バーレーンに引っ越しました♪
2014年11月26日、無事バーレーンに到着しました♪
その後の日常は、jijiのバーレーン日記で更新しております。
20130216CIMG2385.jpg

--/--/-- スポンサー広告   EDIT  TOP
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は学校2日目。Simoが体調を崩してしまい、仕事に行けなかったので、お昼過ぎにSimoの両親が車で学校まで送っていってくれました。
今日から一人ブラジル人のマルセーラという女の人がクラスに加わり、クラスメートは二人になりました。

昨日、今日とイタリア語の動詞の活用を集中して習いましたが、英語に比べるととても複雑に感じます。例えば英語ではI am、you are、she/he is、we are、they areとありますが、イタリア語では下記のようになります。

io sono (I am)
tu sei (you are - くだけた呼び方)
lui e (he is)
lei e (she is)
Lei e (you are - 丁寧な呼び方)
noi siamo (we are)
voi siete (you are - 相手が二人以上いる場合)
loro sono (they are)

また、have (持っている)という動詞の活用は、下記のようになります。

io ho (I have)
tu hai (you have - くだけた呼び方)
lui ha (he has)
lei ha (she has)
Lei ha (you have - 丁寧な呼び方)
noi abbiamo (we have)
voi avete (you have - 相手が二人以上いる場合)
loro hanno (they have)

見て分かるように、英語ではhaveとhasの2種類だけですが、イタリア語では6種類もあります。

もう一つ今日習った文法で複雑だと思ったのは、男性名詞と女性名詞、単数形と複数形についてです。
例えば「学生」という単語をとってみると、日本語では男性名詞と女性名詞の区別はなく、また、単数でも複数でも同じ「学生」です。
英語は、男性名詞と女性名詞の区別はありませんが、単数では「student」、複数では「students」となります。
さて、イタリア語はというと、まず男性名詞は「studente」、女性名詞は「studentessa」と違い、更に複数になると男性名詞は「studenti」、女性名詞は「studentesse」と変わります。
もう一つ例を挙げると、イタリア語で「友達 (friend)」という場合、男性名詞は「amico」、女性名詞は「amica」、複数形では男性名詞は「amici」、女性名詞は「amice」となります。
更にもう一つ、日本でもお馴染みのカプチーノ(cappucchino)ですが、複数の場合はカプチーニ(cappuccini)と言うそうです。

イタリア語を勉強していると、日本でよく見たり聞いたりする、馴染みのある単語が実はイタリア語だったという楽しい発見が多いです。
コメント

* muni * 2010/02/10 (06:26) * URL * 編集

ども。
文才あるのねー。
イタリアでの日々の生活っぷりが、ヨーロッパを思い出させてくれています。

学校は結局午後の授業になったみたいね。
動詞の活用は私も同じessereとavereから始めたのを思い出しましたよ。
イタリア文化会館だったけどね。

ラグーも美味しそう!
以前私がイタリアで教えてもらったのはほぼ同じ材料で、最後の仕上げに生クリームを入れてちょっとクリーミーに仕上げていました。入れても入れなくても美味しいと思います。イタリアだとトマトソースもスーパーに色んな価格であるから選ぶのも楽しいよね。

私もまたイタリア語やりたくなったー。
イタリア行きたいわ。

* JIJI * 2010/02/10 (19:46) * URL * 編集

コメントありがとう!
今日は更に新しい文法を習い、頭がパンク状態です。。。
クリーム入りのラグーソースなんて、美味しそう。今度試してみるね。
秋にお休みがとれて遊びに来れるといいね。お待ちしてます☆
コメントする * * *












      
トラックバック
トラックバックURL
http://jijimilano.blog108.fc2.com/tb.php/18-d1eb5746
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。