バーレーンに引っ越しました♪
2014年11月26日、無事バーレーンに到着しました♪
その後の日常は、jijiのバーレーン日記で更新しております。
20130216CIMG2385.jpg

--/--/-- スポンサー広告   EDIT  TOP
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/10/30 生活 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
今週は友人との予定がいくつか入り、忙しくしていました。

火曜日は前から約束していたNさんと、とんかつを作りました。
とんかつは大好きなのですが、イタリアに来てからはレストランで食べることが多く、家で作ったのは初めて。
お母さんが日本から持って来てくれた素を使って、五目炊き込みご飯も作り、全て和食の素敵なディナーとなりました。
どれも本当に美味しくて、Nさんと2人とても楽しい時間を過ごしました。

木曜日は以前のクラスメートのEunが遊びに来ました。
前回は参鶏湯を作ってもらったので、今回は私が韓国の冷麺と餃子、枝豆などを用意し、一緒に夕ご飯を食べました。
Eunは現在私の住むPorta Venezia駅の近くにあるデザインの学校に通い、週4日朝8時半から夕方5時半までみっちりクラスをとっているそう。
クラスではほとんどの作業が立って行われるそうなので、その日は週の後半で疲れているのではと思ったのですが、本人は至って元気。
私の語学学校は毎日あるとはいえ午前中のみなので、生活が落ち着いてきた今、Eunを見習って私も何か一生懸命打ち込めることを探してみようという、良い刺激をもらいました。
インテリアのデザインや料理など、興味のあることはたくさんあるので、近々週1日か2日くらい通える学校を探してみようと思います。

金曜日はアメリカに居た時の友人であるAさんが日帰りでミラノに来てくれました。
Aさんと会うのは実に9年ぶり(!)だったのですが、不思議なことにそんなに長い間会っていなかったという気がせず、私の結婚のことや、今年生まれたAさんの3つ子の赤ちゃんのことなど色々な話をしました。
Aさんは先週から1週間、学会でフィレンツェに来ていたのですが、木曜日に急にミラノに来れることが決まり、忙しい中往復3時間半もかけて来てくれて、とても嬉しかったです。
Aさんは日本は大阪なので、そんなに会える機会はないのですが、今回のことをきっかけに次は大阪か東京かまたミラノで会うことが出来ればなと思います。
スポンサーサイト

2010/10/25 生活 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
土曜日はSimoとDuomoの近くにあるfnacという電化製品屋さんへ行きました。
インターネット用のルーターや前から欲しかったUSBスティック、そして日本にいた頃一時期家族で夢中になって観ていたアメリカのドラマ、Gray's AnatomyのDVDを購入。
電話機本体はうっかり買い忘れてしまったので、後で近所にあるEuronicsという別の電化製品屋さんで買いました。

fnacは電化製品の他に本なども少し置いています。
早速メンバーズカードを作ったので、今後も色々とお世話になりそうです。

日曜日はお昼前にSimoの両親が迎えに来てくれて、一緒にGaggianoへ。
Simoのお兄さんLucも来て、家でランチとディナーをしました。
私とSimo以上に私たちの新居の家具やデザインに関して張り切っているLucですが、今は竹を使った玄関のデコレーションを考え、Simoのお父さんと一緒に作ってくれているそうです。
どんな物ができるのか、まだ想像がつきませんが・・。

Simoのお母さんはというと、私たちの新居のキッチン用品で足りないと思った物をまた色々と買っておいてくれました。
キッチンの色に合う水色の鍋つかみセット、たくさんのキッチン用のタオル、カラフルなティーカップとソーサーのセット、そして少し早いのですがクリスマス用のテーブルクロスなど。
買ってからずっと未使用だったというコップと水差しのセットを以前もらったばかりですが、素敵なデザインのコップと水差しのセットを先週買ったようで、それもプレゼントしてくれました。
あとは近いうちに買おうと思っていた圧力鍋も、Simo家のキッチンに3つもあったので、1つもらってきました。
実は冬用の厚いベッドカバーも新居で使えるよう洗って用意してくれていたのですが、サイズが少し小さめだった上、もうそろそろ貰い物ばかりで収納がなくなりそうなので、それはGaggianoに置いてきてしまいました。

日曜日の午後には近くのホームセンターで掃除機もようやく購入。
前から目をつけていたブランドではなく、きちんと機能するか不安でしたが、今日組み立てて使ってみたところ、吸引力が強くなかなか良いです。

あとは必要なものはパソコンとアイロン台。早く良い物に巡り会えるといいのですが・・。
2010/10/22 住居 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
先日家の電話とインターネットの回線の工事に業者さんがやって来ました。

というのも、近いうちにノートかデスクトップのパソコンを買うことになり、Simoがインターネットで色々なインターネットのプロバイダーのホームページを見て、それぞれの会社のサービスや料金を比較したところ、Infostradaという会社が良さそうだったので、そこに決めました。
2人とも携帯電話を持っているし、こちらは携帯電話の使用料も安いので、始めは家の固定電話については考えていなかったのですが、インターネットと家の電話をセットにしているところが多くあり、料金もインターネットのみの料金とほとんど変わらなかったので、ついでに頼むことにしました。

という訳で、Infostradaのホームページで申し込みをしてからわずか1週間後、工事の人がやってきて、家の中や外で色々な作業をして、ほんの15分ほどで設定は終わりました。

あとはルーターと電話機本体、パソコンを買い、設定をするのみです。
2010/10/21 その他手続き COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
今日は日本領事館で、先週お願いした新しいパスポートを受け取ってきました。
今回は初めて10年用の赤いパスポート。
中央にICチップが内蔵されているため、以前のパスポートよりもだいぶ厚くなりました。

今まで使っていた5年用のパスポートと見比べると、デザインも少し変わったようです。
以前は大きな桜の花が1つ、それぞれのページの中央に配置されたデザインだったのが、今日もらった新しいパスポートではページの中央から下にかけて、小さな桜が幾つか描かれています。
更に最後のページの中央に桜の花とJAPANという文字がうっすら入っているのも、今回新しく加えられたようです。
ちなみにSimoが持っているイタリアのパスポートは、ページごとに違う建造物の絵が入っています。
あと、子供が生まれた場合に子供の写真と名前や誕生日などの情報を入れるページもあります。

他の色々な国のパスポートを見てみたら、その国の文化を垣間見ることが出来て面白そうですね。
今日はお散歩がてら、最近見つけてお気に入りのJuice Barというジュース屋さんに行ってきました。

アメリカにいた頃にJamba Juiceに行ったことがキッカケでスムージーにはまり、日本でもSimoと一緒に住み始めてからはジューサーを買い、朝ご飯にスムージーを作ることもありました。

イタリアに来てからはすっかりスムージーからは遠ざかっていたのですが、最近たまたまRinascenteデパートの7階にあるこのお店を見つけてからは、寒い季節ながらもまた小さなマイブームとなりました。

私のお気に入りはアサイー (Acai) 入りのものと、Mango Bongoというマンゴーとバナナ入りのスムージー。

Jamba Juiceに比べると種類はずっと少ないのですが、どれもとても美味しいです。

他にもコーヒーや普通のジュースの他、サンドイッチやヨーグルトなどの軽食もあります。

スムージーは家でも簡単に作れるものが多いので、今度Nさんに結婚祝いに頂いたジューサーを使って、作ってみたいと思っています。
2010/10/18 食べ物 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
今日はNさんとHさんを新居に招いてお好み焼きを一緒に作りました。

Hさんの提案で、Nさんが日本から買ってきたやまと芋をすりおろし、キャベツも大きめの四角いサイズに切って、冷ましておいただし汁や小麦粉、塩などを加えて作りました。

今回使った具は海老とイカ。ふわっと焼けてとても美味しかったです。

お好み焼きの前には、スライスしたアボガドのわさび醤油、枝豆、そして白ワインを開けてAperitivoもしました。

たくさん話をして、本当に楽しいひとときを過ごしました。

また近々家でこうして集まりたいと思います。

P1060544_convert_20110422022305.jpg
別の日に作ったお好み焼き
2010/10/17 Gaggianoでの出来事 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
昨日から急に気温が下がり、今日は1日雨ということもあって、まるで冬のような寒さです。

この週末はまたGaggianoに来ています。
昨日はお昼過ぎにSimoの両親が新居に来て、一緒にお昼を食べました。
午前中はSimoと少し出かけていたため、簡単にバジルソースのパスタとミラノ風カツレツのランチを用意しました。
カーテンを吊るすためのパーツやアイロン用のプラグ(こちらでは電化製品を買うときには、ドイツ製の製品などはコンセントのプラグが異なるため、イタリア用プラグを別に買わなくてはならないことも多い・・)など、先週末にSimoの両親が来たときに気付いた新居に必要な物をCorsicoにあるCastoramaというホームセンターで買ってきてくれたので、それを含めて少し家の片付けをしました。
その後は、Simoの叔母さんClaが先日結婚祝いに注文してくれたお鍋のセットを取りに、近くに住む叔父さんPaoの家へ。
27個ものセットと聞いて、どれだけ場所を取るのだろうと少し不安に思っていたのですが、取りに行ってみると、想像していたよりも小さめのダンボール4箱に収まっていました。
よく使い方の分からない物も幾つかありましたが、それは今後ゆっくり説明書を見ながら使ってみるつもりです。
どういうわけかセットに含まれているはずの物が8個入っていなかったので、今後また増える可能性もありますが・・。

今日は朝からLucが家に来て、Simoのお父さんと4人でIKEAへ。
以前購入したキャビネットのドアや棚、鏡やキャンドルなどの小物をたくさん買いました。
今回は全てLucの車1台になんとか収まるほどの買い物だったので、それほど大変ではありませんでした。
IKEAに行っていたおかげでランチは遅めに2時半頃、家に残っていたSimoのお母さんが作ってくれたミートソースのペンネ、ナスとお肉のパルメザンチーズとトマトソース煮込み、カリフラワー(cavolo fiori)のフリットを食べました。
お腹が空いていたこともあり、どれもとても美味しくて、おかわりをしてしまいました。

これからIKEAで購入した物を全て持って、Lucにミラノまで送ってもらうところです。
2010/10/15 市役所(civile) COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
今日は午後、来年有効期限が切れるパスポートの切り替えをするついでに、婚姻届の提出もしてきました。
婚姻後3ヶ月以内であれば、日本に帰国する時に提出をすることも勿論出来るそうなのですが、せっかく日本に帰国する時には出来るだけそういう事に時間を使いたくないため、こちらで手続きをしてしまうことにしました。

先月日本の祖母が送ってくれた戸籍謄本、そして先週Simoの両親にGaggianoの市役所で取得してもらった結婚証明書 (Certificato di matrimonio)とSimoの国籍証明書 (Certificato di cittadinanza)をそれぞれ2通づつ持って、日本領事館へ。
領事館が用意してくれた雛形を使い結婚証明書と国籍証明書の訳文を完成させなくてはならない上、婚姻届は手書きで2枚記入をしたので、パスポートの申請書も含めて1時間近くもかかってしまいました。
婚姻届は基本的な個人情報の他、Simoの両親の名前 (カタカナ)、私とSimoの同棲期間、同棲前の2人の職業まで記入する箇所がありました。
最後に婚姻届の下に私の署名と、印鑑の代わりに右手親指を朱肉につけ拇印を押して終了。

今日提出した内容が日本の戸籍謄本に反映されるまでには2ヶ月ほどかかるそうですが、次に帰国する時には私が世帯主の新しい謄本が出来ているはずなので、1通取りに行ってみようと思います。

2010/10/14 住居 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
今日は午後新居にテレビが届きました。

Simoの勤務する事務所が、結婚祝いに好きな物をプレゼントしてくれると先週聞き、リビングルームのコーヒーテーブルなどもいいかなと思ったのですが、結局ブランドなどを指定しやすいテレビをお願いすることにして、早速月曜日に注文してもらったものです。

テレビを置くことに決めていた窓の右側のコーナーの幅が90cmだったので、横幅が80cmある32インチのSonyのBraviaに決めました。

ケーブルが付属されていなかったので、San Babila駅構内にあるDARTYという電化製品屋さんで、5ユーロで壁の色に合う白いケーブルを買いました。

今日はSimoは珍しく風邪をひき仕事を休んで家に居たので、早速テレビを見て、気が紛れて良かったようです。

私はあまりテレビを見る方ではないのですが、せっかく新しいテレビがきたので、イタリア語のリスニングの勉強にでも使おうと思います。
2010/10/14 ミラノのこと COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
昨日はNさんと一緒に、ブレラ美術館の近くのギャラリーで開催されているニットの展示会に行ってきました。

Madam Keikoさんという日本人の方によるニットのセーターやバッグ、ベルトなどの小物が展示されていて、昨日の夕方に限りKeikoさんの100点以上にも及ぶ作品の中からKeikoさん自身が選んだ作品10数点を使ったファッションショーも行われました。

柄や雰囲気に日本のエッセンスを盛り込んだニットはどれも他では見ないクリエイティブなデザインで、素晴らしかったです。

Keikoさんの人柄も良く、将来再度ミラノで展示会がある時には、ぜひまた足を運びたいと思いました。

Nさん、今回は誘ってくれてどうもありがとうございました。

展示会は今月19日まで開催しているそうなので、興味のある方はぜひ行ってみてください。

Original Handknit Collection
Vicolo Ciovasso, 1
20121 Milano
Orario: 14:00 - 19:00 (Lunedi e festive chiuso)
2010/10/13 レシピ COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
火曜日は以前のクラスメートEunが家に遊びに来ることになっていたのですが、前日の家具の組み立てのお陰で学校の宿題どころか家の片付けをする時間もなく、更にとても疲れていたので、午前中は学校をお休みしてしまいました。
少し家を片付けてから午後予定通りEunが家に来て、一緒に韓国料理の参鶏湯を作りました。

参鶏湯は作るのが難しそうなイメージがあり、常にレストランで食べるものだと思っていたのですが、Eunのお母さんは家でよく作ってくれるそうで、しかも材料さえ揃えば作り方は驚くほど簡単。
今回はEunが買ってきてくれた、乾燥させた高麗人参など参鶏湯用の材料が入ったパック(3.9ユーロ)を使いました。
ミラノではマンナという韓国食品のスーパーで買えるようです。

材料と作り方は下記の通りです。

鶏肉 まるごと一羽 (Esselungaなどのスーパーで5ユーロほどで売っている)
参鶏湯用の材料の入ったパック(以下「パック」) 1袋
もち米 1/2カップ
にんにく 6~8片
塩 適量

1. もち米を水に20分ほどつけておく。にんにくは切らずに皮だけむく。パックとにんにくをざるに入れて水で洗い、高麗人参で長いものは5㎝から10cmくらいの長さに手で割る。
2. 鶏肉を水で軽く洗ってから、高麗人参の半分の量を鶏肉の中に詰める。続いて水を軽く切ったもち米、赤い実(パックに入っている)、そしてにんにくの順に詰めていく。
3. 鶏肉の中に詰めた材料がこぼれないよう、鶏肉の皮と骨を使って閉じる。
4. 閉じた鶏肉を大きめのお鍋の中に入れ、丁度鶏肉全体がかぶるくらいのお水、そしてパックの残りを全て加える。
5. お鍋にフタをして強火にかけ、沸騰したら中火にして、お水の量が半分から1/3程度になるまで、1時間半から2時間ほど煮る。
6. 出来上がったら、鶏肉の骨やパックの中身を取り除き、お皿に取り分けて塩をつけて(又はまぶして)頂く。
2010/10/13 住居 COMMENT(1)  TB(0)  EDIT  TOP
月曜日は午後学校から帰宅してすぐに、Simoの両親が私とSimoの荷物を持って車で来てくれました。
新居に引っ越してから、既に結構な量の荷物をGaggianoから運んだのですが、まだ本や洋服、頂いた食器などが少し残っていたためです。
それから、IKEAの家具が午後5時過ぎに届くまで、Simoのお父さんが中心になって、ベッドルームとキッチンの窓にカーテンをつけたり、持ってきた荷物を整理したりしました。

その後Simoの両親は家に置いてきた犬が心配だからと夜7時過ぎには帰ったのですが、バトンタッチするような形で夜9時過ぎにSimoのお兄さんLucが家具の組み立てに来てくれました。
Lucはこういった大工仕事が得意で、お陰でSimoと私の2人だったら到底終わらなさそうな家具の組み立ても順調に進みました。
Simoも仕事から帰宅後すぐに加わり、途中で皆で簡単にラビオリとミラノ風カツレツの夕食を取り、全ての作業が終わったのはなんと朝の2時過ぎ。
組み立てが複雑な家具はなかったのですが、組み立てるパーツが多かったため、思ったよりも時間がかかりました。
家に泊まっていくようLucに言ったのですが、驚いたことにLucは全く疲れている様子もなく、明日の朝早いからと言って、携帯電話でメールをして鼻歌を歌いながら出ていきました・・。
Simoは家具の出来栄えにとても満足して、興奮冷めやらぬ様子で、朝の3時過ぎにはようやく就寝。

Lucの家まではここから車で1時間はかかるのに、仕事の後こんなに遅くまで手伝いに来てくれて、家族というものの絆の強さを感じました。
特に、SimoとLucは仲が悪い訳ではないものの、あまりに性格が違うからか普段からあまりお互いに干渉することがなく、仲良く話しているところをほとんど見たことがなかったので、その夜は細かな部分の組み立てなどについて2人が相談したり話し合っているのを見て、とても微笑ましい気持ちになりました。

月曜日から、2ヶ月ぶりに語学学校に通っています。

7月に途中まで終えたB2のクラスを引き続き取るか、C1のクラスに進級するかを考えたのですが、学校とも話して、C1のクラスを取ってみることに決めました。

クラスメートはオーストラリア人、トルコ人、ウクライナ人、エクアドル人がそれぞれ1人、中国人2人、日本人3人と、珍しく日本人が一番多いです。

周りは既に2年ほどイタリアに住んでいるという人も何人かいるため、クラスのレベルはとても高いですが、長い間お休みをした分、今月は頑張って勉強をしようと思います。


2010/10/10 住居 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
この週末は、1週間ぶりにGaggianoのSimoの両親の家に来ています。

今日は朝からSimoのお兄さんLucとガールフレンドFraが合流して、IKEAへ家具を買いに行ってきました。
先週末にLucが新居に遊びに来てから、まるで自分の家のように張り切って今後買い足す家具や配置まで考えてくれていたようです。
買う物の詳細なリストまで既に作って印刷してきてくれたので、それに沿って全て購入してしまうことにしました。
今日は窓際の壁一面に置くテレビ台、ソファの後ろの低めの本棚、クッションなどを購入。
週末でとても混んでいたこともあり、購入して配達の手配を済ませた頃には午後2時を過ぎていました・・。
Simoのお母さんがラザニアとミラノ風ミニカツを用意して待っていてくれたので、急いで家へ戻り皆で昼食をとりました。
その後は1時間ほどお昼寝。
まるで結婚前にGaggianoに住んでいた頃に戻ったような1日でした。

明日の午後には家具が全て届くので、楽しみです。
2010/10/08 市役所(civile) COMMENT(4)  TB(0)  EDIT  TOP
Simoと結婚してから、ここ数日名字を変えるかどうかについてずっと考えていました。
インターネットを使って、同じくイタリア人と国際結婚をした方々の夫婦別姓に関するディスカッションを読んだり、自分なりに名字を変えた場合に生じるメリット・デメリットについても考えてみました。
昨日はミラノの日本領事館にも行き、名字を変える場合の手続きについても聞いてみました。

結論から言うと、イタリアにいて名字を変えることは今までに手続きを終えている書類上の名前の変更を今後していく際に大変な時間と労力がかかりそうだということ、そして私たちの状況として今のところは日本には休暇で帰国するのみで基本的にイタリアに長く住むことになりそうだという点を考慮して、イタリア式に夫婦別姓にすることに決めました。

私はこちらで既に学生の滞在許可証をもらっている上、先日銀行口座を開く手続きもしてしまっているので、これからその登録された名字を変えるためには、日本とは違い夫婦別姓が普通なイタリアでは、なぜ結婚して名字を変えたいのかという点についてまずこちらから出向いて説得をしなくてはならないそうです。
その後、もちろん日本でも銀行口座や運転免許証、クレジットカード、保険、年金などの名前変更の手続きも出てきます。

更に夫婦別姓を選ぶ決め手となったのは、Simoが「もし同じ名字になったら、兄妹になったみたいで変な感じがする」と言ったことです。
私が日本人として夫婦別姓だとなんとなく他人のような気がしてしまうのとは逆に、Simoにとっては夫婦が同じ名字を持つということに対してとても違和感があるそう。
また、夫婦が同じ名字だからといって、「より結婚している」ということにはならないよとも言われ、確かにそうだなと思いました。
最後には、私が良く考えて決めればいいよと言ってくれたのですが、お母さんとも話した結果、名字は変えないという方向でようやく気持ちが固まりました。

一つ夫婦別姓で良いのではと思った点は、将来子供が生まれた時に、イタリアではSimoの名字、そして日本では私の名字で名前が登録されるということです。
パスポートもイタリアのものと日本のものがそれぞれ上記のように違う名字で表記されるそうです。
それを聞いた時に、日本で親しくしていた日本人とドイツ人のハーフの友人が、同じく2つのパスポートを持っていたことを思い出しました。
その子は、2つの名字とパスポート(国籍)を持つことで、日本では日本人として、またイタリアではイタリア人として偏見を持たれずに対応してもらえるので、旅行でも就職の面でも便利だと言い、それを誇りに思っている風でさえありました。
まだまだ先の話ではありますが、そういった長い目で見たときにも、私たちが夫婦別姓の方が自然で良いように思えました。

Simoは一緒にいると日本人のような雰囲気があるので、あまり今までお互いに驚くような違いを感じたことはなかったのですが、今回の件で話し合った時に久しぶりに大きな文化の違いを感じました。
ちなみに、アメリカでは基本的に夫婦は同じ姓を名乗り、また旧姓をミドルネームとして入れることが可能ですが、イタリアではそれは出来ないそうです。
同じアジアで日本とは近いように見える韓国も結婚後は夫婦別姓だと聞くし、国によって本当に様々なようです。
このような、ちょっとしたカルチャーショックが今後もきっと出てくるのだと思うのと同時に、まだまだ知らないことが多くあるのだなあと実感させられた出来事でした。


2010/10/07 その他 COMMENT(2)  TB(0)  EDIT  TOP
Simoが前々から日本に関するイベント等に参加をしてみたいと言っていたので、先日結婚をしたこととミラノ市内へ引越したのを機に、今朝北イタリア日本人会へ入会してきました。

入会はミラノの日本人学校4階にある日本人会事務局に直接行くか、メールでも受け付けてくれるそうです。
私はお散歩がてら、メトロに乗り直接事務局まで行ってきました。
申込書に記入をして年会費の30ユーロを支払い、9月と10月分の会報やお知らせ・宣伝の入った封筒をいただきました。
日本人の事務局担当の方がとても親切に対応してくださり、あっという間に終わりました。
会報にはイベントの情報だけでなく、領事館からのお知らせやレシピまで載っています。

これからの時期はイベントが多いそうなので、とても楽しみです。
2010/10/05 生活 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
日曜日にお母さんが日本へ帰国してからは、毎日新生活に必要な物を揃えに買い物へ出かけています。
車がないので遠くには行けないため、近所のお店やDuomo近辺を中心に見てまわっています。

Porta Venezia駅の辺りは、今まであまりじっくりと見て歩く機会がなかったのですが、思っていたよりもたくさんのお店が並び、日本の無印良品のお店まであります。
扱っている商品も日本のお店と同じようで、値段は日本よりも少し高いくらいです。
早速バスルームのキャビネットの中を整理するためのプラスチックケースをまとめ買いしました。
細かく整理するためのグッズは、やはり日本のお店の方が遥かに種類やサイズがが豊富だと感じました。

お皿などの食器はSimoの家から幾つかセットでもらってきていたのですが、エスプレッソ用のカップがまだなく、12cm×12cmのとても大きなカップを使っているので、Rinascenteデパートへ見に行ってきました。
その後別のお店も覗いてみたのですが、なにしろ色やデザインが多く、優柔不断な私は結局選べず・・。

今日もこれから家でランチを食べてから、引き続きお買い物に行く予定です。
2010/10/03 市役所(civile) COMMENT(2)  TB(0)  EDIT  TOP
土曜日に無事に結婚式を終えました。

前日はSimoとSimoの両親、お兄さん、ガールフレンド、そして私のお母さんが揃ってのディナーがあり、寝るのが少し遅くなってしまいましたが、土曜日は早起きをして、お母さんに手伝ってもらいながら髪の毛のセットやメイクをしました。

11時からGaggianoの市役所の2階にあるセレモニー用の部屋で、私とSimo、私の証人をしてくれたNさんとSimoの証人Philが市長さんの前に立ち、結婚式が始まりました。

市長さんが話していることは、語学力の問題で残念ながらほとんど分からなかったのですが、途中で2回Simoと私が "Si" と言うところがあり、最後に40㎝×60㎝はあるとても大きなファイルの1ページの下に4人で署名をして終わりました。

その後市役所の外に出て、お隣に住むFraがその日の朝に買って来てくれたお米を皆が私とSimoに向かって投げるという、幸運を呼び寄せるためのちょっとした儀式を済ませ、ランチパーティーへ。

まずは外でのAperitivoがあり、その後レストランの2階の席でランチを食べました。メニューの内容は全てレストランにおまかせしていたのですが、ナスのラザニア風やズッキーニのフリット、かぼちゃのリゾットなど、どれも美味しく頂きました。
最後に食べたウェディングケーキも、量が丁度良く、甘さ控えめで美味しかったです。

人数は20人ほどの小さなパーティーでしたが、アットホームな雰囲気で良かったと思います。

10日ほど前にSimoが購入したiPadで、現在新居でのインターネットは問題なく使えているのですが、まだ写真を取り込む専用ケーブルを買っていないため、写真のアップロードが出来ません・・。
ケーブルを入手次第、写真を少しづつ載せる予定です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。