バーレーンに引っ越しました♪
2014年11月26日、無事バーレーンに到着しました♪
その後の日常は、jijiのバーレーン日記で更新しております。
20130216CIMG2385.jpg

--/--/-- スポンサー広告   EDIT  TOP
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/07/04 生活 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
ロバート・パティンソン主演のトワイライトの最新作、“The Twilight Saga : Eclipse”を観てきました。

怖いシーンがある映画は基本的にあまり好きではないのですが、前作をSimoと日本で観た時に、2人ですっかりトワイライトの世界に入ってしまいました。
ロマンスがあり、今までの映画とは一味違うストーリーが魅力です。

Duomo近くのThe Space Cinema Odeonという映画館でまず午後のチケットを買い、お昼の後、開演の30分前に映画館に入りました。
コーラとポップコーンを買い、スタッフのいるゲートまで行くと、同じくチケットを持った中学、高校生くらいの子達がたくさん待っているのが見えました。
まだ座席など館内の清掃が終わっていなかったらしく、しばらく待った後、開演10分前になりようやく中に入ることが出来ました。

中は驚くほど広く、映画館とは思えないほどの豪華な内装で、どちらかというとバレエやミュージカルに使われる劇場のような雰囲気でした。
座席は指定席だったのですが、2階席まであり、どう見ても全て埋まることのないほどの座席数だったので、時間になり宣伝が始まった後に前の方の見やすい席に移動しました。

驚いたのは、丁度映画が1時間ほど終わった頃に、黒いスクリーン上に何やらイタリア語の表示が出て、急に映画が停止してしまいました。
館内の照明がつき、席を立ちどこかへ行く人もいて、何事かと思っていたら、Simoが“イタリアでは映画の上映の途中に休憩(intermezzo又はintervallo)が入るんだよ”と。
観客が飲み物を買ったり、お手洗いに行ったり、タバコを吸ったりするための時間だそうで、イタリアではよくあるそう。
面白かったのは、約10分の休憩の後、映画は問題なく再開したのですが、始めの数分照明を消すのを忘れてしまっていて、さすがイタリアと思いながらSimoと思わず笑ってしまいました。

映画はイタリア語の吹き替えだったので、やはり分からない部分が多かったのですが、流れを見ていれば大体想像がつく内容だったので、私も楽しむことが出来ました。

途中でJacobが上半身だけシャツも何も身に付けずに出てきたときには、口笛や女の子の黄色い声があちこちであがり、イタリアでのJacobの人気を実感・・。

最後の決闘の部分は少し呆気なく終わってしまった気がしましたが、全体的に今回も面白かったと思います。

The Space Cinema
映画館の中の様子
コメント
コメントする * * *












      
トラックバック
トラックバックURL
http://jijimilano.blog108.fc2.com/tb.php/188-fa44fe04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。