バーレーンに引っ越しました♪
2014年11月26日、無事バーレーンに到着しました♪
その後の日常は、jijiのバーレーン日記で更新しております。
20130216CIMG2385.jpg

--/--/-- スポンサー広告   EDIT  TOP
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/01/31 料理教室 COMMENT(2)  TB(0)  EDIT  TOP
今日は初めての料理教室へ友人と一緒に行ってきました。

生徒は私たちの他に日本人が4人。そのうち2人は、1歳ちょっとの可愛いお子さんを連れて来ていました。

メニューはというと、トマトのブルスケッタ、4種のチーズソースのニョッキ、虹マスのグリル、そしてティラミス。
大体は先生の作っているのを見ながらメモをとる形で進んでいくのですが、ニョッキのジャガイモの皮をむいて形を作るところなどは私たち生徒も参加をしました。
どの料理も簡単なのに本当に美味しくてビックリ。

トマトのブルスケッタは、見た目は普通なのに、こんなに美味しいブルスケッタは初めてというほどの美味しさ。
ニョッキは柔らかくて、チーズソースと下にしいたルッコラとの相性も抜群。
虹マスのグリルも身が本当にしっとりと柔らかくクセが全くなくて、セージなどが入ったシンプルなバターソースでしたが本当に美味でした。
最後にデザートのティラミスと自家製のオレンチェッロ(limoncelloというレモンのお酒のオレンジ版)を頂きました。

考えてみると人生で初めての料理教室でしたが、とても分かりやすく、予想以上に美味しい料理を頂けて本当に良い経験でした。
来月も参加をする予定なので、今からとても楽しみです。

P1080258_convert_20120201003436.jpg
みんなでニョッキをたくさん作りました。

P1080262_convert_20120201003648.jpg
絶品のブルスケッタ

P1080263_convert_20120201003942.jpg
毎日でも食べられそうな柔らかいニョッキ

P1080264_convert_20120201004113.jpg
近々挑戦したい、虹マスのグリル
スポンサーサイト

Lodiでランチをしたレストランについて書こうと思います。

Simoがインターネットで評判が良いからとチェックしていたレストランが2軒あったのですが、その日は寒い日だったので、距離的に近いDuomo広場の中にある方のTre Gigli all'Incoronataというレストランへ行くことにしました。
ここはアラカルトの他にお肉、魚、野菜の3種類のコースメニューがあり、私はどれもいいなと思っていたのですが、最近ダイエットに励んでいるSimoの提案で野菜のコースにしました。
コースにはワインも含まれていて、値段は30~38ユーロ。

お店の中はとても綺麗で温かい雰囲気。
結構年配の男性と女性がテーブルを担当していたのですが、サービスがとても早い上にタイミングもパーフェクトでした。

さて、私たちが選んだライトな野菜のコースの内容は、アスパラガスのムース チーズのソースがけ、ズッキーニと茄子のラザニア、そしてデザートにイチゴのミルフィーユでした。

アスパラガスのムースはとても優しい味で、もし出来たらぜひ家でも作ってみたい一品。
ラザニアは、薄くスライスされたズッキーニと茄子が層になって入っていて、味もこってりせず食べやすく、本当に美味しかったです。
Simoはこれなら10皿くらい食べられそう・・と。それじゃあダイエットにならないけれど・・。

最後のミルフィーユはもう絶品。サクサク感といい、クリームの味といい、完璧でした。
イタリアでもお菓子屋さんでミルフィーユは見かけるけれど、しっとり感は良いけれど、こってりして甘いボリューミーなミルフィーユが多く、ちょっと食べただけでお腹いっぱいになってしまいます。
こんなに軽くて美味しいミルフィーユは、久しぶりに食べました。

私たちの他には年配のお客さんが多かったのですが、とても静かでゆっくりと食事が出来ました。
Lodiに行く際には、とてもおすすめのレストランです。

Tre Gigli all'Incoronata
Piazza della Vittoria, 47, Lodi
Tel: 0371 421404

DSC_0111_convert_20120131020154.jpg
レストランの中の様子

DSC_0115_convert_20120131020755.jpg
私は運転するのでほとんど飲めず、Simoが白ワインを1本ほぼ全て1人で飲みました。
その後の観光はとても眠そうでしたが・・頑張ってくれました。

IMG_0428_convert_20120131021725.jpg
前菜のアスパラガスのムース

IMG_0429_convert_20120131022247.jpg
野菜のラザニア

IMG_0430_convert_20120131022727.jpg
イチゴのミルフィーユ

IMG_0431_convert_20120131022944.jpg
レストランの入口へは、Duomoからこのような細い道を抜けて行きます。
途中には、軽食も出来るお洒落なエノテカもありました。隠れ家的なレストランです。
2012/01/30 国内旅行 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
昨日は、Simoが前々から予定を立ててくれていた日帰りの旅へ行ってきました。
大分前に買っていたTop 10 Milan & The Lakesというガイドをパラパラとめくり、その中の「ミラノ郊外の小さな町や村」というランキングで2位と3位に入っていた、CremaとLodiという2つの町を訪ねました。
どちらもミラノの南東に位置していて、車だと45分くらいです。
ちなみに1位はSabbionetaという町だったのですが、そこはミラノからは2時間ほどかかりそうだったので、また次の機会に行くことにしました。

さて、小旅行当日の朝は少しゆっくりめに起きて、朝9時に家を出発。
高速を乗り継ぎ、10時頃にはLodiの中心部に着きました。

普段と同じような格好をして行ったのですが、その日はこの冬一番と言って良いほどの寒さで、珍しく耳までかじかんでしまうほどでした。
まずはDuomoの教会がある広場にあるバーで、暖まりながら朝ご飯を食べることに。
あまりバーの下調べはしてこなかったので、ただ見て良さそうな所へ入ったのですが、クロワッサンがとても美味しくて満足。
その後町の中をお散歩している時にも幾つかバーを見かけたのですが、とてもお洒落な所が多かったです。

朝ご飯を食べてから、Duomo横の小さな広場にある観光案内所(Piazza Broletto, 4)へ行ってみました。
地図を見るとエリア的にも小さく、人口を見ても4万4千人という小さな町なのですが(人口9千人のGaggianoよりは大きいですが・・)、観光案内所では目的によって分けられた綺麗なパンフレットが何冊もあり、驚きました。
Lodiは私の大好きなマスカルポーネを含むチーズと陶器などで有名ということだったので、観光案内所を後にしてから、まずは丁度Duomo裏で開かれている日曜日の朝市へ行きました。
しかし、洋服やバッグ、靴、カーテン、日用雑貨、お菓子など、たくさんの屋台が並んでいたのですが、不思議なことにチーズやお肉などの屋台がなぜか1つもなく・・。
仕方なく、まず引き続き市内を歩いてまわり、それから日曜朝市の屋台の近くで見かけて気になっていたBonsai Cafeというコーヒー屋さんで一休みする時に、チーズについての情報を得るために一通りパンフレットに目を通してみることにしました。
ちなみにこのBonsai Cafe、中へ入ってみると、Bonsaiが置いてあるわけでも、日本のイメージの内装が施されているわけでもないごく普通のカフェだったのですが、メニューを見ると、冬にイタリア人が好んで飲むホットチョコレートがなんと30種類以上(フルーツ風味、ナッツ入りなど・・チョコの種類も様々でした)、紅茶も10種類以上あり、その他ヘルシーな野菜のスープなども幾つかありました。
ちょっと気になる変わったメニューのセレクションでしたが、私たちはその後すぐにランチへ行く予定だったので、普通にエスプレッソとカプチーノだけ頼みました。

さて、パンフレットを見て分かったことは、Lodiはチーズで有名だけれど、町中で買うのではなく、郊外の農家(cascina)へ行って直接買うものなのだそう。
パンフレットの1つには、LodiやLodi近郊の町の農家や農家が経営するB&Bとレストランの情報、そしてマスカルポーネチーズを使ったパスタなどの、ちょっとしたレシピまで載っていました。
残念ながら、日曜日も空いている農家が1つもなかったので・・チーズは改めてまた今度買いに来ようということになりました。(その日の夜家に戻ってディナーを食べている時に、先日Gaggianoの朝市で購入したマスカルポーネのパッケージを見ると、なんとLodiで作られたものでした。ちょっと嬉しかったけれど、やっぱり今度出来れば農家で直接買ってみたいと思っています。)

LodiはVigevanoという町に似た雰囲気があり、私もSimoもとても気に入りました。
ただ、日曜日の午前中は観光客や地元の人でどこも賑わっていたのですが、ランチを食べ終え午後になると、同じ町とは思えないほど、通りに人っ子一人見られず、ガランとした雰囲気に。
丁度まだ皆ランチを食べている時間帯だったこともあるかもしれませんが、Simoが観光案内所で聞いた話では、日曜日の午後はお店もほぼ全て閉まってしまうとか。
週末にLodiを訪れるなら、土曜日か日曜日の午前中がおすすめです。

次のブログにLodiでのランチについて書こうと思います。

IMG_0422_convert_20120130190808.jpg
LodiのDuomo

IMG_0425_convert_20120130191041.jpg
Duomoの入口
中では丁度ミサが行われているところでした。

DSC_0094_convert_20120130192455.jpg
Duomoのある広場の建物
中の間取りが気になるほど、とても細長い建物が並んでいます。

DSC_0092_convert_20120130191342.jpg
朝ご飯を食べたバー

DSC_0095_convert_20120130192704.jpg
Duomoの横にある小さな広場

DSC_0096_convert_20120130193038.jpg
名前の由来が気になるBonsai Cafe

DSC_0103_convert_20120130193337.jpg
とても可愛らしい建物が並ぶCorso Addaという通り
Geroniというミラノ市内でもなかなか見ないほどお洒落な家具屋さん(料理教室も開いているそう)もありました。

IMG_0432_convert_20120130193616.jpg
日曜日のランチ後の、ガランとしたDuomo広場

DSC_0105_convert_20120130192213.jpg
Via 10 Maggioで見かけた綺麗な教会

P1080245_convert_20120130232730.jpg
観光案内所でもらったLodiに関するパンフレット

P1080247_convert_20120130233110.jpg
Lodiの名産だというケーキ。Duomo広場にあるお菓子屋さんで買いました。
固くてどちらかというとクッキーのようだけれど、バターがたっぷり入っていて本当に美味しかったです。
ちなみにこれはチョコレート味で、チョコレートの入っていないものもあります。

2012/01/28 Gaggianoでの出来事 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
今日はSimoは金曜日から行われている事務所内のセミナーのため、土曜日だというのに仕事へ出かけていきました。

お陰で残念ながら夕方までそれで潰れてしまったのですが、夜はディナーの前に一緒にaperitivoへ行きました。
久しぶりの雨が降り、あまり遠くへ出かける気分ではなかったので、よく行くGaggianoのバーへ。
ここではよくカプチーノとブリオッシュの朝ご飯を食べるのですが、夕方もたまに来てはmarocchino(エスプレッソにクリームが入ったもの)を頼んでいたら、アジア人で珍しかったためか、あまりmarocchinoを頼む人がいないのか、午後に行くと必ず ”marocchino?”と聞かれるようになり、すっかり覚えられてしまった様子。
そう言う訳で今日も私はmarocchino(私が運転していたので、お酒が飲めないからというのもありますが・・)、そしてSimoはprosecco(スパークリングの白ワイン)を頼みました。

ミラノの中心部のバーほどではないのですが、ここも夕方に行くとaperitivoとしてピザやサンドイッチ、スナック、ナッツなどが楽しめます。
私は少しお腹が空いていたので、piadinaという薄いパンに生ハムとルッコラを挟んでロールにしたものを食べたのですが、これがとても美味しかったです。
ちなみにお会計の時に知ったのですが、Simoが頼んだproseccoは驚きの2.5ユーロ(約250円)でした。
私のmarocchinoを合わせてもほんの350円ほどで、こんなにたくさんのおつまみが無料で楽しめるのは、日本ではないサービスだと思います。

IMG_0420_convert_20120130061005.jpg
Aperitivoのおつまみ
2012/01/27 ショッピング COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
今日は久しぶりにミラノの中心部へ行ってきました。

特に用事はなかったのですが、最近は車ばかりで以前に比べ運動不足なので、ウィンドウショッピングをしながら沢山歩きました。
ガレリア内の本屋さん2階にある料理本コーナーを見ていたのですが、以前から少し気になっていた料理本の野菜版を見つけ、買ってみました。
Il Mio Corso di Cucina, La Cucina delle Verdureという本なのですが、材料から作り方まで1つ1つ写真で分かりやすく書かれています。
この野菜版には、どうやって調理するのか謎だった幾つかの野菜のレシピも載っていました。
早速今度その野菜を買って料理してみたいと思います。

P1080238_convert_20120128045354.jpg
可愛い表紙

P1080240_convert_20120128045536.jpg
最近嫉妬深く、何かと私のすることを見ているミミはさておき・・
料理の本は文字だけのものよりも、やっぱり写真付きの方が好きです。

P1080220_convert_20120128045938.jpg
先日メルカートで購入した野菜。
結構な量ですが、もうほとんど食べてしまいました。
2012/01/26 ショッピング COMMENT(6)  TB(0)  EDIT  TOP
晴天で気持ちの良い気候だった昨日は、ミラノから車で南へ1時間走ったところにあるSerravalle Designer Outletというアウトレットモールへ行って来ました。
ここはイタリア最大規模のアウトレットモールだそうで、180ものお店があります。
洋服はデザイナーズブランドからカジュアルブランド、キッズ用の洋服、バッグや靴、キッチングッズ、そしてベッド用品までお店も様々。
先月行ったスイスのFox Townよりも、個人的にこちらの方が好きなお店が多く、楽しめました。
ただ、建物の屋内にお店が並ぶFox Townとは違い、全て外を歩いてまわらなくてはならないので、寒い日や雨の降る日は辛いかもしれません。

先日家の近くの電化製品屋さんで買ったばかりのヘアドライヤーを10ユーロ安く見つけてしまい、ショックでしたが・・。
元々アウトレット価格になっている上、丁度セールの時期だったので、50~80パーセントオフになっているものも多く、本当に安かったです。

去年の秋くらいから新しい皮のグローブがほしいと思っていたのですが、Bruno Magliでシンプルでエレガントな少し長めのグローブを見つけ、思わず買ってしまいました。
また、お会計をしている時に素敵な男性用のモスグリーンのマフラーを見つけ、一目惚れ。Simoへのお土産にしました。
また、Bossiという布のブランドを扱うお店ではショッッキングピンクのバスタオルセット、そしてLagostinaというキッチン用品のブランドを置いているお店では、これまた前から探していたマッシュポテト用のキッチンツールを見つけ、購入しました。
マッシュポテトを作るツールは、ちょっと重くて大掛かりなもの(ニンニクをつぶすツールの大きい版)はあちこちで見かけるのですが、昨日買ったようなシンプルで軽いものはなぜか今まで見かけなかったので、見つけた時は本当に嬉しかったです。

最後に、Aspesiという洋服のブランドのお店を初めて覗いてみたのですが、パキッとした綺麗な色使いの洋服や、変わった素材の洋服が多く、その中でもオレンジ色が綺麗なジャケットを1つ買いました。
このジャケットはなんと75パーセントオフだったのですが、とても軽くて薄いのに、Thermoreという特別な素材を使っているため、冬でも暖かく過ごせるそう。
本当は黄緑が欲しかったのですが、私のサイズが売り切れてしまっていたので、オレンジにしました。
秋くらいから使えそうで、とても気に入っています。

ここのモールは結構新しいのか分かりませんが、とても綺麗な上、屋根がないので開放感があります。
男性用の洋服やスーツ屋さんも結構見かけたので、男の人が来ても楽しめそうです。

Serravalle Designer Outlet
Via della Moda, 1, Serravalle Scriva (AL) Italy
Tel: (0143)609000
http://www.mcarthurglen.it/serravalle/

P1080233_convert_20120126225509.jpg

P1080235_convert_20120126225831.jpg
手前の2つのコートは、今日別のお店で購入しました。
黒のポンチョ風はCinzia Rocca、中がふわふわのブルーのコートはArmani Jeansのもの。
ここ2年とても気に入って着ていた黒のダウンジャケットのボタンが1つなくなっていることに気付き・・セールとはいえとても高かったのですが、長く着れそうなものを買いました。
どちらも着てみて、100%気に入ったもの。
大体気に入った洋服でもここがちょっと・・というものが多いのですが、完全に好みの洋服に出会えることは滅多にないので、即決でした。
ぴたっとした洋服は太って見えるので、少し余裕のあるサイズにしたのですが・・サイズ表記を見て、またちょっと痩せなければと実感しました・・。
2012/01/26 お弁当&サラダ COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
今朝はミラノで大きな地震がありました。
マグニチュード4.9もあり、地震がほとんどないイタリアでは珍しいことです。
私はそのとき丁度車の中にいて、全く気がつきませんでした・・。
幸い大事には至らなかったのですが、イタリアは古い建造物が多いので、少しの地震でも心配になります。

昨日の引き続き、お弁当の写真をアップします。
Simoがまたダイエットを始めたので、今は炭水化物(ご飯やパスタ)なしのお弁当を作っています。

P1080194_convert_20120126034252.jpg
*トマトソースのペンネ
*シチューの牛肉
*いんげんの胡麻和え

P1080205_convert_20120126044140.jpg
*お豆のトマトソース煮込み
*ほうれん草とニンジンのバター炒め
*チーズと枝豆
*オリーブのペペロンチーノ漬け

P1080206_convert_20120126161008.jpg
*チキンのシーザーサラダ
*バナナ

P1080207_convert_20120126191303.jpg
*ほうれん草とニンジンのサラダ(サウザンアイランド・ドレッシング)
*ハムとチーズ

P1080227_convert_20120126201301.jpg
*ミートボールフライ(polpettine)
*シーフードマリネ
*ポテトサラダ
*きのこのオイル漬け、チーズ、バナナ

P1080229_convert_20120126205610.jpg
*鶏肉とほうれん草、ニンジン、もやしの胡麻サラダ
*Crescenzaというチーズ、生ハム
*バナナ

P1080231_convert_20120126205750.jpg
*トマト、オリーブ、コーンとレタスのサラダ(オリーブオイルとバルサミコ酢)
*チーズ

P1080232_convert_20120126205934.jpg
*チキンカツ
*ほうれん草のバター炒め、
*わかめの胡麻和え
*チーズ、オリーブ、バナナ
2012/01/24 お弁当&サラダ COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
最近アップするのを忘れていましたが、日本から帰国してからは今のところ毎日お弁当を作っています。

将来子供が出来たら、Simoの分と子供の分、大小のお弁当を作るのかなと思うと、ちょっとワクワクします。
ただ、Simoのお弁当の場合は、寝坊したり作り忘れたらオフィスの近くで食べれば済むことですが、子供のお弁当となると忘れることは許されないので、大変そうだなとも思ったり。
聞いたところによると、イタリアでは給食の学校がほとんどのようなので、あまりその心配はなさそうですが・・。
ちなみに私は、幼稚園から高校まで給食はなく、冬のスキー学校と夏のサマースクールを除き毎日ずっとお弁当を持って行っていました。お母さんは大変です・・。

少し前のものもありますが、最近のお弁当の写真をアップします。

IMG_0201_convert_20120124235448.jpg
*ズッキーニとニンジン、キャベツの焼うどん
*グリーンサラダとバナナ

IMG_0203_convert_20120125004536.jpg
*サーモンのタルタル
*モッツアレッラチーズとオリーブ
*キノコやアーティチョーク、その他野菜の酢漬け

IMG_0204_convert_20120125010011.jpg
*カニカマときゅうり、卵焼きの巻き寿司、ツナマヨの巻き寿司
*オリーブ

IMG_0206_convert_20120125010347.jpg
*ほうれん草のチヂミ ケチャップソース

P1080190_convert_20120125010614.jpg
*ラザニア風カネロニ(パスタ)の肉詰め
*ポテトサラダ、ハム
*オリーブと野菜の酢漬け

P1080191_convert_20120125012756.jpg
*鶏肉の炊き込みご飯
*キノコとグリーンピースのバター炒め
*オリーブと野菜の酢漬け、トマト
2012/01/23 食べ物 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
昨日は夕ご飯に何を作ろうかとインターネットを見ていたところ、あるイタリア在住の方のブログでたらもサラダの作り方を見つけ、早速作ってみました。
ミラノではたらこは中華食材店で冷凍のものを見かけたことはあるのですが、冷凍ものは美味しいかどうか疑問な上、どこも1パック平均16ユーロくらい(約1600円)するので、まだ買ったことがありません。
ただIKEAでチューブに入ったmerluzzo(タラ)の卵のペーストが売っていて購入していたので、それを使いました。
このタラの卵のペーストは、ディル(aneto)というハーブも入っていて、良い意味で味に少しクセがあるのですが、においはまるでバターで和えたたらこという感じ。
たらも(風味)サラダもとても美味しく出来ました。

あるもので工夫して好きな料理を作ることが出来た時の嬉しさは、日本では普通に買える食材がなかなか手に入らない海外生活ならではの経験だと思います。
久しぶりにとても満足感を感じる出来事でした。

次はこのペーストを使ってたらこスパゲティを作ってみたいと思います。

P1080226_convert_20120123212028.jpg
じゃがいも3個分ですが、2人には少し多かったです・・。
2012/01/22 食べ物 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
Dimeglioという家から一番近いスーパーまでは歩いて10分(車で2分)ほどなのですが、Esselungaの方が行き慣れている上品揃えが良いので、食料品の買い物はいつも車で7分ほどのEsselungaへ行きます。
車での買い物の良い点は、重さを気にせずいくらでも買い物ができること。
以前Porta Veneziaに住んでいた時は車を運転していなかったので、両手に持てる買い物袋2つ分の物しか買えない上、飲み物やフルーツを買うとそれだけで結構な重さになるので、よく考えて買い物をしなければなりませんでした。
幸い徒歩5分圏内に4つもスーパーがあったので(しかも日曜日も常に営業)買い物には不便をしなかったのですが、友人を招いてのランチなどの前には2度に分けてスーパーへ行かなくてはならないこともしばしば。
車がある今は、2リットルのお水の6本パックやミミのトイレ用の砂なども、一度に幾つかまとめ買いし、ベランダやcantina(倉庫)などにストックしています。

最近はそういう訳で結構な量の買い物が出来るようになったため、オレンジも3キロ分がネットに入ったものを2つ常備し、朝はそれでspremuta(搾りたてのオレンジジュース)を作るのが日課です。
Spremutaはイタリアではよく飲まれる飲み物のようで、バーなどでも必ずあります。
グラス一杯分は、一度に3個分を絞って作るのですが、Simoも大好きで毎朝晩と飲むため、オレンジの減りが本当に早い・・。

Simoのお母さんからもらった電動式の絞り器を使っているので、力はいらずとても簡単です。

明日もまたspremutaで一日が始まります。

P1080216_convert_20120123031742.jpg
日本での値段は分かりませんが、こちらではオレンジは3キロで250円から350円くらい(ブランドによる)で、とても安いです。
2012/01/20 Gaggianoでの出来事 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
最近は週の半分くらいSimoを車でメトロの駅まで送っています。

朝方は寒いので周りの木々や田んぼも白く凍っていることが多いのですが、今朝はそんな白い景色の中、朝日がとても幻想的で綺麗でした。

さて、今週も早いものでもう週末です。何をしようかな。

IMG_0391_convert_20120121051454.jpg


IMG_0386_convert_20120121051320.jpg

2012/01/18 我が家の猫 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
ミミと新居での生活が始まり1ヶ月。
適応能力の高いミミは、元々の飼い主に私たちの以前のアパートに連れられて来た時と同様、まず家の中を全て歩いてチェックして回った後、すぐにベッドの上で毛繕いをしてリラックスした様子を見せたりと、すっかり新しい環境に馴染んでいたようでした。
その後年末年始に私とSimoが日本へ帰国することになり、その間はSimoの実家のお隣さんであるFrancaに面倒をみてもらっていたのですが、途中日本から1度電話を入れた時には、「いつも鳴いていて、とても寂しいみたいよ」と言っていて、予想していたこととはいえ、私たちも少し心配していました。

そしてミラノへ戻った夜、疲れていたもののミミのことを可哀相に思った私たちは、マルペンサ空港から戻る足でそのままミミを迎えに行くことにしました。
Simoの実家に着き玄関の鍵を回し始めると、すぐにミミの鳴き声が聞こえました。
中へ入ると、なんと声が枯れてガラガラ声になったミミがドアのすぐ向こうで待っていました。
私たちにまた置いていかれるかと思ったのか、私とSimoがミミの荷物をまとめ軽く掃除をしている間も、ずっと一生懸命後をついてくるミミ。
本当に寂しかったんだなと、少し申し訳ない気持ちになりました。

そしてまた変わらぬミミとの生活が始まったのですが、最初の数日は私がずっと家にいたところ、私がキッチンへ行っても、トイレへ行っても、一時も私の側から離れようとしないミミ。
それはまだいいのですが、時差ボケがあるわけではないのに朝4時、5時頃から大声で鳴き始め、起こされる日々が続きました。
私たちが起きないと、私たちの体の上を歩き回り、耳元で鳴くので、無視して寝ることも出来ません。
長い間独りぼっちにされたことへの腹いせか、私がミミを見て触ってあげないと、ほぼ1日中鳴き続けることもあり、パソコンも使えず、雑誌を見ることさえなかなか出来ず、まるで新生児がいるかのような生活でした・・。
さすがに鳴き疲れ、夜私たちと一緒にベッドに入る時にも、私たちにいつのまにか置いていかれるのを防ぐためか、私たちの足やお尻、背中の上で必ず寝ていて、こちらは寝返りさえ打てない始末。
まさに”ミミの逆襲”という名前がぴったりな日々でした。

ようやく昨日くらいから、よく喋る(文句を言う?)のは変わらないものの、昼寝の時間が長くなり、だいぶ落ち着いてきた様子です。
こんなことでは、次に2人で長期出かける時には、ミミも一緒に連れていかなくてはいけないねと、今からSimoと話しています・・。

P1080192_convert_20120117022927.jpg
ベランダでのお散歩が好きなミミ
2012/01/17 食べ物 COMMENT(2)  TB(0)  EDIT  TOP
先週末は遠出はせずのんびり過ごしました。

とても寒い週末だったので、お散歩がてらIKEAに行って細々した物のショッピングをしたり、近所のメルカート(市場)に出かけたりしました。
市場ではちょっと辛めのオリーブ数種、そしてチーズを幾つか購入。
それぞれ300グラム程度だと思うのですが、合わせてみると結構なボリューム。
しばらくは毎日チーズ三昧になりそうです。

P1080203_convert_20120118023101.jpg
上から時計回りにzola mascarpone(ゴルゴンゾーラとマスカルポーネのミックス)、auricchio、crescenza、そしてsvizzero。
2012/01/16 ショッピング COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
週末からぐっと冷え込んできたミラノ。
隣町のVermezzoでは、雪がうっすらと積もっていました。
Gaggianoでは雪は降らなかったものの、アパートの庭の木やクモの巣が凍り、キラキラと光る宝石のようになっていて、思わずみとれてしまいました。

さて金曜日は久しぶりにミラノの中心部へ買い物に出かけてきたのですが、冬の大きなセールが始まっていたことを、いつもながらすっかり忘れていました。
お昼頃までには家に帰る予定だったのであまり時間はなかったのですが、Rinascenteデパートの中を一通り見てきました。
キッチン・バス用品のフロアで、少し変わったオーバルの形をしたお皿を見つけ、思わずペアで買ってしまいました。
もともとは1つ50ユーロ以上するお皿だったようなのですが、セールでなんと15ユーロでした。
あと、セールではなかったのですが、可愛くて一目惚れしたハート型の小皿もペアで買いました。

その夜は早速買った食器を使ってディナーにしました。
お皿は白がベースなのでとても使いやすく、普段のメニューもとてもお洒落に見えます。
今後もとても活躍しそうです。

P1080196_convert_20120117022652.jpg

2012/01/13 住民登録 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
今日はいつもと同じような格好をして出かけたのですが、歩いていると汗ばんでしまうほどの暑い気候でした。
車の中の温度計を見ると16度とあったのですが、本当でしょうか・・。

さて12月22日に住民登録をミラノから現在住んでいる町に移動する手続きを市役所で済ませたのですが、その手続きの一環として、昨晩は警察官が家のチェックに来ました。
ミラノ市内に住んでいた時には、警察官が住民登録のためのチェックに来た時に丁度出かけてしまっていたのですが、管理人さんに私たちが本当にそこの住所に住んでいるという確認を取るだけで済んでしまったようで、実際に会うことはなかったので、昨晩は少し緊張して玄関を開けました。
以前語学学校のクラスメートに聞いた話だと、クローゼットの中の洋服までチェックをするという話だったのですが、私たちの家に来た警察官は、玄関の入口に立って私に2、3質問をし、私のイタリアのIDをチェックし、手元の用紙に何やら書き込み、私が最後にその用紙に署名をしただけで終わりでした。
雰囲気もとても和やかで、ニコニコしていてとても感じの良い人でした。

今後は現在まだミラノにある私たちの住民登録をキャンセルし、情報を現在住んでいる町の市役所に移動して、手続きは完了するようです。
登録日は実際に市役所に行った2011年12月22日付になるそう。
その後ローマにある役所から、私とSimoのそれぞれの運転免許証に貼るシールのようなもの(運転免許証にはまだミラノの古い住所が記載されているため)が郵便で送られてくると言っていました。

話は少し戻り、去年済ませた住民登録の移動の手続きについてですが、しばらくイタリアでの面倒な手続き関係から離れてしまっていた私は、始め何も考えずイタリアのIDだけ持参して市役所に行ってしまいました。
すると、私は外国人なので、手続きにはパスポート、滞在許可証、納税者番号(codice fiscale)が必要になると言われ、出直すことに。
そして後日全ての書類とSimoが記入してくれた申請書を提出すると、とりあえずは受理してその場で手続きを進めてくれたのですが、更に新居の契約書と間取り図が必要だと言われました・・。
年末はバタバタしていてこれらの家の書類はまだ持って行っていないので、明日にでも提出しに行く予定です。

2012/01/12 海外旅行 COMMENT(1)  TB(0)  EDIT  TOP
短い冬休みも終わり、一昨日ミラノへ戻りました。

まだ時差ボケがありますが、気分はようやくイタリアの日常に戻りつつあります。
12月はリフォーム、友人のミラノ訪問、クリスマス、日本へ帰国・・と、とても忙しかったので、こうしてのんびり新居で生活をしているのが逆に不思議な感じです。

日本では、年末のカウントダウンをSimoの友人宅で賑やかに過ごし、お正月は家族・親戚と集まりよく食べ、その後2泊3日で山形の温泉へ、そして最後は家族と冬の味覚を満喫してきました。
去年の年末年始に帰国した時よりも1日滞在が長かったとはいうものの、本当にあっという間にイタリアへ戻る日となってしまいました。
また近々機会をみて、もう少し長く帰国できればと思っています。

P1080081_convert_20120112032129.jpg
おばあちゃんの家で頂いたお雑煮
おもちは叔父さんの家の近所にあるお米屋さんでついたもので、普通のおもちより柔らかくとても美味しかったです。

P1080098_convert_20120112032431.jpg
イタリアではなかなか食べられない霜降り牛のすき焼き

P1080099_convert_20120112033651.jpg
KIHACHIのケーキ。彩りも綺麗。

P1080103_convert_20120112162039.jpg
初めて乗った山形新幹線

P1080122_convert_20120112162245.jpg
初日は将棋の駒で有名な天童市に宿泊。滝の湯という旅館に泊まりました。
近くの公園の高台から見た町は一面雪景色で本当に綺麗。

P1080129_convert_20120112162430.jpg
駅のホームも真っ白。でも、冬はビルの隙間風が強く寒い東京に比べると、天気がよく風がほとんどなかったためか、思ったよりも寒くはなかったです。

P1080130_convert_20120112162558.jpg
二日目に泊まった赤湯。
どちらの町も、旅館のサービスが素晴らしく、地元の人の温かさを感じました。

P1080135_convert_20120112162735.jpg
通りで見かけた足湯

P1080142_convert_20120112162913.jpg
赤湯で泊まった瀧波という旅館のお部屋。
去年の夏に西日本を旅行した時とは違い、今回の旅は温泉が目的だったので、ほとんど観光はせず、旅館でのんびり過ごしました。

P1080143_convert_20120112163044.jpg
お部屋の窓からも雪景色が楽しめます。

P1080161_convert_20120112163315.jpg
東京やミラノではなかなか見られないツララ

P1080178_convert_20120112163702.jpg
お母さんの友人が築地で買ってきてくれた色々な種類のさつま揚げ

P1080180_convert_20120112163847.jpg
冬といえばカニ・・ということで、毛ガニやタラバガニなどをお取り寄せ。
私はカニ味噌が苦手なのですが、Simoはすっかりハマり、最後にお酒を入れて飲んでいました。

P1080185_convert_20120112164552.jpg
タラバガニの天ぷら。
ニンニクの風味が香ばしく、とても美味しかったです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。