県庁は、Duomoの近くのS. Babila駅から歩いて5分ほどの小さな通りにあります。
実は昨日学校が終わってから午後1時ごろに一度行ったのですが、書類の認証(legalizzazione)は午前9時から11時までの間しか受け付けていないとのことで、仕方なく今日学校の前に行くことにしました。
ミラノ県庁に着くと、既にたくさんの人が順番待ちの列に並んでいて、15分ほど待ってようやく自分の番になりました。
パスポートなどIDの提示を求められたり、滞在許可証は済んでいるかなど色々質問をされるのではと緊張していましたが、書類を渡すとすぐに、“では木曜日にまた来てください”と言われ番号札を渡されたのみで、あっけなく終わりました。

来週また学校に遅刻することになりますが、仕方ありません。
念のためパスポートを持って、木曜日にまた行ってこようと思います。

Prefettura di Milano
Corso Manforte, 27
Ufficio Legalizzazione
http://www.prefettura.it/milano/
2010/05/12 市役所(civile) COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
今日は学校の後、先週の金曜日に申請した結婚用件具備証明を受け取りに領事館へ行ってきました。

行く途中メトロの中で、IDとしてパスポートを持ってくるのを忘れたことに気付いたのですが、受付で名前と用件を伝えたところ、特にIDの提示を依頼されるわけでもなく、すぐに書類を持ってきてくれました。
書類の内容を確認し、手数料の9ユーロを支払うだけなので、ほんの数分で終わりました。
出来た書類には私の名前や誕生日、出生地、戸籍に登録されている住所のほか、私の両親の名前や続柄、そして婚約者としてのSimoのフルネームまで記載されていました。

次はミラノ県庁に行き、この書類に認証を受けることになります。
今週Simoの時間のある時に、一緒に行く予定です。
2010/05/07 市役所(civile) COMMENT(2)  TB(0)  EDIT  TOP
今朝は、在ミラノ日本国総領事館へ行ってきました。

Simoと年内に結婚をすることになり、先週イタリアで結婚をする手順などをSimoとインターネットで調べていたところ、まずは私が結婚をする能力がある(現在婚姻していない)ということを証明する書類を領事館に発行してもらわなくてはならないとのこと。
その後ミラノ県庁で必要書類に認証を受け、市役所に提出して、そこでようやく婚姻日の予約が出来ます。
それから私たちが結婚するという情報が公示され、誰からも異議がなければ、公示から2週間後以降に挙式が出来るという流れになるそうです。
結婚をするのはまだ秋頃になると思いますが、上記の手順を済ませないと結婚式の日にちが決められないため、早く書類関係を進めることになった訳です。
日本では婚姻届に記入・捺印して、提出をするだけのことですが、イタリアでは結婚をする許可をもらうまでにまず労力と日数がかかります・・。

さて、領事館のホームページで検索をしたところ、領事館から発行してもらわなくてはいけない“結婚要件具備証明”は、3ヶ月以内に発行された戸籍謄本が必要とのことだったので、本籍が登録されている東京に住む祖母に電話で取得を頼んだのが先週の木曜日。
翌日の金曜日には既に1通取得・郵送をしてくれたそうで、6日後の昨日手元に届きました。
早速今日、届いたばかりの戸籍謄本、私のパスポート、そしてSimoのパスポート(他の身分証明書でも可)を持って領事館へ行き、そこで戸籍謄本の情報をもとに申請書に記入、窓口で内容を確認、Simoのパスポートのコピーをとってもらい、申請の手続きは終了。
来週の水曜日の午前中には証明書が出来ているとのことです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。