バーレーンに引っ越しました♪
2014年11月26日、無事バーレーンに到着しました♪
その後の日常は、jijiのバーレーン日記で更新しております。
20130216CIMG2385.jpg

--/--/-- スポンサー広告   EDIT  TOP
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/11/28 我が家の猫 COMMENT(2)  TB(0)  EDIT  TOP
ミミは18日に病院でチェックを受けてから、次の日曜日までは全ての薬を続け、その後は食事に混ぜるペースト状のサプリメントのみ今のところ続けています。

先週くらいからすっかり全快し元気になった様子のミミでしたが、今は以前からこんなにすごかったかな?というほどの甘えん坊。
基本的には自分の部屋の中にいるのが好きだったのに、部屋の外の廊下やキッチンに行くのも大好きになり、とても活発になりました。
若くてミミよりもっと遊び盛りな他の猫たちもいるので、できるだけ公平になるように時間を考えて交互に部屋から出してあげなくてはならず、それはそれで大変ですが。

獣医さんの指導で、食事は以前(私たちがミミを飼い始めた3月末)から食べ慣れていたものを1種類のみ与えることになっているので、Gourmet DiamantというブランドのSquisite Falde di Polpa di Tonno in Salsa(以前はシンプルにTonno Orientaleという名前でしたが、いつの間にか名前が変わっていました・・)をまとめ買いして、それだけ与えていました。
食欲もすごく、小さい缶だけれど、1日に2缶分ほどはペロリと食べてしまっていました。

そんなミミですが、3日ほど前から急に食欲がなくなり、缶詰をほとんど残してしまうようになってしまいました。
初めはただの気まぐれかと思い、置いておけばそのうち食べるだろうと思っていたのですが、なぜか頑に食べません。
Simoのお母さんによると、猫も犬も人間と同じで、しばらく同じ物を食べ続けると飽きてしまうので、時々食べ物を変えてあげる必要があるとのこと。
そんなことを言われても、あんなにひどい状態になり、獣医さんの指導の上で今は1種類に絞っているわけだし、ミミは全快した様子とはいえ、かさぶたはまだ数カ所残っていて、何か私たちがまた別の食べ物を与え始めて、以前のような痒みが戻ってこないとも分からないし、私は少なくともミミの毛が完全に生え戻るまでは(これは自分で勝手に決めた期間ですが・・)獣医さんの言うように別の食べ物は与えず、1種類に絞って与えていきたいと思っていました。
缶詰の食べ物もしばらくすると乾燥して固くなってしまうので、時々新しく取り替えて様子を見ていたのですが、やっぱり食べない・・。
仕方なく私の方が折れて、今日はスーパーでツナの水煮缶(tonno al naturale)を買い、午後少しお皿にのせてあげてみると、なんと一瞬で食べ終えてしまい、鳴いてもっとねだる始末。
やっぱり同じ猫用缶詰についに飽きてしまい、ミミなりのストライキを起こしていたのだなと思いました。

このツナ缶も、猫用の缶詰と共に以前からあげていたものなので大丈夫だとは思うのですが、ミミのあまりの頑固さに今回は本当に驚いてしまいました。
この様子だともうしばらくは猫用の缶詰は食べないかと思うので、今日から数日はこのツナ缶のみ与えてみるつもりです。

昨晩は、Simoのお母さんがテーブルの上に出しておいた、1つ1つパックされているミニタルトのようなお菓子(merenda)を、まだ大きなパッケージに入って全く開けていない状態だったのに、匂いで分かったのか、ミミが食べようと一生懸命に袋を噛み切っているところを発見・・。
あまりにすごい勢いだったので、しばらく唖然として見ていたのですが、さすがに個包装を開けて中のお菓子が出て来てしまったところで私も我に返り、ストップさせました。
そんなにお腹が空いていたのにも関わらず、頑固として猫用の缶詰には手をつけなかったミミ・・。
ミミは元々よく喋り、他の猫とは少し違う雰囲気を持っていたのですが、猫もこんなに自己主張をするものなんだと改めて勉強させられた出来事でした。

P1070857_convert_20111129023307.jpg
自己主張の強い我が家のbambina(子供)、ミミです・・
スポンサーサイト

2011/11/27 ミラノのこと COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
今日はミラノ日本人学校で年に一度行われるラ・フェスタというお祭りに参加をしてきました。
去年に引き続き参加は2度目でしたが、今回は去年あまりの混雑にランチの席を取るのが大変だったのを教訓に、11時半頃に日本人学校へ行きました。
お祭りは12時開場だったので、少し早過ぎるかなと思ったのですが、到着すると、お祭りの入口である校庭側には既に3メートルほどの列が出来ていました。
お友達のReさんと息子くんが既に列にいるのを見つけ、一緒に並ばせてもらいました。
開場後は、まずはランチ用のテーブルや椅子が並ぶ体育館へ。
席を確保してから、Reさんと交代でお弁当を買いに行きました。
なんと偶然にもRiさんファミリーにも遭遇したので、皆で一緒のテーブルでランチをとりました。

今年も人は多かったのですが、普段よりも寒いながらも天気は良かったためか、大雨だった去年よりもスペースは確保しやすく、幾らかリラックスした雰囲気がありました。
ランチの後は皆で紙芝居や歌を聞きに2階の教室へ。
小さい頃に良く聞いた曲だったり、紙芝居の絵本も私が気に入っていたウサギの絵本だったので、とても懐かしく感じました。
紙芝居が終わった後は、1階の広間で本を数冊購入し、中庭でお餅つきや空手のデモンストレーションを見たり、つきたてのお餅を食べたりしました。
お餅は、きな粉、醤油とのりなどの3種類あり、2つで2ユーロでした。
つきたてだったためか、久しぶりに食べるからか、本当に美味しかったです。
豚まんやどら焼きは残念ながら売り切れてしまって食べられなかったのが残念でしたが、去年よりものんびり楽しく過ごせました。

また来年も参加したいと思います。

foto-7_convert_20111128043933.jpg
幕の内弁当

foto-8_convert_20111128044037.jpg
少し食べにくかったけれど、具が沢山の太巻き

foto-9_convert_20111128044316.jpg
Reさんに少し分けてもらったいなり寿司

foto-10_convert_20111128044438.jpg
本もざっと見て、気になったものを3冊購入しました。

写真は全てSimoがiPhoneで撮ったものです。私たちの古いコンパクト・デジカメよりも画質がいいかも?
2011/11/26 お弁当&サラダ COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
今週はSimoが木曜日から土曜日までパリへの出張があり、お弁当は水曜日に1度しか作れませんでした。

☆ツナとグリーンピースのパスタサラダ
☆ズッキーニ入りの玉子焼き
☆ハム(prosciutto cotto)
☆ペペロンチーノのツナ詰めと玉ねぎのオリーブオイル漬け

今回は見た目が綺麗に出来て、とても満足な仕上がりです。

P1070882_convert_20111127073331.jpg

先日Assagoへ行った日の話ですが、Nさんと旦那さんにDuomo近くにあるレストランでの朝ご飯へ一緒に連れていってもらいました。
ガレリアの中にあるSaviniというレストランなのですが、何度も歩いて通りかかったことがあるものの、中へ入るのは初めて。
最近はすっかり田舎っ子なため、久しぶり(と言っても1週間ぶり?)の都会にドキドキしながら、ガレリアの中を歩いてお店へ向かいました。

クリスマスが近いため、入口にはたくさんのパネットーネ(イタリアのクリスマスケーキ)をエレガントにあしらったデコレーションが。
中はというと、天井が高く、まずは豪華なシャンデリアが目に入ります。
朝ご飯は他のバーと変わらず、イタリア式にバーのカウンターでカプチーノの立ち飲みとブリオッシュを食べることが出来ます。
ブリオッシュの種類が多く悩みましたが、今回は蜂蜜の入ったものをチョイス。
カプチーノもブリオッシュも、とても美味しかったです。

スタッフの笑顔も素敵で、とても雰囲気も良く、素敵な時間を過ごせました。
日本の人を連れてきても喜ばれそうな場所なので、次に両親が遊びに来た時には連れて行きたいと思っています。

RISTORANTE MILANO SAVINI
Galleria Vittorio Emanuele II
Via Ugo Foscolo, 5
20121 Milano
Tel. (+39) 02 72 00 34 33
prenotazioni@savinimilano.it
http://www.savinimilano.it/

P1070883_convert_20111127070731.jpg

2011/11/24 レストラン COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
昨日はNさんとちょっと遠出をして、Assagoのショッピングセンター近くにあるRANAのレストランでランチをしました。
ここはスーパーには必ず置いてある生パスタのブランドRANAがやっている、レストランというよりもカフェという雰囲気のカジュアルなお店です。
ランチはイタリアでは珍しく11時半から営業しています。

パスタやサラダなど、メニューは8種類くらいありとても悩んだのですが、結局トマトソースのラビオリ(リコッタとハーブ入り)とトルテリーニ(お肉が詰めてある小さなパスタ)のbisにしました。
飲み物つきで8ユーロ。安いけれど、なかなか美味しかったです。
オフィスが近くにあるせいか、1時近くなるとビジネスマン風の人達がたくさん入って来ていました。
パスタがメインだと思うのですが、サラダを食べている人の率が多かったです

まだ新しいようで、とても綺麗で入りやすいお店なので、また何かの機会に立ち寄ってみようと思います。

Ristoranti da Giovanni
Piazza degli incontri, 12 - 20090
Assago (MI)
http://www.dagiovannirana.com/it/

P1070884_convert_20111125045412.jpg
木のまな板風のトレイが可愛い
2011/11/21 生活 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
昨日は日曜日だったので、朝はゆっくり起きました。

Simoの希望で、Mulino Biancoのチョコレートケーキ、ホットミルクとはちみつ、そしてエスプレッソの朝ご飯。
ホットミルクのカップは、土曜日にスーパーでおまけにもらったものです。
青いギンガムチェックのテーブルクロスとも合い、とても可愛らしい朝ご飯になりました。

P1070864_convert_20111122044455.jpg

月曜日の今日は、朝SimoをPrimaticcio駅まで送り、いつものお気に入りバーでカプチーノを飲みました。
その後はCorsicoのEsselungaスーパーで、ミミのご飯や猫のトイレ用の砂、そしてヘアマスクなどを購入。
なんせ3匹も猫がいるので、猫用の砂はすぐになくなってしまいます。
その後UniEuroという電化製品屋さんに寄り、家に帰りました。

午後はミミと一緒にベッドに入り本を読み、夕方になってSimoのお母さんと新居の様子を見に行ってきたのですが、電気がつかず残念なことにあまりよく見えませんでした・・。
キッチンのタイルは全て敷き終わったようですが、その他はあまり進展はなさそうでした。

そういえばすっかり忘れていた新居のcantina(物置)。
鉄製の棚などを置いていってくれていたのですが、埃や錆であまりにひどい状況なので、今週のどこかで大掃除をする予定です。
2011/11/20 住居 COMMENT(2)  TB(0)  EDIT  TOP
今日は寒かったのと、少し疲れていたので、ずっと家に居ました。
本を読んだり、お昼寝をしたり、インターネットを使ったり・・Simoなんて一日パジャマのまま、お互い気ままに過ごしました。

昨日の午前中は、前に新しく購入したキッチンのシンクに空いている穴(蛇口の取り付け部分)を塞ぐためのフタ(私たちのシンクの蛇口は壁についているため穴は必要ないのです)を大工さんに渡すついでに、新居のリフォームの進み具合を見に行ってきました。
Simoは想像していたよりもリフォームが進んでいなかったので、少しがっかりしていましたが、キッチンの床に敷き始めたタイルは、以前敷いてあったものよりもキッチンをより明るく見せてくれるような素敵な色で、それにはとても満足していました。

リフォームは予定では来週中には終わり、木曜から土曜日にかけてはフローリング専門の別の大工さんが来てフローリングを敷く予定だそう。
その後、リフォーム中外しているドアなどを元に戻し、全て完成となるそうです。
まだ完成図があまり想像出来ない上、新居に引っ越すんだという実感さえまだあまりないのですが・・。

今はほとんどの荷物を新居のガレージに置いていて(後で必要な物が出て来ても取りに行けると軽く思っていたら、手前に大きめの家具が置かれてしまっていて、全く何も取り出せない状況・・)、本当に必要最低限の物しかSimoの実家に持って来ていないため、料理もしたい気持ちはあるものの勝手が悪く思う様に出来ず、他にも色々と不便なことも多いので、とにかく引っ越しの日が待ち遠しいです。

P1070846_convert_20111121032054.jpg
昨日の時点で半分ほど敷き終えていたキッチンの床のタイル
以前はもっと濃いオレンジがかった色のタイルだったので、部屋が全体的に少し明るくなった印象。

P1070848_convert_20111121032354.jpg
システムキッチンのシンクやオーブンなどが入った下の部分を外していたときに剥がれ壊れてしまった壁のタイルをカバーするために、新しく購入してきた小さなタイルですが、このような感じでdiagonareにもう貼り終えていました。
こうして見るとやっぱり周りに見える元々のタイルの色と少し違いますが、なかなか可愛らしいアクセントになると皆が口を揃えて言うので、これはこれで良し。

P1070849_convert_20111121032521.jpg
本当に来週中に終わるのだろうかと少し不安になるバスルームの様子。
バスタブと洗濯機の間に小さな壁を作ってもらいました。

P1070850_convert_20111121032656.jpg
大きい方のベッドルームの様子。壁を白く塗る作業は、5度以上も上塗りしてようやく終わったようです。
奥に見えるのはバスルームに近日中に設置予定のバスタブ。

P1070852_convert_20111121032956.jpg
リビングルームは、全ての部屋のドア、システムキッチンやテーブルセット、洗面台、トイレ、ビデなどの物置になっていて、もう満杯状態。壁を塗る作業もまだ始まっていません。
また明日か明後日頃に少し様子を見に行ってみようと思っています。
2011/11/19 Gaggianoでの出来事 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
今朝はSimoと新居のリフォームの進み具合を見に行ってから、久々にGaggianoのメルカートへ行ってきました。
今日も霧がかった冴えない天気でしたが、メルカートには普段通りたくさんの人が。

Simo家では夏前に壊れてしまった食器洗い機(lavastoviglie)を先日ようやく購入し、今日(時間未定)家に届く予定のためSimoのお母さんは家から出られなかったので、頼まれた食材のおつかいもしてきました。
チーズを売っている屋台では、最近ハマっているゴルゴンゾーラチーズとマスカルポーネチーズのミックスなどを。
そしてその後オリーブや瓶詰め、魚などを売る屋台で辛めのものから普通のものまでオリーブを数種、aringhe sotto sale(ニシンの塩漬け)、そして乾燥ポルチーニを買いました。
週に1、2回行われるメルカートでは、野菜やフルーツ、チーズ、お肉、加工食品など、そんなに安い訳ではないのですが、スーパーよりも新鮮で美味しいものが多いようです。
他にもフルーツとハムを買いたかったのですが、結構待っている人が多かったので、諦めました。

P1070853_convert_20111120024142.jpg
Simoのお母さんがいつもひいきにしているチーズの屋台

P1070854_convert_20111120024326.jpg
スモークされたニシン(aringhe affumicate 写真手前)とニシンの塩漬け(aringhe sotto sale 写真奥)
4匹で10ユーロくらいでした。

P1070855_convert_20111120024626.jpg
オリーブだけでこんなにたくさんの種類が揃っています。

今日はランチにミートボール(polpette)、サラダ、ピザなど少し食べ過ぎてしまったため、お昼寝をせずに午後もたくさんお出かけしました。
同じGaggianoに住む日本人のご夫婦から誘って頂いた、「Disarmiamoci insieme」という原発反対運動のイベントがCorsicoで行われていたので少し顔を出し、その後はMorimondoでお散歩、そして最後はOzzeroにあるVivoという大きなスーパーで買い物をして帰りました。

Esselungaや他の大型スーパーではまだ見かけたことがないのですが、Vivoでは時々Mulino Biancoというお菓子やパンの大手ブランドのプロモーションをしていて、今日も商品を幾つか購入するとティーカップとソーサーのセットがもらえるとのことで、チョコレートのタルト、クッキーの小袋3つ、そしてミニチョコパンを買い、ティーカップセットを2客もらってきました。
食器はもうSimoのお母さんにもらったものが十分にあるのですが、持っていないデザインのカップだったので嬉しかったです。

P1070859_convert_20111120025551.jpg
Mulino Bianco商品を買うともらえる可愛いティーカップセット

スーパーの帰りは午後5時半頃だったのですが、辺りはもう薄暗くなっていて、数メートル先でさえ見えないくらいのひどい霧。
運転は大変でしたが、Simoにガイドしてもらい、なんとか家まで戻りました。
まだしばらくこの霧がかった天気が続くようです。雲一つない晴れた天気が懐かしい・・。
2011/11/18 お弁当&サラダ COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
=水曜日のお弁当=
*ツナとお豆の和え物
*キノコのオリーブオイル漬け
*ペペロンチーノのツナ詰め
*きゅうりの味噌だれ
*モッツアレラチーズとグリーンサラダ
*オリーブ

P1070829_convert_20111119022358.jpg

=木曜日のお弁当=
*セイタンと人参、グリーンピースの炒め物
*ズッキーニの卵炒め
*ほうれん草のバター炒め
*野菜のオリーブオイル漬け(ペペロンチーノのツナ詰め、キノコ、玉ねぎ)
*ポテトサラダ

P1070834_convert_20111119023531.jpg

=金曜日のお弁当=
*サラミのパニーノ
*モッツアレッラチーズ
写真を撮り忘れましたが、時間のない時にも簡単に出来るパニーノを作りました。
Simo家ではサラミとチーズ、パンは常にストックされているので、買い物の必要もなし。
サラミはSimoのお父さんがカットしてくれました。
2011/11/18 我が家の猫 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
昨日はまたミミの病院の日でした。

病院は朝10時から開いているので、10時頃に早速行ってみると、先週とはかわり、ラッキーなことに待合室にはまだ誰もいませんでした。
それから5分ほど待って、先週も診てくれたFrancesca先生が出て来てくれました。
ミミのことも覚えていてくれたようで、すぐにミミの引っ掻き傷があった場所をチェックし、動物用のクシでかさぶたを取っていきました。
脇腹にあった膿みはほとんど治っていたので何もせず、診察はほんの10分ほどで終わりました。
もう特に心配することはないのですが、まだ傷や膿んでいた箇所も完全には治っていないため、引き続き規定の期間薬は続けるようにとだけ言われました。
ジェル状のクリーム(pomata)をつけるための注射器(siringa)が壊れたので、新しい注射器だけもらい、診察終了。
ノミの件で一番初めに診察を受けた時と、先週の木曜日に来た時はそれぞれ50ユーロを支払ったのですが、今回はチェック(controllo)のみということで無料でした。

ただ、予定では12月2日に2度目の投与をするはずだった、ノミ対策の薬Frontlineは使わないようにとのこと。
今は傷や膿み用の別の薬を使っているので、併用はしない方がいいとのことです。

ミミは診察の間はとてもお利口でした。
ただここ数日になり、家で毎晩泡状の薬(schiuma)を傷につける時だけ異様に嫌がり、文句を言いながらすごい勢いで逃げてしまいます。
そしてその後はしばらく私を避けてしまうので、こちらとしてはとても傷つくのですが・・でも、ミミのための薬なので、心を鬼にして続けています。

最近ますます食欲が出てきたミミ。このまま早く全快してくれるといいなと思います。

P1070827_convert_20111118202900.jpg
机の上のヘッドフォンを枕にして寝るミミ
2011/11/16 ショッピング COMMENT(2)  TB(0)  EDIT  TOP
今日は午後Riさんのお宅へお邪魔してお茶を頂いてきたのですが、午前中時間があったので、Simoにお弁当を持たせPrimaticcio駅まで送った後、1人Corsicoの辺りをぶらぶらとドライブしました。
途中Auchanに寄ったのですが、久しぶりだった上Simoと来る時にはいつもあまり時間をかけて見れないので、今日は1人で気付くと3時間ほどウィンドウショッピングを満喫してしまいました。

ここはAuchanの2階建て大型スーパー以外にも靴や洋服、電化製品などのお店が入っていて、ちょっとしたショッピングモールになっています。
結局家に戻ってランチをする時間がなくなり、これまた久しぶりにフードコートでジャンクフードを食べました。
ケバブ屋さんがあったので、ケバブラップサンドとポテトのセット。
ズッキーニや玉ねぎ、パプリカ、赤キャベツなどのグリルされた野菜もたっぷり入っていて、ヘルシーで美味しかったです。

Auchanと電化製品屋さんでは新居に必要な物やあったらいいなと思う物をチェック、あとはクリスマスプレゼントの下見をしました。
まだクリスマスには早いですが、12月になるとなぜかあっという間に時間が経ってしまうし、何よりどこもかしこも混んでしまうので、後々パニックにならないために、今から目星だけつけておきたいなと思っています。

Auchanで楽しんだ後は、近くにあるMaisons Du Mondeという家具屋さんへ。
ここは他の家具屋さんとは全く違うタイプの、私の中で少しフランス系のお洒落な家具が揃っています。
いいなあと思う机やリビング用の棚が幾つかあったのですが、どれも結構値段が高め。ちょっと考えておこうと思います。
一つ一目惚れをして買ってしまったのが、写真のハート型の入れ物。
始めはキャンドルホルダーかと思ったのですが、なんと塩・こしょう入れでした。
あまりの可愛さに、必要ないのにお買い上げ。新居に引っ越してから使おうと思います。
食器やテーブルクロス、ランチョンマット、クッション、ランプなどもとても素敵な物がたくさんあったので、引っ越しが終わってから改めて見に来たいです。

P1070831_convert_20111117062835.jpg
今日購入したハート型の塩・こしょう入れ

P1070832_convert_20111117063025.jpg
収納するとこんな風になります。使うのが楽しみです。
2011/11/15 Gaggianoでの出来事 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
今日は昨日に引き続き冷え込んでいます。
昨日は夕方から少し風邪気味だったので、いつもの倍暖かくしてaspirinaという頭痛薬を飲み、パソコンはほどほどに早めに寝ました。
お陰で今日はすっかり元気になりましたが、気を抜かないよう今日はほとんど家に居てのんびり過ごしています。

先週の金曜日の午後、Leroy Merlinからフローリングやバスタブなどが全て届き、土曜日にはお店へ直接行って、先日オーダーしたバスタブ用の蛇口を引き取ってきました。
これでようやくリフォームに必要な物は全て揃い、あとはリフォームが終わるのを待つのみです。

今朝は新居でリフォームをしてくれている大工さんへバスタブの蛇口を届け、帰りにDimeglioという近くのスーパーへ寄り明日のSimoのお弁当のための食材を買い込んできました。
今日はガレージの荷物の中を探してみたのですが、お弁当箱がどうしても見つからないので、新しくお弁当が綺麗に入りそうなタッパーも幾つか買いました。
昨日から急にSimoのオフィスのキッチンに電子レンジが導入されたそうなので、これからは冷たくても美味しいかどうかを気にせず、何でもお弁当に入れることが出来ます。

ちなみに今日は、ちょっとしたハプニングが・・。
今朝のことですが、Simoのお父さんの定期的な検査があり、2度病院へ行かなくてはならないとは聞いていたものの、正確なスケジュールを聞いていなかった私。
丁度私が新居とスーパーへ出かけている間に1度家に帰ってきていたようなのですが、その後12時頃になっても戻ってこないので、ランチを作り始めてしまうことにしました。
余っていたキャベツを使って、お好み焼きを作っていたのですが、途中あまりに遅いので電話してみると、検査が終わり帰ってくるのは2時過ぎになるとのこと。
Simoの両親は検査の合間に家に戻ってきた時に軽くランチを食べたとのことだったので、久しぶりに1人でランチを食べました。
お好み焼きは久しぶりだったのですが、やっぱり日本食はいいなあと思いました。

そしてその後、自分の部屋に戻りSkypeで日本のお母さんと話していたのですが、その間にSimoの両親が帰ってきたのが聞こえました。
Skypeを終えてから部屋を出ると、Simoのお母さんがニコニコしながら「あなたの作ったfrittata(オムレツ)食べたわ。とても美味しかったわよ」とのこと。
なんと、私が1枚お皿に残しておいたお好み焼きを、ソースもマヨネーズも何もなしで(しかも冷たい状態で)食べてしまったようでした・・。
多分何も味がしなかったと思うので、お世辞で美味しいと言ってくれていたのだと思いますが・・。
きちんと完成した状態で美味しいと言ってくれたらもちろん嬉しいのですが、なんとなく複雑な気分の私でした・・。

P1070812_convert_20111115234928.jpg
昨日は久しぶりにミラノを散策ついでにPalestra駅すぐのGiardini Pubbliciという公園を歩きました。

P1070813_convert_20111115235235.jpg
ここはお花が綺麗な春も素敵だけれど、秋冬もとても趣があります。

P1070815_convert_20111115235432.jpg
最近は以前に比べ歩くことが少なかったので、良い運動になりました。

P1070824_convert_20111115235600.jpg
日曜日に採ってきたキノコを使って昨晩Simoのお父さんが作った、キノコのマリネ。
オリーブオイル、レモン、パルミジャーノなどが入っていました。とても美味しかったです。
2011/11/14 Gaggianoでの出来事 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
今日は普段よりも冷え込んだ一日でした。

運河の付近は深い霧(nebbia)がかかり、20m先でさえ見えないほど。
東京の辺りではなかなか霧は見ないですが、ミラノではこの季節結構多いように思います。

P1070786_convert_20111115030836.jpg
先日霧の夕暮れ時に撮った写真。
車の中から撮ったのでぼやけていますが、とても綺麗で幻想的でした。
2011/11/13 Gaggianoでの出来事 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
今朝はお隣のFrancaの旦那さんと一緒にきのこ狩りへ行ってきました。

きのこ狩りは年に30ユーロの許可証が必要なのですが、Francaの旦那さんが許可証を持っていたので、私たちはただついていくことに。
朝9時に家を出て、車でMorimondoの方面へ15分ほど走ったところにある森へ行きました。
今はきのこ狩りのシーズンのようで、途中道沿いで結構年配の方できのこ狩りのための膝丈ブーツをはいている人を何組も見かけました。
さて、森についてからは適当な広場に駐車をして、どんどん歩き、きのこを探してまわりました。

昨日の朝も友人と別の場所へきのこ狩りに行って来たというFrancaの旦那さん。
昨日は残念ながらほとんど見つからなかったそうなのですが、今日はラッキーなことに森に入ってすぐの場所でmazze di tamburoという結構背の高いきのこをいくつも見つけました。
ちなみにmazze di tamburoとは、「ドラムのスティック」という意味で、このきのこの見た目がそれに似ていることからそう名付けられたそうです。

その後は森の奥へ行ってみたのですが、残念ながらほとんど見つかりませんでした。
しばらく歩いてから車を停めた場所へ戻り、最後にその周辺できのこを探してみることに。
私はイバラのようなトゲがたくさんついたツルが多くあったので、あまり奥までは行かず、駐車スペースの周辺の小道を散歩して待っていたのですが、50分後くらいにFrancaの旦那さんとSimoのお父さんが帰ってきた時には、両手にたくさんのきのこが。
25~30センチほどのかなり大きなものもあり、結構な収穫でした。

許可証を持っていない私たちは基本的にきのこを採ってはいけないのですが、私もこっそりいくつか採らせてもらいました。
今日は冬というよりも綺麗な秋晴れの天気で、とても楽しかったです。

来週はFrancaの娘のSilviaもきのこ狩りに来るそうなので、私ももし時間が合えばまた行きたいと思います。

DSC_0045_convert_20111114023956.jpg
森まで歩いていくところ。左はFrancaの旦那さん、右は私。
このようなゴムの長靴とFrancaの旦那さんの持っているようなバスケットが、きのこ狩りの目印です。

DSC_0047_convert_20111114024433.jpg
駐車スペースから森まで歩いていくところ

DSC_0054_convert_20111114025004.jpg
今日たくさん見つけたmazze di tamburoというきのこ。
これはまだフサが開いていないもの。

DSC_0061_convert_20111114030257.jpg
誰も種類をよく知らなかったので採らなかったけれど、小さくてとても可愛らしいきのこ

DSC_0084_convert_20111114030730.jpg
mazze di tamburoのフサが綺麗に開いたもの

DSC_0097_convert_20111114031344.jpg
今日収穫したきのこで・・

P1070806_convert_20111114051226.jpg
Simoのお父さんがきのこのリゾットを作りました。

<br />P1070808_convert_20111114051416.jpg
たくさんあったので、きのこのフリットも。

P1070809_convert_20111114051555.jpg
きのこのフリットの完成。レモンをかけて食べたのですが、とても美味しかったです。

P1070811_convert_20111114051800.jpg
きのこのリゾット。これも味がしつこくないので、不思議と何度食べても飽きない一品。
2011/11/12 食べ物 COMMENT(2)  TB(0)  EDIT  TOP
最近撮った食べ物の写真がたまっていたので、一挙にアップしようと思います。

P1070770_convert_20111113065732.jpg
8日にお隣のFrancaの旦那さんがおすそわけしてくれた採りたてキノコ。
その後数回に分けて美味しいキノコ料理にして頂きました。

P1070771_convert_20111113065911.jpg
先日久しぶりにSimoのお母さんが作ったpassatini入りのスープ。あっさりして美味。

P1070772_convert_20111113070043.jpg
ターキーのカツレツ、ポテトフライ、卵のフライ、そしてサラダのワンプレート。
ターキーやチキンのカツレツはSimo家の定番料理です。

P1070774_convert_20111113070402.jpg
Reさん宅にお邪魔した時に頂いたランチ。
パスタ、カボチャのスープ、そしてオマール海老とポテトのサラダ。
どれもあっさりして本当に美味しく、Simo家ではなかなかない味だったのでとても嬉しかったです。

P1070782_convert_20111113070522.jpg
先日頂いたキノコを使っての料理第一弾。Simoのお父さん作キノコのリゾットです。
他には玉ねぎと塩のみのシンプルながら美味しい一皿。

P1070787_convert_20111113070938.jpg
キノコ料理第二弾はこれまたSimoのお父さん作のキノコとパセリのパスタ。
パルメザンチーズをかけて頂きました。

P1070788_convert_20111113071048.jpg
これはキノコパスタの後のセコンドとして頂いたフィオッキのグラタン。
とても美味しかったのですが、量が多かったので、次の日のランチにも頂きました。

foto-2_convert_20111113071118.jpg
昨日私が作ったロールキャベツ。Simoの大好物です。もう一品揚げ出し豆腐も作りました。
丁寧に作った甲斐があり、私の中ではどちらも100点満点の味だったのですが、
後で聞いてみるとSimoのお母さんはロールキャベツ、Simoのお父さんは揚げ出し豆腐の方が好きだとのこと。
誰もが本当に美味しいと言ってくれる日本の料理を作るのは難しい・・。

P1070794_convert_20111113072223.jpg
キノコ料理第三弾はキノコのスパゲティ。これもキノコソースはSimoのお父さん作です。

P1070796_convert_20111113072430.jpg
今日Assagoのシネマ近くのカフェで夕方一息した時の写真。
私はカプチーノとミニクリームドーナツ。SimoとSimoの両親は3人揃ってホットチョコレート。
ホットチョコレートは生クリームがたくさんのって、とても美味しそうでした。

P1070797_convert_20111113072720.jpg
写真だとよく分からないかもしれませんが・・。
今日のディナーにSimoのお父さんが作ったお豆(fagioli)とミニパスタのスープ。
これはとても優しい味で美味しく、思わずおかわりをしてしまいました。
2011/11/11 我が家の猫 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
水曜日の夜にミミの左の腰の毛がやけに奇妙に固まっているのを見つけ、ちょっと毛をよけて見てみると、可哀想に皮膚が3センチ分ほど赤く腫れていて、中心部が膿んでしまっていました。
先週ノミの件で獣医さんにかかりFrontlineを使ってからは、ずっと部屋の掃除をこまめにしながら様子を見ていて、ようやく元の甘えん坊に少し戻ったようで、何より引っ掻くことが少なくなりホッとしていたのですが、火曜日から急に時たま激しくまた体を引っ掻くようになってしまい、皮膚の傷がひどくなってしまっていました。

これは一大事と木曜日の朝に同じ獣医さんに連れていくと、今度はFrancescaという若い女医さんが対応してくれました。
今までの状況を一通り説明してからミミの体をチェックしてもらうと、食べ物やノミなどからくるアレルギーの可能性が高いとのこと。
その後は診察台の上で、傷がひどく膿がある部分を4箇所ほどシェイバーで毛を剃り、消毒をしてから膿を出し、針のない注射器を使って膿んでいた皮膚の中にジェル状の抗生物質(antibiotico)を入れました。
それから首の裏に2種類の注射を打ち、診察は終了。
1度目の注射の後は驚いたのか痛かったのかミミは低い声で何度も鳴き診察台の上を低い体制で歩き回りました。
でもそれ以外はとても大人しく本当に良い子でした。

病院で下記の4種類の薬の紹介してもらい、その後早速近所の薬局へ行きました。
うち2種類は在庫が切れてしまっていたのですが、その場でオーダーをしてその日の午後5時には届き、無事全て購入することが出来ました。

・Clavaseprin - 抗生物質のカプセル。1つのカプセルの1/4の量を毎日朝と晩の2回ご飯に混ぜるか直接口に入れるなどして食べさせる。
・Iruxol - ひどい傷を早く治すジェルのような透明なクリーム。1日2回針のない注射器(siringa)を使って患部の中へ入れる。
・Deroxen schiuma - 一般的な切り傷を治すための泡スプレー。1日1回膿んでいる箇所以外の切り傷の上に直接スプレーする。
・Ribes Pet paste - 痒みをおさえるのにも有効(?)な、栄養の詰まったペースト状のサプリメント。1日1回1センチほどをご飯に混ぜて食べさせる。

Simoの両親に休暇中ミミを預けていた時は、今まで私があげていた缶詰とは違う種類の缶詰などを色々あげてしまっていたのようなのですが、獣医さんの指示で、上記の4種類の薬を毎日使う他に、私が今まであげていた(ミミが食べ慣れていた)缶詰1種類のみだけ毎日あげることになりました。

来週の木曜日の朝にまた獣医さんに連れて行くことになるのですが、それまでに少しでも良くなってくれればと思います。

P1070789_convert_20111112073427.jpg
ミミのために使い始めた薬
2011/11/10 ショッピング COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
今日はSimoがついにiPhoneSを買ってきました。

iPadは去年から使っているものの、iPhoneを持つのは初めての私たち。
あまりの機能のすごさに驚いているのですが、中でも一番驚いたのは、声の認識機能です。
例えば ”What the weather is gonna be tomorrow?" とiPhoneに話しかけると、”Here is the weather for tomorrow”という感じできちんと返事をする上、画面に明日の天気が表示されます。
”Set up a meeting at 2pm today"というと、”Okay. Can I set up a meeting at 2pm today?"と返事をして、ちゃんとそのスケジュールが表示され、”Okay"とか"Confirm”などと言うと、"Okay. I've set up the meeting"と言ってきちんと保存されます。
また、"I want to eat spaghetti now"というと、自分がいる地域のイタリアンレストランを探してくれます(ただ、アメリカではこのレストランサーチ機能が使えるそうなのですが、残念ながらイタリアではまだこれは搭載されておらず、代わりに”I can't find any Italian restaurants around here"と言います)。
この調子で登録されたアドレスにメールを送ったり、iPhoneに保存している音楽で指定したものを演奏したり、Wikipediaで単語を検索したり、”How much is Japanese yen to Euro today?"というと為替が表示されたり、ほとんどのコマンドが声だけで行えるというこのテクノロジーの進化には驚かされるばかりです。

そんなこんなで久しぶりに新しいおもちゃが手に入り、Simoはすっかりハマっているよう。
iPhoneには他のiPhoneがどこにあるのか分かるGPS機能のようなものが搭載されているようで、Simoはどうやら私にも購入してほしいようですが(私が車で毎日どこに出かけるのか調べたいらしい・・)。
私はというと、電話とメッセージさえ出来れば、携帯電話自体にそんなに機能を求めないほうなのですが、まるでパソコンのように綺麗な画面でインターネットやGoogle Mapが使えて外出時にお店の場所や営業時間などを調べられるのは便利だなと思ったりします。

ちなみにSimoは今まではプリペイドカード式だったのですが、今日からは月に29ユーロで500分通話無料、そして追加で月に10ユーロでインターネット使い放題というプランに入りました。
私の電話もプリペイドカード式なのですが、私はあまり通話はしないので月10ユーロから15ユーロ程度で済んでしまうことが多いのですが、なぜかSimoは毎月30ユーロかそれ以上チャージすることが多かったので、このプランに入るとちょっとお得な気がします。

Simoは仕事から帰ってきてから、ずっとiPhoneを使って遊んでいるので私は少し寂しいけれど・・。
最近のSimoは仕事やリフォーム、ミミのノミのことなどでちょっと疲れ気味だったので、とにかく今日はiPhoneのお陰でとても元気が出たようで、良かったです。
2011/11/08 住居 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
今日はRozzanoにあるEdil Parisというタイルやフローリングを扱うお店に行って来ました。
というのも、リフォームは順調に進んでいたのですが、先週大工さん(muratore)がキッチンの床のタイルを張り替える目的でシステムキッチンを動かしていた時に、なぜか強力な糊のようなもので壁に張り付いていたシステムキッチンが壁のタイルを引っぱってしまいタイルの一部を壊してしまったのです。
あいにくシステムキッチンを元に戻しても目に見えてしまう位置のタイルだったので、その部分を含む周りのタイルを全て貼り換えることになりました。
システムキッチンを元に戻しても見えない部分のタイルを使えばいいと始めは思ったのですが、どうやらこのキッチンのタイルは糊ではなくセメントで貼付けられていて、別の場所のタイルを剥がそうとしても、恐らく壊れてしまって再利用は出来ないだろうとのこと。

大工さんに聞いたところ、新しいタイルは5㎡分必要だとのことだったので、壊れたタイルをサンプルとしてもらい、大工さんに教えてもらったEdil Parisに行って見ると、キッチンの元々のタイルによく似た丁度良いタイルがありました。
そのお店は対応もとても親切で、購入前に念のためにとサンプルのタイルを2枚くれたので、今朝早速新居へ行って合わせてみました。
遠目にはほとんど違いが分からないほどだったので、今日の午後Edil Casaへ戻り必要分購入してきました。

そのお店ではお店に展示されているタイルやフローリングなどはオーダーしてから手元に届くまで日数がかかるものばかりなのですが、奥の倉庫にあるタイルは置いてある分だけすぐに買って持って帰ることが出来ます。
私たちが見せてもらい気に入ったのは、運良く倉庫にあるタイルだったので、オーダーなどの手間が省けたのはラッキーでした。

元々はリフォームをするつもりのなかったキッチン。
結局フロアのタイルだけでなく壁のタイルの一部まで、結構な箇所のリフォームが入ることになりましたが、どんな風に出来上がるのか完成するのが楽しみです。
2011/11/07 Gaggianoでの出来事 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
今日は午前中Abbiategrassoの近くにあるAlbairateという町にあるMacelleria Bassiというお肉屋さんへ買い物に行きました。

Macelleria Bassi
Frazione Castelletto 7
20080 Albairate (MI)
Tel: 0294967221

ここはSimo家の行きつけのお店で、サラミや挽き肉をはじめ、大きな塊のお肉がたくさんあり、値段はスーパーに比べるとかなりお得。
例えば挽き肉はスーパーでは確か1キロあたり9ユーロくらいのところ、このお店ではなんと驚きの2ユーロで買えます。
火曜日の朝に新しくお肉がたくさん出てくるそうなのですが、とても混んでいるため、Simoの両親はあまり人のいない月曜日に来ることがほとんどだそうです。
ここで2、3週間に1度くらいのペースで家族のためのお肉はもちろん、愛犬ブラッコに与えるお肉もたくさん購入しているそう。
今日もとても1人ではとても重くて持ちきれないほどのお肉を購入。
早速夜はbiancostato(バラ肉。punta di pettoともいう)を使ってスープ(brodo)を作りました。
このスープはお肉や野菜を長時間煮込んだもので、コンソメキューブ(dado)を使って作ったスープよりも油が多くコクがあります。
このスープにtaglioliniという平たい細めのパスタを入れ、パルメザンチーズをかけて頂きました。
Simo家ではこってりした食事が多いので、久々にあっさりとしたディナーでとても美味しかったです。

今晩から数日間なんとイタリア全土のガソリンスタンドでストライキが行われるそうです。
ガソリンをいつもなぜか少ししか入れないSimoは、運転していてガソリンが切れたら困るので明日は車は運転しないそう・・。
こんなに大規模のストライキは、私がイタリアに来て初めてのような気がします。
私の車は幸い金曜日に引き取ってきてからまだ運転をしていないので大丈夫だと思いますが。
イタリアで車を運転される方は、ガソリン切れに注意してくださいね。

P1070766_convert_20111108055422.jpg
今晩のディナーに頂いたパスタ入りの手作りスープ

P1070764_convert_20111108060030.jpg
昨日お隣のFrancaが見せに来てくれた、見事にくりぬかれたカボチャ。
Francaの旦那さん作だそう。

P1070765_convert_20111108061035.jpg
蓋を開くとこんな感じ。ハロウィンにはカボチャのリゾットを中に入れて食べたそうです。
イタリアでは基本的にハロウィンのお祝いはしないのですが、それでも年々少しずつ普及してきているようです。
ハロウィーンの前日に近所の大型スーパーへ行った時には、丁度ハロウィンのお祭りをしていて、
仮装した子供たちと親がたくさんいてお菓子を食べたりゲームをしたりして楽しんでいました。

P1070768_convert_20111108061145.jpg
今日はスーパーでpandoroとpanettoneというイタリアのクリスマスケーキを買いました。
ちょっとまだクリスマスには早いのですが、イタリアでは毎年この時期になるとスーパーやパン屋さんなどで山のように積まれているのを見かけるようになります。
2011/11/06 住居 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
今朝は起きて朝ご飯を食べてから、Simoと一緒に2度寝をしてしまったのですが、10時半頃Simoの携帯が鳴る音で目が覚め、Simoが電話に出たところ、珍しくミラノのアパートの管理人さんからでした。

イタリアでは日本のお店でよく見かける上から下に下ろすシャッターのような雨戸(tapparelle)が窓についているアパートが多いのですが、ミラノの中心部の古いアパートだと、窓のように中から外へ開くタイプの雨戸(persiana)の方をよく見かけます。
この雨戸は休暇に出かける際はもちろん毎晩寝る前にも、泥棒対策としてきちんと閉める家庭が多いようですが、私は朝雨戸を閉めた状態で真っ暗な中で目覚めるのが嫌いなため、私たちは去年の9月から先日までPorta Veneziaのアパートに住んでいた時にはこの雨戸を閉めたことは一度もありませんでした。
ちなみにミラノで住んでいたアパートはpersianaタイプ両開きの雨戸だったのですが、今朝管理人さんからの電話によると、この雨戸が今朝の激しい雨と風邪でバタンバタンと開いたり閉まったりしてしまっていたようで、アパートの近辺をパトロールしていた警察(vigili)から、「壊れて下の通りに落ちると危険なので、すぐに閉めるように」と注意をされたそう。

言っていることは正論なのですが、私は日曜日の朝にそんなことのためにわざわざ車でミラノまで行かなくてはならないことに、驚いたのと同時にかなり気分を害してしまいました。
例えば私たちが遠くのマルケにいたら?ハネムーンの最中だったら?日本に休暇で帰っていたら?
それでも休暇を中止してまで急いでこのために帰ってこなくてはならないのでしょうか・・。

とりあえずこういうことはきちんとしておきたいSimoに押され、ぶつぶつ文句を言いながらも仕方なく車でミラノへ向かいました。
ただ、管理人さんから電話があってからすぐに15分ほどで車で出発をして、更に30分後にはミラノのアパートに着いたのですが、皮肉にも朝方ひどかった雨風はどこもすっかり落ち着いている様子・・。
幸いにもSimoのお父さんが一緒に来てくれたので、カーテンを外した跡の処理などを手伝ってくれて、アパートはすっかりきれいな状態になったので、あまり無駄足を踏んだ気持ちはせずに済みました。
もとはと言えば、私が雨戸を閉めていなかったのがいけなかったのですが、この1年開けっ放しで何も問題はなかったので、引っ越した後にこうして初めてこのような事があり、ちょっと驚いています。

今回の小さな台風のような雨風は、日本で大きな台風を何度も経験している私にはそんなに大したことではなかったのですが、イタリアではこんなにひどい雨が数日続くことはあまりないようで、ジェノバでは川が氾濫し死者がたくさん出ていて大変な状況となっているようです。
予報によるとこの雨はまだ木曜日くらいまで続きそうですが、出来るだけ早く天気が回復してくれるといいなと思います。
2011/11/06 Gaggianoでの出来事 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
昨日は夏の間Lucの子猫達(全て貰い手が見つかりました)を預かってくれていたAngeloの所有する農家(cascina)でランチをしました。
あいにくの雨だったので屋外ではなく建物の中の居間で、暖炉の前のテーブルを囲んでの持ち寄り式ランチでした。
参加者はAngelo、Angeloの奥さんと息子、Francaと旦那さんと娘のSilvia、Angeloの友人Stefania、そして私を含むSimo一家の11人。

メニューはというと、Simo家はSimoの両親がvitello tonnatoという茹でた薄切りビーフのツナソースのせを、お隣に住むFranca一家はpolenta(とうもろこしの粉で出来たケーキのようなもの)にbrasato(牛肉入りのシチュー)をかけたもの、そしてAngelo一家は牛肉のロースト(arrosto)と、今考えてみると事前に打ち合わせをしたかのように皆牛肉のメインを持って来ていました。
メインの前にはサラミ、小さなピザやソーセージの入ったロールパンなどのサラティーニ(salatini)、きのこのオイル漬け(funghi sotto olio)、パプリカやズッキーニなどの野菜のオリーブオイル漬け(verdure sotto olio)、チップスにクラッカーなどこれまた盛りだくさんでした。

食事の最後にはSimoのお母さんが近くのパン屋さんで買ったケーキとFrancaが作ったジャムのタルト。
なんとジャムはFrancaの旦那さんの手作りだそうです。

Angelo一家は今度私たちが住むアパートの隣の建物(アパートの外観や作りは同じ)に住んでいるので、これからは会う機会が増えそう。
いつものことながらはち切れそうなほどお腹いっぱいになってしまいましたが、とても楽しかったです。

P1070744_convert_20111107065329.jpg
Angelo一家が作ったcarne arrosto

P1070745_convert_20111107065614.jpg
Francaが作ったポレンタに・・

P1070746_convert_20111107065806.jpg
Francaの旦那さんが作ったbrasatoをかけて頂きました。
Brasatoはまるでとろとろのビーフシチューで、本当に美味しかったです。

P1070748_convert_20111107065937.jpg
居間にある暖炉。寒い雨の日でしたが、お陰で家の中はポカポカでした。

P1070751_convert_20111107070147.jpg
Simoのお母さんが買ってきたケーキ

P1070752_convert_20111107070322.jpg
Francaの旦那さんの手作りのジャムを使ったタルト

P1070754_convert_20111107070638.jpg
今回のホストのAngelo。とても優しくて素敵なおじいさんです。
2011/11/05 お弁当&サラダ COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
今週のお弁当。
月曜日と金曜日はSimoのお父さんがスライスしてくれたサラミと、買ってきたチキンカツを使ってサンドイッチを作りました。
週末の引っ越しで、お弁当箱とお弁当バッグをどこへ入れたのか思い出せず、食べ物を入れて冷凍する用のビニール袋に入れて渡しました・・。

水曜日は温めなくても美味しいものと考えて、お米のサラダ(insalata di riso)を作りました。
火曜日は祝日だったのでお弁当はいらず、木曜日はSimoは同僚と食べるとのことでお弁当はなし。

Simoの実家なので、なんとなくまだキッチンの使い勝手が悪く、先週までのように凝ったお弁当は作れていないのですが・・とりあえず継続が大事だと思うので、来週も頑張ろうと思います。

P1070732_convert_20111104081633.jpg
お米のサラダ。たくさん作ったので、私とSimoの両親もランチに同じものを食べました。
2011/11/04  COMMENT(2)  TB(0)  EDIT  TOP
今日はついに新しい車を取りに行ってきました。
購入した当初は10月18日に納車されると私たちは理解していたのですが、どうやら10月18日頃に車がお店に届くというただの目安の日にちだったようで、その後車の登録、そしてオプションで追加したアラーム(既についているアラームよりも高機能らしい・・)の設定などで更に日数がかかり、結局今日となってしまいました。

9月に車を購入したのはBrenta駅の近くにあるRenordのお店だったのですが、車の受け取りはSesto San Giovanniにある別のRenordのお店とのこと。
車の名義人がSimoとなっているため、どうやら私が1人で行っても車を受け取ることが出来ないとのことだったので、Simoと今朝車をPrimaticcioに停め、メトロではるばるSesto Rondoまで行き、そこから20分ほど歩いてようやく目的のRenordのお店に辿り着きました。

お店の2階でまず車の保険の証書を見せてお店の人にコピーをとってもらい、その後車のオーナーであるという証明書(certificato di proprieta)等の書類を受け取り、最後に車の簡単な説明を受けました。
運転席と助手席の間の肘掛けなど、更に追加オプションをつけるかどうかを聞かれたのですが(もっと事前に聞いてくれれば良かったのに・・)、その時はSimoもすぐに仕事へ戻らなければならず時間があまりなかったので、後で考えて決めることにしました。

そしてついにイタリアで初の運転をして家に帰りました。
Sestoの辺りは私もSimoもまだ道を良く知らず、Simoがずっと使っていたTom Tomという持ち運び可能なナビゲーションシステムを持ってきていたにも関わらず、それにまだアップデートされていない道があったりと、少し迷ってしまいました。
また、昨日に引き続きあいにくの雨で始めは少し不安もありましたが、しばらく運転するとすぐに慣れ、高速道路をいくつか乗り継いでGaggianoまで無事に戻ってきました。

Beige cenereと呼ばれる車の色はインターネットでしか見ていなかったため、受け取るまではドキドキしていたのですが、実際に見てみるとベージュよりも少し華やかなエレガントな色合いで私もSimoも一目で気に入りました。
まだ分からない機能などが結構あるのですが、運転もしやすく、今のところはとても満足しています。
週末にSimoと新しい車で出かけるのが楽しみです。

P1070743_convert_20111105032633.jpg
今日やっと納車されたRenaultのGrand Modus
見た目よりもコンパクトで、走りやすいです。
2011/11/03 我が家の猫 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
先週末くらいから、ミミがやけに激しく体を引っ掻くのを目にするようになり、あまりにかゆいためか引っ掻いている間に机の上から床に落ちてしまうことがあったので、昨日獣医さん(veterinario)へ連れて行きました。
Simoのお父さんによると、実は夏にミミを山の家で預かってくれていた時から体に固いかさぶたのような物があったらしいのですが、これが引っ掻き傷から出来た物だということが分かり、そしてこのかゆみはノミ(pulci)からきているとのことでした。
そしてミミが最近やけによく食べていたチーズがこのかゆみを促進しているとのことで、昨日はチーズを控え、ペットショップで購入したナチュラルな猫用缶詰を与えました。

獣医さんによると、ミミの毛を目の細かいブラシで梳かした時に、胡椒よりも細かい黒い粒々がついてきたのですが、これがノミの卵だそう。
対策としてFrontlineという薬を使えば、1ヶ月に1度の使用で猫の体についたノミの駆除が出来る上、使用してわずか数日後からあまり引っ掻かなくなるときき、早速AbbiategrassoにあるOasi Zooという大きなペットショップでミミとタバタ、そして子猫のフィオッコの3匹分を購入してきました。
タバタとフィオッコにはまだミミのような問題は見られないのですが、なんせミミと同じアパートの中で暮らしているので、念のためこの2匹にも薬を使うことになりました。
そしてその日の夜のうちにこの薬をミミたちの首の後ろの部分につけ、とりあえず様子を見ることにしました。

普段はとてもフレンドリーで甘えん坊なミミがあまり鳴かず、人にほとんど近寄ってもこないので、きっと痒さのためそれどころではないのだろうと思います。
自分の体を引っ掻くことでの傷も痛々しいし、何よりもミミがとてもストレスを感じているのが見ていて分かるので、私もとても辛いです。
幸い食欲はあり、食べ物は普通に食べてくれているのだけが救いです。

昨晩薬をつけてすぐは早くも少し薬が効いていたのか、数日ぶりに鳴きながら私の近くに寄ってきて、膝の上に乗ったり、アゴをすり寄せたりと甘えてきてくれました。
ここ数日はなぜかベッドや椅子の上を避けていて、固いテーブルや机の上を好んでいたミミですが、昨晩は一緒にベッドの上に乗ってきて、私の手にアゴを乗せて寝てさえいました。
ただ今朝になりまたかゆみが戻ってきたらしく、今日は1日暗い雰囲気のまま大人しく机の上で寝ていました。

早く薬が効いて、また以前の人なつこいミミに戻ってほしいと思います。

P1070733_convert_20111104063022.jpg
昨日購入したFrontlineという薬
左は子猫用(1回分)、右は大人の猫用(3回分)で、病院に行かなくても普通のペットショップで買うことができますが、とても強い薬なので使用前にまず獣医さんに診てもらった方がいいようです。
2011/11/02 Gaggianoでの出来事 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
昨日はSimoのお母さんのアイロンがけを手伝いました。

ミラノの家ではずっと、Simoのお母さんがスーパーでためたポイントと引き換えにもらったという小さなスチームアイロンを使っていたのですが、今回は初めて日本では見ないような大きなスチームアイロンを使いました。

P1070728_convert_20111102223606.jpg

これは結構年季の入ったアイロンですが、今でも電化製品屋さんへ行くとこのような大型のアイロンがたくさん置いてあります。
使い方はまず右上の丸くて黒いフタを開け水を一杯に入れてから電源を入れ、ランプが点灯するまで10分ほど待ちます。
ランプが点灯したら、アイロンを持ち上げてアイロン上部の赤いスイッチを押しスチームを少し出してから、またしばらく置き、再度ランプが点灯したら準備完了です。
Simoのワイシャツを5枚、下着のシャツを数枚、ハンカチを8枚、枕カバーを3枚、大きなシーツを2枚、その他靴下やパンツなど、結構な量の洗濯物のアイロンがけが水を足す事なく1度で終わりました。

使った感想はというと、初めは太いコードがからまったり、本体があまりに大きいので使いにくいような気がしたのですが、段々慣れてくると、これもなかなか使えるかもしれないと思う様になりました。

ちなみに私は普段は下着や靴下にはアイロンなんてかけないのですが、イタリアの家庭の多くではこういった物にも全てアイロンをかけているようです。
夫婦2人分ならいいのですが、例えば子供が3人4人いる家庭だったら・・と考えると、イタリアのお母さんはすごいと改めて思ってしまいました。
2011/11/01 住居 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
さて、先週末からGaggianoのSimoの実家での一時的な生活が始まりましたが、のんびり何もすることがないと思いきや、毎日があっという間に過ぎていきます。

月曜日はSimoをミラノまで送りがてら、Simoのお母さんとミラノのアパートまで行って来ました。
ガスの人が10時から12時の間にアパートのガスの栓を閉めにくるという話だったので、ついでに全ての部屋の掃除を済ませ、食べ物やテレビなど残っていた荷物をまとめたりして待っていたのですが、正午前にふと下の管理人のおばあさんに聞いてみると、既にガスの人が来て下のガス室で元栓を閉めていったとのこと。
結局私たちがわざわざ来なくても良かったみたいなのですが、とりあえず掃除を済ませられたし、帰りにはSimoがオフィスから来てくれたこともあり、ほとんどの荷物を車まで運べ持ち帰ることができたので、良かったことにします・・。

午後はSimoのお母さんとChateau d'Axという家具屋さんへ。
ここは値段は少し高めだけれど、センスの良い家具が揃っています。
洋服タンスを見に来たのですが、大きい洋服タンスは3つしかありませんでした。
今増えてきているスライド式ドアのついているタンス(armadio con ante scorrrevoli)が初め欲しかったのですが、大きめのタンスだとドアをスライドするのも結構重くて大変で、取り出しやすさの面から見ても、普通の前開きのドアがついたタンスの方がいいかなと思い始めました。
まだ引っ越しまでには時間があるし、最悪の場合は洋服タンスが届くまでGaggianoでの滞在を延長することももちろん出来るので、他のお店も見てじっくり考えようと思っています。

P1070721_convert_20111102224053.jpg
Chateau d'Axで気になった洋服タンス

P1070722_convert_20111102224639.jpg
中はこんな感じ。
ハンガーにかけて収納しなくてはならないSimoのスーツがとても多い上、引き出しのみのタンス(cassettiera)は既に大きなものがあるので、このようなハンガーをかけるスペースの多いタンスが理想的です。

さて、火曜日の今日は祝日。
Simoのお兄さんLucも来て皆で家でランチをして、あとはのんびり過ごしました。
バスタブの蛇口(rubinet)を先日買い忘れたので、一度Leroy Merlinまで行って来ました。
祝日なのでどこもお休みかと思っていたのですが、Leroy MerlinがあるAssagoのショッピングセンターは全てのお店が営業していて、とても賑わっていました。

P1070724_convert_20111102223259.jpg
購入したバスタブとシャワー付きの蛇口

P1070723_convert_20111102222752.jpg
Assagoのコーヒーショップで食べたマフィン、ミニドーナツ(bombolone)とカプチーノ。
Duomo広場のMondadoriという本屋さんに入っているカフェと同じカフェだったのですが、どれもとても美味しかったです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。