バーレーンに引っ越しました♪
2014年11月26日、無事バーレーンに到着しました♪
その後の日常は、jijiのバーレーン日記で更新しております。
20130216CIMG2385.jpg

--/--/-- スポンサー広告   EDIT  TOP
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/09/30 生活 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
今日からコペンハーゲンに住む友人カップルがミラノに遊びに来ます。
月曜日まで私たちの家に滞在し、一緒にミラノ市内や郊外を観光する予定です。

最近は暑すぎず寒すぎず、観光には最適の気候。とても楽しみです。

Simoはというと、先週末から仕事が忙しくなり、今週の水曜日には朝5時過ぎに家を出てローマへ出張、昨晩もローマへ泊まりになりました。
今日は普通に帰って来れるといいのですが・・。

さて、これからマルペンサ空港まで友人を迎えに行ってきます。
ブログは月曜日以降にまたアップします。
スポンサーサイト

昨日はNさんとReさん、そしてReさんの友達のRiさんと子供達を含めた7人で、Primaticcio駅の近くにあるBio e Teという自然食レストランへ行ってきました。
お店の中はブルーや黄色、黄緑などを使ったフレッシュな雰囲気。席も広々としていて心地良かったです。

食事はズッキーニ入りの発芽米リゾットや野菜とお豆の煮物などが少しずつのったワンプレート(piatto unico)、もしくは豆腐や野菜などを使った様々なメニューの中から好きな物をオーダーできます。
私はズッキーニ入りの発芽米リゾットとseitanというさつま揚げのような食感のもの(トマトソース和え)を注文しました。
Nさんが頼んだワンプレートからも少しずつ分けてもらったのですが、どれも本当に美味しかったです。

デザートにはブルーベリーのムースを。
こちらはどちらかというとゼリーという雰囲気でしたが、あっさりしていて美味しかったです。

食事は美味しく、居心地も良くて、ぜひまた行きたいレストランです。
(デジカメを忘れたため、写真は全てNさんから頂きました!)

Bio e Te
Via Millelire, 14
20147 Milano
Tel: 02 48752827
http://www.bioete.it/

biote1+001_convert_20110929223633.jpg
Nさんが注文したワンプレートランチ
奥に見えるのが私が注文したリゾットとseitan

biote1+002_convert_20110929223658.jpg
ブルーベリーのムース
2011/09/27 生活 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
昨日は日本から以前持ってきたルーを使い、とても久しぶりにハヤシライスを作りました。
使ったのはハウスの「完熟トマトのハヤシライスソース」だったのですが、普通のハヤシライスよりもトマトの風味が強く、とても美味しかったです。
具は玉ねぎ、マッシュルーム、パプリカと、野菜のみにしてみました。
パプリカは合うかどうか、実際に食べるまで不安だったのですが、トマトの味が濃かったためか、このルーにはとてもよく合っていました。
ただ、ハヤシライスはマッシュルームが必ず入っているものだと思っていた私。
ルーの箱に記載さえている材料を見ると具は牛肉と玉ねぎのみで、マッシュルームが入っていないことを知り少し衝撃を受けました。
箱の表にある、出来上がりの写真にはマッシュルームが入っているのに・・ちょっと不思議です。
あと半分残っているので、また近々作りたいと思います。

P1070544_convert_20110928165836.jpg

さて、今日はこれまた久々にIKEAへ行ってきました。
目的は新しいカタログで見つけたベージュのクッションだったのですが、数あるクッションの中でそのクッションのみ売り切れ・・。
せっかく来たので、一目惚れしたトレイ、赤が可愛いフタつきの保存容器、バスマット、キッチン用タオルなどを買いました。
あとは洋服タンスとキッチンの引き出しや戸棚用の整理&収納グッズを下見してきました。
去年の今頃何度か足を運んだ時は、週末はもちろん平日の午前中でさえ驚くほど混んでいた記憶があるのですが、今日はとても空いていて、買い物はしやすかったです。
ただ、やっぱり広いIKEA。一周回っただけなのに、帰りのメトロの中ではかなりの疲労感が・・。

P1070555_convert_20110928171102.jpg
IKEAで購入したトレイと保存容器
2011/09/26 生活 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
この週末は本当に何もしない、というよりも出来なかった週末でした・・。
ガスの契約の引き継ぎの件で、メーターの数字を調べてガス会社に報告しなくてはならなかったため、金曜日の夜からGaggianoへ行っていたのですが、土曜日になりガスの件も済ませ爽やかな気候の中近所を散歩した後、Simoは急ぎの仕事でパソコンに向かったまま1日が終わり、なんと翌日の日曜日も引き続き仕事で1日終わってしまいました。
そして今朝は8時45分から同じ件で会議があるとのことで、Gaggianoの家を6時半には出ることになってしまい、久しぶりに外が真っ暗な中車でミラノまで戻ってきました。

私はというと、Simoがパソコンをほぼ終日占領していたのでインターネットも出来ない上、Simoの車もは運転できないため出かけられず、Simoの実家で時間が潰せる自分の本などもほとんど置いてなかったので、本当に退屈な週末でした。
何度かお散歩に出かけ、同じ町とはいえ歩いて20分かかる新居(ちなみに車では3分)にも1人で行き、リフォームをしないキッチンの掃除をしたり、家の隅々まで状態をチェックをしたりしました。
Simoが最近引っ越しをした同僚からレーザー式の巻き尺(距離測量器?)を借りてきていたので、それで部屋の大きさを改めて測りました。
このレーザー式のものは買うと500ユーロはするらしいのですが、本当に便利。
測りたい片方の壁にその機械をあて、レーザーを反対側の壁にあてながらボタンを押すだけで、正確な距離が測れます。
大きさも15センチ×5センチととてもコンパクトで、今まで巻き尺を何度もあてながら一生懸命測っていたのは何だったんだろう・・と思ってしまいました。
幸い新居にいる時は、家具の配置や壁の色などを考えているとあっという間に時間が経ち、1人でも楽しく過ごせました。
ただ、車の洗車や新しいクッションの購入など、この週末やりたかったことが全く出来なかったので、残念。

次の週末には友人がボーイフレンドと一緒に遊びにくるので、この週末のようにSimoは仕事が入らないといいのですが・・。

P1070542_convert_20110926151338.jpg
Gaggianoの実家アパートの下にある持ち帰り用ピザ屋さんで最近よくピザを頼むのですが、これは私がよく食べるAnnaというピザ。薄切りのズッキーニと海老、きのこなどがのっていて、私の場合チーズだけのマルゲリータよりも飽きず、最後まで食べられます。この日はあまりお腹が空いていなかったので、ピザを2切れだけ注文しようとしたのですが、閉店間際だったのでカットでは注文出来ず、代わりに普通のピザよりも5センチくらい小さなピザを特別に作ってくれました。それでも2切れよりもずっと大きかったのですが・・。

P1070543_convert_20110926152404.jpg
これは昨日初めて食べたOrtolanaというピザ。薄切りのズッキーニと茄子、ペパロニがのったヘルシーなピザ。新しい定番になりそうです。

2011/09/23 生活 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
先日の嵐からすっかり寒くなったかと思ったミラノですが、ここ数日はまた夏に戻ったかのように暑いです。
朝方と夜は涼しいものの、昼間は半袖を着て歩いていても汗ばんでしまうほど。
もう夏物をしまう準備をしていたのですが、もう少し先延ばしになりそうです。

さて、木曜日と今日は2日続けて友人と会ってきました。
木曜日はNさんと一緒に我が家でランチ。
Juice Barというリナシェンテ最上階のカフェでcous cousや麦の入ったミニ・ディッシュやサラダをお持ち帰りし、家で食べました。
サラダは黒米やcous cous、ツナ、アーティチョーク、トマトなど20種類ほどの具の中から5種類選べて、ボリュームたっぷり。
野菜がたくさんとれて、ダイエットにもぴったりです。

今日はNさんと一緒にRさんのお宅へお邪魔してきました。
子供がいて忙しいのに、ナスとmozzarellaチーズのトマトソース・ペンネやパプリカと鶏肉のサラダまで用意してくれて、どちらもとても美味しく頂きました。
いつも皆で会うと話が止まらず、やっぱり女の子同士の集まりは楽しいと改めて思いました。

もう気付けば夏休みが終わってから1ヶ月が過ぎてしまい、本当に時が経つのが早いです。
冬に入るまでの残り少ない暖かい日々を楽しみたいと思います。
2011/09/21 住居 COMMENT(2)  TB(0)  EDIT  TOP
昨日は朝10時に徒歩10分のCorso Veneziaにある公証人のオフィスへSimoと行ってきました。
到着して大きめの部屋に通されると、既に不動産屋さんと売り主の2人は来ていて、公証人とアシスタントもすぐに加わり、最後のミーティング(?)が始まりました。
まずは売り主の方が2セットの鍵を私たちに渡してくれ、その後着席すると、公証人が契約書の内容やアパートの状態などの確認のために長い文書を読み始めました。
文書を読みながら、途中アパートの間取り図を見ながら倉庫(cantina)やガレージ(box)の大きさや位置の確認、公共料金の支払い状況など、本当に細かい点まで都度売り主や私たちに聞いてくるため、とても長い時間がかかりました。
その後売り主と不動産屋さん、そしてアシスタントは席を外し、Simoがアパート購入のために組んだローンの詳細の確認が同じように続き、最後に小切手を売り主に渡してから、全ての書類にSimo、売り主、そして公証人がサインをし終えた時には、既に開始から1時間以上過ぎていました。
ただ数枚の書類にサインをして、鍵を受け取って終わりかと思っていたので、驚きました。

そしてその日の夜、Simoの仕事が終わってから早速、ついに私たちのものとなったアパートを見に行ってきました。
今まで何度か見に行った時には、不動産屋さんや売り主も常に一緒だった上、たくさんの家具が置いてあったので、今回2人だけでほぼ空になったアパートを見るのは不思議な気分でした。
話し合いの通り、キッチンとバスルームに置いてあるものはほぼ全て置いていってくれていて、リビングルームとベッドルーム2つは空という状態。
Simoが既にお兄さんのLucを通して、知り合いのリフォーム業者にコンタクトをとってもらうようお願いしているので、出来ればこの週末にお見積もりをもらい、リフォームを開始という風に進めたいと思っています。

とても居心地が良さそうな今度のアパート。早く引っ越しをしたい気持ちでいっぱいです。

P1070537_convert_20110921213143.jpg
入口とリビングルーム

P1070538_convert_20110921213313.jpg
念願のバスタブ付きのバスルーム
2011/09/19 住居 COMMENT(2)  TB(0)  EDIT  TOP
今朝はSimoと、明日の売り主への最後の支払いのための小切手を受け取ってきました。

Simoはオンラインの銀行に口座を持っているのですが、San Babilaにあるその銀行のオフィスではこのような目的の多額の小切手を発行することが出来ないようで、提携しているという別の銀行へ行ってきました。
銀行に着いたのは開店5分前、既に数人の人が入口の前で待っていました。
誰かがSimoになりすまして小切手を盗んでいたら・・と急に思い始め、週末中心配で仕方がなかったSimoですが、窓口の担当者が不慣れでだいぶ手間取ったものの、無事に小切手を受け取ることが出来ました。
銀行からの支払い分の小切手は既に、明日立ち会う公証人のオフィスに届けられているそう。
小切手には売り主の名前がタイプされているので、その売り主以外の人が小切手を現金化することは出来ないと知りつつも、明日の朝10時に売り主と会うまでこの小切手を持っていなくてはならないというのは、少なからず緊張を伴うものです。

明日はなぜか私も一緒に行くことになりました。
全てスムーズにいくことを祈ります・・。

P1070489_convert_20110920043248.jpg
先日見た綺麗な夕焼け
2011/09/18 生活 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
土曜日にGaggianoで新居のガスの手続きをしてきました。
売り主の方がガスの契約を私たちが引き継げるよう手配してくれていたので、あとはもらってきた用紙数枚に記入して持って行くのみです。

さて、これまではまだ夏のような暑さが続いていたミラノですが、土曜日の夕方から飛び上がるほどの大きな雷を伴った嵐がきて、今日も1日大雨が降ったり止んだり。
昨日と今日で、まるでここ数ヶ月分の雨が一度にきたような感じです。
これでようやく秋らしく涼しくなるかもしれませんね。

明日からまた新たな一週間が始まります。
さて、明日は何をして過ごそうかな。


2011/09/16 住居 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
今朝はSimoのオフィスの近くで朝ご飯を食べたついでに、久しぶりにリナシェンテのキッチン雑貨のフロアを覗いてきました。
そして思わず衝動買いしてしまったのが、小さなレタスの形をしたザルと真っ赤なミニ・ボウル
どちらもzak!というブランドのものです。
ザルは少量のミニトマトやぶどうを洗うのに丁度よいサイズ。
ボウルはこのくらいの小さなサイズをまだ持っていなかったので、こちらも今後活躍しそうです。

DSC_0042_convert_20110916214646.jpg

今週はたくさん出歩いたので、午後は家でのんびり。
Cose di Casaという家のデコレーションや家具に関する雑誌を買い、パラパラと見ていました。
今回はBagni & piastrelleというバスルームとタイルに関するおまけの雑誌までついていたのですが、内容がとても充実していて、真似したくなるアイディアもたくさんありました。

ついに新居の鍵を受け取るのが来週の火曜日に迫り、まだ実感が湧かないながらも、毎日興奮が隠せない私とSimo。
私たちの初めてのマイホームなので、当たり前と言えば当たり前ですが・・。
家具は今使っているものを持って行くので、新たに買うものは洋服用の大きなクローゼット、ダイニングテーブル、ゲスト用ベッド、勉強机くらいでしょうか。
あとは引っ越しをしてから様子を見て、リビングに置く細々した雑貨やベランダに置く植物などを買っていこうと思っています。
とりあえず急ぎは、リビングルームと廊下のフローリングの色と素材を決めること。
雑誌を見ながら、研究してみようと思います。

DSC_0045_convert_20110916214459.jpg
2011/09/15 食べ物 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
今日はNさんへ先日Nananで買ったギフトを渡すため、Hさんと一緒にお邪魔してきました。

まずはギフトとHさんが用意してくれたクリームあんみつの具を取りに行きがてら、Hさんの家でランチをご馳走になることに。
豚肉、キャベツ、人参の他、セロリやズッキーニまで入った、野菜たっぷりの焼うどんを頂きました。
味付けは手作りのニンニク醤油と鰹節のみだったのですが、とても美味しかったです。
ミラノで買ううどんは、茹でる間にボロボロに切れてしまうものがほとんどだったのですが、茹でたりする前にまずお皿に出してお水と一緒に5分ほどレンジでチンするという裏技を教えてもらいました。
この技を使うと麺が本当に綺麗にほぐれるので、調理もしやすそうでした。

ランチを済ませてから、バスに乗りNさんのお宅へ。
ここではHさん特製のクリームあんみつを頂きました。
ミラノに来てからクリームあんみつを食べるのは初めてでしたが、本当に美味しかったです。

P1070525_convert_20110916025509.jpg
久々の焼うどん

P1070526_convert_20110916033251.jpg
フルーツとハーゲンダッツのバニラアイスがのったクリームあんみつ
2011/09/14 生活 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
今日はRさんと一緒にNさんの家へお邪魔してきました。

忙しい中、玄米のお寿司や和風サラダ、かぼちゃのスープ、鮭の煮物などを作ってくれて、とても素敵なランチタイムとなりました。
お互いに日本へ帰国していたため、Rさんと会うのは2ヶ月ちょっとぶり。
近況報告をし合いつつ、NさんとRさんの赤ちゃんたちとも遊んだりと、楽しい時間を過ごしました。

Nさんのお宅でご馳走になる度に、ヘルシーで美味しい物を手作りするというモチベーションが上がります。
またインターネットで何か新しいレシピを探して、近々チャレンジしてみたいと思います。

P1070521_convert_20110915031040.jpg
玄米のお寿司。なんとガリまで手作り。

P1070523_convert_20110915033609.jpg
ドレッシングがとても美味しかったサラダ

P1070524_convert_20110915034003.jpg
とろとろの鮭の煮物。日本の味です。
2011/09/13 ショッピング COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
今日はHさんと待ち合わせをして、Cadorna駅近くのNananというイタリアブランドのベビー用品屋さんへ行ってきました。
以前から話していたNさんへのギフトを一緒に購入したのですが、そのお店は本当に可愛いものばかりで、目的の物以外の小物にも色々と目移りしてしまいました。

ほんの一時期しか使わないと分かっていても、将来自分に子供が出来たらここのお店の家具や装飾品で部屋を飾りたいなあとか・・想像は広がります。
ここは基本の薄い水色とベビーピンクの他に、白や薄い黄色のベビーグッズも多数揃っています。
絶対に素敵な物が見つかるので、赤ちゃんのいる家庭へのギフトにはとてもおススメのお店です。

Nanan
Piazza Virgilio, 4
20123 Milano
Tel: 02 48197141
www.nanan.it


P1070505_convert_20110914025312.jpg
お店とは関係ないのですが、Hさん宅の美人猫ちゃん
真っ白な毛並みと大きな目がチャームポイントです
2011/09/12  COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
今日ついに車の予約をしました。

仕事のため直接お店には出向けなかったので、電話で購入を進めたいことを伝えたそうなのですが、少し交渉をしたところ更に120ユーロの割引をしてくれたそうです。

ちなみに新車の購入金額には20%のVAT(消費税)が課せらているそうなのですが、Simoの職業は自営業扱いとなるため、その税金の合計金額から計算して約40%の金額を、次の1月にSimoが支払い予定の消費税額から差し引くことが出来るそうです。
つまり、更に1300ユーロほどの割引と同じことになります。
中古車だとVATがかからないためこの税金の控除は受けられないそうので、新車を購入することに決めて良かったと改めて思いました。

お支払いについては明後日小切手で1000ユーロをまず支払い、来月車と鍵を受け取る日に残りの金額を支払うことになります。

車の納車は初め10月11日と聞いていたのですが、今日の話では10月18日になるとのこと。
Simoは私が1人で運転するというのを今からかなり心配しているようですが・・。
とにかく車がくる日が楽しみです。
2011/09/10  COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
今日は土曜日。
最近少し秋らしくなってきたと思ったのですが、今日は半袖にスカートでも汗ばんでしまうほどの、結構暑い一日でした。

近くのバーでSimoと朝ご飯を食べてから、2日前に一人で行ったRenordというルノー車の専門店へまた行ってきました。
今度はSimoも一緒です。
昨晩も車について家族会議をした結果、やはりルノーのModusというモデルが値段的にもデザイン的にも良いという結論になり、もう一度詳しい話を聞きに行くことにしました。

2日前と同じセールスの人がいたので話は早かったのですが、Modusよりも20センチほど車体が長いGrand Modusというモデルの方が良いという話になり、再度お見積もりを出してもらいました。
Grand ModusはModusよりも750ユーロほど高いのですが、座席も広く、荷物もより入るとのことで、それに決定。
これは黒とシルバーならすぐに用意が出来るとのことだったのですが、Beige Cenereという少しゴールドがかったベージュの色が気に入り、そちらは10月11日に納車されるとのことで、それを待つことにしました。
Simoも実際に今日ショールームでGrand Modusを見て、予想以上にスタイリッシュで機能性も良い車だと、とても気に入っていました。
エアバッグもシートの前だけでなく、サイドにも入っているので安全性も抜群。
中でも私が特に気に入ったのは、小さな収納が多いことです。
ドアのポケットやドリンクホルダーはもちろん、座席の足元やシートの下、そしてダッシュボードの中にも小さな小物などを入れられるスペースがあります。

Simoが銀行の小切手をGaggianoに置いてきてしまっていたため、とりあえず週末をかけてまたよく考えてみて、月曜日に改めて申し込むことにしました。
色々アドバイスをもらいながら自分で車屋さんをまわって歩き考えて決めた車なので、鍵を受け取る日が今から本当に楽しみです。
2011/09/09  COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
今朝はプジョー、フィアット、そしてトヨタの3軒の専門店へ行ってきました。

朝ブリオッシュなどを食べ過ぎてしまったので、Via Carducciにあるプジョーのお店へはSesto Marelli駅から歩いていったのですが、これが想像していたよりも遠く、日差しの暑い中20分ほどもかかってしまいました。
到着してまずはショールームの中を見て歩いたのですが、目的の207モデルの他、大きさと予算的に206 plusというモデル(見た目は207とほぼ同じ)も良さそうでした。
お店のセールスの人にこの2つのモデルについて尋ねると、206 plusはオートマ車はもともと生産されておらず、207についてはオートマ車はあるのですが、現在来年4月にリリースされるニューモデルのためにどんどん生産が中止されているため、現在取り寄せられるオートマ車は残念ながらないとのこと。
そして代わりに、207よりも小さめの107モデル(日本未発売)、そして逆に少し大きめの308モデルの2種類を薦めてくれました。
107はトランクスペースが小さすぎるため却下。
308はとてもエレガントで好きなデザインだったのですが、考えていたものよりもやはり実際に見てみると少し大き過ぎるかなという印象。
ちなみに黒い布のカーシート、4ドア(ちなみにイタリアでは5ドアと呼ばれます)、そしてカーナビ無し(別途900ユーロで追加可能)のもので定価21,590ユーロのところ、3,800ユーロの割引で、18,500ユーロというオファーをしてくれました。
ちなみにこちらもオーダーしてから納車まで90日かかるそう。

次に、プジョーのお店へ行く途中で通りかかったフィアットとLanciaの専門店へ寄り、フィアットのPuntoというモデルについて聞いてみました。
こちらは黒い布のカーシート、4ドア、カーナビ無しのもので定価16,056ユーロのところ13,500ユーロというオファーを頂きました。
ちなみに車の色でメタルブルー(blu metalizzato)のみ500ユーロ安く、13,000ユーロになるそうです。
ただ、このPuntoは可愛らしいデザインなのですが、他の今まで見てきた車に比べて特別これだ!と思わせるデザインではありませんでした。

最後にViale Monzaにあるトヨタの専門店へ足を運びました。
ここではVerso-S(日本のラクティス)というモデルについて話を聞いてみました。
これも乗ってみると、ルノーのModusのように視界が広く乗りやすい印象。
オートマ車では黒い布のカーシート、4ドア、カーナビ無し(10月から600ユーロ追加でカーナビ追加可能)のもので定価18,300ユーロから更に6%の割引が適用されるそうです。
こちらはオーダー後60日で納車。
ただ、今まで他のお店でほとんどが3000ユーロ以上の割引をしてくれていたので、6%(約1,000ユーロ)の割引というのは少ないように感じました。
ショールームではカーナビが搭載されたモデルが展示されていたのですが、なかなか素敵なデザインでした。
ただ、せっかくヨーロッパにいるのだから、トヨタではなくヨーロッパブランドの車に・・という気持ちもあります。

一応気になる車は全てこれで見てきたのですが、Simoとも相談して、もう少し今日明日と考えてから決めようと思います。

2011/09/08 ショッピング COMMENT(2)  TB(0)  EDIT  TOP
昨日はRinascenteでTara Jarmonの黒いミニドレスを買いました。

DSC_0045_convert_20110909023440.jpg

Tara JarmonはRinascenteで大分前に見かけてからとても気になっていたパリのブランド。
シンプルな中に少し可愛らしいディティールがあるのがとても好きです。
ただあまり普段着っぽくなく、仕事やちょっとお洒落なお出かけ用のお洋服が多いため、現在仕事もなく家か田舎に引きこもることの多い私にはあまり出番はなく・・。
今晩ミラノ中のブランドショップで行われているVogue Fashion's Night Outというイベントがあるのですが、Simoが仲良くしている某高級革製品ブランドから招待を頂き、そのために急いで買ったのですが、なんとSimoはシエナへの急な出張が入り、パーティーへは行けないことに・・。
国内出張なんて2ヶ月に一度くらいしか入らないのに、なぜこの日・・と恨めしくなりましたが、仕事では仕方ないですね。

とりあえずこのドレスは試着してすぐに気に入り即決したのですが、近々Simoとの素敵なデートにでも着てみようと思います(あるのかな?)。
久しぶりに結構良い物を買ったら、急に買い物欲が湧き、何も関係ないのに新しいお財布やブレスレット、リップスティックまで買ってしまいました。
もう少し痩せたら、普段用の秋冬物の洋服ももう少し買い足したいなと思います。
2011/09/08  COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
今日はRenordというRenaultとNissanとDaciaの車を扱う専門店へ行ってきました。

ミラノには4店舗あるそうなのですが、メトロ黄色線Brenta駅から歩いてすぐの場所にある店舗へ足を運びました。
目的はSimoと昨日見つけたRenaultのModusだったのですが、店員さんが接客中だったのでショールーム内を回って見ているうちに、RenaultのClioというモデルも可愛らしくていいなあと思いました。

一通りそれぞれの車の外観や中までチェックしてから、店員さんにRenaultのModusとClioのオートマ車(4ドア)について聞いてみると、すぐにお見積もりを出してくれました。
どちらも私の1台目の車ということで、なんと定価から3,500ユーロも割引をしてくれるとのこと。
Clioはカーナビ付きでカーシートは皮(pelle)はなく布(tessuto)のみ。車の外観はModusよりも普通のセダンという雰囲気。
一方Modusはカーナビ付きのものはなく、カーシートは皮と布のコンビ、天井が高いので運転席から外が見やすいのがポイントです。

どちらも注文してから納車まで3ヶ月かかるそうなのですが、Modusは来月中旬にベージュと黒の2色のみ入ってくるそう。
試乗できるかどうかも聞いてみたのですが、現在試乗出来る車がマニュアル車しかないそうで・・。
でも、試乗したい日に事前に電話をくれれば、その店員さんが別のお店などからオートマ車を取り寄せられるか聞いてくれるそうです。
ちなみにClioもModusもディーゼル車ではなく普通のガソリン車です。

私はどちらかというとModusが乗りやすさの面で気に入り、カーナビがないのが残念ですが、もし他に幾つか今週見て良いものがなければ、このまま来月納車のModusを買ってもいいかなと思っているところです。
2011/09/07 運転免許・書換 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
イタリアの免許証への書換のための最後の必要書類であった出生証明書を提出して4日後の昨日、早くも運転許可証(Permesso provvisorio di guida)が出来たとの連絡があり、今日早速受け取ってきました。

薄いA4サイズの紙だったのですが、この許可証とイタリアID(Carta d'Identita)を携帯していれば運転が出来るとのことです。
近々車の試乗に行く予定なので、これで一安心です。
2011/09/06  COMMENT(2)  TB(0)  EDIT  TOP
先週末の時点では中古車も含めて車を探していたのですが、昨日Simoがランチの時に仲の良い同僚の1人に車について話したところ、走行距離自体はそんなに問題ではないものの、10万キロの車に1,1000ユーロも出すくらいなら、もう少し高くても新車を買うと、考えてみるともっともな意見を出されたそう。
という訳で今は、新車に絞って車を探すことになりました。

Simoは今日仕事の合間にも車について調べていたらしく、家に帰ってきてからインターネットで今日の調査の成果を見せてもらいました。
今のところの候補に上がっている車は、Matsudaの2(イタリア語では”デュエ”と呼ばれるモデルで、日本のデミオ)、RenaultのModus(日本にはないモデル)、そしてFordのFusion(これも日本にはないモデル)です。
Alfa RomeoのMiToというモデルも、ころっとしたデザインが可愛い上にラインがとても綺麗で前々から気になっていたのですが、知っている限りでは2ドアのものしかないようなので、諦めました・・。

もう少しサーチをしてみて、今週末に見に行って決められたらと思います。
2011/09/05 レシピ COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
今日のランチはクックパッドのレシピを参考にアボカドのクリームパスタを作ってみました。

レシピはこちら

牛乳がなかったので生クリームで代用したのですが、とても美味しくて感動しました。
実はめんつゆも切らしていたので、これまたクックパッドのレシピで作りました。(レシピはこちら
材料は水、醤油、砂糖、味の素だけで簡単に作れるので、海外在住でめんつゆが手に入りにくい場合にもとても助かるレシピです。
アボカドですが、こちらのアボカドは大きいのか、1個の半分の量で十分でした。

ちなみにパスタは先週NさんとNaturaSiという自然食品のスーパーに行った時に初めて購入したセモリナ粉(semola)と全粒小麦粉(integrale di grano duro)のリングイーネを使いました。
アボカドソースの味が強かったので、パスタ自体の味は良く分からなかったのですが、このソースとはよく合っていると思います。

ぜひまた作りたいレシピです。

DSC_0045_convert_20110906025406.jpg
2011/09/04  COMMENT(2)  TB(0)  EDIT  TOP
この週末は土曜日の夕方急に大雨が降ったかと思えば、日曜日は終日雨。
一気に気温が涼しくなったので良いのですが、気付けば木も茶色の葉っぱをつけているものが増え、そろそろ訪れる秋を感じました。

さて、土曜日は私の車を買うために幾つか車屋さんをまわりました。
今度Gaggianoに越すと、マルペンサ空港からのアクセスが車かタクシーとなってしまうので、家族や友人が来たときのことや将来のことも考えて、車は出来れば3人プラススーツケースが2つくらいは入る大きさがいいなあとは漠然と考えていたのですが、それ以外は車の種類さえあまり良く知りませんでした。

まずはGaggianoの家の近くにある、Simoも数年前にそこで車を買ったというEldanCarという車屋さんへ。
ここは基本的にはFordとマツダの専門のお店なのですが、中古車だと色々なブランドを揃えています。
お店の外に100台近くも車が置いてあったので、まずはお店の人にオートマ(cambio automatico)車を探していることを伝え、オートマで更に小型・中型の車のみ見せてもらうことにしました。
まずは一言、今見せられる新車の小型・中型ではオートマのものはないとのこと。
更に小型・中型の中古車でも、そのお店に100台ほどもある中の2台しかなく(大型でジープのような車なら幾つかあったのですが)、仕方なくそれを見せてもらうことに。
1つはマツダの2という車で、2007年、走行距離はなんと驚きの11万5千キロもあり、値段は6,900ユーロ。
もう1つはミラノでは結構よく見かけるメルセデスベンツのクラスA180、同じく2007年、走行距離はこちらも多く9万8千キロで値段は11,800ユーロでした。
まずこんな走行距離の多い車が結構な高値で売られていることに驚きましたが・・。
マニュアルの車だと値段もずっと安いものからあり、オプションもたくさんあるのですが、今更マニュアル車の運転を習う気もありません・・。

Simoはこのメルセデスベンツがやけに気に入っていたのですが、ちょっと走行距離が気になることもあり、とりあえず別の車屋さんへ行ってみることに。
次に向かったのは、Abbiategrassoの近くにあるプジョーの専門店とスズキの専門店の2軒。
プジョーの専門店では、オートマの中古車はなく、オートマの新車は小型のもので大体13,000、14,000ユーロくらいからあるそうなのですが、これからオーダーをしなくてはならないため手元に届くまでには数ヶ月かかるとのこと。

AutoPivaというスズキの専門店では、スズキのSwiftという車を勧めてくれました。
ただ、ここもオートマの車は現在はなく、10月にそのSwiftの新車(白色のみ、なんと今年の3月に注文したもの)が納車される予定なのだとか。
その人に他にオートマの車はないのかとSimoが聞くと、”In Italia, non c'e' la cultura del cambio automatico(イタリアではオートマ車という文化がないからねえ)”と言われました。
オートマが圧倒的に普及していないというのは前から聞いていたけれど、こんなにも実際に買えるオートマ車の種類が少ないことに驚きました。
さて、このスズキのSwiftですが、新車価格は15,790ユーロなのですが、古いSimoの車を代わりに引き渡すと2,290ユーロの割引をしてくれるそうです。
Simoは7年前に大学卒業のお祝いに買ってもらったFordのFiestaという車にまだ乗っているのですが、走行距離は既に10万キロ近くあるそう。
そんな日本ではお金を払って廃車になりそうな車を引き取り、更に割引をしてくれるというのだから、これまた驚き。
そのSwiftという車は意外と可愛いデザインだったのですが、とりあえず考えるてみることにしてそのお店を後にしました。

お昼時になり、他の車屋さんも大体12時から14時くらいまでお昼休みをとるところが多いので、その後は家に戻り、Simoが教えてくれたAutoScout24という車の売買のためのホームページで他の車を検索してみました。
このホームページは車の車種のみならず年代や走行距離、予算、地域など、様々な条件で絞って好きな車の検索ができます。
インターネットとはいえ、個人で売りにだされているもの(annuncio privato)もありますが、載っている車の多くは車屋さんが売りにだしているもの(annuncio di rivenditore)で、直接お店に行って買うことももちろん出来るので、安心です。
このページ上だと、結構オートマ車の数も多いので見ていて楽しいのですが、何しろ種類が多すぎて逆に迷ってしまいます。

Gaggianoの近辺には他にもたくさん車屋さんがあるので、そこのホームページもチェックしていたのですが、中古車だと走行距離10万キロ、20万キロ以上の車も普通に売っているところが結構あるので驚きました。
走行距離についてはSimoはそこまで気にしていないようだったのですが、私が日本では10万キロ以上の車なんて見かけないことを伝えると、車を毎年買い替えているという車に詳しい友人に電話をして聞いていました。
その友人によると、車の車種やエンジンの大きさ、そしてガソリンがDieselかBenzinaかという違いにもよるので一概には言えないけれど、例えばDieselのオートマ車なら、大体30万キロくらいまでは走れるはずだよと言っていたそう。

これだけ土曜日に車を見てきて、車の種類についてはだいぶ知識がついたものの、欲しい車についてはまだ全く絞れていないので、もう少しインターネットで情報を調べて、また来週の土曜日にまとめて見に行こうと思っています(日曜日はほとんどの車屋さんがお休みのため・・)。
車の運転はとても好きなので、買うのが本当に待ち遠しいです。
2011/09/02 運転免許・書換 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
今朝はおよそ2ヶ月ぶりにBuonarrottiにある教習所へ行き、先日領事館に作成してもらった出生証明書を提出してきました。
滞在許可証とイタリアID上で私の出生地の記載の仕方が違うという問題を予め説明していたからか、発行された出生証明書には注意書きとして”il luogo di nascita è da interpretarsi come seque: Kanuma-shi Tochigi-ken = Comune di Kanuma, Provincia di Tochigi"、つまり、鹿沼は栃木県の中にある都市だという説明がきちんと付け加えられていました。
どうしてこんな証明書を発行しなくてはならないのか、未だに納得がいきませんが、それはさておき・・。

とにかくこの書類のオリジナルを提出し、後はイタリアの免許証が出来次第電話をくれるとのことで、教習所を後にしました。
このままスムーズに免許証が発行されるといいのですが・・。
2011/09/02 レシピ COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
先週末に食べたズッキーニとmozzarellaのタルトが本当に美味しかったので、昨晩作ってみました。

ズッキーニを薄く切ったものをオリーブオイルで炒め、薄切りのmozzarellaチーズと交互に重ね、上にトマトソースとバジルソースとバジルの葉を盛りつけて出来上がり。本当に簡単。

トマトソースはインターネットでイタリア語のレシピサイトから見つけたものですが、玉ねぎ1個を細かいみじん切りにして、同じくみじん切りにしたニンニク3欠片分と一緒に大さじ5のオリーブオイルで炒め、そこにトマトソース(passata di pomodoro)1リットルを加え、数分煮て出来上がり。
これは玉ねぎとニンニクを焦げないように弱火で長時間(15~20分くらい)炒めるのがポイントです。
残ったトマトソースはパスタやミートボールのソースなどにしても使えます。

イタリア語のレシピサイトはこちら (このサイトに載っているミートボールも作ってみましたが、とても美味しかったです)

ズッキーニをオリーブオイルで炒めたものは、そのまま食べても美味しそうでした。
簡単なのに凝って見えて、おススメのレシピです。

DSC_0041_convert_20110903051834.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。