PREV | HOME |
バーレーンに引っ越しました♪
2014年11月26日、無事バーレーンに到着しました♪
その後の日常は、jijiのバーレーン日記で更新しております。
20130216CIMG2385.jpg

--/--/-- スポンサー広告   EDIT  TOP
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/03/12 レストラン COMMENT(2)  TB(0)  EDIT  TOP
先週末の話。
Bergamoの動物園へ行った後に、お友達がしばらく前にオープンした日本食レストラン、
Miyabiでランチをしました。
Bergamoは近いけれど、息子を連れて車で1時間の旅はまだまだ1人では難しく・・。
ようやく暖かくなり天気にも恵まれた先週末、
やっとレストランへお邪魔することが出来ました。

レストランは2階席もあり、天井が高いのでとてもオープンな雰囲気。
2階席からはお寿司を握る様子を見る事が出来ます^^

メニューは豊富で、悩んだ結果海鮮サラダやカルパッチョ、握り寿司、
裏巻きなどを一通り注文してみることに。
息子用に焼うどんもお願いしました。

料理はもう全てが美味しくて大満足^^
私たちは午後1時前くらいに着きましたが、すぐに席は満席になったので、
予約はした方がいいと思います。

息子は到着した時には寝ていたのですが、
起きてから裏巻きを少しと焼うどんをたくさん食べていました。

次はいつ行けるか分からないけれど、
また機会があればぜひ美味しいお寿司を食べに行きたいと思います。

Miyabi
Via San Francesco d'Assisi 5/B
24121 Bergamo
Tel. 035.244014
http://www.miyabisushi.it/


marc12IMG_0584.jpg
店内の雰囲気

marc12IMG_0585.jpg
2階席で食事をしました。

marc12IMG_0586.jpg
Simoがとても気に入っていた海鮮サラダ
お刺身がたくさんのっていて、ドレッシングもとても美味しかったです。

marc12IMG_0587.jpg
カルパッチョ

marc12IMG_0589.jpg
ツナのクリームやアボカドの入った裏巻き
息子くらいの小さい子供も食べられます。

marc12IMG_0591.jpg
お寿司の盛り合わせ

marc12IMG_0592.jpg
チーズケーキと抹茶のティラミス
これも久しぶりにこんなに美味しいドルチェを食べたと思うほど、絶品でした。
スポンサーサイト

2014/02/20 レストラン COMMENT(4)  TB(0)  EDIT  TOP
先週末の話ですが、久しぶりに日本食レストランへ行ってきました。
GambaraとDe Angeli駅の間にある、先週オープンしたばかりの「ふくろう」というレストラン。
中はお洒落でとても綺麗。落ち着く雰囲気で、サービスも良かったです。
午後1時前くらいに着いたのですが、テーブル席は満席。
息子を連れていなかったので、Simoと2人でカウンター席に座りました。
Simoは目の前で魚をさばく様子が見られて、とても楽しめた様子^^

メニューはお寿司やお刺身、カツ重、唐揚げなどの定食の他、
カレーとラーメン(炒飯と餃子のセットあり)も数種類ありました。
悩んだ末、今回はお寿司のセットとひのき箱 海鮮重をオーダー。
お刺身がとても新鮮で、盛り付けも綺麗。本当に美味しかったです。

お客さんはほぼ日本人で、Simoも「まるで日本にいるみたい」と大喜び(笑)
息子が生まれる前は、我が家から行きやすい立地だったこともあり、もっぱら食事亭でしたが、
今後はこのレストランに行く機会が増えそうです。

Fukurou
Via Trivulzio 16, 20146 Milano
Tel: 02 4007 3383

febr23IMG_0552.jpg
カウンターの板前さんにおすすめして頂いた海鮮重。
すごく美味しかったです。

febr23IMG_0554.jpg
お寿司のセット
これもとても美味しかった。

febr23IMG_0548.jpg
この日は1日遅れのバレンタインということで、Simoと2人でミラノ市内をお散歩。
以前は工事ばかりだったGaribaldiエリアが驚くほどモダンに変わっていました。

febr23IMG_0549.jpg
この奥には期間限定のスケートリンクもありました。

febr23DSC_2724.jpg
バレンタイン当日は特に何もしなかったけれど、チョコレートケーキだけ作りました。
Simoが丁度早く帰宅出来る日だったので、のんびりティータイム^^

febr23IMG_0536.jpg
これはバレンタインとは関係のない日ですが、
スーパーで売っていたハート形チョコレートケーキにSimoがデコレーション。
デコレーション用のペンも一緒に入っていました^^
2012/12/29 レストラン COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
ずっと霧や曇りの日が続いていたのですが、昨日と今日は久しぶりに晴れました。
雪もとっくに溶けて、ここ数日は寒さが大分和らいだ気がします。

Simoの風邪が私にもうつってしまったようで、
今週はずっと2人して咳ばかりしていました。
咳以外には特にだるさや鼻水などはないのですが、とにかく早く治したいと思います。
天気も冴えず、体調が悪かったため、先週末から家を出たのはほんの2回ほど。
近所のスーパーへ買い出しに行くくらいだったのですが、
昨日はせっかくなのでアパートの向かいにあるレストランでランチをしてきました。

家のベランダから見えるほど近くにあるのに、
なんとなく行く機会を逃していたこのレストラン。
月曜日から土曜日まで、ランチのみの営業なのですが、
平日は午後1時頃になると家の前の駐車場がいっぱいになるほどの人気ぶり。
近所の人の評判も良く、ずっと気になっていました。

12時半過ぎにレストランに行ってみると、40席ほどある店内は既にほぼ満席でビックリ。
冬なのでビニールでカバーされたテラス席が空いていたので、そこに案内してもらいました。
田舎ではよくあるスタイルですが、メニューは渡されず、
ウェイトレスさんが口頭でその日のメニューを教えてくれます。
私たちはプリモにムール貝のスパゲティとconchiglieというシェル型のパスタ、
セコンドに魚介のフリット、そしてmerluzzo(タイ)のポレンタ添え。
付け合わせにはポテトを注文しました。
驚いたのはお会計時。お腹いっぱい食べて、お水、赤ワイン、そしてカフェまでついて、
値段は2人でたったの20ユーロほど。
どれもなかなか美味しかったけれど、一番の人気の秘密はやはりこの値段かなと思いました。
Simoも、家で料理をするよりも安いねと言って大満足。
つい食べ過ぎてしまうのが難点ですが、また行きたいと思います。

Trattoria da Vittoria
Via Einstein, 14, Bonirola di Gaggiano 20083 (MI)
Tel: 02 9086625


IMG_1418_convert_20121230041246.jpg
私が注文したconchiglieのパスタ

IMG_1419_convert_20121230041440.jpg
Merluzzoのポレンタ添え。
タイのフライにトマトベースのあんかけのようなソースがかかっていて、絶品でした。

IMG_1420_convert_20121230041847.jpg
魚介のフリットもカラッと揚がっていて美味しかった。
ただ、もう既にお腹がいっぱいで、Simoにかなり助けてもらいました。
もちろんデザートは食べれず・・。
2012/11/04 レストラン COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
今日は一日小雨が降っていました。
先週くらいからプレイステーションを買おうかという話をしていて、
今日は朝9時頃にAssagoのマックで朝ご飯を食べてから、
その隣にあるMilanoFioriというショッピングモールへ値段やゲームの種類などをチェックしに行きました。
日本だとどの電化製品屋さんへ行っても、そんなに電化製品の値段は変わらない気がするのですが、
こちらではGame Stop、UniEuro、Fnacなど、
お店によって置いてあるゲーム機のセットの内容や値段が結構異なることにビックリ。
PS3本体の容量は12GB、160GB、360GB、そして500GBとあり、
Simoが調べてみたところ、12GBだと容量が小さ過ぎるというインターネットの書き込みが多かったので、160GBのものを買うことにしました。

色々と考えた結果、それまで見てきて一番値段がお手頃だったGame Stopで、
PS3本体(160GB)、ゲーム1つ、コントローラー2つで249ユーロというセットを買おうと思ったのですが、
いざお店で聞いてみると、そのセットについているゲームが売り切れているため、
ゲームは無しで249ユーロになるとのこと(それも変な話なのですが・・)。
それだったら別のお店を見てみようと、同じモール内にあるSaturnという大きな電化製品屋さんを覗いてみると、
160GBの本体とコントローラー1つのみで209ユーロというセットがあったので、それを購入しました。
ゲームは悩んだ挙げ句、ファイナルファンタジー XIII-2を買いました。
久しぶりのゲームにSimoはだいぶ嬉しかったようで、
家に帰って早速開けて、ゲーム以外にもある本体の様々な機能について勉強中です。
ゲームは一度ハマってしまうと他のことが何も手に着かなくなってしまうので(笑)
ハマり過ぎには要注意ですが・・。

IMG_1355_convert_20121105030727.jpg
今日はショッピングモールのフードコートにある、カジュアルなメキシコ料理のレストランでランチをしました。
前菜として注文した揚げ物の盛り合わせ。
どれもイタリアにはない味で、見た目以上にとても美味しかったです。

IMG_1356_convert_20121105030955.jpg
キノコなどの入ったミートソースのようなものにチーズをのせた料理
トルティーヤで巻いて食べました。

IMG_1357_convert_20121105031303.jpg
私が注文したエンチラーダ。
チキンやお豆、パプリカなどが入っていました。
上にのっているのはサワークリームと照り焼きのような少し甘めのソース。
すごく好みの味で、あっという間に食べてしまいました。

フードコートの中なので初めはそんなに期待をしていなかったのですが、
とても本格的な味で、本当に美味しかったです。

Cantina Mariachi
Via MilanoFiori, 20090, Assago, Milano
(Centro Commerciale MilanoFiori)
Tel: 02 57512529

2012/10/30 レストラン COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
昨日は初めて会うお友達と、大阪というレストランでランチしてきました。

Moscova駅の近くにあり、レストランの前の道は何度も通ったことがあったのですが、
レストランの入口は表通りから少し入ったところにあるためか、今までそこにあるとは知りませんでした。

中の雰囲気は落ち着いていて、メニューも結構豊富。
日替わりランチセットでチキン南蛮があり悩みましたが、
ラーメン、餃子、そして半チャーハンのセットにしました。
ラーメンは醤油や豚骨、野菜など、確か6種類の中から選ぶことが出来ます。
私は野菜ラーメンにしたのですが、あっさりとしていて、とても美味しかったです。

P1080741_convert_20121030190325.jpg

Ristorante Osaka
Corso Garibaldi, 68, Milano
Tel: 390229060678

2012/10/26 レストラン COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
またまたお母さんが滞在中のお話です・・これで最後になるかな?

お母さんが到着した翌日、隣町Trezzanoにあるレストランでディナーをしたのですが、
とても美味しくて雰囲気も良かったので紹介します。
Bacco e Ariannaというレストランで、Simoがインターネットの口コミで見つけました。
7時45分から営業とのことで、その時間に予約を入れ行ってみると、
どうやら私たちが初めのお客さんのようでした。

小さなレストランで一見外からは普通の民家に見えるのですが、
中はとても落ち着いた雰囲気で心地よく、素敵な時間を過ごせました。
料理はどれもとても美味しかったです。

CIMG0056_convert_20121023205317.jpg
Menù del Professor Montiというコースより
Crema catalana con tartufoという、トリュフ風味のクリームの前菜

CIMG0057_convert_20121023205431.jpg
Insalata di gamberi, noci e mele verdi con salsa alla senape delicata
マスタードソースのかかった海老とクルミ、青リンゴのサラダ

CIMG0059_convert_20121023205809.jpg
Spaghetti di Gragnano con vongole veraci e broccoletti
ボンゴレとミニブロッコリーのスパゲティ

CIMG0061_convert_20121023205945.jpg
Filetto di Orata arrostito, porcini e cipolline gratinate
タイのロースト、ポルチーニ、そしてミニオニオンのグラタン

CIMG0063_convert_20121023210121.jpg
Budino al miele e yogurt
蜂蜜とヨーグルトのプリン

CIMG0054_convert_20121023210507.jpg
店内の様子
このパンがとても美味しくて、バターをつけて食べ過ぎてしまいました・・。

Bacco e Arianna
Via Circonvallazione 1, Trezzano sul Naviglio (MI)
Tel: 02 48403895

2012/10/24 レストラン COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
ここ3週間ほど蚊には刺されず快適に過ごしていたのですが、
なんと昨晩久しぶりに刺されました・・。
夜暑くて起きてしまったこともあり、4時半頃からしばらく眠れませんでした。
こんな時期にまだ蚊がいるなんて、なんだか不思議ですが・・。

さて、まだまだお母さんが滞在していた時のお話。
お母さんが到着して最初の日曜日に、Simoの会社の上司からお誘い頂き、ランチ会へ参加してきました。
私のお母さんが日本から来ているということでSimoは初め参加を断ったのですが、
それなら奥さんとお母さんも一緒に・・と誘って下さったのです。

初め場所はParma(ミラノから南東へ1時間半弱)の近くと聞いていたので、
それなら行きか帰りに、まだ行ったことのないParmaで少し観光でも・・と思っていたのですが、
いざ出発の日にナビにレストランの場所を入れてみると、
Parmaから更に南東へ30分ほど走ったところにある、Rio Salicetoという小さな町。
結局、ランチ会にしてはかなり遠出の、片道2時間ほどの旅になってしまいました。

さて当日の朝はゆっくり家を出て、予定の1時より少し早い12時半頃には
Agriturismo La Quinta Terraという目的地の農家のレストランに到着。
本当に田舎で周りには特に見る場所もなかったので、
レストランの周辺や庭をお散歩して他の人が到着するのを待ちました。

今回のランチは、Simoの上司が部署の全員を招いたということで、
(来れなかった人もいますが、同伴の家族も含めて)参加者は40人程。
新しい会社に移ってから、普段Simoの同僚に会うことなどなかなかないので、良い機会でした。
中には3歳未満の双子ちゃんを連れて来ている人がいて、本当に可愛かったです。
お喋りで我が強い女の子と、まだまだ赤ちゃんぽさが残る静かな男の子の双子。
双子でもこんなに性格も違うものなのだと、驚きました。

さてランチですが、農家のレストランらしく豪快でボリュームのある内容でした。
どれも味はとても良かったのですが、ランチを終えてみるとなんと時間は午後5時。
帰りに観光・・どころか、少し渋滞にも巻き込まれ、家に到着したのは午後7時半。
楽しかったけれど、ランチだけで終わってしまった1日でした・・。
もちろん家に帰ってからも誰もお腹は空かず、その日のディナーはなしでした(笑)。

CIMG0140_convert_20121023210854.jpg
この地域の名物gnocco fritto

IMG_1304_convert_20121023211508.jpg
生ハムやサラミの盛り合わせ

IMG_1305_convert_20121023211337.jpg
パスタ3種
これが本当に美味しくて、私が一番食べていたかもしれません・・。

IMG_1306_convert_20121023211852.jpg
お肉の煮込みとポレンタ
シチューのお肉のように柔らかくて本当に美味しかったけれど、
この頃には既にだいぶお腹いっぱいで、ほとんど食べれませんでした。

CIMG0152_convert_20121023212031.jpg
焼いたお肉とポテトの盛り合わせ

CIMG0153_convert_20121023212207.jpg
最後はチーズケーキとチョコレートケーキのデザートを

CIMG0154_convert_20121023212350.jpg
テラス席の様子

CIMG0148_convert_20121023212523.jpg
双子ちゃんを含め、子ども連れが何人か居たのですが、
その子たちはレストランの広いお庭にある遊具などで遊んでいました。

CIMG0130_convert_20121023212730.jpg
レストランの外観

Agriturismo La Quinta Terra
Via Cà De Frati, 32, Rio Saliceto 42010, Reggio-Emilia
Tel: 0522 648092

2012/10/03 レストラン COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
週末の土曜日にSimoと行ったHIROというレストラン。

ミラノのRhoという町にあり、
日本食の他ベトナム料理や中華料理まで種類がとても豊富でした。
レストランの中はとてもモダンな雰囲気で広々としていて、サービスもとても良かったです。

メニューが多過ぎて悩みましたが、サーモンやイクラ、アボカド、クリームチーズなどの入った裏巻きロール、ベトナム風春巻きと餃子の盛り合わせ、そしてちらし寿司とサーモン丼を注文しました。
どれも本当に美味しかったです。

我が家から意外と近かったので、また機会があれば行きたいと思います。

HIRO Japanese Restaurant
Via Matteotti, 95, 20017 Rho (MI)
Tel: 02 93162153
www.hirojapanese.it

IMG_1271_convert_20121002233920.jpg
ミニ春巻きとお酒のお通し

IMG_1274_convert_20121002234103.jpg
Hiro巻き

IMG_1273_convert_20121002234311.jpg
ベトナム風春巻きと餃子の盛り合わせ

IMG_1278_convert_20121002234555.jpg
ちらし寿司とサーモン丼
2012/07/01 レストラン COMMENT(2)  TB(0)  EDIT  TOP
今日から7月に入りました。

昨日の午前中はとても久しぶりにミラノの中心部へ行ってきました。
ミラノの中心部は半年ほど前からスモッグの軽減のため車に対する新しい交通規制がどんどん取り入れられていて、今まで普通に通っていた道が午前7時から10時まではバスとトラム以外は通行禁止に変わっていたり、中心部に車で入るには毎回5ユーロ(1日有効)を払わなければならなくなりました。
昨日はほんの2時間ほど中心部に用事があったので、以前住んでいたPorta Veneziaに車を停め、お散歩しながら歩いてCordusioやDuomoの辺りへ行ってきたのですが、その近辺の路上駐車の料金も1時間1.2ユーロから2ユーロに値上がりしていました。
そんな規制の効果がやはり見えて、中心部は以前よりも車が少ない印象で、暑い日だったけれど車が少ないだけでだいぶ歩きやすく感じました。

さて、先週末の話ですが、Wokというとても大きな中華料理のバイキングに行ってきました。
ミラノから車で30分ほどの、Pavia市のCarrefourスーパーの近くにあり、外から見た感じでは普通のレストランなのですが、中へ入ってその広さにビックリ。
様々な料理の並ぶ大きなカウンターが4つあり、焼きそばやビーフン、春雨炒め、炒飯などの主食から、餃子、シュウマイ、お肉や野菜の炒め物、海老の炒め物、サラダやお寿司、お刺身まで種類が本当に豊富。
食べなかったけれど、しばらくするとピザやサラミまで出てきました。
鉄板焼きのカウンターもあり、好きな具材を選ぶと、奥に見えるキッチンで焼いてくれます。
デザートもジェラートやフルーツ、ケーキまで色々ありました。
飲み物は別料金で、平日は確かランチは10ユーロ、夜は18ユーロ、そして週末や祝日は14ユーロでした。

個人的にはビーフンとシュウマイが本当に美味しかったです。
シュウマイなんて、幾つ食べただろう・・。

我が家からもそんなに近くはないけれど、最近和食や中華、韓国料理、シーフード系のパスタが無性に食べたくなる時が多いので、また中華をタップリと食べたい気分の時に行こうと思います。

Wok
Via Vigentina, 29, Pavia
Tel: 0382 463898

IMG_0985_convert_20120702012624.jpg
2012/05/07 レストラン COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
土曜日にSimoと友人夫婦とRosso Pomodoroというレストランへ行ってきました。

レストランというよりも、どちらかというとファミリーレストランのようなカジュアルな雰囲気のレストランだったのですが、寒い日だったので心地良さそうな温かみのある内装とRosso Pomodoroという名前の可愛らしさに惹かれて入ってしまいました。
メニューはピザが多いのですが、前菜やパスタ、サラダのメニューもあります。
前菜はSimoと2人でScamorzaというチーズのパンチェッタ巻き、アスパラガス、バルサミコ酢をかけたパンののった一皿を。
そしてプリモには、私は手書きで本日のおすすめとあった、Linguine con asticeというパスタ、そしてSimoはprovoloneというチーズとサルシッチャ(ソーセージ)、アーティチョークのソースで和えたショートパスタにしました。

どれもとても美味しかったのですが、asticeが何かを知らずにパスタをオーダーした私は、パスタが運ばれてきてビックリ。
asticeとはロブスターのことでした。
ロブスター用のハサミとお手拭きももちろん持ってきてくれたのですが、手がベトベトになりながら、その後しばらく皆の会話から離れつつ、ロブスターの身を取り出すことに専念させてもらいました(笑)
でもこういったシーフードのトマトソースのリングイーネ(少し太めの平たいパスタ)はやっぱり美味しい。
食べにくいのが難点ですが、イタリア料理の中で一番好きかもしれません。

後から知ったのですが、このRosso Pomodoroはチェーン店で、イタリア以外にもイギリスやスペイン、アイスランド、トルコ、アメリカ、アルジェンティーナ、そして今は閉店してしまったようですが、日本(静岡)にも以前あったそうです。

ここに何を食べに行くというほどのレストランではないけれど、カジュアルで雰囲気は良く入りやすいし、料理も美味しかったので、この近辺でランチをする時にはおすすめです。

Rosso Pomodoro
Via Molino delle Armi, 47, Milano
Tel: 0289401333

IMG_0897_convert_20120507054353.jpg
前菜

IMG_0898_convert_20120507054609.jpg
ロブスターのリングイーネ
2012/04/13 レストラン COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
しつこく週末の話です・・。

Orta湖でランチをしたレストランがとても良かったので、紹介します。
ホテルも併設されているRistoro Olinaというレストラン。Orta湖のメインの広場から小さな通りに入ったところにあります。
中は白と茶、黄緑で統一されていて、モダンな装飾品を取り入れているのですが、ウェイターなど働く人はフレンドリーで温かい雰囲気。
メニューはその日のおすすめメニューと通常のメニューを合わせると結構な種類があり悩みました。
メニューとしばらくにらめっこした後、Simoは前菜に生ハム、そしてプリモにはトマトと野菜ソースのニョッキ。
私はアスパラガスのムースにトマトで作られた手打ちパスタにしました。

サービスらしいフルーツジュースがパンと一緒にまず運ばれてきて、その後しばらくして前菜がきてみると、なぜか私のお皿にもSimoと同じハムがのっていました。
注文を間違えちゃったんだろうねと、Simoにすぐウェイターさんを呼んでもらうと、なんとこれはサービスの前菜だとのこと。
ディナーはどうか分からないけれど、ランチには全て前菜のプレートがついてくるそうです。
その日は生ハムにピリッとしたワサビ入りのジャムがついているプレートで、ソースは意外な組み合わせでしたが、とても美味しかったです。

その後私たちが注文した第二の前菜(笑)がきたのですが、Simoのオーダーしたculatelloという種類の生ハムはものすごいボリュームでした。
付け合わせにリンゴ入りの暖かいパンがついてきて、それもとても美味しかったです。
私の注文したアスパラガスのムースも、こってりとしたチーズソースとよく合い、美味しく頂きました。

プリモはとても綺麗に盛りつけられていて、これも本当に美味しかったです。
最後にSimoはお決まりのエスプレッソ。これにはクッキーがついてきました。

いつもと同じく、お腹いっぱいになってしまいセコンドは食べられなかったのですが、最初から最後までとても美味しかったし、サービスも良くて大満足でした。
Orta湖ではおすすめのレストランです。

Ristoro Olina
Via Olina, 40, Orta San Giulio
Tel: 0322905656
orta@email.it
http://www.ortainfo.com/


IMG_0751_convert_20120413013955.jpg
Culatelloハムとリンゴ入りのパン

IMG_0753_convert_20120413014127.jpg
野菜とサルシッチャのニョッキ

IMG_0754_convert_20120413014302.jpg
"Pappa"と呼ばれるトマトのパスタ、野菜のソース

DSC_0119_convert_20120413014856.jpg
サービスの前菜

DSC_0121_convert_20120413020104.jpg
アスパラガスのムース

DSC_0118_convert_20120413014653.jpg
始めに出てくるフルーツジュースとパン

DSC_0116_convert_20120413014456.jpg
この看板が目印です。
2012/04/03 レストラン COMMENT(2)  TB(0)  EDIT  TOP
しばらく夏日が続いていたのですが、週末から少し気温が下がり、今日はSimoの送り迎えはセーターにジャケット、そして厚手のスカーフを巻いて出かけました。
こんなに気候が急に変わると、また体調をくずさないように気をつけなくては・・。

さて日曜日の続きですが、Bresciaへ行った後はPavia県のBorgo Prioloという小さな村にあるCastello di Stefanagoというワイナリーへ行き、aperitivoをしてきました。
というのも、一昨年のクリスマスにSimoのお兄さんからもらったSmartbox(食事やホテルステイなど、もらった人が場所を選べるギフト)の使用期限が3月末だったので、425ものイタリア国内のレストランからSimoが場所を選び、1ヶ月ほど前に予約をしてくれていたのでした。
午前中に訪ねていたBresciaからは2時間ほどのドライブだったのですが、高速道路を下り、Vogheraという町を過ぎた辺りから、今までの真っすぐで平坦な道からは想像できない、まるでマルケ地方のような緑の丘が続き、最高の景色。
ミラノからはそんなに遠くないのに、ちょっとした旅行気分を味わいながら、目的のワイナリーへ向かいました。
カーブの続く山を抜けると、小高い丘の上にお城が。なんとそこが予約していたワイナリーでした。

フロントでaperitivoに来た旨を伝えると、まずはフロントの奥にあるワインを醸造している場所を案内してくれました。
石造りの建物だからかと思いますが、このお城の建物の中は涼しいというよりも寒いほどでした。
マルケにあるSimoの両親の家も、海沿いのアパートは暑いのですが(それでもミラノよりは過ごしやすいのですが)、山の上にある家の中は真夏でもひんやりしていてとても過ごしやすいのです(しかも海のアパートと山の家は、共通して蚊が全くいないところが私にとっては素晴らしい・・)。

少し話がずれてしまいましたが、ワインの大きな樽が並ぶ、地下でもないのにとても涼しいワイン醸造所を見て回りながら、この地方のことやワインの作り方などを説明してもらいました。
このお城ではお城の南西にあるぶどう畑から採れるぶどうを使って5種類の赤ワイン、5種類の白ワイン、そしてスプマンテなどを作っていて、年間にすると4万5千本のワインを出荷しているそうです。

さてワイン醸造の過程などを聞いてからは、お待ちかねのアペリティーボの時間。
外のテラス席に座り、ウェイターさんが持ってきてくれたサラミや生ハム、チーズなどを白ワイン(mullerというものを頂きました)、そして赤ワイン(Croatinaというもの)と一緒に楽しみました。
日本に住むワインやサラミなどが大好きな家族からは「本当にもったいない」と言われているのですが、実は私はもともとあまりお酒が飲めない上、チーズは小さい頃から好きだけれど、ハムやサラミ類に関しては、味がきつく塩辛く感じたのが理由で以前日本では全く食べませんでした・・。
日本で仕事を初めてからはほんのお付き合い程度でお酒を飲むようにはなったものの、もっぱら飲みやすいカクテルばかり注文していたし、ワインやハム類は本当にイタリアに来てからようやく少しづつ味わえるようになったという始末。
なのでもちろんワインの味なんて今でもまだよく分からないのですが、生ハムに関しては結構何でも食べるようになったし、特に少し脂肪がついたpancettaやラードは今では大好きになりました。
サラミに味が似たコテキーノも美味しいと思うようになってきたけれど、サラミはまだまだ修行が必要・・。

という訳で、残念ながらワイナリーに行っておきながら、ワインの味の解説は全く出来ないのですが・・でもSimoは全てとても美味しいと言って味わっていました。
ここは結婚式場としても貸しているそうで、湖などは見えないけれど、こんな緑の丘に囲まれたお城でする結婚式も素敵だなあと思いました。

Aperitivoは3月から10月までは毎日楽しめるそう。
もちろんSmartboxなしでも出来ますが、ワインを買うだけなのでなければ、予約は絶対にして行った方がいいと思います。
ミラノにお住まいの方には、ちょっとした週末の日帰り旅行におすすめです。(Serravalleアウトレットモールが近いので、行きか帰りに寄ってお買い物というプランもいいと思います)

Castello di Stefanago
Localita Stefanago
27040 Borgo Priolo (PV)
Tel: 0383 875227
Email: info@castellodistefanago.it
Sito: www.castellodistefanago.it

P1080515_convert_20120403060633.jpg
Aperitivoのおつまみ
このワイナリーで手作りしているサラミや生ハム(36ヶ月熟成されたもの)、地元で作られたチーズなど。
どれも美味しかったし、綺麗な景色を見ながらの食事はただただ最高でした。

P1080518_convert_20120403060956.jpg
デザートのアーモンドクッキー(torta di mandorle)

P1080521_convert_20120403230717.jpg
ワイナリーからの景色

P1080520_convert_20120403225938.jpg
本当に私たちの知るマルケにそっくり。
マルケの家に比べミラノからもずっと近いので、将来週末用の別荘を買おうかと本気で話し合っているところです。

P1080512_convert_20120403060110.jpg
ぶどうを収穫してからはまずこの金属の樽に入れて熟成(fermentazione)させます。

IMG_0741_convert_20120403230447.jpg
その後作るワインの種類により違う種類の木の樽に移し、12~24ヶ月更に熟成させます。

P1080513_convert_20120403060345.jpg
そして最後にボトルに入れ、出荷前に更に6ヶ月ほど置いて出来上がりだそうです。

P1080524_convert_20120403234658.jpg
私たちも素敵な時間を過ごした記念に赤ワインを買いました。
2012/03/28 レストラン COMMENT(2)  TB(0)  EDIT  TOP
今朝はSimoがVigevanoにある裁判所で転職にあたって新しい会社に提出する書類をもらわなければならないとのことで、朝ご飯がてら一緒に行ってきました。
いつもより少し早起きをして出かけたのですが、ミラノではなく田舎方面へ走る道の景色の綺麗なこと。
今度週末にでも同じ位の時間に出て、写真を撮りたいです。
Vigevanoも平日だからか早朝だからかは分かりませんが人が少なく、普段よりも素敵に見えました。
その後SimoをそのままPrimaticcioへ送り、少しIKEAへ寄りガーデン用品を幾つか購入してお昼頃に帰ってきたのですが、もうその頃には日差しがとても暑く、少しバテてしまいました。
もしかして先日調子が悪くなったのも、急に暑くなったことからくる夏バテかもと思いました。
車の中もすごく暑くなるので、なるべく昼間から夕方くらいまでは涼しい家の中で過ごしたいものです。

さて先週の金曜日の話ですが、料理学校に一緒に通うお友達と久しぶりに会い、MoscovaにあるSumireというレストランへ行ってきました。
以前にも一度行ったことがあるのですが、ランチは平均13ユーロでとてもお手頃。
そしてなんとランチメニューの種類は20種類以上。
恐らくミラノでは数少ない日本人経営の日本食レストランのようで、カウンターの中で働く人からウェイターまで全て日本人。行くととても日本を感じます。

前回は確かトロサーモン丼、今回はカツとじ定食を注文したのですが、どちらも本当に美味しかったです。
今回はお友達が予約をしてくれていたのですが、予約をしていないため入れない人を何組か見かけました。
席数はそんなにないので平日のランチでも予約をした方が良いと思います。
店内もほど良いお洒落感で落ち着くし、とてもおすすめのレストランです。

Sumire
Via Varese 1, 20121 Milano
Tel: 02 91471595

P1080446_convert_20120326041158.jpg
かつとじ定食
かつはもちろん、付け合わせの大根とカリフラワーと油揚げの煮物も美味しかったです。

P1080276_convert_20120326041637.jpg
前回食べたトロサーモン丼
なかなかイタリアでは食べられないイクラものっていて、本当に美味しかった。

P1080275_convert_20120326041434.jpg
お友達が食べていたきつねうどんとお寿司のセット
2012/02/05 レストラン COMMENT(2)  TB(0)  EDIT  TOP
昨日Mortaraへ行った時にランチをしたレストランがとても素敵だったので、紹介しようと思います。

Il Cuuc di Davide Palestroというこのレストランは、ガチョウ(oca)料理で有名とのことで、Simoは数日前からとても楽しみにしていました。
場所はMortaraの中心部から歩いて5分ほど、Albergo San Micheleというホテルの1階部分にあります。

メニューのアラカルトは10ユーロから20ユーロほど。
私たちはIl Gioco dell'Ocaという、ガチョウ料理を堪能出来るコースにしました。

コースの内容は:
Insalatina di petto d'oca marinato alle erbe fini, pompelmo rosa, glassa allo zafferano e "fumo d'inverno"
(ガチョウ肉のサラダ ハーブとレッドグレープフルーツ、サフラン添え

Presentazione di stagionati e gastronomia d'oca
ガチョウ肉の季節の料理(前菜)

Risotto di carnaroli con Bonarda, polpa di salame d'oca e fagioli dell'occhio
赤ワインとガチョウ肉、豆のリゾット

Ravioli di stufato, "fondo bruno" d'oca con burro al timo
バターとタイム、ガチョウ肉のグレービー入りのラビオリ

Quartino d'oca in "dolce cottura", patate all'alloro e cipolline glassate
ガチョウのステーキ(1/4カット)、ローリエのポテトとグレーズド・オニオン添え

まずは前菜としてハムのようにカットしたガチョウ肉のサラダ。
これはお肉の味が引き立つとてもシンプルな味付け。
ドレッシングがとても美味しくて、上品な味わいのサラダでした。

次に2つ目の前菜。
ガチョウ肉のサラミ、生ハム、レバー、ゼリーと一緒に固めたものなどを、少しづつ楽しめるプレートです。
レバーは苦手なのでSimoに食べてもらいましたが、他はどれも本当に美味しかったです。
一緒に出てくるサクサクしたラスクのようなミニ・レーズンパンも絶品でした。

前菜を楽しんだ後は、プリモとセコンド。
プリモもとても美味しかったのですが、何よりセコンドのガチョウのローストは、付け合わせの野菜も含めて100点満点の美味しさでした。
玉ねぎの煮込みは、味がまるでハッシュドビーフのようで、少し懐かしい味でした。

とても寒い一日でしたが、美味しい料理とのんびりした時間がとても良かったです。
本当におすすめのレストランです。

Ristorante "Il Cuuc" di Davide Palestro
C.so Garibaldi, 20, Mortara (PV) 27036
Tel: 0384.99106
http://www.ilcuuc.it/

IMG_0479_convert_20120206062047.jpg
ガチョウ肉のサラダ

P1080284_convert_20120206062644.jpg
ガチョウのサラミやハム、レバーなどの盛り合わせ

IMG_0492_convert_20120206063529.jpg
ガチョウのリゾットとラビオリ

P1080289_convert_20120206063742.jpg
ガチョウのステーキ、ポテトと玉ねぎの付け合わせ

P1080290_convert_20120206063956.jpg
食後のエスプレッソとクッキー

P1080282_convert_20120206062303.jpg
レストランの内装

IMG_0476_convert_20120206061811.jpg
レストランの入口
2012/02/01 レストラン COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
今日はIl Luogo di Aimo e Nadiaというレストランでランチをしてきました。

ニュースによると、今週は過去27年間で一番寒い1週間とのこと。
昨日から雪が降り、今日も本当に寒い日だったので、素敵なレストランと聞いていたのですが暖かさ優先でカジュアルな格好で行ってしまったのですが、レストランに入るとスタッフは皆私と友人の格好を気にする様子もなく温かく迎えてくれました。
ミラノのレストランの中では高級な方のレストランだからかもしれませんが、ランチのお客さんは私たちとビジネススーツを着た男性2人のみ。
バックグラウンドの音楽はなく、とても静かなレストランでした。

まず手渡されたメニューを見たのですが、恐らくディナーとの兼用のメニューだったようで、コースとアラカルトの値段を見てびっくり。
コースは90ユーロから、そしてアラカルトも一皿20ユーロから40ユーロくらい。
中には70ユーロのリゾットもありました。
特にランチメニューの表記がなく、これはこの高いコースメニューを注文するしかないかなと思っていたところ、テーブルの上にもう1つ小さなメニューがあるのが見えました。
ドリンクメニューかと思っていたのですが、なんとこれがランチ用のメニューでした。

ランチのコースは1種類のみで、39ユーロ。
プリモ、セコンド、そしてデザートをそれぞれ3種類の中から選べます。
正確なメニューの名前は覚えていないのですが、私はラグー(ミートソース)のスパゲティ、牛肉の煮込み、そして栗のクレープをオーダーしました。

注文を終えると、まずはシチリア産のオリーブオイルとパンがテーブルに運ばれてきました。
このオリーブオイルがとてもおすすめだったようで、何度もウェイターさんが説明してくれたのですが、とても美味しかったです。

スパゲティはソースもパスタも本当に美味しかったです。
セコンドのお肉もなかなか柔らかくて美味でした。
付け合わせのポテトと野菜のマスタードソース和えが、私はとても気に入りました。
恐らくマッシュポテトを固めて普通のポテト風に仕上げていたのだと思いますが、幾つも食べれそうな味でした。

デザートは確か栗と書いてあったはずなのですが、あまり栗の味はせず、ベリー系のソースとカスタードクリームのクレープという感じでした。
他にカリカリした粉砂糖のようなものなど、分からないものがたくさんのっていたのですが、食感と味の組み合わせがユニークで、普段とは違う味覚を刺激されて面白かったです。

サービスは始めから終わりまで一流で、文句のつけどころがありませんでした。
誕生日や記念日など、特別な日のお食事にもおすすめのレストランです。

Il Luogo di Aimo e Nadia
Via Montecuccoli, 6, Milano
Tel: 02416886
http://www.aimoenadia.com/

P1080268_convert_20120202032900.jpg
ラグーのパスタ

P1080269_convert_20120202031646.jpg
牛肉の煮込み

P1080270_convert_20120202032017.jpg
栗のクレープ

P1080271_convert_20120202032715.jpg
友人が注文したパンナコッタ。形がとてもユニークです。

2011/11/24 レストラン COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
昨日はNさんとちょっと遠出をして、Assagoのショッピングセンター近くにあるRANAのレストランでランチをしました。
ここはスーパーには必ず置いてある生パスタのブランドRANAがやっている、レストランというよりもカフェという雰囲気のカジュアルなお店です。
ランチはイタリアでは珍しく11時半から営業しています。

パスタやサラダなど、メニューは8種類くらいありとても悩んだのですが、結局トマトソースのラビオリ(リコッタとハーブ入り)とトルテリーニ(お肉が詰めてある小さなパスタ)のbisにしました。
飲み物つきで8ユーロ。安いけれど、なかなか美味しかったです。
オフィスが近くにあるせいか、1時近くなるとビジネスマン風の人達がたくさん入って来ていました。
パスタがメインだと思うのですが、サラダを食べている人の率が多かったです

まだ新しいようで、とても綺麗で入りやすいお店なので、また何かの機会に立ち寄ってみようと思います。

Ristoranti da Giovanni
Piazza degli incontri, 12 - 20090
Assago (MI)
http://www.dagiovannirana.com/it/

P1070884_convert_20111125045412.jpg
木のまな板風のトレイが可愛い
2011/10/04 レストラン COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
週末にかけて友人と一緒に行ったレストランやカフェについて少し紹介していこうと思います。

金曜日のディナーは、Missori駅近くのRistorante da Brunoというレストランへ行きました。
Simoはその日ローマでの会議が長引き、ミラノに帰ってきたのは夜10時半頃だったため、友人カップルと3人でのディナー。

このレストランは天井が高く開放感があり、内装もゴテゴテしすぎず、ウェイターもとてもフレンドリーで、私はとても好きなのですが、注文をとったり料理が運ばれてくるのは比較的ゆっくりとしているので、せっかちな人だとイライラしてしまうかもしれません・・。
3人でパルマハムの盛り合わせ、サラミの盛り合わせ、カルパッチョとルッコラ、子牛のスネ肉の煮込み(ossobuco)とミラノ風リゾット(risotto alla milanese)のワンプレート、手長海老のリングイーネ、そしてウェイターのおじいさんに薦めてもらったローストビーフの赤チコリー(radiccio)のせを注文。どれも美味しく頂きました。
3人で前菜3皿、プリモ2皿、セコンド2皿だったのですが、やはり量が多かったです。

前菜のメニューの中で、セルフサービスの前菜ビュッフェというものもありました。
入口の近くにあるテーブルの上に並ぶ前菜から好きな物を選んで取るというシステムのようで、種類がとても多く、なかなか美味しそうでした。

Duomoからも徒歩圏内にあり、ミラノの名物料理も一通り揃っているので、観光がてら寄るのにもおすすめです。

Ristorante da Bruno
Via Gonzaga, 6, Milano
Tel: 02 804364
http://www.ristorantedabruno.biz/

P1070560_convert_20111004185211.jpg
カルパッチョとルッコラの前菜

P1070562_convert_20111004185435.jpg
手長海老のリングイーネ(手前)、子牛のスネ肉の煮込みとミラノ風リゾットのワンプレート(奥)

P1070564_convert_20111004185829.jpg
ローストビーフの赤チコリーのせ
2011/08/27 レストラン COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
今日Naviglio地区でランチしたお店が美味しかったので紹介します。

一見とてもカジュアルなお店。
12時半過ぎで人はほとんど入っていなかったのですが、窓やドアを全て開放していて、中に日差しが少し入る爽やかな雰囲気が良かったので、入ってみました。
メニューは見開き2ページのみで少なく、少し考えて、2人で前菜を1つにプリモを2つ注文することにしました。

前菜には、あまり生ハムなどお肉の気分ではなかったので、ヘルシーそうなズッキーニとバッファローのタルト(確かtortino di zucchine e buffaloという名前)をオーダー。
バッファローというのは、水牛のmozzarellaチーズのこと。
まずは飲み物とパンが運ばれ、しばらくしてテーブルに運ばれてきた前菜のお皿を見て、とてもお洒落に盛り付けされていたので驚きました。
ズッキーニと茄子、水牛のmozzarellaチーズがケーキのように何層にも重ねられ、トマトソースとバジルのソース、そして大きなバジルの葉が上にトッピングされた一品。
味も驚くほど美味しかったです。

プリモには私はトマトのspaghettone(少し太めのスパゲッティ)のメニューの名前に添えられた、”semplice ma buone(シンプルだけど美味しい)"という文句に惹かれ、それを頼みました。
これまたとても綺麗に盛り付けられていて、深いトマトの味わいが本当に美味しかったです。
本当に、シンプルにトマトとスパゲティの味が楽しめました。

Simoのプリモは、リコッタチーズとほうれん草のラビオリ。
これも家で食べるラビオリではとても太刀打ちできない、レストランならではの美味しさがありました。
ソースはバターとsalvia(セージの葉)のみで、これまたとてもシンプル。

見かけによらず結構プリモの量が多いので、これだけで既にお腹いっぱいになってしまいました。

お店の雰囲気も味も最高に良く、本当におすすめのレストランです。

L'Altro Luca e Andrea
Alzaia Naviglio Grande, 24, Milano
Tel: 02 89415771

DSC_0046_convert_20110827235234.jpg
店内の雰囲気

DSC_0048_convert_20110828001259.jpg
食前に出てくるパン

DSC_0049_convert_20110828001640.jpg
ズッキーニとバッファロー(mozzarellaチーズの一種)のタルト

DSC_0050_convert_20110828001936.jpg
リコッタチーズとほうれん草のラビオリ

DSC_0051_convert_20110828002420.jpg
シンプルなトマトソースのパスタ

DSC_0052_convert_20110828002946.jpg
店内にあった看板
2011/08/26 レストラン COMMENT(4)  TB(0)  EDIT  TOP
先週末に行ったレストランですが、とても美味しかったので紹介しようと思います。

CorsicoとTrezzano sul Naviglioの、丁度IKEAなどの大型家具店が並ぶ通り沿いにあるとてもカジュアルなレストランで、そこで醸造しているビールが人気のお店だそうです。
今度引っ越す新しいアパートの売り主と土曜日に会った時に、一緒に夕食を食べようと誘ってくれたのがきっかけで、連れて行ってもらいました。

午後8時過ぎに着いたのですが、とても広い店内は既に結構な人で賑わっていました。
メニューを見て、とりあえずビール(私はコーラ)と前菜、そしてプリモを注文。
ビールはとても大きな縦長の入れ物で運ばれてきて、それを各自テーブルでカップにつぐようになっていて、とてもユニーク。

P1070447_convert_20110826221921.jpg
メロンの生ハムのせ。奥にあるのがビール用の入れ物。

前菜はチーズの盛り合わせ、サラミの盛り合わせ、そしてメロンの生ハムのせを皆でシェアすることにしました。
どれも結構な大きさで驚いたのですが、更に売り主の男性は薄いラードののったフォッカッチャまで注文していて、既に前菜を食べ終えた時点でかなりお腹がいっぱいになっていまいました。

その男性は推定50代中頃のとてもお喋りで優しい人なのですが、皆が想像するいわゆる”イタリア人男性”という雰囲気をもっていて、フォッカッチャをウェイトレスに注文する時も、一度は「現在ピザの釜はオーダーが多くてパンク状態なので、かなり時間がかかる」と言われたものの引き下がらず、「特別に僕たちのフォッカッチャを早く作ってもらうようお願いしてくれたら、本当に僕は嬉しいなあ。きっと君ならできるよ。信じてる」とウインクをしながら、冗談を交えて説得していました・・。
その後本当にすぐにフォッカッチャはきたので、驚きましたが・・。

その様子を観察していた私に気付き、その男性が一言。
「イタリア人は皆嘘つきだからね(笑)嘘をつかないのは、君の旦那さんくらいかな」
本当にユーモアのある、面白い人でした。

さて、そのラードのフォッカッチャですが、フォッカッチャというと今まで四角い形のものしか見た事がなかったのですが、ここのフォッカッチャは直径30センチほどの薄めのピザのような丸い形で、ボリュームたっぷり。
本当にただラードがのっているだけだったのですが、味は絶品でした。本当におススメの1品です。

次に運ばれてきたプリモは普通のレストランの2.5倍ほどの量があり、美味しかったのですが、全部食べきれなかったのが残念でした。

途中で誰かのバースデーでウェイトレスたちが歌を歌ってあげたりと、終始とても賑やかでしたが、ご飯も美味しいし楽しい雰囲気で、友人とワイワイ楽しむにはもってこいの場所だと思います。

LOPS - A Tutta Birra
Via Benvenuto Cellini, 2
Trezzano Sul Naviglio 20090

P1070449_convert_20110826222628.jpg
ラードののったフォッカッチャ

P1070450_convert_20110826223044.jpg
Simoの食べたScamorzaというチーズののったリゾット

P1070451_convert_20110826222931.jpg
私が食べたカボチャのリゾット
2011/07/22 レストラン COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
昨晩はGaggianoの運河沿いにあるレストラン、Osteria di Gaggianoで夕ご飯を食べました。

特に下調べをした訳ではなくふと思い立って行ってみたこのレストランは、内装はそこまでお洒落な雰囲気ではなく、中へ入り出迎えてくれたのも少し太った人の良い近所のおばさんという雰囲気の女性。
そんな訳で注文をしてからもあまり味に期待をしていなかったのですが、テーブルに運ばれてきた料理はどれも想像以上に美味しかったです。

前回前菜、プリモ、セコンドと全てオーダーしてお腹がはち切れそうになった経験があるので、今回は前菜は飛ばしてプリモとセコンドのみにしました。
プリモにはそのお店唯一のリゾットであるRisotto alle fragole、なんとイチゴを使ったリゾットがあったので恐る恐る注文してみました。
パンを食べながら待つこと約10分、出てきたのは本当に上にイチゴののったシンプルなリゾット。
脇には甘いイチゴのソースも添えられていたのですが、これが想像していたよりもリゾットと合い、意外と違和感なく食べられました。
お米も固さ味共に良く、とても美味しく頂きました。

P1070284_convert_20110722192920.jpg
Risotto alle fragole

そしてSimoの注文したTagliolini alla carbonara di mare(海のカルボナーラのタリオリーニ)。
タリオリーニという平たくて細いパスタを海の幸とサフランのクリームソースでからめたものだったのですが、これも本当に美味しくて、感動しました。
どちらもとても斬新なアイデアの料理で、普段とは違う味覚が刺激されたような気がしました。

P1070285_convert_20110722193442.jpg
Tagliolini alla carbonara di mare

その後セコンドには、Filetto con panna e senape(マスタードクリームのステーキ)と Gligliata di carne(お肉のグリル)を注文しました。
マスタードクリームのステーキはレアに近いミディアムだったのですが、お肉が本当に柔らかく、ソースの味がとても良かったです。
お肉のグリルは見た瞬間量の多さに驚きましたが、Simoはなんとか食べきっていました・・。
こちらはソースは特になく、グリルしたお肉そのものの風味を味わえます。
付け合わせ(contorno)にはトマトのサラダとポテトフライ。
どれもとても美味しかったのですが、またまた食べ過ぎてしまい、結局デザートもエスプレッソもなしで食事を終えました・・。

P1070287_convert_20110722193612.jpg
Filetto con panna e senape

P1070289_convert_20110722193736.jpg
Gligliata di carne

P1070279_convert_20110722194150.jpg
食前に出てくるパン

プリモが9ユーロから13ユーロ、セコンドが15ユーロと、このカジュアルな雰囲気のレストランにしては値段はそんなに安くはないのですが、量の多さと、なにより味が本当に素晴らしかったので、この値段にも納得という感じです。
次に来るときには、2人でセコンドは1つだけにしようと思いますが・・。
ウェイターさんもとても雰囲気が良く、おススメのレストランです。

Osteria di Gaggiano
Via Roma, 76
Gaggiano (MI)
Tel: 02 9081621

P1070277_convert_20110722194047.jpg
レストランの外観

P1070276_convert_20110722193843.jpg
レストランの前を流れる運河
夜9時半頃だったのですが、丁度日が落ちるところでとても綺麗でした。
2011/07/06 レストラン COMMENT(2)  TB(0)  EDIT  TOP
昨日はSimoと付き合い始めて2周年目の記念日でした。

Simoにお任せでレストランを探してもらい予約して行ったのが、GaggianoにあるRistorante Re Artu'。
レストランの入口は運河と建物に挟まれた交通量の多い通りに面していてあまり目を引かないのですが、中へ入り薄暗い店内を奥へ進むと、こじんまりとした中庭に出ます。
その夜のお客さんは皆中庭で食事をしていて、私たちも中庭の中央にある席へ通されました。
私たちの他には6人ほどのグループ2組とカップルが2組のみで、雰囲気もとても良かったです。
メニューを見ると、前菜は10ユーロ前後、プリモは全て9ユーロ、セコンドは全て15ユーロと、とてもリーズナブルな値段。
しばらくメニューを眺めてから、生の鴨肉のサラダ、前菜の盛り合わせ、ズッキーニとトマトのリゾット、鴨肉のミートソースのタリアテッレ、鶏肉のロースト、そしてchianinaと呼ばれるお肉のハンバーグを注文しました。

まずはパンとグリッシーニを持ってきてくれたのですが、このパンがイタリアではなかなか珍しく、ふわふわでモチモチとしていて、指で少し押しただけで潰れてしまうほど柔らかく、本当に美味。
これから料理がどんどんくるというのに、Simoと2人であっという間に食べきってしまいました。

さて、前菜ですが、鴨肉のサラダはオリーブオイルがかかっていて、思ったよりもあっさりとしていて食べやすく、美味しかったです。
前菜の盛り合わせには生ハムやサラミ、マッシュルームのオリーブオイル漬けの他、チーズやサワークリームののった温かい野菜のムース2種がついていて、とても満足感がありました。
Simoはこの野菜のムースがとても気に入ったようで、家でも作ってと言われたのですが・・インターネットでもし似たような料理のレシピがあれば探してみようと思います。

プリモのリゾットにはズッキーニ、fiori di zucca、トマト、そしてチーズが入っていたのですが、これも本当に深い味わいで美味しかったです。
鴨肉のミートソースは普通のミートソースよりもあっさりとしていて、お肉がたっぷりと入っていました。

もう既にプリモを食べ終えた時点でお腹いっぱいになってしまったのですが、セコンドもお腹がはち切れそうになりながら頑張って食べました。
鶏肉のローストは骨が結構あり食べにくかったのですが、味はとても良く、付け合わせの小さなポテトコロッケも美味しかったです。
ハンバーグも本当にジューシーで、美味しかったです。

ここではプリモとセコンドの量が結構多めなので、前菜とセコンド、もしくはプリモとセコンドというように2種類だけ注文するのがよいかもしれません。
デザートの種類がとても多く、周りのお客さんは様々なデザートを注文していたのですが、私たちは本当に動くのも辛いほどお腹いっぱいだったため、デザートと食後のコーヒーはパスしました。

料理の味はもちろん、サービスといい、料理が運ばれてくるタイミングといいパーフェクトで、とても満足のいくディナーでした。
ぜひまた足を運びたいレストランです。

このレストランを紹介するビデオをYouTubeで見つけました。
ビデオはこちら

Ristorante Re Artu'
Via Roma, 138
Gaggiano, Italy
Tel: 02 9085123

P1070248_convert_20110707232312.jpg
レストランの入口

P1070249_convert_20110707232446.jpg
緑が多くて綺麗な中庭

P1070250_convert_20110707232550.jpg
中庭の席。奥にあるのはキッチン。

P1070253_convert_20110707232705.jpg
柔らかくて美味しいパンとグリッシーニ

P1070254_convert_20110707232817.jpg
鴨肉のカルパッチョ

P1070258_convert_20110707232917.jpg
前菜の盛り合わせ

P1070260_convert_20110707233022.jpg
ズッキーニとトマトのリゾット

P1070261_convert_20110707233138.jpg
鴨肉のミートソースのタリアテッレ

P1070262_convert_20110707233253.jpg
鶏肉のロースト

P1070263_convert_20110707233427.jpg
Chianina牛のハンバーグ
2011/07/05 レストラン COMMENT(6)  TB(0)  EDIT  TOP
またまたマルケでの話。
金曜日のディナーに、La RivaというMarottaにあるシーフードレストランへ行きました。
毎年夏にマルケに来ると1度は必ず連れていってもらう、Simo家の行きつけのレストランです。
メインはシーフード料理なのですが、入口を入って右手には大きなピザ釜があり、ピザでも以前賞を取ったことがあるそう。新聞の切り抜きや写真などがたくさん飾られていました。

レストランに着いたのは夜10時過ぎだったのですが、1つ1つ料理を頼むよりもコースで注文した方がお得だったので、私とSimoは2人でGran menu degustazione di pesceというコースを1人分オーダーしました。
なぜ1人分だけオーダーしたのかというと、このコース料理は何といっても量が多く、普通の日本人だったら3~4人で十分お腹いっぱいになってしまうほど。
恐らくイタリア人でも私たちのように1つのコースをシェアする人は少なくないと思うので、レストランも嫌な顔1つしません。
ちなみにこのコースには、冷たい前菜の盛り合わせ、温かい前菜5種、選べるプリモ、シーフードのセコンド2種、ポテトフライ、サラダ、シャーベット、エスプレッソ、食後酒(limoncelloなど)、お水、ワインが含まれています。

さて味はというと、久しぶりに食べるここのシーフードは本当に美味しく、特にプリモのSpaghetti allo scoglioが本当に絶品でした。
ソースの美味しさはもちろん、こんなにパーフェクトなアルデンテのパスタは、レストランでもなかなか食べられません。

テーブルに料理が運ばれて来る前は、夜遅いので食べる量は控えめにと気を引き締めていたのですが、結局美味しい料理を前にして食べ過ぎてしまった上、デザートのシャーベットまで終えた時には夜中の12時をまわっていました。
ダイエットのダの字もないディナーになってしまいましたが、どれも本当に美味しく満足したので、良いことにします・・。

La Riva
Lungomare C. Colombo, 180
61035 Marotta (PU)
Tel/Fax: 0721.960816
Cell: 335.6456081
www.lariva.net

P1070168_convert_20110704202959.jpg
Simoのお母さんが注文したGrigliata mista(シーフードグリルの盛り合わせ)

P1070169_convert_20110704203120.jpg
Verdure gratinate(野菜のグリル パン粉のせ)

P1070170_convert_20110704203236.jpg
シーフードをふんだんに使ったAntipasti freddi(冷たい前菜)

P1070171_convert_20110704203410.jpg
Simoのお父さんが注文したTonnarelliという種類のパスタ

P1070172_convert_20110704203526.jpg
Chioccioline di mare(巻き貝のトマトソース)、Cozze(ムール貝)、Vongole(アサリ)

P1070173_convert_20110704203638.jpg
Polenta di frutti di mare(とうもろこしの粉のグラタン シーフードのせ)

P1070174_convert_20110704203820.jpg
Spiedini alla griglia(シーフードの串焼き)

P1070175_convert_20110704203940.jpg
Spaghetti allo scoglio(シーフードとトマトのパスタ)
2011/06/10 レストラン COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
今日は朝からとても涼しく良い天気。
お父さんを連れてDuomo広場からCadornaまで歩き、最後の晩餐を鑑賞してから、緑のメトロに乗りP.ta Garibaldi駅へ。
そこから徒歩5分ほどのVia Pasubioにある、Osteria del Gambero Rossoというレストランでランチをしました。

ここは日本のガイドブックに載っているのを見つけたもので、ピザとシーフードが有名とのことで、まずはビールで乾杯をしてから、定番のマルゲリータのピザと、シェフのお勧めメニューにあったTagliatelle con asparagi, gamberetti e pomodori(アスパラガス、海老、トマトのタリアテッレ)を注文しました。
パスタはシーフードの味がよく浸透していて、あっさりとしていて食べやすいため、こってりしたピザと合わせると丁度よく、とても美味しかったです。
ピザはとても大きく1人ではとっても食べきれないような量でしたが、チーズの味がよく、とても美味でした。

時間が早かったので、広い店内には私たちの他2組ほどしかいなかったのですが、私たちを担当してくれたウェイターさんが日本がとても好きなようで、何かあると私たちに日本語で話しかけてきてくれたり、頼みもしないのに取り皿を用意して料理を取り分けてくれたりと、とても親切にしてもらいました。
さて、プリモだけでお水も入らないほどお腹いっぱいになってしまったので、セコンドは頼めなかったのですが、大きな生ビールにグラスワイン2杯、お水、席料を含めても2人で30ユーロもせず、とても良心的な値段のお店でした。

帰り際に丁度そのウェイターさんが大きなお皿を持って別のテーブルへ向かうところだったのですが、そのお皿にはムール貝(cozze)が山盛りになった上に大きな海老が少しのっていて、とても美味しくてお勧めだと言っていました。
Simoはムール貝が大好きなので、次に行く時にはぜひ注文してみたいと思います。

Osteria del Gambero Rosso
Via Pasubio, 6
Milano
Tel: 02 6571208

P1070092_convert_20110611011657.jpg
Pizza Margherita

P1070093_convert_20110611013947.jpg
Tagliatelle con asparaghi, gamberetti e pomodori

P1070091_convert_20110611011001.jpg
店内の雰囲気
2011/04/19 レストラン COMMENT(2)  TB(0)  EDIT  TOP
先日タイ人の友人Nから新しくタイレストランを見つけたと聞き、今日一緒にランチをしてきました。

先週Nはわざわざランチの下見へ行ってきてくれたそうで、私たちが以前良く行っていたTHANA(現在は閉店・・)よりも本格的なタイ料理が食べられるとのことで、とても楽しみにしていました。
お店はPorta Romana駅から徒歩5分ほど、Piazza Bruno Buozziから北の小道へ入ってすぐの所にあります。
店内はとても落ち着いた雰囲気で、金魚の泳ぐちょっとした池や明るいテラス席もあります。

私たちはタイ風春巻き(involtini Thailandesi)、タイ風串焼き(spiedini di maiale)、そして海老入りのPhad Thaiというタイ風焼きそば(tagliatelle di riso saltato alla Thailandese)を注文しました。
どれもとても深い味で、確かにTHANAよりもずっと本場の味がして美味しかったです。
メインを食べ終えて結構お腹いっぱいになったのですが、誘惑に負けて最後にデザートの盛り合わせ(dolce misti)までオーダーしてしまったのですが、これが本当に美味でした。
ちなみにシェフはタイ人ではなく、タイレストランで長い間経験を積んだシンガポール人のシェフだそうです。

ランチでも2.5ユーロの席料(coperto)がかかりますが、メニューの値段はどれもお手頃で、ウェイターのサービスもきめ細かく、とても良いレストランでした。
ぜひまた足を運びたいと思います。

Komenn
Via Lazzaro Papi, 5
Tel: 02.550.12.092
http://www.komenn.com/

P1060897_convert_20110420015247.jpg
マンゴー(手前)と、素敵なカゴにのったデザートの盛り合わせ(奥)
2011/04/06 レストラン COMMENT(2)  TB(0)  EDIT  TOP
今日は、Mixiで参加しているコミュニティの日本人の方がミラノへいらっしゃるということで、ランチの会に私も初めて参加をさせてもらいました。
場所はCentrale駅から徒歩3分ほどの場所にある友よしというレストラン。
ここは以前何度か前を通ったことがあり、気にはなっていたのですが、行くのは初めてでした。

レストランの入口は、Centrale駅からReppublica駅まで続くVia Vittor Pisaniという大通りから、建物の少し奥へ入ったところにあります。
白いのれんをくぐると、とても日本らしい落ち着いた雰囲気で、日本人のウェイトレスが日本語で迎えてくれました。
ランチのメニューは6種類ほど。13ユーロの日替わりメニューから、鍋焼きうどん、天ぷらなどがあります。
私は日替わりメニューのネギトロ丼を注文しました。
ネギトロ丼は蛸の酢のもの、マカロニサラダ、わかめのグリーンサラダ、お味噌汁、そして食後にコーヒーか抹茶アイスクリームがついています。
久しぶりのネギトロ丼は、本当に美味しかったです。

店内は清潔感があり、席の間隔もとても広めにとってあるので、周りを気にせず、ゆっくりと食事が楽しめます。
値段もお手頃で、とても満足のいくランチとなりました。
Simoは天ぷらが好きなので、今度連れていってあげたいと思います。

tomoyoshi ENDO
Via Vittor Pisani, 13, Milano
Tel: 02 66986117
http://www.tomoyoshi-endo.com/
2011/02/24 レストラン COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
昨日はNさん、Kさん、そしてKさんの4ヶ月の赤ちゃんNくんと一緒にランチをしてきました。

NさんとKさんの住むアパートの前で待ち合わせをして、Primaticcio駅北側のバス停から63番のバスに乗り、Via FantoniにあるLa Pesa Trattoriaというレストランへ。
ここはKさんが以前何度か来たことがあるそう。
店内は赤のチェックが可愛らしいテーブルクロスのかかったテーブルが並び、とても清潔感があります。
メニューには前菜、プリモ、セコンド、そしてデザートまでそれぞれ3種類くらいずつあるのですが、どれも美味しそうで、3人して選ぶのにとても時間がかかってしまいました。
こういうレストランでは量が結構多めのことが多いので、お肉料理が美味しいというKさんの意見で、私たちはそれぞれセコンドを1品づつ頼むことにしました。
私とNさんは、正確な名前は忘れてしまったのですが、「シチュー風のお肉 カボチャのソースとポレンタ(とうもろこしの粉から作られた料理)添え」、そしてKさんはミラノ風カツレツをオーダー。
味はというと、お肉が驚くほど柔らかくて、あっさりとした優しい味のカボチャのソースやポレンタとの相性もよく、本当に美味しかったです。
ただ、量は少なめだったので、これならプリモか前菜も食べられたねと3人で少し後悔・・。
最後にドルチェをということで、私は梨のシャーベットを食べました。
こちらも、まろやかでとても美味しく頂きました。

店員さんの対応もとても良く、温かみのある店内といい、とても満足のいくランチでした。

La Pesa Trattoria
Via Fantoni, 26
Tel: 02.4035907
www.lapesatrattoria.it

ランチの後は、KさんがNくん用のベビーグッズを見たいということで、今度は違うバスに乗り5分ほど西へ行った所にあるトイザラスへ。
とても大きな店内は1/3ほどのスペースが改装中だったのですが、オモチャやベビーグッズの豊富さに驚いてしまいました。
私は小さい頃、シルバニアファミリーなどの小さなおままごとセットが好きだったのですが、そのトイザラスにはまるで本物のように実際にタイマーで音がなるミニチュア電子レンジや、イタリア風のお鍋やザルなどのミニ・キッチン用具セットなどもあり、私も見ていて楽しい気分になりました。

トイザラスの後は、Kさんのお宅でお茶を頂きながらお喋りをしました。
帰り際に、Nさんから手作りのベーグルをもらったのですが、お店で買ったと言われたら信じてしまうほどのプロフェッショナルな出来で、驚きました。
今度機会があれば、Nさんに作り方を教ってみたいと思います。

P1060676_convert_20110225033906.jpg
中はモチモチで、とても美味しかったです
2010/07/28 レストラン COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
月曜日の夜は久しぶりにHana Restaurantへ行きました。

NさんとクラスメートのHさん、Simo、そして学校の先生のManuelaとFrancescaの6人での賑やかなディナーでした。
Nさんの旦那さんが特別に冷やし中華を作ってくれたのですが、味付けは完璧でとても美味しく感動しました。
写真を撮り忘れてしまいましたが、他にもお寿司の盛り合わせなどを頂きました。

Simoは朝5時に起きてMarottaからミラノへ戻り、その足で職場へ行き1日仕事をした後だったので、疲れているかなと思ったのですが、美味しいご飯に疲れも吹き飛んだようでした。

またこのように皆でHana Restaurantで集まる機会があればいいなと思います。

Hana Restaurant
Corso vercelli 37
angoli Paolo Giovio
Tel: 02 48197213
Email:  info@hanarestaurant.it
http://www.hanarestaurant.it/

2010/07/10 レストラン COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
先日はSimoと私の1周年記念日だったので、ささやかなお祝いをするために昨日Gaggianoにあるイタリア料理のレストランへ行ってきました。

私たちの家からは車でほんの5分ほどの所にあるのですが、100年以上も前から続いている、とても有名なレストランだそうです。
Simoの仕事の後だったので、午後9時半に予約を入れました。
店内とお庭の席とあったので、私たちは新鮮な空気の中で食事を楽しむためお庭の席へ。
建物は淡い黄色、テーブルは白とオレンジで全てまとめていて、とても温かく落ち着く雰囲気。

メニューはもちろんイタリア語のみで、知らない単語が結構たくさんあり、どんな食べ物かイメージがわかなかったので、希望だけ伝えてSimoのお任せにしました。

前菜には生ハムとサラミの盛り合わせ(Affettati misti)と、様々な野菜を千切りにして炒めたものにリコッタチーズ(多分)とバジルのソースをかけたもの(Crostatina di verdure salsa)。

Antica Trattoria del Gallo 2
Affettati misti

Antica Trattoria del Gallo 3
Crostatina di verdure salsa

ちなみにCrostatinaというのはケーキの名前の1種だそうで、この前菜は確かに見かけは小さな丸いケーキのよう。
一番上にケーキのチェリーのように飾ってあるものは、茎つきのオリーブです。

プリモには子牛の肉を詰めたラビオリ(Ravioli di vitello al burro versato)と、夏野菜のソースのパスタ(Caserecci con verdure estive)。

Antica Trattoria del Gallo 4
Caserecci con verdure estive

ラビオリはこのレストランの手作りだと思いますが、今まで食べたどのラビオリよりも皮が厚めで、シンプルなバターソースとの相性も良く、とても美味しかったです。
夏野菜のソースのパスタは、ミートソースかと思うほどの少し濃厚な味の野菜たっぷりのソースと、初めて食べるCaserecciという種類のショートパスタの組み合わせで、これもまた野菜の美味しさが良く出ていました。

メインにはミラノ風カツチョップ(Milanese Alta)と、鶏肉のオーブン焼き(Pollo alla diavola)を選びました。

Antica Trattoria del Gallo 5
Milanese Alta

ミラノ風カツチョップはミラノ風カツレツとは違い、厚さが2.5センチほどもあったのですが、驚くほど身が柔らかく、あっという間に食べてしまいました。
鶏肉のオーブン焼きもボリュームたっぷりでしたが、皮がクリスピーでとても良い味。
パンやオリーブと玉ねぎの酢漬け、ポテトフライなどもあったので、最後にはとてもお腹いっぱいになってしまいデザートが食べられなかったのが残念ですが、とても料理の質が良く大満足のディナーでした。

ただ夜だったこともあり、蚊が多く、虫除けスプレーをうっかり忘れてしまった私は早速数箇所さされてしまいました・・。
イタリア人はあまり蚊などが気にならないのか、そんな中でも店内よりやはりお庭の席の方が人気のようで、皆普通に食事を楽しんでいる様子でした。

Antica Trattoria del Gallo dal 1870
Via Kennedy, 1-3
Vigano Certosino
20083 Gaggiano (MI)
Tel: 02 9085276
www.trattoriadelgallo.com

Antica Trattoria del Gallo
お庭の席の様子
2010/07/04 レストラン COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
昨日はショッピングの後THANAでランチを食べました。
平日のお昼時はビジネスマンでいっぱいのタイ料理のレストランですが、昨日はお客さんは3、4組のみで、とても閑散としていました。

土曜日だったためか、通常のランチメニューはなく、6種類あるメニューの中から3種類選べるというラウンジ・バーのメニューのみでした。
丁度Simoと2人だったので、1人3種類ずつ、6種類あるメニューを全て試してみることにしました。
春巻き(involtini primavera )、Prawn Fish Cake (polpette di gamberi)、3角形のパンに海老のパテを乗せて揚げたもの、ロースとビーフのサラダ、タイ風海老とヌードルのサラダ(insalata di tagliolini e gamberi)の前菜、そして炒飯、牛肉のライスヌードルのプリモをお皿に綺麗に盛り付けてあり、どれもとても美味しかったです。
Simoはこのレストランは初めてだったのですが、とても料理の質が高いとお気に入りの様子。
デザートはレストランおススメのマンゴーライス。もち米の温かいご飯に甘いソースがかかっていて、はじめ少し違和感がありましたが、お米の粒の美味しさがよく出ているデザートだと思います。

THANA sabato

THANA sabato 2

THANA dessert
マンゴー・ライスのデザート
2010/06/24 レストラン COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
SimoとランチにCiripizzaというピザ屋さんへ行きました。
Via Paolo SarpiとVia Luigi Canonicaの交差点にあるピザ屋さんで、ポップな看板が目印です。
店内もテーブルクロスやナプキン、お皿までとてもカラフルな色使いで、楽しい雰囲気。
また、通常のメニューの他、珍しくそれぞれのピザの写真がついているメニューも置いていたので、イメージし易くて良かったです。

このお店では、ピザで有名なナポリのあるCampania地方の伝統的な製法でピザを1枚1枚作っているそう。
考えた末、SimoはCapricciosa、私はホワイトソースにきのことハムののったVictoriaというピザを頼みました。
ボリュームたっぷりで食べきれず、Simoに大分助けてもらいましたが、味はとても美味しかったです。

Ciripizza
Via Paolo Sarpi, 65
20154 Milano
Tel: 02 36561221

Ciripizza.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。