バーレーンに引っ越しました♪
2014年11月26日、無事バーレーンに到着しました♪
その後の日常は、jijiのバーレーン日記で更新しております。
20130216CIMG2385.jpg

--/--/-- スポンサー広告   EDIT  TOP
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/03/29 国内旅行 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
昨日は天気が良かったので、Simoとミラノから車で約1時間の所にある、コモ湖(Lago di Como)へ行ってきました。
コモ湖はガルダ湖(Lago di Garda)、マッジョーレ湖(Lago Maggiore)に次ぐ、イタリアで3番目に広い湖です。
コモ湖の最南西の部分はスイスとの国境からほんの5分ほどの所にあり、外国人の観光客をとても多く見かけました。
お昼頃にコモ湖周辺に着いたので、車を停め、コモの町や湖の近辺を散策してまわりました。

Lago di Como
コモ湖
Lago di Como 2
コモ湖から見たコモの町

町はちょっとしたリゾート地のような雰囲気があり、こぢんまりとしていて道もミラノに比べとても綺麗です。
ランチは湖が見えるカフェテリアで食べました。

Pasta con pesto
バジルのパスタ
Gnocchi al lagu como
ミートソースのニョッキ
Grissini lago di como
イタリアのレストランでは必ず出てくるグリッシーニとパン

お洒落に盛り付けてきてくれたのですが、量はとても多く、お肉料理や魚料理のセカンドを食べる余裕はありませんでした。
ランチの後は車でコモ湖のほぼ中心部にあるBellagioという町へ。

Bellagio 1
コモ湖
Bellagio 2
住宅地の一角
Bellagio 3
湖へと続く階段
Bellagio 4
湖に隣接するレストランなどが並ぶ通り

オーシャンズ11でお馴染みの、アメリカのラスベガスにあるホテルBellagioは、この町が名前の由来だとか。
ちなみにラスベガス好きで知られ、オーシャンズ11にも出演していたジョージ・クルーニーは、コモ湖に別荘を持っているそうです。

昨日は初夏のような暑さで、どこに行っても人や車が本当に多く、駐車場を探すのに一苦労。
どの駐車場も、帰る車を待つ車が数台停まっているという状態だったのですが、ようやくBellagioの中心部から歩いて15分ほどの所に1台分のスペースを見つけ、駐車をすることが出来ました。
そこから町の中心まで、普段は住人しか通らないような、上り下りの多い小さな住宅地の中を歩いたのですが、そこは生活感のある庶民的な雰囲気を残しながらも、雑誌に出てくるビーチリゾート特集にそのまま出てきそうな素晴らしい景色で、遠くに停めたのが逆に幸運だったと感じました。

旅行に行くなら大都市や山も良いけれど、やはり湖や川など“水”のある場所が好きだと改めて実感した今回の旅でした。

Duomo Como 1
コモのドゥオモ(Duomo di Como)
Duomo Como 2
ドゥオモ前の広場
Strada Como
コモの町並み
スポンサーサイト

2010/03/29 国内旅行 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
この間の水曜日に語学学校の校外学習でトリノへ行きました。

ミラノのCentrale駅からトリノまでは電車で約2時間。
到着してからまずはBarでパニーノの軽食を食べてから、トリノ・エジプト博物館(Museo Egizio)へ。
この博物館ではミイラ、パピルス文書、石棺や彩色木棺を始め、古代エジプトの重要な作品が数多く展示されています。

Museo Egizio 1
Museo Egizio 2
Museo Egizio 3

去年の秋、東京都美術館で行われたトリノ・エジプト展は残念ながらスケジュールが合わず行くことが出来なかったので、今回本場で多くの作品を見ることが出来良かったです。
エジプトのコレクションを堪能した後は、皆でトリノの町を散策しながらポー川(Flume Po)へ。

Fiume Po 2
Fiume Po 1

ポー川はその美しさもさることながら、イタリア北部のピエモンテ州、ロンバルディア州、エミリア・ロマーニャ州、ヴェネト州を横断するイタリアで最も長い川で、その長さは652キロにも及ぶそうです。
博物館とポー川を見学した後は自由行動となり、私はクラスメート数人と一緒に王宮を見に行きました。

Palazzo Reale di Torino

トリノ市中心部のカステッロ広場に面するサヴォイア家の王宮(Palazzo Reale di Torino)は、帰りの時間の都合で内部を見学することは出来なかったのですが、世界遺産に登録されている王宮群の中の1つです。
マダーマ宮殿(Palazzo Madama)やドゥオモ(Duomo di Torino)、大きなレアーレ庭園(Giardino Reale)などに囲まれた壮麗な建物で、イタリアというよりも、少しフランス風のデザインのように感じました。

日帰りの短い旅行でしたが、思ったよりも多くの場所を観光することが出来ました。
また機会があれば、今回見学することの出来なかった名所を見に、トリノへ行きたいと思います。


Porta Nuova Station Torino
トリノのPorta Nuova駅

Piazza San Carlo 1
サン・カルロ広場 (Piazza San Carlo)

Piazza San Carlo 2
サン・カルロ広場の像

Piazza San Carlo 3
サン・カルロ広場の入口

Piazza Carlina
博物館からポー川へ行く途中に通った、カルリーナ広場 (Piazza Carlina)

Piazza Castello
カステッロ広場(Piazza Castello)にあるお城

Strada Torino
トリノの町並み
2010/03/29 生活 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
3月28日(日)からこちらではサマータイムとなりました。
10月の最終日曜日まで、今までの時間に1時間を加えた時間で生活をすることになります。
もともとは明るい時間をより有効に使えるようにと採用された制度だそうで、
アメリカやヨーロッパなどの多くの国々で実施されています。
アメリカに居た頃、夏は夜9時、10時頃まで日が沈まないことに驚いた記憶がありますが、
このサマータイムを採用しているということも大きな理由です。
ちなみに、ミラノでは昨日の日没は19時40分頃でした。
春を迎え、外に出るのが楽しみな季節なので、これから更にどんどん日が長くなってゆくのが嬉しいです。

Spring.jpg
家の前の芝生にも小さな花がたくさん咲き始めました
2010/03/27 生活 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
先日Porta Venezia駅近くのPiazza Ascoliで桜の木を見つけました。
ミラノにも桜を鑑賞できる場所があることは聞いていたのですが、偶然見かけて本当にあるのだと驚きました。
トラムが走る車通りの多いプラザなので、座ってお花見という雰囲気ではないのですが、
日本と同じ時期にイタリアで桜を見ることが出来、とても和やかな気持ちになりました。

Sakura 1
Sakura 2
2010/03/27 食べ物 COMMENT(2)  TB(0)  EDIT  TOP
木曜日はNさんの家で韓国料理を作りました。

クラスメートの韓国人の女の子やNさんの友人夫婦、Simoも加わり、賑やかなディナーになりました。
今回のメニューはビビン麺、トッポッキ、韓国風おでん炒め、そして餃子です。
どれも私が好きで、アメリカに居た頃一時期毎日のように食べていたもの。
その後日本に帰国してからは作る機会がなく、本当に久しぶりの韓国料理でしたが、ビビン麺以外はとても美味しく出来たと思います。
ビビン麺は、専用の麺が見つからず、見たところ似ているスープ冷麺用の麺を使ったのですが、どうやらやはり少し麺の種類が違ったようで、茹でた後ざるにあげて冷やし水を切ったところで麺同士がくっついてしまい、結果とても食べにくくなってしまったのが残念でした。

ディナーの最後には、Nさん特製のシフォンケーキと紅茶も頂きました。
次は何を作ろうかと、今から楽しみです。

Korean cooking
2010/03/26 国内旅行 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
水曜日は、語学学校のA2クラスとC1クラス合同の郊外学習で、トリノへ行ってきました。

朝は8時45分にミラノのCentrale駅に集合、その日はあいにくストライキがあり幾つかの電車がキャンセルとなってしまったため、帰りは予定より2時間遅れ、夜8時にミラノへ到着しました。
長い一日でたくさん歩いたので疲れましたが、初めてのトリノへの旅行の中でクラスメートとも多く話す機会があり、とても楽しい旅でした。

詳細と写真は週末にアップする予定です。
2010/03/24 食べ物 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
昨日は以前のクラスメートAshの家でお寿司を作りました。

放課後Romolo駅から91番のバスに乗り、3つ目のバス停で降りて、Via Medaという通り沿いにあるAshのアパートを訪ねました。
その近辺にはアジアの食品を扱うマーケットを含めスーパーが3軒もあり、食材のお買い物にはとても便利です。
Ashが既に、マグロやサーモン、かにかまぼこ、アボカドなどを買っておいてくれたので、すぐに料理に取り掛かりました。
ご飯をお鍋で炊くのは初めてだったので上手く出来るかどうか心配でしたが、以前Nさんに教わった通りに進めたらとても美味しく炊けました。
Ashの旦那さんがサーモンの握り寿司を作ったり、Marの希望で手巻き寿司を作ったりと、バラエティ豊富なお寿司がたくさん出来、皆とても喜んでくれたので良かったです。
その夜はクラスメートのMarやMarのボーイフレンドWil、Simoneも来たので7合もの量のお米を炊きお寿司を作ったのですが、ディナーが終わる頃には、まだ切っていない巻き寿司4本を除いて全てなくなっていたので驚きました。
また今度は違う食材を使ってお寿司パーティーをしたいと思います。

Sushi con Ash

2010/03/23 ショッピング COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
先日la Rinascenteで、日本でも人気のルクルーゼのお鍋を購入しました。

様々な色形があり、一緒に行ってくれたNさんとしばらく悩みましたが、
最終的には元々一番気になっていた、赤いハート型の18センチのお鍋に決めました。
以前から炊飯器を買うか、ル・クルーゼのような厚めのお鍋を買うか決めかねていたのですが、
結局は、イタリアで購入できる日本では古いタイプの炊飯器よりもご飯が美味しく炊けると思ったのと、
キムチ鍋や煮込み料理など他にも色々な料理に使えるというのが決め手となりました。
ル・クルーゼはフランスのお鍋のメーカーですが、
イタリアでは日本で正規の値段の約半額で買えるようです。

まだ今のところ一度も使う機会がないのですが、せっかくお米も家にあるので、
近いうちに自分でお鍋でご飯を炊いてみようと思います。

Le Creuset pot
2010/03/22 国内旅行 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
昨日は夕方にドライブがてら、 Chiaravalle Milaneseにある
Abbazia di Chiaravalleという教会へ行きました。
ミラノから南へ車で約20分行ったところにあるこの教会は、とても歴史ある建物だそうで、
昨日はあいにくの小雨で天気が悪かったにも関わらず、たくさんの人が訪れていました。
ここはDuomoに比べるとずっと小さな教会ですが、
それでも内部の天井や壁に描かれた絵や彫り物は素晴らしく、
日本とは違うタイプの建築の美しさに感嘆しました。

Abbazia di Chiaravalle 1
Abbazia di Chiaravalle 2
Abbazia di Chiaravalle 3

2010/03/21 ショッピング COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
今日は夕方Simoと、CorsicoにあるShoppinDogという大型のペット用品店へ行きました。
倉庫のような大きなペット用品店で、ペットフードからベッド、おもちゃ、キャリーバッグ、お菓子など、目移りしてしまうほど様々な種類の商品が置いてあるほか、犬猫用のBeauty Salonまで併設されていました。

中でも特に目を引いたのが、UNITED PETSというブランドのカラフルでお洒落なペット用品。
思わず日本にいる愛犬モモとレオにそれぞれ一式揃えて買ってあげたくなるほどの可愛さです。

肝心なペットですが、ShoppinDogでは売られているのは金魚のみ。
イタリアではペットショップで犬猫などの動物を買うことが出来ないよう法律で定められているそうです。
ペットを飼いたい場合はブリーダーや知り合いを通じて飼うか、保健所から引き取るか、インターネットや市内のお知らせ等から情報を得て飼う人が多いようです。
ちなみにSimo家のブラッコは、Simoの両親がMarcheに持っている家の近所に捨てられていた犬で、両親がご飯をあげていてたら、いつしか家の中に入ってくるようになり、いつの間にか家族の一員になっていたそう。
猫のミチャは、Simoのお兄さんのガールフレンドがインターネット上で見つけた猫だそうです。

今日は特にShoppinDogで買うものはなかったのですが、せっかく来たのでブラッコに骨の形のガム、ミチャには鈴と紐のついたネズミのぬいぐるみのおもちゃを買いました。
初めブラッコはガムにあまり興味がないようでしたが、しばらくすると夢中で遊び始めて、あっという間に全て食べてしまいました。
ミチャもおもちゃを気に入ったようですが、久しぶりにたくさん遊んで少し疲れた様子。。。

ShoppinDog & Company
Via De Nicola, 12/C
20090 Cesano Boscone - MI
Tel: 02-48620135

ShoppinDog 1
ShoppinDogの店内
ShoppinDog 2
UNITED PETSのペット用品
ShoppinDog 3
2010/03/19 生活 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
今日は学校がお休みだったので、昨日まで学校と家探しで忙しかった分、のんびりと過ごしました。
ランチを食べた後はお昼寝をして、その後夕方Nさんの家へ。
今回はいちご入りの大福もちの作り方を教えてもらい、お土産に家に持って帰りました。
前回Nさんに大福もちを作ってもらった時も、Simo家では大好評であっという間に無くなってしまったのですが、今回も皆美味しいと言ってすぐに食べてしまいました。

今日の写真はNさんの家の近くで見つけた梅の木です。春の訪れを感じました。

Plum tree
2010/03/18 生活 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
昨日はクラスメートMarの誕生日パーティーに招待され、夜の9時過ぎにミラノ北部の町、Bollateにあるスポーツバーへ行きました。
以前のクラスメートのAshや、Marの友人であるインテルで活躍するフットボール選手、Douglas Sisenando Maicon、その他大勢の人が来ていて、賑やかなパーティーでした。

家ではなくバーでのパーティーで、私とSimoもお酒やピザ、おつまみなどを頂いたので、帰り際に主催者のMarの彼Wilにお支払いについて尋ねると、支払いはいらないとのこと。
後でSimoに聞くと、イタリアではパーティーを主催した人が全てかかる費用を支払うものなので、お支払いについて聞く必要もないよと言われました。
考えてみると、確かにせっかく楽しいパーティーの中で、各自が急に改まって金額を計算してお支払いをするのは滑稽だし、Marにとってもなんとなく居心地が悪くなってしまうと思いますが、それにしても皆遠慮もせずたくさんお酒を飲んでいるのに、それを主催者が一人で全てもつのが普通だなんて、すごい文化だなと思いました。

日本では、友人たちとレストランでお誕生日等のお祝いをする場合、会社のパーティーではなく人数が多い場合は特に、誕生日を迎える人以外の友人たちでお支払いの金額を割り、それぞれが負担をするのが一般的で、万が一誰か一人がお支払いをしてくれると分かっている場合もでも、お支払いについて念のため聞くのが礼儀だと思います。
韓国では、逆に誕生日を迎える本人が、自分の誕生日祝いの食事の費用を負担するという話を聞いたことがあります。
その国によりこういったお祝い事の文化が大きく異なるのを、今回改めて実感しました。
2010/03/16 レストラン COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
先週末、アパート見学の合間にPizzeria Griglieria Calafuriaというピザ屋さんへ。
Bande Nere駅近くのPiazzale Sienaという広場の一角にあり、
一見普通のPizzeriaなのですが、中へ入ると働いている人は皆中国人。
例えば、日本にある日本食のレストランで、働いている人が皆イタリア人というようなもの。
とても違和感があります・・。

さて、肝心の味はというと、予想以上に美味しかったです。
量がとても多く、私が注文したカプリチョーザ・ピザは、
お皿からはみ出るほどの大きさで、直径30センチはあったのではないでしょうか。
具も大きなモッツァレラチーズやアーティチョーク、オリーブがたっぷりとのっていて、
しかもイタリアでは、これを数人で分けて食べる訳ではなく、
各自1枚づつ頼んでしっかりと食べ切ってしまうので驚きます。

Simoはカルボナーラのスパゲティを注文したのですが、
こちらはピザと比べると大分控え目な量で、こってりしすぎずとても良い味でした。
午前中ずっと歩き回っていて、とてもお腹が空いていたとはいえ、
このピザはさすがに食べ切れないと思ったのですが、
Simoと時々お皿を交換して食べているうちに、いつの間にか全て食べ終えていました。

値段もこの大きなピザが6ユーロ(約780円)もしないくらいで、とても安かったです。
店内は明るく広々としていて雰囲気が良く、お腹が空いている時にはおススメのレストランです。

Pizzeria Griglieria Calafuria
2010/03/15 国内旅行 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
日曜日は夕方からSimoとドライブに出かけました。

Gaggianoから車で南へ20分ほどの、Bereguardoという町へ。
そこにあるPonte di Barcheという橋を見に行きました。
この橋は、Ticinoというスイス南部から流れる川に架かる橋で、
なんと橋げたは全てボートで出来ています。
天気が良かったせいか、お散歩をしている家族連れを多く見かけました。

Ticino bridge

川の周りを散策した後は、更に南へ20分ほど走った所にあるPaviaという町へ行きました。
Paviaはミラノよりはずっと小さな町ですが、
車がとても多く、駐車スペースを見つけるのに苦労しました。
まずは町の中心にあるお城、Castello di Paviaを訪ね、それから町の繁華街へ。
意外と人が多いのに驚きましたが、
全体的にとても小ぢんまりとして住みやすそうな印象を受けました。

ほんの数時間だけの小旅行でしたが、田舎の自然の空気を吸い、
新しい一週間に向けて気分がリフレッシュされて良かったです。

Ticino - Pavia
BereguardoとPaviaの間にある森(Bosco)

Pavia castle 1
Castello di Pavia

Pavia castle 2
Castello di Paviaの正面

Pavia church
残念ながら改修工事中だった、Paviaの町の教会
2010/03/14 レストラン COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
昨晩はSimoとSimoの友人4人、そしてNさんと一緒にPagano駅の近くにあるHana Sushiという日本食レストランへ行ってきました。

モダンな内装のお洒落な店内で、お店の中央にあるカウンターでは、Nさんの旦那さんがお寿司やお刺身、前菜などを作ってくれます。
メニューが豊富で今回人数も多かったため、なかなか注文する品が決められず、結局はNさんの旦那さんにおまかせで色々と作ってもらいました。
お刺身やお寿司の盛り合わせ、熱いごま油をかけたサーモンとまぐろのタルタル、スパイシー・ツナやドラゴンロール等の裏巻きのお寿司など、全て本当に美味しく、Simoの友人たちもとても満足していました。
また、今までにミラノで行った日本食レストランとは違い、お米がとても美味しく、食感や味まで日本のお米とまるで同じだったので感動しました。

イタリアでは夕食の時間が日本と比べて遅く、その日もレストランでの待ち合わせが9時半と遅かったせいもありますが、皆でデザートまで食べ終え時計を見ると真夜中の12時過ぎ・・。
私とNさん以外日本人のお客さんは見かけませんでしたが、日本人でも心から満足の出来る質の高い味だと思うので、ぜひ色々な人に足を運んでもらいたいと思います。

Hana Sushi Restaurant
Corso Vercelli, 37 (angolo Paolo Giovio)
20144 Milano Italy
Tel: +39 02 48197213
Email: info@hanasushirestaurant.it

hana sushi
サーモンとまぐろのタルタル
2010/03/12 食べ物 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
昨日、今日とまた少し暖かくなり、先日の雪が嘘のようです。

今日は学校の後、Nさんの家へ遊びに行きました。
同じアパートに住むNさんの友人、Kさんを紹介してもらい、Kさんの家で飼っているまだ3ヶ月の子猫と遊び、その後Nさんの家で、お鍋を使ったご飯の炊き方を改めて教えてもらいながら、いなり寿司を作りました。
一週間ぶりの日本食でしたが、とても美味しかったです。

日本に居た時は、もともと洋食が好きなので、毎日洋食か韓国料理、そして中華料理などを食べることが多かったのですが、イタリアに来てから白いご飯や醤油味が恋しくなることが度々あり、自分はやはり日本人なのだとつくづく感じます。

これからも料理上手なNさんと色々な料理を作りたいと思います。
2010/03/12 住居 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
昨日は朝9時から2軒アパート見学の予定が入っていたため朝8時には家を出て、夜帰宅した時間も遅かったので疲れてすぐに寝てしまいました。

見学したうちの1軒のアパートは、7階建ての6階にある角部屋で、丁度ベランダや窓がある方角にあまり高い建物がないので、アパートから見える景色が素晴らしいのが大きなポイントでした。
大きさは80平方メートルと聞いていたのですが、見たところ65かせいぜい70平方メートルくらいで、あとアパートの隣に50番のバスが走っているのですが、メトロの駅がないというのがSimoは少し気になっているようでした。
どちらにしろ、このアパートは今年の12月頃に現在の住人が新しい家に引っ越すまでは入居が出来ないので、購入も急ぐ必要はないため、とりあえず私たちの物件のリストに載せておきました。

残念だったのは、今回アパートの内部を案内してくれたのは、偶然にも前回月曜日に私たちがとても気に入ったアパートを見学した時と同じ担当者だったのですが、その月曜日に見たアパートはなんと既に売れてしまったとのこと。
他にもSimoがインターネット上で見た、少し私たちの予算を超えている豪華な家や、先月見学したばかりのアパートも含め、売却されてしまっている物件が既に幾つかあり、私たちの見てきた物件がたまたま売れていってしまっているのかもしれませんが、それにしても家の売買の回転がとても早いように感じました。
でもだからといって、焦りから少しでも気に入らない点のあるアパートを急いで購入するようなことはしたくはないので、明日にでも買いたいと言えるような100パーセント理想的なアパートを見つけようと、そして必ず見つかるはずと昨日はSimoとお互いに励まし合いました。

私はこの様に家の購入に深く関わるのは初めてですが、他の人は、明るさ、広さ、環境、間取り、値段等全ての面において完璧なマイホームが見つかるまで探し、そして見つけることが出来ているのでしょうか。
それとも、最終的にはある程度条件に妥協をしているのでしょうか。
2010/03/10 Gaggianoでの出来事 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
ミラノでは昨日から雪が降り続き、今朝は外を見ると一面雪景色。
今日も引き続き雨のような雪が降ったり止んだりと、とても寒い一日となりました。
あと10日ほどで春がくるという話でしたが、この様子では春の到来はもう少し遅くなりそうです。

Neve 100310
2010/03/10 住居 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
今度のアパートの購入にあたって、先日Simoとミラノ市内で気になるエリアを散策していた時に見つけたアパートを、今朝見学してきました。
Bande Nere駅から徒歩3分ほどの所にあるアパートなのですが、そのアパートのある小さな通りだけ、ただのコンクリートではなく白く綺麗な石畳が続いていて、外見はSimoと私にとってまさに理想のアパートでした。
アパートの中はとても古く壁紙が剥がれている箇所もあり、改築する必要がありますが、イタリアでは古いアパートを購入して改築することは特に珍しいことではなく、値段もアパート内部全ての部屋の改築にかかると予想される費用(平均でかかる費用は80平方メートルあたり約400万円だそう)を含めても、私たちの予算内に十分におさまる値段でした。
今までアパートを探していたミラノの中心部よりもBande Nereは少し離れたところにあるので(とは言っても、Duomoからはメトロでわずか9つ目なので、通勤・通学には十分に便利な場所ですが)、比較的広めでも値段がそこまで高くはない物件が結構あるようです。
更にこの地域はメトロの駅からほんの少し歩けば閑静な住宅街で、ミラノ日本人学校も近くにあり、環境もとても良いように見えました。

今日は久しぶりに雪が降りとても寒い日でしたが、アパート探しでは収穫があり充実した一日でした。
今のところは今回のこのアパートが一番の候補となりましたが、もう少しこの地域の他の物件も調べてみようと思います。

Milano Japanese school 1
ミラノ日本人学校
Milano Japanese school 2
先週でBeginningとA1のクラスが終わり、今日から新しいクラスA2が始まりました。

担当の先生が旅行に行っていたため、先週の試験の結果はまだ返却されていませんが、無事に進級は出来たようです。
以前の先生の話では私のクラスに新しい生徒はいないということでしたが、今日学校に行ってみると、6人もクラスメートが増えていました。
ロシア人が2人、アメリカ人、韓国人、中国人、タイ人がそれぞれ1人ずつで、そのうち2人はこのクラスが難しいからという理由でなんと今回で4回も同じクラスを受け続けているのだそう。

やはり前回と同じく、婚約者又は結婚相手の仕事の都合でミラノに来ているという生徒が大半で、あとは韓国人の女の子がファッションとイタリア語の勉強、中国人の男の子は家族とミラノに住んでいるからという理由で語学学校に通っているそう。

先週までのクラスの進行スピードを考えて、今日からはどれだけ難しくなるのだろうと少し緊張していましたが、今日はこの学校のクラス自体が初めての生徒が多かったので、文法の基礎や基本的な挨拶などの復習で終わりました。
新しいクラスメートばかりで生徒数も増え、雰囲気も変わりましたが、今月も精一杯頑張ろうと思います。
2010/03/07 食べ物 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
平日の昼間は学校があるのでランチは外で食べているのですが、平日の夜と週末はSimoの両親がいつも腕をふるってご飯を作ってくれます。
早いもので、Simoの実家にお世話になり始めてから1ヶ月と1週間が経ちますが、ほとんど同じ料理が出たことがないので、イタリア料理と一言で言っても、実は様々な種類の料理があるのだなと驚きます。
写真はイタリア料理の定番、Simo家でも私が好きなため出てくる頻度の高いパスタです。
日本では普段の生活の中であまり食べる機会のない材料の入ったパスタも結構多いのですが、どれもとても美味しく、日本人の口にも合うのではないかなと思います。

Pasta 1
アーティチョーク(carciofo)のファルファッレ(Farfalle)

Pasta 2
フィノッキオ(finocchio)のトルティリオーニ(Torteglioni)

Pasta 3
パプリカ(peperoni)とオリーブ(olive)、パセリ(prezzemolo)のメッツェマニケ(Mezzemaniche)

Pasta 4
ズッキーニ(zucchini)のタリアテッレ(Tagliatelle)

Pasta 5
生クリーム(panna)ソースのラビオリ(Ravioli)
2010/03/07 レシピ COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
今日はお昼にStracciatellaというイタリア料理をお母さんが作ってくれました。
コンソメスープにパルメザンチーズ、レモンの皮、パン粉、卵、塩を良く混ぜたものを入れた料理なのですが、とてもあっさりとしていて美味しかったです。

Stracciatella 1
今回使った材料です。これを全てボールに入れて混ぜ合わせます。

Stracciatella 2
コンソメスープが沸騰したら、ボールの中の混ぜた具をスープに入れて1、2分混ぜて・・

Stracciatella 3
出来上がりです。チーズなどはかけず、お皿に取り分けてこのまま頂きます。
昨日は期末試験があり、初めの1ヶ月のクラスがようやく終了しました。

思っていたよりも本格的な試験で、リスニング、スピーキング、筆記の3項目に分かれ、途中少しの休憩があったものの、合計で3時間15分もある長い試験でした。
この試験で100点満点中60点以下は落第となり、修了証書がもらえないと聞き、試験の前に泣きそうになっていたクラスメートのAsh・・。

Ashは1ヶ月だけこの語学学校に登録していたので、もう今後こうして学校で会うことはないと思うと寂しいです。
来週からは新しい生徒が入らない限り、クラスの生徒はMarと私の二人だけになります。

この1ヶ月、とても早いスピードで1冊教科書を終えてしまい、文法がどんどん難しく複雑になってきているので、来週から新しい教科書になり更に勉強で忙しくなりそうですが、頑張っていこうと思います。
先日AbbiategrassoにあるLa Muragliaという中華料理店へ行ってきました。
AbbiategrassoはGaggianoから更に車で10分ほど西に行ったところにある小さな町で、ミラノから西に向かう電車やバスの終点の1つでもあります。

中国語で“長城飯店(The Great Wall Hotel)”という名前のレストランなのですが、100種類以上に及ぶ中華のメニューの他、以前行った中華料理店と同じくピザのメニューも20種類ほどありました。
メニューは全てイタリア語、中国語そして英語の3ヶ国語で書いてあり、値段は1、2ユーロの前菜やスープから5、6ユーロの海鮮料理やそのお店のお薦め料理まで、平均すると3、4ユーロくらいでとても安いです。

私たちは前菜の春巻きから始め、酢豚、海老と豆腐の炒め物、そして焼きビーフンを頂きました。
酢豚が骨付きのスペアリブで少し固く食べにくかったのですが、他の料理はどれもとても美味しかったと思います。

La Muraglia
Via Don G. Croci, 8 – angolo Via Tenca (zona Castelloello)
20081 Abbiategrasso
Tel: 02 94608052
2010/03/05 レストラン COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
今日はSimoとの記念日!
ということで、ディナーにDuomoから徒歩5分ほどの所にある日本食レストランへ行きました。
Namiという名前のそのレストランは、黒いスタイリッシュな看板、
通りから窓越しに見える竹のデザインが目立っていました。
広い店内は、ほぼ満席で予約もいっぱいとのことで、1時間しか居られませんでしたが、
先日行った食事亭とは違い、日本人(アジア人)のお客さんは私だけでした。

お寿司屋さんなので、Ura California Roll (海苔が内側、ご飯が外側の”裏”巻き寿司)、S
picy Tuna Roll(少し辛めのとろの巻き寿司)、ちらし寿司などを頼みました。
魚はどれも新鮮で美味しく、イタリア人の店員さんが注文をとる時に日本語で話しかけてくれたり、
サービスも良く、とても居心地の良いレストランでした。

nami SUSHI RESTAURANT
Corso di Porta Ticinese 6
20123 Milano
Tel: 02 89401415

021_convert_nami sushi 1
店の外観
020_convert_nami sushi 2
少し暗いのですが、店内の写真
2010/03/04 食べ物 COMMENT(2)  TB(0)  EDIT  TOP
005_convert_Simo birthday cake 2010

今日はSimoの誕生日(Compleanno)だったので、生クリームといちごで日本の誕生日ケーキ風にデコレーションをしたケーキを作りました。
日本では誕生日のケーキはほとんど外で買ってしまっていたので、自分で作るのは数年ぶりでしたが、なんとか綺麗に仕上げました。

Simoはというと、朝8時頃からおばあちゃんやお兄さんなど親戚からの電話が続き、更に職場でもお祝いをしてもらい、とても良い一日を過ごしたようです。
同僚の一人からは、なんと素敵な黒い皮のお財布をもらったそう。
ちなみにイタリアでは、お財布をプレゼントする時には中にお金を入れて渡すのが普通だそうです。
なんでも、“お財布はお金が入っているべきものだから”だそうで、確かに言われてみればそうですが、今までそんな風に考えたことはなかったので、とても新鮮なアイデアに感じました。
実際、Simoがもらったお財布にも、メッシュのポケットに小銭が入っていました。

また、イタリアでは誕生日を迎える本人が学校や職場にお菓子を持っていくことになっているそうです。
Simoに先日、誕生日に職場に持っていくお餅のケーキ(大福もち)を作ってほしいと言われ、イタリアの文化を知らなかった私は、始めSimoが冗談で言っているのだと思っていました。
その後先週の日曜日は私の学校の先生の誕生日だったのですが、その次の日に先生が、“お母さんに買ってもらった”というクッキーの詰め合わせを学校に持ってきてくれました。
その時に初めて、イタリアではそういう文化なのだということを知り、大福もちは作れなかったのですが、私も昨晩Simoのお母さんと簡単なイタリアの揚げドーナツのようなお菓子を作り、Simoは今日それを職場に持って行きました。

今回は誕生日を通して文化の違いも学び、とても勉強になりました。
2010/03/03 食べ物 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
先日のランチですが、Polenta al Formaggiというイタリア料理を食べました。
とうもろこしの粉が原材料で、ゴルゴンゾーラなど数種類のチーズを一緒に混ぜてオーブンで焼いた料理です。
Simoの両親と一緒にスーパーへ行った時に、お惣菜のコーナーで見つけ何だろうと思い見ていたら、なんと次の日のランチに出してくれました。
元々はイタリアの北部、Valle d'Aosta地方、Trentino Alto Adige地方、ミラノがあるLombardia地方(特にBergamo市) など、山岳地帯で良く食べる料理(Piatto di montagna)だそうです。
現在はイタリアの各地で、お肉等別の材料を入れて作ることもあるそう。
ボリュームたっぷりで、チーズが好きな私にはたまらない料理です。

190_convert_polenta al formaggi
2010/03/02 食べ物 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
今日のランチはあまり時間がなかったので、学校の近くのAutogrillというファストフードでSpinachottaというサンドイッチを食べました。
その名の通り、ほうれん草とチーズの入ったフォッカチャのサンドイッチなのですが、他のBar(コーヒーショップ)でも見かけたことがあるので、ミラノではよくある食べ物のようです。
注文後オーブンで温めてくれたので、フォッカチャの胡麻が香ばしく、出来立てのようにとても美味しく頂きました。

他にもモツァレラチーズとプロシュート、ルッコラのサンドイッチやチョコレートのマフィンなど、色々な種類のパンがあるので、今度他のものも試してみようと思います。

013_convert_spinachiotta.jpg
2010/03/02 ミラノのこと COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
今日は昼食後、クラスのためCadorna駅から学校へ向かい歩いていて、ふと横を見ると「Bonsai」という文字が。
ガラス越しに中を覗くと、なんと日本の盆栽や関連用品を扱うお店のようでした。
その時は時間がなかったので、放課後早速行ってみることにしました。

CRESPI BONSAIというそのお店の中は、まるで日本庭園のように床に石をお洒落に敷きつめていて、1階と2階に数々の盆栽や盆栽に関する本、盆栽用の平たく四角い鉢、はさみ等その他盆栽用品、スタイリッシュな和風雑貨、緑茶など、様々な物が置いてありました。
更に、お店の中央奥のテーブルには、ミラノにある日本食レストランのリストや地図の他、Università del Bonsaiという盆栽大学のパンフレットがありました。
盆栽大学という大学がミラノにあることにまずとても驚いたのですが、「盆栽」はミラノではとても有名なようです。
そういえば、カナダ人のクラスメートも、盆栽はカナダでも有名で、そのクラスメートの家にも一つあると言っていました。
盆栽大学のパンフレットを見ると、レベル別に4つのセッションで構成されるクラスに分かれ、それぞれのセッションごとに理論 (Teoria)・練習 (Pratica)・プロジェクト (Progetto)を通して盆栽について学ぶようです。
大学の場所は一応ミラノとありますが、ミラノの近くのParabiagoという町にあるそうです。

日本では盆栽について考えることはありませんでしたが、今回日本を離れ外国に住み始めて、こうした日本の文化について聞かれたり、考えたりする機会がまた増えたような気がします。
今日数々の盆栽を見て、日本人を象徴しているとも言える、「静けさの美」を深く感じました。
Simoと新居に引越したら、盆栽を1つ購入して家に飾りたいと思います。

CRESPI BONSAI
Via Boccaccio, 4
20123 Milano
Tel. 02 48193301

SS 33 del Sempione 35
20015 Parabiago MI
Tel. 0331 491850

015_convert_bonsai 1
014_convert_bonsai 2
2010/03/01 レストラン COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
先日Simoと二人でCorsicoという町にある中華料理店へ行きました。

イタリアで中華料理を食べるのは初めてだったですが、不思議なことのこのレストランを含めミラノ市内で見かける他の中華料理店もPizzeria(ピザ屋)と書き加えているところをよく見かけます。
Simoや学校の先生は、中国人は貪欲なところがあるから、中華だけでなくイタリアンも提供すれば、より多くお客さんが入ると思ったのではという意見でしたが・・。
実際、わざわざ中華料理店に来ているのに、ピザだけ食べているカップルやグループも少なくありませんでした。
日曜日だったので、他のレストランが閉まっていたということも理由のひとつかもしれません。

私たちは中華料理店らしく、150種類くらいあるメニューの中から、海老餃子と麻婆豆腐、鶏肉とカシューナッツの炒め物、そして炒飯を注文しました。
海老餃子と鶏肉の炒め物はとても美味しかったのですが、麻婆豆腐は中国や日本で食べるものと大分違うものが出てきました。
値段は日本食やイタリアンに比べるとずっと安く、前菜は全て1、2ユーロ(130円から260円くらい)でした。
ここは働いている人は皆中国人(もしくはチャイニーズイタリアン)でしたが、内装はイタリアンレストラン風だった上、Corsicoはミラノから車で10分くらいの所にあり中華街からもとても離れているので、あまり本当の中華の味ではなかったのかもしれません。
今度はミラノの中華街にある中華料理店に行ってみたいと思います。

009_convert_chinese.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。