| HOME |
バーレーンに引っ越しました♪
2014年11月26日、無事バーレーンに到着しました♪
その後の日常は、jijiのバーレーン日記で更新しております。
20130216CIMG2385.jpg

--/--/-- スポンサー広告   EDIT  TOP
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/12/25 クリスマス COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
昨日のイブ、そしてクリスマス当日と、今年はSimoと2人きりでしたが、
リラックスした良い時間を過ごすことが出来ました。

イブのディナーは買ってきたお惣菜などがあり、
作るのはプリモとセコンド1品づつだけだったので、夕方から準備を開始。
お腹が空いてしまったので、午後7時過ぎにはディナーを始めました。
夕食後はSimoがiPhoneにダウンロードしたクリスマスの曲を聞いたり、
ゲームをしたりしているうちにあっという間に午後10時半。
パンドーロを食べてから、プレゼントを開けました。
教会のミサに行こうかとも話していたのですが、
Simoの体調がまだ悪かったので出かけるのはやめて、家で過ごしました。
また一緒にゲームをして、午前1時頃には寝ました。

P1080818_convert_20121226015534.jpg
スモークサーモン、シーフードのマリネ、ツナなどのタルタル、イカとトマトのマリネ、
タコとポテトの煮物、そしてグリーンサラダ

P1080820_convert_20121226015739.jpg
トマトとツナのパスタ、あとポテトサラダも作りました。

P1080821_convert_20121226015921.jpg
お隣さんから頂いたパンドーロとロゼのスプマンテ

クリスマスの今日はゆっくり起床。
またお決まりのパンドーロを食べてから、ランチの準備を始めました。
今日のメニューは生ハムとチーズの盛り合わせ、アーティチョークのオイル漬け、
プリモにラザニア、セコンドには豚とポテトのロースト、そしてグリーンサラダ。
どれもとても美味しかったです。
ランチにスプマンテを飲み過ぎたSimoはとても眠そうだったのですが、
あまりお昼寝をする気分ではなかったようだったので、
リビングでブランケットに包まれながら、また一緒にゲームをして時間を過ごしました。
今日のディナーについては実は何も考えていなかったのですが、
残り物があるので、それプラス1品くらいで簡単に済ませようと思っています。

P1080823_convert_20121226020227.jpg
まずは前菜から

P1080824_convert_20121226020555.jpg
昨日と同様にテーブルも綺麗にセッティングしました

P1080826_convert_20121226020718.jpg
ラザニア

IMG_1415_convert_20121226033803.jpg
豚とポテトのロースト
スポンサーサイト

2012/12/17 クリスマス COMMENT(6)  TB(0)  EDIT  TOP
先週の金曜日は今年2度目の雪が降りました。
しかも結構な大雪で、皆スピードをだいぶ落として走るため、
午前中、家の近所は稀に見る大渋滞。
途中通り過ぎたバス停は、遅延しているバス待ちの人で溢れていました。
去年はこんなに12月から雪が降った記憶はないのですが・・。
寒いとはいえ、まだそこまで寒くはないのが唯一の救いです。

さて、本当なら9日にマルケへ行く予定だったSimoの両親ですが、
ミラノだけでなくマルケの家の近辺もその日は雪が降ったため、延期に。
先週末も残念ながら天候はほとんど変わらなかったのですが、
来年1月6日頃にはミラノに戻ってくることが決まっているため、
もうこれ以上出発を延期には出来ないとのことで、昨日の朝出発して行きました。
その日は一日中深い霧で、荷物も多かったためかなりの時間がかかったようですが、
まずはUrbinoのおばあちゃんの家に寄り2匹の猫を預け、
その後夕方5時頃には無事に山の家に到着したそう。

そんな訳で、土曜日の夜はSimoの両親の家で今年最後のディナーをしました。
プリモにカボチャ(zucca)のラビオリを生クリームのソースで和えたものが出たのですが、
カボチャが甘過ぎてラビオリには合わないと、珍しく皆残していました。
なんでもカボチャのラビオリはSimo家では初めて食卓に出たようで、
カボチャのリゾットが美味しいからとSimoのお母さんが購入したそうなのですが、
ラビオリはやっぱりほうれん草とリコッタチーズのものが一番、
・・という結論に達したようです(笑)

さて、Simoと私は週末は必要以外特に出かけずに過ごしました。
先日SKYRIMというRPGゲームを購入し、始めてみたのですが、これが大当たり。
どこへ行くか、どのミッションを引き受けるかなどが自由で、グラフィックもとても綺麗。
すっかりハマってしまって、昨日はほぼ終日2人でこのゲームをしていました。
夕方少し近所のスーパーへ行き、mortadellaハムやasiagoチーズ、チップスなどを買い、
家でゲームをしながら aperitivoをしました。
本当にそれだけで一日終わってしまったのですが(笑)そんな休日も好きです。

IMG_1381_convert_20121217221923.jpg
今年のクリスマスツリー。下にあるギフトは全てSimoの両親から。
・・と言っても、私とSimoへのギフトはそのうち2つだけで、
残りの12個は全て、まだ産まれていない赤ちゃんへのギフトだそうでビックリ・・。
クリスマス当日に開けるのが楽しみです。

P1080805_convert_20121217222243.jpg
玄関も少しですが飾り付けをしました。

P1080808_convert_20121217222512.jpg
金曜日に降った雪

P1080809_convert_20121217224742.jpg
今年はホワイトクリスマスになるかな?

IMG_1384_convert_20121217224558.jpg
Simoの両親が去年山で拾ってきた猫。名前はフィオッコ。
当時は赤ちゃん猫だったため、gattino(小さい猫)と呼んでいたのですが、
Simoの両親にご飯を与えられ過ぎて(笑)、今となってはgattinoの面影無し。
今の私はもう持ち上げられないほど重いのですが、まだ遊び盛りの可愛い猫です。

P1080796_convert_20121217225242.jpg
一昨年の夏にLucaが拾ってきたTabata。
今ではすっかりSimoの両親の猫となっています。
マルケでの滞在中は、他の野良猫たちと一緒にならないよう、
gattinoと共にUrbinoのおばあちゃんの家にずっと預けられています。
2012/12/07 クリスマス COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
いつも結構ギリギリまで悩むクリスマスのギフトですが、
今年はもう今日で全てギフトを買い終え、ラッピングも済ませることが出来ました。

今年はSimoのお父さんにはIllyのコーヒー缶が3種類入ったセット、
フライパンを買い替えたいと言っていたSimoのお母さんにはテフロンのフライパン、
Simoのお兄さんLucaにはチョコレート(甘い物が大好きなので・・)、
そしていつもお世話になっているお隣さんには木箱入りのワイン2本セットにしました。

ミラノにはほとんど親戚がいないため、毎年ギフトはこんな感じで済んでいるのですが、
これがもしマルケで毎年クリスマスを過ごすしていたら、
Simoのおばあちゃん2人に叔母さん2人、叔父さん、従兄弟たち・・と、
ギフトの内容にはかなり頭を悩ませていたと思います・・。

P1080795_convert_20121207211906.jpg
今年のギフト
10センチ四方の小さなカードも中に入れました。

P1080794_convert_20121207211603.jpg
今日の朝ご飯。
最近はずっとパンドーロばかり食べています。
今日からランチョンマットもクリスマス用になりました^^
2012/12/04 クリスマス COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
週末からだいぶ寒さが本格的になってきたミラノ。

土曜日はクリスマスツリーの飾り付けを買いに、近所のお店を幾つか回りました。
ツリーは今年はSimoの両親の家にあるものを借りる予定です。
というのも、Simoの両親が今週末から1月初旬頃までずっとマルケで過ごすことに決まり、
私が妊娠中のためクリスマスは遠出が出来ないので、
今年はイタリアに来て初めて、Simoと2人でクリスマスを過ごすことになります。
そのため、少しでも2人でクリスマス気分を盛り上げるため、
ツリーを飾り、出来れば他にも少し家の中をデコレーションする予定です。

今日は母親学級の後、Duomoの近くまで行ってきたのですが、
Duomo広場には大きなクリスマスツリーが飾られていました。
去年のツリーよりも若干小さく感じたのですが、
赤いリボンの飾りがついていてとても可愛かったです。
そしてDuomoを囲むようにしてクリスマス・マーケットも開かれていました。
チーズやサラミ、スイーツはもちろん、ニット小物、キッチン小物、ハーブ、文房具、
そしてクリスマス用品など、様々なお店が出ていて楽しかったです。

P1080780_convert_20121205030425.jpg
クリスマス・マーケット

P1080783_convert_20121205030707.jpg
Duomo広場のクリスマスツリー

P1080784_convert_20121205030950.jpg
マーケットで買った可愛いクリスマス用の飾り

P1080778_convert_20121205030234.jpg
今年2つ目のパンドーロ
今朝少し温めて食べたのですが、しっとりしていてほんのり甘く、とても美味しかったです。
2012/11/29 クリスマス COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
一昨日の夜は、2、3週間ぶりに蚊にさされました・・。
夜中の3時頃になんだか手首がかゆく感じて目が覚めると、
同じタイミングで耳元で蚊が飛んでいる音が聞こえ、ビックリして飛び起きてしまいました。
すぐに手首を見ると、赤くプクッと刺された跡が・・。
蚊を実際に目にしてはいないのですが、
今年はこんな11月末までまだ生き残っているなんて、本当におかしな現象です。

さて、週末にSimoが朝ご飯にパンドーロを食べたいと言っていたので、
月曜日にスーパーへ行った時に今年初めてのパンドーロを買ってみました。
パッケージにはPandoro Le Grazieとしか書いていないのですが、
よく見ると、どうやらEsselungaスーパーの自社ブランドのようでした。
平日の朝はエスプレッソのみ、もしくはオレンジジュースや牛乳を更に飲むだけで、
朝ご飯は基本的に週末しか食べないSimo。
毎朝一人で先にパンドーロを少し食べてしまいたい欲求と戦っているのですが、
せっかくなのでSimoと一緒に週末に開けようと思い、我慢しています(笑)

まだクリスマスまでに何度か買う機会はあると思うので、
次は違うブランドのものや、お菓子屋さんで売られているものも試してみたいと思います。

P1080774_convert_20121129235306.jpg
今回買ったパンドーロ

P1080775_convert_20121129235416.jpg
月曜日に久しぶりにMaisons Du Mondeへ行き、
クリスマス用の食器や飾りの下見をしました。
他のお店も見たいので、とりあえずシルバーのお皿とガラスのお皿だけ買いました。
2011/12/26 クリスマス COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
クリスマス当日の昨日は、クリスマス・イブとはうってかわりお肉を食べる日なので、Simo家では毎年定番のお肉入りのトルテリーニ(詰め物の入ったパスタ)のスープ、そして今年はSimoの家で登場回数の多いvitello tonnato(薄切りビーフの冷製ツナソースのせ)、最後にbollito(やわらかく煮た牛肉をばらし、マヨネーズと塩をかけて頂く料理)と本当にお肉づくし。

DSC_0071_convert_20111227031927.jpg
トルテリーニのスープ

DSC_0074_convert_20111227032149.jpg
Vitello tonnato

DSC_0075_convert_20111227032429.jpg
食後に食べたピーナッツとクルミ

ランチを頂いた後は、お隣のFranca家にSimoの両親との共通の友人が何人か遊びに来ているとのことで、私たちもお茶だけしに行って来ました。
たくさんの種類のチョコレートやナッツ、Baba sorrento al rham(ババというナポリのデザートをラム酒に漬けたもの)、そしてお酒も少し頂き、短い間楽しみました。
ババというのは、キノコのような形をした柔らかいパンのようなデザートで、これはラム酒が少し強かったけれど、美味しかったです。

DSC_0088_convert_20111227032649.jpg
ババのラム漬けやチョコレートなど、お菓子の山です。

さてクリスマスも終わった今日、Simoの両親はマルケ地方の山の家での短い休暇へ旅立って行きました。
ここ数週間幾つかの用事をこなすためミラノに滞在していたSimoのおばあちゃんをまず目的地の途中にあるUrbinoという町のアパートまで送り、そこでおばさんが準備してくれた遅めのランチをとり、更に1時間ほど運転して先ほど夜7時過ぎにようやく山の家に着いたそう。
普段はSimoの両親と愛犬ブラッコのみなのが、今回はプラスSimoのおばあちゃんそして猫2匹も一緒だったので、大変だったそう。

私たちはというと、今日はどこもお店がお休みだったので、引っ越してきて初めてのガレージの掃除をしたり、Simoの実家から更に運んできた細々した荷物を整理したり、のんびり過ごしました。

明日からSimoはまた仕事に戻ります。
2011/12/25 クリスマス COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
クリスマス当日の朝は、前日にSimoのおばあちゃんから頂いたパネットーネの朝ご飯で始まりました。

Simo家では、11月の始め頃から家に2、3個はパネットーネとパンドーロ(イタリアではパネットーネと同じくクリスマスのケーキとして知られているエンジェルケーキ)が常にストックされており、朝昼晩におやつと、クリスマス前までには既に飽きてしまうほど食べているため、実は自分たちでパネットーネやパンドーロを買ったことはありませんでした。
Simoの家では特にこだわりはなく、スーパーで気軽に買える普通の安いパネットーネばかりを購入しているのですが、今回Simoのおばあちゃんから頂いたものは、Loisonというブランドの手作り(artigianare)のもの。
500グラムくらいの小さめのパネットーネだったのですが、特に何も考えず、丸ごと電子レンジで少しだけ温めて食べてみたところ、あまりの美味しさにSimoとびっくり。
今まで食べてきたどのパネットーネよりもしっとりとして、新鮮な卵の風味も感じられて、本当に美味しかったです。
今まではパネットーネやパンドーロに生クリームをつけて食べるのがマイブームだったのですが、素材が良いためか、生クリームも何もつけずにそのままの方が美味しいとさえ感じました。

日本ではしっとりとした美味しいケーキやパンがどこにでも手に入るし、質も高いので、イタリアのパネットーネやパンドーロはお土産としてはそんなに喜ばれないのではと思っていたのですが、このブランドのものなら自信を持ってお土産に持って帰りたいとさえ思いました。

来年もし機会があれば、またこのブランドのパネットーネを食べてみたいと思います。

P1080025_convert_20111226065530.jpg
中身が見えるパッケージも可愛いパネットーネ。
とても厳重にラッピングされていて、パネットーネに辿り着くまで一苦労でしたが・・。

P1080027_convert_20111226065701.jpg
日本語でイメージすると、レーズンやドライフルーツの入った美味しいパンという感じです。
少し温めると美味しさ倍増です。
2011/12/25 クリスマス COMMENT(2)  TB(0)  EDIT  TOP
昨晩のクリスマス・イブ・ディナーは、去年より少し早く夜8時頃からスタート・・のはずが、やはり時間にルーズなSimoのお兄さんLucのお陰で、8時半過ぎから始まりました(笑)
それでも皆festa(お祭り)気分が手伝ってか、誰もそんなことを気にすることはなく、チョコレートを食べながら、今回特別に参加のSimoのおばあちゃんを中心に話は尽きることがなく、楽しくディナーの時間を迎えました。

DSC_0044_convert_20111226024630.jpg
クリスマスイブのテーブルの様子

DSC_0047_convert_20111226030519.jpg
特に子供のいるイタリアの家庭では、presepeというイエスキリストの誕生の場面の模型をクリスマスの時期に飾ることが多いようです。
写真のものは市販されている小さな模型ですが、Simoが小さな頃は、Simoのお父さんが腕をふるってとても大きなpresepeを手作りしていたそう。

DSC_0045_convert_20111226030736.jpg
クリスマスに食べる代表的なお菓子、パネットーネ(中央)とトローネ(左)

DSC_0048_convert_20111226031142.jpg
小さなクリスマスツリー

DSC_0049_convert_20111226025139.jpg
ギフトを開ける時までは、一ヶ所にまとめて置いておきます。

今回のディナーのメニューは:
前菜にSimoのお父さん作のTartine al salmone(サーモンとタルタルソースのトースト)、そしてFranca一家が持って来てくれた海老のタルタルソースゼラチンがけ。
トーストには黒オリーブのペーストがのったものと、ツナとマヨネーズのソースがのったものの2種類ありました。
海老のタルタルソースゼラチンがけは、Esselungaのお惣菜コーナーで買って来たものらしいのですが、とても美味しかったです。

DSC_0054_convert_20111226031355.jpg
サーモンとタルタルソースのトースト

DSC_0062_convert_20111226032541.jpg
海老のタルタルソースゼラチンがけ

そして写真は撮り忘れてしまいましたが、第一のお皿(primo piatto)にはツナとトマトソースのスパゲティ。
シンプルだけれど、とても美味しかったです。

最後に第二のお皿(secondo piatto)として、去年と同じくMoscardini con patate(ジャコウダコとポテトの煮物)とSalmone in gelatina con agrumi(鮭のゼラチン果実添え)を頂きました。
鮭のゼラチン果実添えは、去年よりも更に大きな4.5キロの鮭を使っていて、見た目も迫力満点。
上にのったマヨネーズと茹で卵ともよく合い、とても美味しかったです。

DSC_0069_convert_20111226055409.jpg
ジャコウダコとポテトの煮物

DSC_0055_convert_20111226031722.jpg
鮭のゼラチン果実添え

デザートにはpanettoneというイタリアのクリスマスケーキ。
フルーツがたくさん入っていて美味しかったのですが、既にお腹いっぱいだったので少しだけ頂きました。

今年は去年よりも大分自分でセーブして食べることが出来たのですが、それでも最後まで食べ終えてみると、もうこれ以上は飲み物もいらないというほどお腹いっぱいになっていました。
生クリームがのり綺麗にデコレーションされた日本のクリスマスケーキが懐かしかったのですが、逆にイタリアではディナー自体が大変なボリュームなので、ケーキはこうしたあっさりとしたものに落ち着いたのかなと思ってしまいました。

さてディナーが終わりしばらく談笑してから、いよいよギフトの交換タイム。
Simoのお母さんがまずは私たちにギフトを渡してくれて、その後皆でお互いに渡し合いました。
Simoの両親からは素敵なバスローブセット、そしてSilviaからはPUPAというイタリアの化粧品ブランドのミニ香水とボディーシャンプーのセットをもらいました。
Simoのおばあちゃんからはなんと、新居の購入やリフォームなどで色々費用がかかっているだろうからと、500ユーロのチェックを頂きました。
私たちのギフトも、皆にとても喜んでもらえたので、本当に良かったです。

去年はギフト交換の後に、夜の12時から行われるミサに皆で行ったのですが、今年は皆お酒を飲み過ぎたためか、疲れて眠い人が多かったので、ミサへは行かず12時少し前にはお開きになりました。

クリスマスのギフト選びには毎年悩まされるけれど、あげた後の皆の喜ぶ顔を見ると、来年のクリスマスのギフト選びがなぜか待ち遠しくなってしまう私です。

さて、今日はクリスマス当日。
Simoの実家でクリスマス・ランチがあるので、少しSimoと近くへお散歩に出かけてから行ってこようと思います。
2011/12/24 クリスマス COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
今年も結局ぎりぎりになってしまいましたが、クリスマス・イブの今日、全てのギフトのラッピングを済ませました。

Simoのお母さんには、Rinascenteで購入した小物入れにもなりそうな星形のミニ・クリスマスプレート。
Simoのお父さんにはワイン。
Simoのおばあちゃんには文字盤の大きくて見やすい携帯電話。
Simoのお兄さんにはストライプ柄のマフラー。
そして昨日も書きましたが、Simoの実家のお隣に住むSilviaには、ベネトンのニット、ニット帽、手袋のセット。
お店でラッピングしてくれた物もありますが、自分でラッピングした物もなかなか綺麗にできたと思います。

先週まではクリスマスギフトがなかなか決まらず心配な気持ちが大きかったのですが、今は単純にこれから数日続く休日とクリスマスの食事が楽しみです。
長い夜に向けてシャワーを既に浴び、あとは1時間後くらいにディナーの少し前にSimoの実家へ向かうのみ。

皆さんも良いクリスマスをお過ごし下さい。

P1080017_convert_20111225022641.jpg
2011/12/23 クリスマス COMMENT(2)  TB(0)  EDIT  TOP
昨日はIKEA、Esselunga、そしてEsselungaで買い忘れた物を買うためDimeglioという近所のスーパーへ出かけました。

IKEAでは家の整理に必要な収納グッズを何点か購入。
他のお店でも気に入ったものがあれば買うのですが、やっぱりIKEAは何より値段が一番安いと思います。
まずはカタログを片手にカフェで座り、カプチーノを飲みながら必要な物を考えリストアップした後、久しぶりに隅から隅までじっくり見てまわりました。
クリスマス前で特に夕方はどこへ行っても混んでいる時期なのですが、IKEAでギフトを買う人は少ないのか、結構閑散としていて快適に買い物が出来ました。

Simoの希望でクリスマスイブ(お肉はなしで魚料理を食べることになっている日)に巻き寿司を作りSimoの実家に持って行くことになったため、IKEAの後はEsselungaへ行き、それに必要な材料を購入しました。
クリスマスイブのディナーには、去年に引き続き今年もFranca一家を招待することになったと聞いていたので、1人娘のSilviaにだけギフトを。
Esselungaの中にあるベネトンで、ちょっとしたお出かけや普段にも着れそうな可愛いベージュのニットトップ、そして赤いニット帽とお揃いの手袋のセットにしました。
Simo家へのクリスマスギフトについては何週間も前から考えていたにも関わらず、Simoのお父さんにだけどうしてもこれだと思う物が見つからなかったので、少し高めのワインをプレゼントすることにしたのですが、なんと買い忘れてしまいました・・。
Esselungaでは想像以上の混雑ぶりに再度レジに並ぶ気力がわかず、結局家の近くのDimeglioというスーパーに寄り、1つ1つ見て一番良さそうなものを(私はワインについてはさっぱり分からないので、見た目と雰囲気を頼りに)選びました。

金曜日の今日は朝一番に大工さんが来て、水漏れしていた暖房機器を直したり、キッチンとバスルームの蛇口を新しく購入したものに付け替えたりと、最後の一仕事をしてくれました。
これでようやくリフォームは完全に終了、ここ2ヶ月の間週末を除きほぼ毎日会っていたこともあり、最後に見送る時にはとても寂しく感じました。

今日はクリスマス前のためかSimoも早く帰宅したので、早めにディナーを食べ終え、先ほど初めて洗濯機を回してみました。
私たちが今まで使っていたもの(賃貸のアパートに置いてあったもの)と比べると、機能には天と地ほどの差があるのですが(笑)、思ったよりも難しくなく、すぐに使い始めることが出来ました。
普通の洗濯プログラムの他、ジーンズ、カーテン専用プログラム、アイロンがけがし易くなるプログラム、静音プログラム、20分で終わるお急ぎプログラム、エコプログラム、また洗剤にアレルギーがある人のためすすぎが念入りにされるプログラムなど、様々な用途に合わせて設定出来ます。
デジタル表示があるので、残り何分という表示が出るのも(日本ではだいぶ前から普通についていますが・・)嬉しい機能です。
SimoはSimoで、そういった機能にはそんなに興味がないものの、とにかくデザインがとても気に入った様子。
まだよく分からないプログラムもあるのですが、これからどんどん使いこなせていけばと思います。

P1080015_convert_20111224040056.jpg
今回購入したAEGの7キロ用の洗濯機

P1080016_convert_20111224041016.jpg
表示やボタンのデザインがとても綺麗です。
2010/12/26 クリスマス COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
26日の今日はFesta di St. Stefanoという祝日でした。

イタリアではこの日にcotechino(大きなソーセージ)かzampone(豚の足)にlenticchie(小さな豆)の煮物などを合わせて食べるそうです。
残念ながらSimoの両親は今日から2ヶ月ほどマルケ地方のSementanaの家に行くため、朝から荷物の整理や食品などのパッキング、掃除でバタバタしていたので、それどころではありませんでした・・。
その代わり、家で作るようにと新鮮なcotechino(真空パックに入った簡単に作れるものもあります)とlenticchieを1パックもらいました。
今日はここ2日間食べ過ぎたためcotechinoは作らなかったのですが、せっかくなので近々作ってみるつもりです。
2010/12/26 クリスマス COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
クリスマス・イブは結局午前2時頃にベッドへ入ったのですが、こんなに遅くまで起きていたのは実は久しぶりだったので、クリスマス当日の朝はゆっくり起床。
起きてからは、Simoのお母さんがランチを作るのを少し手伝いました。

P1060568_convert_20101227003502.jpg
去勢したおんどり(cappone)と牛肉、そして野菜を煮込んでいるところ。

24日のイブはシーフード(pesce)が中心のメニューとなりましたが、25日は逆にお肉(carne)を食べる家庭がほとんどだそう。
Simoの家では、プリモにTortellini al brodo di cappone(トルテリーニと去勢したおんどりのスープ)、そしてセコンドにPure(マッシュポテト)とBollito di manzo e cappone(牛肉と去勢したおんどりを煮たもの)を頂きました。
トルテリーニは中に詰め物の入ったパスタのことです。
スープは大きなお鍋にお肉と野菜を入れて長時間煮込んで作ったので、市販のコンソメを使ったスープよりもずっとコクがあり、美味しかったです。
牛肉と去勢したおんどりの煮物は、細かくほぐしてから塩を少しとマヨネーズをつけて食べます。とても柔らかく美味でした。

P1060569_convert_20101227003637.jpg
Tortellini al brodo di cappone

P1060571_convert_20101227003753.jpg
Bollito di manzo e cappone

あとは、前菜に昨日テーブルに出すのを忘れてしまったというPolipo in insalata(タコのサラダ)を頂きました。
お酢の味のさっぱりとしたサラダで、タコの他に海老、小さな角切りにした野菜とアンティチョーク、黒オリーブ入りでとてもヘルシー。
デザートには昨日から引き続きパネトーネやナッツ、ドライフルーツなど。
Torroneというナッツが入った白くて甘いお菓子のバーも少し食べました。クリスマスに食べるものだそうです。

P1060572_convert_20101227003905.jpg
Torrone

クリスマスはLucも含めた家族のみでのんびりと、午後3時過ぎまでランチを楽しみました。
夕食はさすがにお腹が空いていなかったので、家にあるもので簡単に軽く済ませることに。
1日雨が降っていた上、クリスマスはほぼ全てのお店が閉まっているそうなので、ランチ以外は特に何もせず家で寛いで過ごしました。
2010/12/25 クリスマス COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
週末3日間家を空けるため、午前中掃除や洗濯をした後、午後Silviaへのギフトを買いに出かけました。

クリスマスイブはてっきり市内のお店はほとんど閉店して静かだと思っていたのですが、私のように土壇場で最後のギフトを探す人や、お互いのためにプレゼントを買いにきているカップルで普段以上にお店も道も混雑しているように感じました。
結構な数のお店を覗いた後、Silviaは大学生なのでCarpisaという少しカジュアルなバッグ&小物屋さんでリボンのついたクリスマスチェック柄のメイクアップ.ポーチと、Bottega Verdeというコスメショップで石鹸のセットそしてリップバームを買いました。
私のアパートがあるCorso Buenos Aires通りは、カジュアルなお店を中心に様々なブランドのお店が並んでいるので、こういったギフトを選ぶ時にはとても便利です。

家に帰りギフトのラッピングをしているところでSimoが仕事から帰ってきたので、片付けや掃除などを済ませてから出かけました。
ふと思いついて、9月末にこのアパートに引越してきてからお世話になっている管理人のおばあさんにも出掛けにラッピングをしたチョコレートをあげました。とても喜んでくれたので良かったです。
道は車は多かったのですが幸い渋滞はなく、午後6時過ぎにはGaggianoへ着きました。

Simoの両親はクリスマスの料理の準備などでさぞ忙しくしているだろうと思ったのですが、ほとんど料理の準備は終わっていたため、Simoと近所をお散歩したりディナーの時間までのんびり過ごしました。
夜9時頃、珍しく時間通りにLucが到着したので、お隣のRossi一家にも声をかけて、ディナーが始まりました。

P1060562_convert_20101226231153.jpg
クリスマス用のテーブル・セッティング

まずはRossi一家が持ってきてくれたAntipasti di gamberetti in gelatina(海老とタルタルのゼラチン)とSimoのお父さんが作ったTartine al salmone(サーモンとタルタルのトースト)の前菜から。
海老とタルタルのゼラチンは、ポテトサラダのようなタルタルが美味しく、海老との組み合わせが良かったです。

P1060567_convert_20101226232810.jpg
Antipasti di gamberetti in gelatina

P1060555_convert_20101226230824.jpg
Tartine al salmone

それから写真を取り忘れてしまったのですがプリモにTagliatelle al salmone e pannna(サーモンと生クリームのタリアテッレ)、セコンドにMoscardini con patate(ジャコウダコとポテトの煮物)とSalmone in gelatina con agrumi(鮭のゼラチン果実添え)を頂きました。
Simoのお父さんが作ったサーモンと生クリームのタリアテッレは、サーモンと生クリームをミキサーにかけたものをパスタと和え、パセリをまぶすだけの簡単なメニューですがとても美味。今度家でも作ってみたいです。
ジャコウダコとポテトの煮物は、こんなにタコとポテトが合うんだと感動するほど相性が良く、少し日本の煮物を思わせるような味でした。
鮭のゼラチン果実添えは、これまたSimoのお父さんのレシピなのですが、丸ごと1匹の大きな鮭を調理した後冷やして、ゼラチンとマヨネーズとオレンジの薄切りを飾った、見た目も豪快な料理です。
クリスマス・イブにふさわしい、見事にシーフードづくしのとてもボリュームのあるディナーでした。

P1060566_convert_20101226233447.jpg
Salmone in gelatina con agrumi

ディナーの後はデザートにマスカルポーネチーズ入りのパネトーネ、ナッツ、チョコレートなどをスプマンテと一緒に頂きました。
それから待ちに待ったギフト交換です。まずはLucがSimoの両親そして私とSimoにそれぞれCDかDVDくらいの大きさの包みをくれました。
少し嫌な予感がしながらSimoと包みを開けると、なんと私たちがLucやSimoの両親のために買った物と同じ物(ブランドは違ったのですが)が入っていました。
それはSmartboxというレストランやスパ、ホテル滞在に使えるギフトチケットのようなもので、箱の中にあるイタリア全土のレストラン(又はスパ施設、ホテル)のリストの中から好きな場所を選び、好きな日に予約を入れてサービスが楽しめるというもの。
値段は29ユーロから300ユーロくらいまで様々で、自分の予算や相手の好みに合わせて選ぶことが出来ます。
私たちはレストランで使えるSmartboxにしました。ミラノはもちろん、Simoの両親が1年の約半分を過ごすマルケ地方にも結構多くの対象レストランがあったため、電化製品屋さんでこのギフトを見つけた時にほぼ即決して買ったものですが、まさかLucも同じ物を用意しているとは・・。
Simoの両親からはトースターとパジャマセット、Silviaからは可愛いパーティーバッグを頂き、最後に私達のギフトを披露したのですが、Lucも包みを開ける前に何が入っているのか気がついたようで、大笑いをしていました。
とりあえず皆にはとても喜んでもらえたので、一生懸命探した甲斐があり、嬉しかったです。

P1060561_convert_20101226233723.jpg
プレゼントは交換する前にクリスマスツリーの足下に飾っておきます。

ギフト交換の後は、女性陣とSimoのみ真夜中の教会でのミサに行くことになり、11時45分頃に家を出て、寒いため車で近くの教会(徒歩3分)へ行きました。
既にだいぶ前にミサは始まっていたようで、教会の席はほとんど埋まっていましたが、端の空いている席に3人と2人に分かれて座ることが出来ました。
内容は良く分かりませんでしたが、歌を歌ったり、入れ替わり色々な人が短いお話をしたり、司祭からの説教とBlessing、Comunioneなどが続きました。
真夜中過ぎには周りの人と握手をして"Pace sia con te(May peace be with you)"とお互いに言う場面もありました。
普段のミサに来たことがないので分かりませんが、驚いたのは、参列していたほぼ全員がいつ立ち上がり、どのタイミングで座り、いつ”アーメン”と言い、いつどんな歌を歌うのかなどを、まるで前に何度かリハーサルでもしていたかのように全て把握していたことです。
歌と言えば、知らない歌ばかりだったのですが、”きよしこの夜”の歌を歌った時には、知っている曲だったので嬉しかったです。
ただ、歌詞について気になりSimoに訳してもらったのですが、日本のそれとは全く違い、同じクリスマスの曲なのに内容がそこまで違うことに驚きました。
そんなこんなでミサが終わったのは午前1時頃。小さな子供もたくさん来ていたのですが、皆疲れた様子はなく、とても楽しそうにしていました。
中には”帰ってからプレゼントを開けるんだ”ととても興奮している子もいて、可愛かったです。

初めてイタリアで過ごすクリスマス・イブでしたが、日本とは過ごし方や食べる物も異なるので、とても楽しい経験でした。
2010/12/23 クリスマス COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
今日は週末に買ったクリスマス用ギフトのラッピングをしました。

ラッピング用品は近所のスーパーで種類が豊富な上とても安く売っていたので、そこで買いました。
写真中央奥がSimoのお母さんへのギフト、手前の2つはそれぞれSimoのお父さんとLucへのギフトです。

今年はSimoの両親が、マルケのSementanaにある家ではなくGaggianoで24日と25日を過ごすことになったため、マルケに住むSimoのおばあちゃん達とSteとはこのクリスマスを一緒に過ごすことが出来ません。
ただ、先ほど電話で、Gaggianoでお向かいのアパートに住むRossi一家も明日のSimo家のクリスマス・ディナーに参加することになったと聞いたので、明日の午前中にRossi家の大学生の娘さんSilviaのために何かギフトを買ってこようと思います。

P1060554_convert_20101224061811.jpg
2010/12/20 クリスマス COMMENT(2)  TB(0)  EDIT  TOP
週末に見つけたクリスマス・イルミネーションをまた少し紹介しようと思います。

ミラノのショッピング・ストリートと言えばモンテナポレオーネ通り(Via Montenapoleone)が有名ですが、もう1つスピーガ通り(Via della Spiga)というブランド・ショップの並ぶ通りがあります。
スピーガ通りはモンテナポレオーネ通りから徒歩3分ほどの場所に平行に並び、ティファニー、アルマーニ、エルメス、トッズ、ドルチェ&ガッバーナなど、モンテナポレオーネ通りにはない有名なブランドのお店を見ることが出来ます。
実はミラノに来てからスピーガ通りには行ったことがなかったのですが、週末市内をお散歩をしていた時にふとこの通りについて思い出し、Simoとイルミネーションを見に行ってきました。
スピーガ通りは車道がないためモンテナポレオーネ通りよりも道幅がずっと狭いのですが、下はただのコンクリートではなく綺麗な石畳になっているので、モンテナポレオーネ通りよりも風情があります。
イルミネーションも洗濯物が干してあるようなデザインでとても創作的。一見の価値ありです。

P18-12-10_1558[1]_convert_20101219065355
スピーガ通りのイルミネーション

P18-12-10_1614_convert_20101219065513.jpg
金色と緑のくす玉を交互に配した、モンテナポレオーネ通りのイルミネーション

P18-12-10_1639[1]_convert_20101219065652
Duomo広場の20メートルはありそうなクリスマスツリー。

P18-12-10_1641_convert_20101219065752.jpg
ツリーの下には、この時期限定のティファニーのお店が出来ていました。
2010/12/13 クリスマス COMMENT(2)  TB(0)  EDIT  TOP
週末はクリスマスギフトの下見に行きました。

本やマグカップ、スカーフなど、あげたい物のイメージは前々から既になんとなく出来ていたのですが、最近は時間が経つのが早く、もうクリスマスも大分近づいてきているので、人混みを覚悟して一番お店の集まっているDuomoの近くへ行ってきました。

予想通り、今までに見たことのないほどの人の多さに圧倒されましたが、お店のクリスマスのデコレーションや通りを華やかに彩るイルミネーションを楽しめたので、良かったです。

ギフトになかなか良さそうな物も結構見つけることが出来、実りのある1日でした。

P1060524_convert_20101213180914.jpg
San Babila駅からPiazza Medaへの通り

P1060531_convert_20101213181035.jpg
様々なドレスを着た女性を型どったイルミネーション

P1060533_convert_20101213181210.jpg
Corso Buenos Aires通りはバラの花のイルミネーション

P1060536_convert_20101213181432.jpg
Porta Venezia駅の近辺

P1060538_convert_20101213181621.jpg
これは何のイメージだか分かりませんが・・

P1060421_convert_20101213181809.jpg
Duomo横、リナシェンテデパートのイルミネーション
2010/11/30 クリスマス COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
今日は学校から帰宅してから、日曜日にGaggianoの家から持ってきたクリスマスツリーの飾り付けをしました。

今年もやっているかどうかは分からないとのことでしたが、Simoのお兄さんによると、去年はIKEAで本物のモミの木のツリーが売られていて、クリスマスの後にIKEAへ再び持っていくと、引き取って紙等の原料としてリサイクルしてくれるというサービスがあったそうです。

ただ、家族会議の結果、現実的に本物のモミの木のツリーは運送や手入れが大変ということで、とりあえず今年は無難にプラスチック製のツリー (albero finto) にすることに決めました。

大きなクリスマスツリーは毎年Simoの両親がクリスマスを過ごすSementanaの家へ持っていってしまったそうなので、Gaggianoの家に残っていた90センチの小さなツリーをもらってきました。
ツリー用のデコレーションも、Gaggianoの家にたくさんあったので、必要な分だけ選んでもらってきました。

さて、ツリーは小さいので、飾り付けもそんなに時間はかかりませんでした。
コンセントに差すと、ツリーの先についている無数の小さな電飾が様々な色に光る仕組みになっているので、とても綺麗です。
実はツリーの飾り付けをするのは本当に久しぶりだったのですが、オーナメントの色合いや配置の間隔などを考えて飾るのは楽しいものです。
将来もっと大きな家に引っ越したら、180センチくらいはあるツリーを買ってデコレーションを楽しみたいなと思いました。

また少し、家がクリスマスの暖かい雰囲気になり、嬉しいです。

P1060439_convert_20101130230410.jpg
我が家のクリスマスツリー
2010/11/28 クリスマス COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
もう12月が近いということで、土曜日はSimoと一緒にクリスマス用のデコレーションを見にRinascenteデパートへ行ってきました。

もう既に9月の下旬頃からクリスマス用のグッズをちらほら売っているのを見かけましたが、今は6階のフロアのほとんどがカラフルなクリスマス用品で飾られています。
本当はクリスマスツリーをその日に買う予定だったのですが、Simoの実家の倉庫に今は使っていない昔のクリスマスツリーがあるかもしれないということで、部屋の壁に飾るリースのようなデザインのデコレーションだけ1つ買いました。

家に帰ってから早速天井の木の部分に飾ってみました。
ここのところ一気に寒くなった上、雨ばかりで憂鬱な天気が続いていましたが、デコレーションのお陰で少しクリスマスの楽しい気分が味わえました。

これから少しずつ部屋を飾っていきたいと思います。

P1060438_convert_20101129070431.jpg
雪が積もったようなデザインのデコレーション

P1060436_convert_20101129071531.jpg
Simoの提案で、リビングルームの部屋の天井にある木の枠組みの上に飾りました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。