バーレーンに引っ越しました♪
2014年11月26日、無事バーレーンに到着しました♪
その後の日常は、jijiのバーレーン日記で更新しております。
20130216CIMG2385.jpg

--/--/-- スポンサー広告   EDIT  TOP
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/06/13 住居 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
昨日は午後2時半にアパートの契約や値段の交渉のため、購入予定のアパートまで向かいました。

今回仲介してくれている不動産屋さんは、前回アパート見学に来た担当者のお父さんが経営しているようで、昨日は前回の担当者の若い男性と、そのお父さんの2人が来ていました。
交渉とは言っても、今後の交渉の打ち合わせや説明のみだったので、とてもカジュアルな雰囲気で、もう一度アパート内や駐車場、あと前回見学をしなかった倉庫(cantina)を見せてもらい、Simoとアパート内の設備について売主である建設会社に依頼したい点や疑問点などを確認し、また、こちらの希望の値段などを伝えました。

イタリアでは、新築の家であっても、提示された額をそのまま受け入れる人は少ないようです。今回購入するこのアパートも、これが同じ建物内で残っている最後の1軒だったのですが、他の売却済みのアパートの場合はこの位の金額まで建設会社がディスカウントに合意してくれた等の詳細まで担当者のお父さんが説明をしてくれました。
今までアパートを見てきた中でも、例えば200,000ユーロから400.000ユーロ(約2,400万円から4,800万円)の値段のアパートの場合、あまり交渉には応じないといった場合でも5,000ユーロ(約60万円)、多い場合は20,000ユーロから30,000ユーロ(約240万円から360万円)位のディスカウントをくれることもあるようです。

このアパートは、駐車場(ガレージ)と倉庫が地下1階と2階にあり、私たちがもらえる駐車場は14平方メートル、倉庫は3.9平方メートルと結構広いので、アパートに入りきらない荷物は地下に置いておくことが可能です。
地下2階ということもあり、冷房が入っていないのに空気がひんやりと涼しく、Simoが倉庫がカメラ用の暗室にぴったりだと言って、興奮していましたが・・。

最後に契約書(Proposta di Acquisto Immobiliare Condizionata)の雛形のコピーをもらい、Simoが目を通して加えたい事項や変更したい箇所などがないかどうか確認をすることになりました。
今後は書類のやり取りになるので、特に私が出来ることはありませんが、家具の配置やデザインについて、少しずつ具体的なアイデアを練っていく予定です。
コメント
コメントする * * *












      
トラックバック
トラックバックURL
http://jijimilano.blog108.fc2.com/tb.php/168-6f098d38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。