PREV | HOME |
バーレーンに引っ越しました♪
2014年11月26日、無事バーレーンに到着しました♪
その後の日常は、jijiのバーレーン日記で更新しております。
20130216CIMG2385.jpg

--/--/-- スポンサー広告   EDIT  TOP
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/12/31 Gaggianoでの出来事 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
日本と違い、こちらではあまりお正月ムードがないため、気付けばもう31日の夜・・。
イタリアでは多くの家庭が、いつ誰が来ても恥ずかしくないほど家を綺麗にしているためか、
年末にまとめて大掃除という習慣はないため、私もなんとなく何もしないでいたのですが、
昨晩ふと思い立ち、2012年最後の日のTo Doリストを作ってみました。
今朝は気合いを入れて朝から洗濯機を2回まわし、床をクイックルワイパーで掃除し、
冬休みに入ってから散らかった物を整理整頓しました。

クリスマスからずっとイタリアンな食事が続いていたので、
今日のランチは久々に家にあるもので巻き寿司といなり寿司、お味噌汁を作り、
夜は日本式に年越し蕎麦を食べました。
Simoはお蕎麦と一緒にイタリア式のコテキーノも食べたいと言っていたのですが、
組み合わせとして合わないし、ちょっと胃に重いので、なんとか誤摩化して作らず(笑)
結局お餅を買いに行けず明日はお雑煮が作れないので、
元旦のランチにはSimoの希望通りレンズ豆とコテキーノを作ってあげようと思います。

今年を振り返ると、一番の大きな出来事はやはり子供を授かったことです。
あと2週間ほどで産まれる初めての我が子。
実はまだ赤ちゃんがくるという実感があまり湧かないのですが・・。
とにかくSimoも私も楽しみで仕方がありません。
来年からは3人家族。皆にとって良い年になりますように。
スポンサーサイト

2012/12/22 Gaggianoでの出来事 COMMENT(2)  TB(0)  EDIT  TOP
ここ数日は寒さも増し、霧の深い日が多いミラノ。

Simoは金曜日で仕事納め、今日から元旦まで楽しい冬休み・・のはずが、
木曜日の夜に高熱を出し、金曜日には一時的に熱が下がり会社に行ったものの、
今朝もまた熱が出てしまい、今日は可哀相にほぼ一日寝たきりでした。
咳も出るので、今朝薬局に行きtachipirinaという解熱剤と喉用スプレーを買ってきました。

朝ご飯にSimoはオレンジジュースだけ飲んだのですが、
お昼頃お腹が空いたようだったので、病気の時は何がいいかなと戸棚をガサゴソしていたら
今年の5月にお父さんが日本から持ってきてくれたお茶漬けの素を発見。
私はお茶漬けがそこまで好きではなかったので、封も開けずに置いてあったものでした・・。
Simoはお茶漬けを食べたことがなかったので、
とりあえず一人分作って出してみたところ、とても気に入ったよう。
2人で5食分をあっという間に食べてしまいました(笑)
お茶漬けも意外と美味しいなあと思いながら、私もたくさん食べました。
イタリアに来てから、今まではそんなに好んで食べなかった物で、
急に美味しく食べれるようになった物が結構多い気がします。

Simoはまだ熱やだるさで辛そうだけれど、とりあえず食欲はあるので良かったです。
今日も暖かくして寝て、明日には治るといいなあと思います。
2012/11/11 Gaggianoでの出来事 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
先週末にPS3を買ってから、毎晩夕食後にSimoと2人、Final Fantasyで遊ぶのが日課になりました。
過去と未来を行ったり来たりするロールプレイングゲームなのですが、
複雑ながらもストーリーが面白いのですっかりハマっています。

さて、この週末はずっと雨だったので、特にどこへも行かず家でのんびり過ごしました。
ゲームやインターネットをしたり、片付けをしたり、近所のバーでaperitivoをしたり、
以前購入したタンスをようやく組み立てたり・・。

気付けば11月ももう半ば。あと1ヶ月半で今年が終わってしまうのが信じられないです。
さて、明日は何をしようかな。

P1080751_convert_20121112044129.jpg
昨晩は2週間ぶりにSimoの両親の家に行き夕食を食べました。
Passatelli in brodoは優しい味で、最近よく食べたくなります。

P1080752_convert_20121112044318.jpg
Vitello tonnato(牛肉の冷製ツナソースのせ)
Simoの両親の得意な料理です。

P1080753_convert_20121112044639.jpg
今日近くのお菓子屋さんで買ったミニ・シュークリームやタルト、クッキーなど。
ついつい食べ過ぎてしまいました・・。
2012/08/07 Gaggianoでの出来事 COMMENT(2)  TB(0)  EDIT  TOP
毎晩一度は蚊に刺されて起きてしまい、少々疲れ気味のこの頃・・。

ようやくSimoの夏休みが決まり、今度の土曜日から26日までミラノを離れることになったので、それまでの辛抱と思い耐えています。
確かに網戸をまだ付けていないので蚊が入りやすいということはあるかもしれないけれど、昨日はほとんど窓を開けずに過ごしたのに、夜3、4匹蚊を発見。
就寝前に全て退治したと思っていたのに、朝方やはり刺されてしまいました。
これは網戸の問題ではなく、家のどこかに知らない蚊の抜け道があるのではないかと疑い始めていますが・・。

さて週末の話ですが、とても久しぶりにピザを食べました。
ピザは初めは美味しく食べていても途中で飽きてしまったりお腹いっぱいになってしまうことが多かったため(そしてイタリアでは残り物を持ち帰ることがないので)あまり普段食べないのですが、週末は急にあの味が恋しくなり、近くのレストランに行ってきました。
私はquattro stagione(ハム、マッシュルーム、オリーブ、アーティチョークのピザ)、Simoはハムやサラミののったピザを注文。
ピザはどれも平均6ユーロくらいでとても安いのですが、大きさはそれぞれ直径30センチほどと、日本だと何人かでシェアをするサイズ。
そんな大きなピザもだいぶ食べれるようになったのですが、やはり最後の一切れでもうお腹がパンパンになってしまい、Simoに助けてもらいました。
本当に美味しかったけれど・・またしばらくはピザはいいかなという気分です(笑)

IMG_1070_convert_20120807220927.jpg
カクテルソースが多くて分かりにくいと思いますが、海老の前菜
海老の他にレタスや赤チコリーが入っていて、あっさり美味しい一品

IMG_1071_convert_20120807221239.jpg
Quattro stagioneピザ

IMG_1072_convert_20120807222508.jpg
ハムとサラミのピザ
2012/07/24 Gaggianoでの出来事 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
先週末はAssagoのショッピングセンターへお買い物に行ったり、近所を散歩したり、何てことはない普通の週末でした。

土曜日の夕方はVigevanoへアペリティーボをしに行きました。
メインの広場に面したバーのテラス席で、何種類かフルーツの入ったカクテルをオーダー。
おつまみはピザ風フォッカッチャ、オリーブ、そしてポテトチップスでした。

2度ほど大雨が降り、なんだか落ち着かない天気でしたが、久しぶりに少し涼しくなったので良かったです。


IMG_1034_convert_20120725010946.jpg
2012/07/19 Gaggianoでの出来事 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
今日はSimoが朝からミラノ市内で会議があったので、私もちょっとお買い物をするため一緒について行きました。
スカラ座の近くで朝食をとり、まだ9時前でどのお店も開いていなかったので、唯一開いていた本屋さんへ。
その後RinascenteデパートやGap、その他Duomoの近くのお店を幾つか見て回りました。
どこもセールをしていたのですが、今日見た中ではあまりピンとくるものがなかったので、少ししか買いませんでした。
今日も暑かったけれど、久しぶりに色々なお店が見れて楽しかったです。

IMG_0989_convert_20120720021739.jpg
2週間前の週末に遡りますが・・Morimondoという町で行われたBianca Notteと呼ばれるお祭りに行ってきました。
軽食や洋服、アクセサリー、雑貨などの屋台がたくさん出ていました。

IMG_0992_convert_20120720022251.jpg
夕食は既に食べてしまっていたので、デザートにクレープを食べました。
写真の奥の飲み物はサングリア。ちなみにクレープは3ユーロ、サングリアやprosecco(スパークリングワイン)は1.5ユーロととても安かったです。

IMG_0990_convert_20120720021915.jpg
夜8時半頃着いて、初めは夜風が涼しく快適だったのですが、暗くなり人が増えるに連れてものすごい数の蚊が発生し(しかもとても攻撃的・・)、最近は常に蚊除けスプレーをつけている私は被害は少なかったのですが、普段は滅多に刺されないSimoが一気に10数カ所刺され、どれも2、3センチほど腫れてしまい大変でした・・。

IMG_0993_convert_20120720022429.jpg
夜にMorimondoを訪れたのは初めてでしたが、夜空にうっすらと浮かび上がる修道院がとても綺麗でした。
今週末くらいにはGaggianoでBianca Notteが開かれると思うのですが、去年行ってこちらもあまりに蚊がすごかったので、今年はどうしようかと考えているところです・・。
2012/07/11 Gaggianoでの出来事 COMMENT(4)  TB(0)  EDIT  TOP
今日は日本の実家から本や雑誌などの入った小包が届きました。
先週の月曜日に航空便で送ってくれて、10日ほどで届くと言われたそうなのですが、少し早目にもう届いたので嬉しいです。
これでしばらくは読むものに困りません。

IMG_0906_convert_20120712030107.jpg
最近時々行く、近所(徒歩5分)にあるカジュアルなレストラン
4月頃にオープンしたばかりなのですが、いつ行っても結構賑わっています。
写真は前菜のミニコロッケ(マッシュポテトが入ったもの)とモッツアレッラチーズのフライ

IMG_0908_convert_20120712030240.jpg
シーフードのトマトソーススパゲティ(spaghetti allo scoglio)

IMG_0909_convert_20120712030523.jpg
ハンバーグとポテトフライ
こちらではハンバーグのことをなぜか「ハンバーガー」と言います・・。
2012/06/07 Gaggianoでの出来事 COMMENT(2)  TB(0)  EDIT  TOP
先週末はちょこちょこと予定が入り、珍しく忙しくしていました。

土曜日のランチは外食をしようということになり、Ozzeroの近くの農家のレストランで食事をしました。
その時のことについては、また別のブログで書こうと思います。

ランチに思いの他時間がかかり、レストランを出たのは午後4時。
その後はGaggianoに戻り食後のお散歩をしてから、Simoの両親の家へ挨拶に行きました。
ここ最近週末はパリへ行ったりスイスへ行ったりしていたこともあり、Simoの両親に会うのは1ヶ月ぶりくらいだったのですが、変わらず元気そうでした。
あまりお腹が空いていなかったのですが、夕ご飯はそのままSimoの実家で食べることになり、プリモはなしで、グリーンピースの入ったossobuco(牛のスネ肉の煮込み)、そしてズッキーニ入りの卵焼きを食べました。

夕食後に夜10時過ぎにSimoのお母さんと3人で近所へお散歩に出かけたのですが、あまり街灯がなく暗い公園で、なんとチカチカと光る蛍を見つけました。
本当に綺麗でした。
もう気温的にはだいぶ前から夏日が多かったのですが・・それでも蛍を見ると、夏の訪れを感じます。

P1080727_convert_20120608014632.jpg

2012/05/29 Gaggianoでの出来事 COMMENT(2)  TB(0)  EDIT  TOP
気付けば数日ブログをサボっていました・・。

旅行続きで疲れた体を休めながらも、ちょこちょことやることがあり、忙しくしていました。
スイスから戻ってきてからのミラノはすっかり初夏。
朝方は少し冷えるものの、昼間は袖無しでも大丈夫なほどになりました。
一昨日辺りから蚊に刺されるようになり、虫除けスプレーと痒み止めジェルは必需品です。網戸をまだつけていないので、家の中でも使っています。
近々蚊除けのキャンドルか芳香剤のようなものも買いに行く予定。

スイスの旅行記をまだ書いていないので、近いうちにアップします。

P1080728_convert_20120528162500.jpg
日曜日はGaggianoでフェスティバルがありました。
近くの農家が出店する屋台の他、普段の2倍ほどの規模のメルカート、そして古い教会の前ではクラシックカーが勢揃い。

P1080730_convert_20120528162819.jpg
以前はそんなに興味がなかったけれど、車を運転するようになったからか、現在のモデルとの外見や内装の違いなどが見れて楽しかったです。
写真はレトロなフィアットの500。

P1080731_convert_20120528162643.jpg
中でも一番人気で人だかりが出来ていたのが、このアルファロメオ。
とても良く手入れされていて、塗装も内装もピカピカ。
何が人気だったのかは私には分からないけれど、ちょっと高級感のあるエレガントな雰囲気で、目立っていました。
2012/04/01 Gaggianoでの出来事 COMMENT(2)  TB(0)  EDIT  TOP
昨晩はSimoの元同僚MarcoそしてガールフレンドDeannaとディナーをしました。
MarcoはSimoとは時々職場の近くでランチをしているのですが、私は会うのは結婚式以来。
Deannaはというと、大学で日本語を専攻していたので(残念ながら大学卒業後全く日本語を使う機会がないので、ほとんど忘れてしまったそうですが・・)、私が日本人ということでMarcoから紹介をしてもらい、だいぶ前からメールのやり取りはしていたのですが、実際に会うのは昨晩が初めてでした。
Deannaは目はぱっちり、鼻は高いけれど小ぶりで、髪は落ち着いた金髪、スラっと痩せていて、本当に久しぶりに見る完璧にチャーミングな人でした。
物腰が本当に柔らかくて全く気取っておらず、話しやすい雰囲気だったので、初対面にも関わらずずっと話は尽きず、とても楽しかったです。

2人にはまず家に来てもらい、簡単にワインとスナックのaperitivoをしてから、夜9時くらいに家の近くのRistorante Re Artu'というレストランでディナーをしました。
ここは去年の夏に一度Simoと行ったことがあり、とても美味しかった思い出があるのですが(注文し過ぎてお腹がはち切れそうでしたが・・)、今回も前菜の盛り合わせにプリモのリゾット、デザートにトロピカルフルーツのシャーベットと、どれもとても美味しく頂きました。
私やSimoよりも2歳くらい年下のMarcoは去年お父さんを急に亡くし、Pavia県にあるお父さんの経営していた弁護士事務所を継いだのですが、生前お父さんと事務所の経営については全く話す機会がなく、毎日手探り状態で頑張っているそうです。
色々話を聞きながら、人生は本当に何が起こるか分からないから、後悔のないよう毎日を丁寧に過ごしていきたいと、また家族を大事にしたいと、強く感じさせられました。
とてもお似合いなカップルの2人。また機会を作って会いたいと思います。

IMG_0724_convert_20120402054957.jpg
本当はsalatini(甘いものではなく、ソーセージやトマトソースなどの入った小さなパン)をaperitivoに出したかったのですが、Gaggianoのパン屋さんを2軒をまわっても見つからず、仕方なくスナックのみに・・。
でも、あまり食べてしまうとディナーが楽しめなかったと思うので、軽くて丁度良かったかも?
2012/03/24 Gaggianoでの出来事 COMMENT(2)  TB(0)  EDIT  TOP
昨日の夜は久しぶりにSimoとNoyというレストランでaperitivoをしてきたのですが、いつもは若い人たちが多いこのレストラン、昨晩はなぜか小さな子供連れの家族を多く見かけました。
そして食事を始めてしばらくしてから、なんと日本人女性のみ7、8人ほどのグループがいることに気付き、Simoにはずっと「話しかけてきなよ!」と言われたのですが、いくら同じ日本人だからといって、急に別のテーブルへ行って「こんにちは」と話しかける勇気がなく、結局話しかけませんでした・・。
NoyのStrawberry Pina Coladaが大好きでいつも頼むのですが、久しぶりのここのカクテルはやっぱり美味しかったです。
ご飯もヘルシーで美味しいし、また近いうちに行きたいです。

さて、今日は昨日に引き続き半袖でも大丈夫なほどの暖かさでした。
午後は先週末に行ったVivere Verdeへ行き、また幾つかお花と植木鉢を購入。
土をさわって綺麗にお花をアレンジするのはとても楽しくて、ハマってしまいそうです。

最近はホームセンターやスーパーに行くとついつい植物や植木鉢のコーナーを見てしまうのですが、今の時期はやっぱりお花やガーデニング用品を買う人が多いようで、平日の夜に寄ったLeroy Merlinでは、入口のすぐ横に移動してきたお花とハーブの売り場のお花はほぼ売り切れ・・。
イタリアでは春になるとガーデニングやサイクリング、公園でお散歩、バーベキュー、湖・山へ旅行、夏は絶対に海、秋はサイクリングやきのこ狩り(これは田舎だけかも)、冬はスキーと、日本以上に自然にふれるアクティビティーを好む人が多いような気がします。
私は日本に居た時は話題のお店やレストランへ行ったり、買い物をしたりと、どちらかというと都会の人混みの中で過ごすことの方が多かったのですが、イタリアに来てから以前よりもずっと自然の中でのんびり過ごすことが好きになりました。
ただ、あまりにのんびりし過ぎて、まだ若いのにおじいさん・おばあさんのような生活になってしまわないよう気をつけないといけませんが・・。

P1080457_convert_20120325051915.jpg
今日新たに仲間入りしたお花たち。
白とピンクのものは、小さな植木鉢8つに分かれていたものを合わせて植え替えました。

P1080458_convert_20120325052311.jpg
他のお花も少し増えました。

P1080448_convert_20120325052539.jpg
少し分かりにくいですが、小さなお花が絨毯のように咲いていてとても綺麗。

P1080443_convert_20120325052906.jpg
近所でよく見かける黄色のお花

P1080441_convert_20120325053228.jpg
薄ピンク色の花が春を感じさせます。

P1080439_convert_20120325054730.jpg
近所の薬局前にて

P1080437_convert_20120325064606.jpg
Duomo前の大きなお花
2012/03/23 Gaggianoでの出来事 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
実は数週間前から既に蚊を見かけていたミラノ。
まだ肌寒かったためか、その頃は弱々しく飛んでいるだけだったのですが、ここ数日どこから入ってきたのか家の中で見かける蚊はかなり元気に飛び回っているなと思っていたら、今朝なんと早くも蚊に刺されてしまいました・・。
掃除機をかけている途中でなんだか右の手首がかゆいと思って見ると、半センチほど白くプクッと腫れていました。
そしてその後すぐに1センチほどに赤く大きくなり、思わずSimoに電話。
Simoもさすがに驚いていましたが・・明日早速Orazio(Simoの実家の網戸を取り付けてくれた人で、去年末私たちの家の玄関の鍵を交換してくれた鍵と網戸専門のtecnico)に来てもらって網戸設置のお見積もりをもらおうということになりました。

とりあえず去年の夏に使っていたかゆみ止めジェルが残っていたので、それを塗って対処。
初めはかゆかったとはいえ、すぐに治まったので良かったのですが、こんなに早くに刺されるとは思わなかったのでビックリ。

話は変わり、火曜日に久しぶりに髪を切りました。
ここ10年ほど、縮毛矯正以外パーマやカラーはなしの長い髪のことが多かったので、しばらく切らなくても大丈夫だったのですが、最近毛先が少しパサついてきてしまい、ちょっと変化も欲しかったので、後ろを5センチほど切って揃えてもらい、前髪は自分でパッツンに切りました。
ちょっと子供っぽくなってしまったかも・・と思ったのですが、Simoは「僕たちが出会った頃みたいだね。前髪のある髪型の方がずっといいよ!」とやけに気に入ってくれたので、良しとします・・。
少し短くなっただけなのに、ずっとお手入れがしやすくなったのは良かったかも。
ボブくらいの長さも好きなので、そのうちもう少し切ってもいいかもとも思っています。
2012/03/04 Gaggianoでの出来事 COMMENT(4)  TB(0)  EDIT  TOP
今日はSimoの31歳の誕生日でした。
せっかくなのでどこかへ出かけようかとも思ったけれど、家に居るのが大好きなSimoの希望で、結局家でのんびり。
昨日よりは少し肌寒かったのですが、お散歩にだけ出かけました。

ケーキは毎年同じようなショートケーキを作っていますが、今年は先月IKEAで購入したハート型のシリコンのケーキ型があったので、ハート型のショートケーキにしました。
とても喜んでくれて、良かったです。

今日はクリスマス後からマルケに行っていたSimoの両親がミラノへ帰ってきたので、夕方少し挨拶に行ってきました。
Simoの両親やマルケに住むおばあちゃん(Simoの両親が預かって持ってきてくれた)からもセーターなどのギフトをもらい、嬉しそうなSimo。
あまり特別なことはしなかったけれど、良い誕生日を過ごせたようで良かったです。

P1080363_convert_20120305050836.jpg
ケーキはこのままでも可愛かったけれど・・

P1080366_convert_20120305051055.jpg
誕生日なので、デコレーションをしました。今年はこんな感じ。

P1080361_convert_20120305050457.jpg
ランチにはじっくり煮込んだトマトソースのパッパルデッレ(平たいパスタ)を作りました。

P1080362_convert_20120305050651.jpg
セコンドにはSimoが最近とても気に入っているズッキーニのリコッタ詰め。

2012/01/28 Gaggianoでの出来事 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
今日はSimoは金曜日から行われている事務所内のセミナーのため、土曜日だというのに仕事へ出かけていきました。

お陰で残念ながら夕方までそれで潰れてしまったのですが、夜はディナーの前に一緒にaperitivoへ行きました。
久しぶりの雨が降り、あまり遠くへ出かける気分ではなかったので、よく行くGaggianoのバーへ。
ここではよくカプチーノとブリオッシュの朝ご飯を食べるのですが、夕方もたまに来てはmarocchino(エスプレッソにクリームが入ったもの)を頼んでいたら、アジア人で珍しかったためか、あまりmarocchinoを頼む人がいないのか、午後に行くと必ず ”marocchino?”と聞かれるようになり、すっかり覚えられてしまった様子。
そう言う訳で今日も私はmarocchino(私が運転していたので、お酒が飲めないからというのもありますが・・)、そしてSimoはprosecco(スパークリングの白ワイン)を頼みました。

ミラノの中心部のバーほどではないのですが、ここも夕方に行くとaperitivoとしてピザやサンドイッチ、スナック、ナッツなどが楽しめます。
私は少しお腹が空いていたので、piadinaという薄いパンに生ハムとルッコラを挟んでロールにしたものを食べたのですが、これがとても美味しかったです。
ちなみにお会計の時に知ったのですが、Simoが頼んだproseccoは驚きの2.5ユーロ(約250円)でした。
私のmarocchinoを合わせてもほんの350円ほどで、こんなにたくさんのおつまみが無料で楽しめるのは、日本ではないサービスだと思います。

IMG_0420_convert_20120130061005.jpg
Aperitivoのおつまみ
2012/01/20 Gaggianoでの出来事 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
最近は週の半分くらいSimoを車でメトロの駅まで送っています。

朝方は寒いので周りの木々や田んぼも白く凍っていることが多いのですが、今朝はそんな白い景色の中、朝日がとても幻想的で綺麗でした。

さて、今週も早いものでもう週末です。何をしようかな。

IMG_0391_convert_20120121051454.jpg


IMG_0386_convert_20120121051320.jpg

2011/12/19 Gaggianoでの出来事 COMMENT(4)  TB(0)  EDIT  TOP
週末はSimoと新居のフロアランプなどを買いに行ったり、掃除をしたり、近所のお祭りへ行ったり、久しぶりに夫婦水入らずでゆったりと過ごしました。

月曜日の今日は、朝一番に大工さんがリフォーム後の状況を尋ねに来ました。
ほぼ問題はないのですが、それぞれの部屋に設置されている熱湯式の暖房器具から少しだけ水漏れしている箇所があり、それを直しにまた水曜日か木曜日に来ることになりました。

朝から焼うどんとサラダのお弁当を作りSimoを送り出した後は、1人のんびり読書やインターネットの時間。
午後は車でCorsicoのEsselungaスーパーまで買い出しとドライクリーニング、そして家の内部のドアの拭き掃除をしました。
新居での家事は、以前賃貸をしていた時以上に楽しく思え、丁寧にこなしています。

まだSimoの両親の家に荷物が少し残っているので、近々取りに行こうと思っています。
1つだけ不便なのは、コンパクトデジカメの充電器がなぜかまだ見つからないこと。
写真はSimoが一緒の時のみ、SimoのiPhoneで撮り私のメールに送ってもらい、ブログに載せている状況です・・。

明日は幾つかやることがあり、ミラノ市内へ行く予定です。

IMG_0187_convert_20111220045025.jpg
リビングルームに置いたSimoお気に入りのフロアランプとミミの一コマ。
ランプはLeroy Merlinで購入しました。
2011/11/19 Gaggianoでの出来事 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
今朝はSimoと新居のリフォームの進み具合を見に行ってから、久々にGaggianoのメルカートへ行ってきました。
今日も霧がかった冴えない天気でしたが、メルカートには普段通りたくさんの人が。

Simo家では夏前に壊れてしまった食器洗い機(lavastoviglie)を先日ようやく購入し、今日(時間未定)家に届く予定のためSimoのお母さんは家から出られなかったので、頼まれた食材のおつかいもしてきました。
チーズを売っている屋台では、最近ハマっているゴルゴンゾーラチーズとマスカルポーネチーズのミックスなどを。
そしてその後オリーブや瓶詰め、魚などを売る屋台で辛めのものから普通のものまでオリーブを数種、aringhe sotto sale(ニシンの塩漬け)、そして乾燥ポルチーニを買いました。
週に1、2回行われるメルカートでは、野菜やフルーツ、チーズ、お肉、加工食品など、そんなに安い訳ではないのですが、スーパーよりも新鮮で美味しいものが多いようです。
他にもフルーツとハムを買いたかったのですが、結構待っている人が多かったので、諦めました。

P1070853_convert_20111120024142.jpg
Simoのお母さんがいつもひいきにしているチーズの屋台

P1070854_convert_20111120024326.jpg
スモークされたニシン(aringhe affumicate 写真手前)とニシンの塩漬け(aringhe sotto sale 写真奥)
4匹で10ユーロくらいでした。

P1070855_convert_20111120024626.jpg
オリーブだけでこんなにたくさんの種類が揃っています。

今日はランチにミートボール(polpette)、サラダ、ピザなど少し食べ過ぎてしまったため、お昼寝をせずに午後もたくさんお出かけしました。
同じGaggianoに住む日本人のご夫婦から誘って頂いた、「Disarmiamoci insieme」という原発反対運動のイベントがCorsicoで行われていたので少し顔を出し、その後はMorimondoでお散歩、そして最後はOzzeroにあるVivoという大きなスーパーで買い物をして帰りました。

Esselungaや他の大型スーパーではまだ見かけたことがないのですが、Vivoでは時々Mulino Biancoというお菓子やパンの大手ブランドのプロモーションをしていて、今日も商品を幾つか購入するとティーカップとソーサーのセットがもらえるとのことで、チョコレートのタルト、クッキーの小袋3つ、そしてミニチョコパンを買い、ティーカップセットを2客もらってきました。
食器はもうSimoのお母さんにもらったものが十分にあるのですが、持っていないデザインのカップだったので嬉しかったです。

P1070859_convert_20111120025551.jpg
Mulino Bianco商品を買うともらえる可愛いティーカップセット

スーパーの帰りは午後5時半頃だったのですが、辺りはもう薄暗くなっていて、数メートル先でさえ見えないくらいのひどい霧。
運転は大変でしたが、Simoにガイドしてもらい、なんとか家まで戻りました。
まだしばらくこの霧がかった天気が続くようです。雲一つない晴れた天気が懐かしい・・。
2011/11/15 Gaggianoでの出来事 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
今日は昨日に引き続き冷え込んでいます。
昨日は夕方から少し風邪気味だったので、いつもの倍暖かくしてaspirinaという頭痛薬を飲み、パソコンはほどほどに早めに寝ました。
お陰で今日はすっかり元気になりましたが、気を抜かないよう今日はほとんど家に居てのんびり過ごしています。

先週の金曜日の午後、Leroy Merlinからフローリングやバスタブなどが全て届き、土曜日にはお店へ直接行って、先日オーダーしたバスタブ用の蛇口を引き取ってきました。
これでようやくリフォームに必要な物は全て揃い、あとはリフォームが終わるのを待つのみです。

今朝は新居でリフォームをしてくれている大工さんへバスタブの蛇口を届け、帰りにDimeglioという近くのスーパーへ寄り明日のSimoのお弁当のための食材を買い込んできました。
今日はガレージの荷物の中を探してみたのですが、お弁当箱がどうしても見つからないので、新しくお弁当が綺麗に入りそうなタッパーも幾つか買いました。
昨日から急にSimoのオフィスのキッチンに電子レンジが導入されたそうなので、これからは冷たくても美味しいかどうかを気にせず、何でもお弁当に入れることが出来ます。

ちなみに今日は、ちょっとしたハプニングが・・。
今朝のことですが、Simoのお父さんの定期的な検査があり、2度病院へ行かなくてはならないとは聞いていたものの、正確なスケジュールを聞いていなかった私。
丁度私が新居とスーパーへ出かけている間に1度家に帰ってきていたようなのですが、その後12時頃になっても戻ってこないので、ランチを作り始めてしまうことにしました。
余っていたキャベツを使って、お好み焼きを作っていたのですが、途中あまりに遅いので電話してみると、検査が終わり帰ってくるのは2時過ぎになるとのこと。
Simoの両親は検査の合間に家に戻ってきた時に軽くランチを食べたとのことだったので、久しぶりに1人でランチを食べました。
お好み焼きは久しぶりだったのですが、やっぱり日本食はいいなあと思いました。

そしてその後、自分の部屋に戻りSkypeで日本のお母さんと話していたのですが、その間にSimoの両親が帰ってきたのが聞こえました。
Skypeを終えてから部屋を出ると、Simoのお母さんがニコニコしながら「あなたの作ったfrittata(オムレツ)食べたわ。とても美味しかったわよ」とのこと。
なんと、私が1枚お皿に残しておいたお好み焼きを、ソースもマヨネーズも何もなしで(しかも冷たい状態で)食べてしまったようでした・・。
多分何も味がしなかったと思うので、お世辞で美味しいと言ってくれていたのだと思いますが・・。
きちんと完成した状態で美味しいと言ってくれたらもちろん嬉しいのですが、なんとなく複雑な気分の私でした・・。

P1070812_convert_20111115234928.jpg
昨日は久しぶりにミラノを散策ついでにPalestra駅すぐのGiardini Pubbliciという公園を歩きました。

P1070813_convert_20111115235235.jpg
ここはお花が綺麗な春も素敵だけれど、秋冬もとても趣があります。

P1070815_convert_20111115235432.jpg
最近は以前に比べ歩くことが少なかったので、良い運動になりました。

P1070824_convert_20111115235600.jpg
日曜日に採ってきたキノコを使って昨晩Simoのお父さんが作った、キノコのマリネ。
オリーブオイル、レモン、パルミジャーノなどが入っていました。とても美味しかったです。
2011/11/14 Gaggianoでの出来事 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
今日は普段よりも冷え込んだ一日でした。

運河の付近は深い霧(nebbia)がかかり、20m先でさえ見えないほど。
東京の辺りではなかなか霧は見ないですが、ミラノではこの季節結構多いように思います。

P1070786_convert_20111115030836.jpg
先日霧の夕暮れ時に撮った写真。
車の中から撮ったのでぼやけていますが、とても綺麗で幻想的でした。
2011/11/13 Gaggianoでの出来事 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
今朝はお隣のFrancaの旦那さんと一緒にきのこ狩りへ行ってきました。

きのこ狩りは年に30ユーロの許可証が必要なのですが、Francaの旦那さんが許可証を持っていたので、私たちはただついていくことに。
朝9時に家を出て、車でMorimondoの方面へ15分ほど走ったところにある森へ行きました。
今はきのこ狩りのシーズンのようで、途中道沿いで結構年配の方できのこ狩りのための膝丈ブーツをはいている人を何組も見かけました。
さて、森についてからは適当な広場に駐車をして、どんどん歩き、きのこを探してまわりました。

昨日の朝も友人と別の場所へきのこ狩りに行って来たというFrancaの旦那さん。
昨日は残念ながらほとんど見つからなかったそうなのですが、今日はラッキーなことに森に入ってすぐの場所でmazze di tamburoという結構背の高いきのこをいくつも見つけました。
ちなみにmazze di tamburoとは、「ドラムのスティック」という意味で、このきのこの見た目がそれに似ていることからそう名付けられたそうです。

その後は森の奥へ行ってみたのですが、残念ながらほとんど見つかりませんでした。
しばらく歩いてから車を停めた場所へ戻り、最後にその周辺できのこを探してみることに。
私はイバラのようなトゲがたくさんついたツルが多くあったので、あまり奥までは行かず、駐車スペースの周辺の小道を散歩して待っていたのですが、50分後くらいにFrancaの旦那さんとSimoのお父さんが帰ってきた時には、両手にたくさんのきのこが。
25~30センチほどのかなり大きなものもあり、結構な収穫でした。

許可証を持っていない私たちは基本的にきのこを採ってはいけないのですが、私もこっそりいくつか採らせてもらいました。
今日は冬というよりも綺麗な秋晴れの天気で、とても楽しかったです。

来週はFrancaの娘のSilviaもきのこ狩りに来るそうなので、私ももし時間が合えばまた行きたいと思います。

DSC_0045_convert_20111114023956.jpg
森まで歩いていくところ。左はFrancaの旦那さん、右は私。
このようなゴムの長靴とFrancaの旦那さんの持っているようなバスケットが、きのこ狩りの目印です。

DSC_0047_convert_20111114024433.jpg
駐車スペースから森まで歩いていくところ

DSC_0054_convert_20111114025004.jpg
今日たくさん見つけたmazze di tamburoというきのこ。
これはまだフサが開いていないもの。

DSC_0061_convert_20111114030257.jpg
誰も種類をよく知らなかったので採らなかったけれど、小さくてとても可愛らしいきのこ

DSC_0084_convert_20111114030730.jpg
mazze di tamburoのフサが綺麗に開いたもの

DSC_0097_convert_20111114031344.jpg
今日収穫したきのこで・・

P1070806_convert_20111114051226.jpg
Simoのお父さんがきのこのリゾットを作りました。

<br />P1070808_convert_20111114051416.jpg
たくさんあったので、きのこのフリットも。

P1070809_convert_20111114051555.jpg
きのこのフリットの完成。レモンをかけて食べたのですが、とても美味しかったです。

P1070811_convert_20111114051800.jpg
きのこのリゾット。これも味がしつこくないので、不思議と何度食べても飽きない一品。
2011/11/07 Gaggianoでの出来事 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
今日は午前中Abbiategrassoの近くにあるAlbairateという町にあるMacelleria Bassiというお肉屋さんへ買い物に行きました。

Macelleria Bassi
Frazione Castelletto 7
20080 Albairate (MI)
Tel: 0294967221

ここはSimo家の行きつけのお店で、サラミや挽き肉をはじめ、大きな塊のお肉がたくさんあり、値段はスーパーに比べるとかなりお得。
例えば挽き肉はスーパーでは確か1キロあたり9ユーロくらいのところ、このお店ではなんと驚きの2ユーロで買えます。
火曜日の朝に新しくお肉がたくさん出てくるそうなのですが、とても混んでいるため、Simoの両親はあまり人のいない月曜日に来ることがほとんどだそうです。
ここで2、3週間に1度くらいのペースで家族のためのお肉はもちろん、愛犬ブラッコに与えるお肉もたくさん購入しているそう。
今日もとても1人ではとても重くて持ちきれないほどのお肉を購入。
早速夜はbiancostato(バラ肉。punta di pettoともいう)を使ってスープ(brodo)を作りました。
このスープはお肉や野菜を長時間煮込んだもので、コンソメキューブ(dado)を使って作ったスープよりも油が多くコクがあります。
このスープにtaglioliniという平たい細めのパスタを入れ、パルメザンチーズをかけて頂きました。
Simo家ではこってりした食事が多いので、久々にあっさりとしたディナーでとても美味しかったです。

今晩から数日間なんとイタリア全土のガソリンスタンドでストライキが行われるそうです。
ガソリンをいつもなぜか少ししか入れないSimoは、運転していてガソリンが切れたら困るので明日は車は運転しないそう・・。
こんなに大規模のストライキは、私がイタリアに来て初めてのような気がします。
私の車は幸い金曜日に引き取ってきてからまだ運転をしていないので大丈夫だと思いますが。
イタリアで車を運転される方は、ガソリン切れに注意してくださいね。

P1070766_convert_20111108055422.jpg
今晩のディナーに頂いたパスタ入りの手作りスープ

P1070764_convert_20111108060030.jpg
昨日お隣のFrancaが見せに来てくれた、見事にくりぬかれたカボチャ。
Francaの旦那さん作だそう。

P1070765_convert_20111108061035.jpg
蓋を開くとこんな感じ。ハロウィンにはカボチャのリゾットを中に入れて食べたそうです。
イタリアでは基本的にハロウィンのお祝いはしないのですが、それでも年々少しずつ普及してきているようです。
ハロウィーンの前日に近所の大型スーパーへ行った時には、丁度ハロウィンのお祭りをしていて、
仮装した子供たちと親がたくさんいてお菓子を食べたりゲームをしたりして楽しんでいました。

P1070768_convert_20111108061145.jpg
今日はスーパーでpandoroとpanettoneというイタリアのクリスマスケーキを買いました。
ちょっとまだクリスマスには早いのですが、イタリアでは毎年この時期になるとスーパーやパン屋さんなどで山のように積まれているのを見かけるようになります。
2011/11/06 Gaggianoでの出来事 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
昨日は夏の間Lucの子猫達(全て貰い手が見つかりました)を預かってくれていたAngeloの所有する農家(cascina)でランチをしました。
あいにくの雨だったので屋外ではなく建物の中の居間で、暖炉の前のテーブルを囲んでの持ち寄り式ランチでした。
参加者はAngelo、Angeloの奥さんと息子、Francaと旦那さんと娘のSilvia、Angeloの友人Stefania、そして私を含むSimo一家の11人。

メニューはというと、Simo家はSimoの両親がvitello tonnatoという茹でた薄切りビーフのツナソースのせを、お隣に住むFranca一家はpolenta(とうもろこしの粉で出来たケーキのようなもの)にbrasato(牛肉入りのシチュー)をかけたもの、そしてAngelo一家は牛肉のロースト(arrosto)と、今考えてみると事前に打ち合わせをしたかのように皆牛肉のメインを持って来ていました。
メインの前にはサラミ、小さなピザやソーセージの入ったロールパンなどのサラティーニ(salatini)、きのこのオイル漬け(funghi sotto olio)、パプリカやズッキーニなどの野菜のオリーブオイル漬け(verdure sotto olio)、チップスにクラッカーなどこれまた盛りだくさんでした。

食事の最後にはSimoのお母さんが近くのパン屋さんで買ったケーキとFrancaが作ったジャムのタルト。
なんとジャムはFrancaの旦那さんの手作りだそうです。

Angelo一家は今度私たちが住むアパートの隣の建物(アパートの外観や作りは同じ)に住んでいるので、これからは会う機会が増えそう。
いつものことながらはち切れそうなほどお腹いっぱいになってしまいましたが、とても楽しかったです。

P1070744_convert_20111107065329.jpg
Angelo一家が作ったcarne arrosto

P1070745_convert_20111107065614.jpg
Francaが作ったポレンタに・・

P1070746_convert_20111107065806.jpg
Francaの旦那さんが作ったbrasatoをかけて頂きました。
Brasatoはまるでとろとろのビーフシチューで、本当に美味しかったです。

P1070748_convert_20111107065937.jpg
居間にある暖炉。寒い雨の日でしたが、お陰で家の中はポカポカでした。

P1070751_convert_20111107070147.jpg
Simoのお母さんが買ってきたケーキ

P1070752_convert_20111107070322.jpg
Francaの旦那さんの手作りのジャムを使ったタルト

P1070754_convert_20111107070638.jpg
今回のホストのAngelo。とても優しくて素敵なおじいさんです。
2011/11/02 Gaggianoでの出来事 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
昨日はSimoのお母さんのアイロンがけを手伝いました。

ミラノの家ではずっと、Simoのお母さんがスーパーでためたポイントと引き換えにもらったという小さなスチームアイロンを使っていたのですが、今回は初めて日本では見ないような大きなスチームアイロンを使いました。

P1070728_convert_20111102223606.jpg

これは結構年季の入ったアイロンですが、今でも電化製品屋さんへ行くとこのような大型のアイロンがたくさん置いてあります。
使い方はまず右上の丸くて黒いフタを開け水を一杯に入れてから電源を入れ、ランプが点灯するまで10分ほど待ちます。
ランプが点灯したら、アイロンを持ち上げてアイロン上部の赤いスイッチを押しスチームを少し出してから、またしばらく置き、再度ランプが点灯したら準備完了です。
Simoのワイシャツを5枚、下着のシャツを数枚、ハンカチを8枚、枕カバーを3枚、大きなシーツを2枚、その他靴下やパンツなど、結構な量の洗濯物のアイロンがけが水を足す事なく1度で終わりました。

使った感想はというと、初めは太いコードがからまったり、本体があまりに大きいので使いにくいような気がしたのですが、段々慣れてくると、これもなかなか使えるかもしれないと思う様になりました。

ちなみに私は普段は下着や靴下にはアイロンなんてかけないのですが、イタリアの家庭の多くではこういった物にも全てアイロンをかけているようです。
夫婦2人分ならいいのですが、例えば子供が3人4人いる家庭だったら・・と考えると、イタリアのお母さんはすごいと改めて思ってしまいました。
2011/10/24 Gaggianoでの出来事 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
今週末も金曜日の夜からGaggianoで過ごしました。

新居の件があるので、普段よりも慌ただしい週末でしたが、土曜日のランチは久しぶりにGaggianeseへ行きました。
メニューの内容はいつもとほとんど変わらないのですが、前菜にコテキーノ(イタリアのソーセージ)が出てきたのを見て、冬が近づいているのを実感しました。
この冬初めてのコテキーノ。
サラミのような濃い味なので、実はそんなに好きではなかったのですが、今回久しぶりに食べたコテキーノは美味しかったです。

P1070684_convert_20111025010950.jpg
前菜の盛り合わせ

P1070686_convert_20111025011130.jpg
パッパルデッレ、ラビオリ、ラザニアの3種盛り(tris)

さて、先週末にミラノに帰ってきたSimoの両親ですが、新しく家族が増えていました。
Sementanaにある山の家で7月中旬頃に生まれた子猫のフィオッコです。
本当に良く食べ、とてもやんちゃな子なのですが、人といるのも大好きで、抱っこをされても結構大人しくしています。
他の猫が大嫌いなミミにはまだ会わせたことはなく、今後も会わせる予定はないのですが、仲良く出来ると思ったタバタ(Lucの猫)もフィオッコを見ると威嚇してしまうので、今は3匹別々のベッドルームに隔離をしなければならず、大変です。
ドアを開けて廊下に出る時には、「出てもいい?」と大声で聞き合っています。

P1070691_convert_20111025012158.jpg
お昼寝中のフィオッコ

P1070689_convert_20111025011246.jpg
Simoの両親がSememtanaの山の家で拾ってきたnoci(くるみ)とnocciole(ヘーゼルナッツ)
noccioleは別名avellanaとも呼ばれていて、イタリア人がよく食べるnutellaという塗るチョコレートにも入っています。
2011/10/17 Gaggianoでの出来事 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
この週末はなんだか慌ただしく過ぎてしまいました。

土曜日はリフォームのための用事でAssagoへ。夕方家に帰ってからはLucの提案でEbayでバスタブを検索。
バスタブとはいえ、様々な種類があり、これまた決めるまでに時間がかかりそうです。

実はミラノのアパートの洗濯機が先月始め頃に壊れたのですが、3月に修理にきてもらったばかりなのに全く同じ症状で動かなくなり、大家さんもあまりこの件に関して協力的な人ではないので、とりあえず修理をせず放ってあるのですが、今までは毎週末Gaggianoに来ていたので洗濯物については問題はなかったのですが、ここ2週間ずっとミラノで過ごしたので、驚くほどの洗濯物がたまっていました・・。
結局土曜日と日曜日合わせて5回も洗濯機を回すことに・・。

日曜日は、ようやく長い休暇を終えたSimoの両親が3ヶ月ぶりにミラノへ戻って来ました。
朝9時半にマルケの山の家を出たそうなのですが、途中Ulbinoのおばあちゃんの家へ寄り夏休みから預けられていたLucの猫を引き取ったりしていたため、Gaggianoへ着いたのは午後4時。普段なら5時間で着くところ、今回は結構な長旅になりました。
いつもほんの数ヶ月の滞在にも関わらず、ものすごい量の荷物を持って移動しているので、今回もみんなで家と車を何度も往復してようやく荷物を下ろし終えました。

Simoのお父さんの弟Micheleが収穫したトマト50キロを使って、Fabrianoに住むSimoのおばあちゃんがトマトソースを山ほど作ったものを幾つかSimoの両親に持たせてくれたので、その日のディナーはそのトマトソースを使ったシンプルなスパゲティを作りました。
このソースはオレガノも何も入っていないシンプルなソースなのですが、トマトの甘味がぎゅっと濃縮されていて、塩を入れて煮込んだだけで驚くほど美味しいソースになりました。
こんなに美味しいトマトソースを食べたのは初めてかもしれません。

P1070636_convert_20111017202201.jpg
トマトソースの瓶詰めやサラミ

P1070637_convert_20111017205514.jpg
おばあちゃんの作ったトマトソースを使ったスパゲティ。絶品です。

イタリアではお母さんやおばあちゃんがせっせと大量のトマトソースの瓶詰めを作る話をよく聞きます。
家庭によってきっと味は違うだろうし、トマトソースと言えば母(もしくはおばあちゃん)の味というイメージがあります。
韓国では間違いなくキムチ、日本でいうとお味噌汁や梅干しのようなものでしょうか。
畑仕事は苦手だけれど、こういう新鮮で美味しい物を食べる度に、将来の自分のミニ・ガーデンへの憧れが大きくなる私です。

P1070635_convert_20111017201525.jpg
Assagoのショッピングエリアの映画館の近くにあるコーヒーショップにて
手前はコーヒー味のシェイクにキャラメルソースが入ったもの、そして奥はホイップクリームののったアイスココア。どちらもとても美味しかったです。

P1070634_convert_20111017200642.jpg
コーヒーショップの様子。
レストランや映画館の並ぶこの辺りは、ちょっと近代的でオープンなストラクチャーから、人の少ない六本木ヒルズという雰囲気。
あのパスタの有名なブランド、RANAのレストランもあったのですが、お昼休みのためか閉まっていました・・。今度行ってみたいと思います。
2011/08/29 Gaggianoでの出来事 COMMENT(2)  TB(0)  EDIT  TOP
日曜日はGaggianoから車で10分ほどの場所にあるMorimondoという町のお祭りに行ってきました。

午後3時過ぎに着いたのですが、まだ日が出ていて暑かったので、まずはカフェでケーキを食べることに。
Morimondoにはカフェやジェラート屋さん、レストランを含め全部で3軒くらいしかないのですが、その中で以前Simoのお父さんと3人で行ってとてもケーキが美味しかったカフェへ。
テラス席が空いていたので、そこでお茶をしました。
テラス席と言っても、木々の緑を屋根がわりにしているので、とても涼しくて快適でした。

ケーキの種類がたくさんあり悩んだのですが、私はセミフレッド(アイスクリーム)、そしてSimoは洋梨のタルトを選びました。
どちらもとても美味しかったです。

DSC_0001_convert_20110829224018.jpg
苺のセミフレッド

DSC_0002_convert_20110829224319.jpg
温かい洋梨のタルト クリーム添え

DSC_0006_convert_20110829224545.jpg
カフェのテラス席

お茶をした後は小さなMorimondoのエリアを歩き、その後教会の中を見学しました。
午後5時からは教会の中でのフルートのような楽器を使ったコンサートを鑑賞し、
その後はpiazza(広場)の屋台でサラミやソーセージのパニーノやポテトフライのaperitivoを楽しみました。

DSC_0013_convert_20110829231222.jpg
Morimondoの教会の前の道

DSC_0011_convert_20110829230910.jpg
教会の入口

DSC_0019_convert_20110829231511.jpg
Chiostroと呼ばれる教会の中庭のエリア

DSC_0021_convert_20110829231803.jpg
Chiostroの一部屋の壁に描かれた絵画

Morimondoは近いこともあり、もう何度も足を運んでいますが、今日は特に自転車で来ている人が目立ちました。
Gaggianoからも自転車ではすぐに来れるそうなので、今度新居に引っ越して自転車を買ったら、サイクリングがてらまた来てみたいと思います。

CSC_0033_convert_20110829232201.jpg
夕方Gaggianoに戻り散歩した時の夕焼け
2011/07/24 Gaggianoでの出来事 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
土曜日の午後、銀行の人が不動産の価値のチェックのため新しいアパートに来ることになっていて、Simoも行くことになったので、この週末もそのままGaggianoで過ごしました。
銀行の人は家の間取りや築年数などの情報をまず不動産屋さんの担当者に詳しく聞いてメモをとり、全ての部屋の写真を撮ってから、レーザーの小さな機械を使って部屋の正確なサイズをチェックしていき、最後に1階にある物置と車庫を見て帰って行きました。

土曜日の夜は、Gaggianoの年に1度の大イベント、Bianca Notteというお祭りがありました。
運河沿いのVia Romaという通りが閉鎖され、運河の両脇や町の中心部の広場の周りにはたくさんの屋台が並び、驚くほどの数の人が来ていました。
いつもは閉まっているGaggianoのお店もほとんどが営業していて、ビールやパニーノ、サラミを楽しむ人で賑わっていました。
市役所の前では簡易ダンスフロアが設置され、たくさんのお年寄りのご夫婦がダンスを楽しむ姿も見られました。
蚊除けのスプレーをしていたものの、Simoも私も顔を含めて数カ所刺されてしまいましたが、普段のGaggianoとは違う雰囲気があって楽しかったです。

さて、昨晩はGaggianoに泊まり、今朝6時半のバスでミラノに帰ってきました。
パッキングもほぼ終わり、もうすぐ空港へ向かいます。
3週間の日本での夏休み、とても楽しみです。

皆さんも良い夏休みをお過ごし下さい。

P1070310_convert_20110724160656.jpg
土曜日の朝にFraと見に行った、Lucの子猫たち

P1070321_convert_20110724160920.jpg
とても元気で人懐っこく、ずっと楽しそうに遊んでいました

P1070293_convert_20110724155919.jpg
Fraと行った別の農家で、どこからともなく急に現れたニワトリの一群

P1070294_convert_20110724160213.jpg
見たことのない種類の鳥たち・・

P1070338_convert_20110724161850.jpg
土曜日の夜に行われたBianca Notte

P1070341_convert_20110724163036.jpg
ライトアップがとても綺麗でした
2011/07/18 Gaggianoでの出来事 COMMENT(2)  TB(0)  EDIT  TOP
週末は色々あり、あっという間に過ぎてしまいました。

土曜日は朝10時半にTecnocasaとアポをとり、まだ新居の中を見ていないSimoの両親を連れて、アパートを見に行ってきました。
ドアの鍵を開けると、入口のすぐ内側に大きな猫がいて驚きましたが、お隣のアパートに住む売り主の親戚の猫だったことが判明。
なんでも家の中のちょっとしたリフォームをしている最中で、私たちが買う予定のそのアパートに猫や荷物やらを少し置かせてもらっていたそう。
私たちが秋に引っ越してからはご近所さんになる訳なのですが、とても優しそうな人だったので安心しました。

土曜日の午後は本を読んだり、近くの靴屋さんでSimoと1足づつ新しい靴を買ったりしました。
ランチに食べ過ぎたせいか、夜はあまり食欲がなかったので、バジルとオリーブオイルのトマトサラダだけ食べました。
雨が少し降ったせいか夜はとても肌寒く、空気の循環のため窓をほとんど開けていたところ、長袖のパジャマを着ていても寒くて夜中に目が覚めてしまったので、更に少し厚手の布団をかけて寝ていたほどです。
ミラノではあまりの暑さに薄手のパジャマにエアコンをつけて寝ているので、なんだか不思議な気分でした。

日曜日はSimoの両親が午後一番にGaggianoを出発してマルケの家へ帰る予定だったのですが、Lucの猫のことで予想以上に手間取ったため、結局出発が今日の午後に延期になるというハプニングがありました。
というのも、Lucの猫が5月25日に生んだ4匹の可愛い子猫たちをSimoの両親の家にまず連れてきて、そこから8月の夏休みいっぱい預かってもらえることになった近くの農家へ一緒に連れて行くという手順になっていたのですが、予定の時間を30分ほどオーバーしたところでLucから電話が。
Simoのお母さんが電話に出たのですが、Lucは電話口で泣きながら「子猫たちを引き離すのが可哀相でケージに入れられない」と話していたそうで、結局Simoの両親、私とSimoの総出でLucの家まで子猫達を迎えに行くことになりました・・。
子猫たちがやんちゃで、なかなかつかまえられないのではと予想していたのですが、Lucの家に着くと皆Lucのベッドの上やダイニングの椅子の上などで可愛らしく寝ていて、動きものんびりとしていたので、簡単にケージに入れることが出来ました。
念のため子猫達の母親からは見えないよう、母親の方を隔離していたのですが、さすがにLucのアパートを後にする時には、去年Sementanaの山の家で生まれた子猫達を母親猫が呼び探す姿を思い出し、少し心が痛みました。
ちなみにLucはその時は、子猫達を連れていくところを見るのは耐えられないと言って、どこか別の場所へ出かけていました。

さて、その農家というのはFra一家が仲良くしているAngeloというおじいさんが所有する農家なのですが、今はほとんど使っておらず、夏の週末に人を集めてバーベキューをしたりするくらいで、普段は野良猫たちの住処としてほとんど開放してあげているのだそう。
Fraは毎日ボランティアで他2人と交代でその農家に来て、野良猫たちにご飯をあげたりしているのだそうです。
そんな農家の建物の2階部分にある8畳ほどの一部屋を今回子猫達のために貸してもらえることになり、昨日は子猫達をLucの家から引き取った後すぐにそこへ向かいました。
部屋は長い間使っていなかったため埃だらけだったそうなのですが、前日にFraとSimoの両親が来て、掃除をしたり網戸を綺麗につけたりして、子猫達が快適に住めるように整えてくれていました。
発砲スチロールの箱を使った簡易の隠れ家や、オモチャ用にワインの栓もたくさんFraが持ってきてくれていて、なかなか居心地も良さそう。
前日にSimoのお母さんとEsselungaで45日分にあたると思われるご飯(大きな缶詰78個)を買ってきたのですが、それも全てその部屋の片隅に置きました。
初めはケージの中から出て来なかった子猫達。でもしばらくすると部屋の中を探検したりご飯を食べたりと、少しびくびくしながらも色々なことに興味津々でした。
しばらく子猫達の様子を見てから、Angeloに挨拶をして農家を出ました。

子猫たちが5月に生まれてから今まで、Lucは家で飼いながら少しづつ里親を探してはいたみたいなのですが、今のところまだ引き取ってくれる人は見つかっていませんでした。
その後いよいよLucが8月初旬から1ヶ月夏休みの旅行へ出かけることになり、猫5匹を連れては行けないということで、結局隣に住むFraさんがこの農家に聞いてくれて部屋を貸してもらえることになり、そこで子猫達を預かってもらえることになったという訳です。
夏休みが終わったらまたLucが引き取ることになりますが、早く里親が見つかるといいなと思います。

さて私とSimoですが、そんな訳で今朝Gaggianoからミラノへ戻ってきました。
今度の週末から2人で日本へ帰国することになったので、今週は準備や家の片付けで慌ただしく過ぎそうです。

P1070269_convert_20110718233611.jpg
土曜日のランチにSimoのお父さんが作ったカルボナーラ

P1070274_convert_20110718233722.jpg
日曜日のディナーに私が作った、リガトーニというパスタを使ったツナとトマトソースのパスタ

P1070266_convert_20110718233340.jpg
金曜日の夕方に空一面に見えた入道雲

2011/06/27 Gaggianoでの出来事 COMMENT(2)  TB(0)  EDIT  TOP
日曜日の夕方、Simoと近所をお散歩していたところ、お隣に住むFraと娘のSilにばったり会いました。
Silの友人の誕生日パーティーでBBQから帰るところだったという2人と話しながら歩いていたところ、自宅の近くの農家で育てている野菜をこれから採りにいくとのことで、一緒に連れていってもらいました。

田舎道をのんびり歩くこと15分ほど、たどり着いた農家でまずFraは中庭へ行き10数匹いる野良猫(?)たちにご飯をあげ始めたので、SilとSimoと私は3人で水田の横にある木になるprugne(プラム)を採りに行きました。
木の上の方に見える実がうっすらオレンジがかった黄色をしていて美味しそうだったのですが、はしごがなく届かなかったので、手の届く範囲にあるもので美味しそうな実を10個ほど採りました。
Silは実を採りながら幾つかその場で食べていたのですが、私は農家の中庭に戻り水で軽く洗ってから1つ食べてみました。
丁度よく熟していて、とても甘くて美味しかったです。

P1070151_convert_20110627191437.jpg
農家の広い中庭の一角

P1070152_convert_20110627192111.jpg
手前の壁に取り付けてあるレバーを左右に動かすと水が出る仕組みの古い水道
水は飲めるのですが、とても美味しいです

P1070153_convert_20110627192301.jpg
農家の入り口にあるラズベリー(lampone)の木
後でFraの庭にあるものを採りその場で食べたのですが、とても甘く美味しかったです

P1070154_convert_20110627192446.jpg
農家の前に広がる水田

P1070157_convert_20110627192551.jpg
プラムの木

この農家では、土地の一部を一般の人に貸していて、そこで皆野菜やフルーツなどを育てているそうです。
そんな賃貸のミニ農園が並ぶ小さな通路の脇には、ローズマリーやセージなどのハーブやラベンダーなどが栽培されていて、ここで農園をやっている人が誰でも好きなだけ採っていって良いそう。
ちなみにここでは、賃貸とはいうものの毎月決まった額の賃料を払うわけではなく、採れた野菜をあげるなど皆お金ではなく別の形で支払いをしているそうです。

P1070158_convert_20110627192718.jpg
古い農家の建物
昔は牛やニワトリの飼育もしていたけれど、今はお米の栽培のみやっているそう

P1070159_convert_20110627192835.jpg
キウイの木

P1070161_convert_20110627193149.jpg
長さ30~40センチほどもある巨大カボチャ(zucchina)

P1070164_convert_20110627193246.jpg
青々とした綺麗なレタス

Fraの農園では他にトマトやイチジクなども育てているのですが、どれもまだ緑色で熟していませんでした。
Simoの腕にハトの糞が落ちてくるというハプニングもありましたが(それは皆逆にラッキーだねと言って笑っていましたが・・)、自然とふれあい、新鮮なフルーツをたくさん食べて、とても楽しい時間を過ごしました。

農園でかなりの時間を過ごしたため、夕食は家に戻りシャワーを浴びてから、夜9時頃にFraの家にお邪魔してマルゲリータのピザをご馳走になりました。
ダイエットを始めたばかりだったのでどうしようかと悩みましたが、昨日だけ特別ということで、食べてしまいました。
デザートには大きなスイカを一切れ。
また今日から気持ちを入れ替えて、ダイエットに励むつもりです。
2011/06/14 Gaggianoでの出来事 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
金曜日の夜から今朝まで、お父さんとSimoとGaggianoで過ごしてきました。

週末Gaggianoではお祭りが行われ、近所のMercato(市場)では両日ともほぼ終日、普段よりも多くの露店が出ていたので、土曜日の朝Barでイタリア式の朝ご飯を食べた後、お父さんにGaggiano市内を紹介がてら歩いて市場を散策しました。
ランチはGaggianeseへ。何度か足を運んでいますが、今回は初めて庭のテラス席で食事をしました。
天気が良く、とても美味しいとお父さんも気に入ってくれて、良かったです。

ランチの後はMorimondo、Abbiategrasso、Cassinetta di Lugagnanoなど、近くの小さな町を観光しました。
夕方には不動産屋さんとアポイントメントをとり、ついに購入の手続きを進める事に決まったアパートの中をお父さんに見学してもらいました。
とても広くて、環境も良さそうでいいじゃないとのこと。

日曜日は午前中Certosa di Paviaという修道院へ行ってきました。
ここはお父さんも入口の門を入った途端、建物や庭の綺麗さに感動していました。
修道院の外ではMercatoの露店が並び、その1つで見つけたお揃いの柄のキャンドルスタンドとフルーツ用のトレイにお父さんは一目惚れ。
そんなに安い値段ではなかったのですが、即座に買っていました。
ランチは家でtrofieという短いパスタのバジルソース、そしてタコとポテトのオーブン焼きを作りました。
ランチの後はお昼寝をして、夕方は家や近所でのんびりと過ごしました。

さて、昨日はお父さんの希望で一日ショッピングへ。
朝Simoを車でPrimaticcioまで送ってから、そのままCorsicoにある大型店を幾つかまわりました。
靴屋さん、洋服屋さん、ホームセンター、スーパーetc.・・たくさん歩き、午後5時半頃ようやく買い物を終えた頃には2人とも足が棒のようでした。
Simoはというと、昨晩はとても忙しく、なんと朝2時まで仕事をしていたそう。
午後8時、そして10時頃に連絡があったのですが、その時既にかなり遅くまで帰れなさそうとのことで、Gaggianoへ戻らず1人でミラノのアパートに泊まることになりました。
今朝も仕事の残りがあり、朝早くから事務所へ行ったようです。今晩は早目に帰れるといいのですが・・。

P1070097_convert_20110615015418.jpg
Gaggianeseのテラス席

P1070101_convert_20110615020307.jpg
バニラのジェラートの乗った、フルーツの盛り合わせ

P1070103_convert_20110615020547.jpg
Morimondo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。