バーレーンに引っ越しました♪
2014年11月26日、無事バーレーンに到着しました♪
その後の日常は、jijiのバーレーン日記で更新しております。
20130216CIMG2385.jpg

--/--/-- スポンサー広告   EDIT  TOP
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/02/14 住居 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
最近のSimo家はというと、お父さんもお母さんも一緒に、Simoと私の新居探しに夢中になっています。
先日は私が部屋を出て皆の様子を見に行くと、Simoとお母さん、お父さん、それぞれが別の部屋で黙々とパソコンを使って売り家の情報を調べていたので、まるでお互いに競って探しているようで面白かったです。
実際、Simoによると、お父さんとお母さんは競い合うようにそれぞれ別の家の情報を探してきてはSimoに勧めてくるそう。
しかも、お父さんが見つけた物件はお母さんが気に入らず、またお母さんが見つけた物件はお父さんがあまり良くないと言う事が多かったりと、意見が合わないそうで・・。
そういう私はなぜ家探しに協力をしていないのかというと、ホームページがイタリア語なのと、ミラノ市内の比較的安全なエリアや住まない方が良いエリアなどについても知識がないので、一緒に探したくてもあまり力になれないのが現実・・。
皆が見つけてきた、厳選された物件の外見や内装の写真を見て意見をする役割だけ担当をしています。

イタリアでは建てられたばかりのアパートや家を除き、家具付きの物件が多くあります。前の住人が家具をそのまま置いていくことが多いようで、後に入る住人も、あまりにもその家具が気に入らない場合以外はそのまま使っていくそうです。。
ホームページや街角に置いてある冊子などで売り家情報の写真を見ていても、もちろん広さやフロアプラン、所在地なども大事ですが、大体は家具から見る部屋全体のイメージや雰囲気でなんとなくその家に対する好き嫌いが決まってしまいます。
逆に家具のない部屋の写真を見るとそのアパートのイメージが掴みにくく感じてしまいます。
本当は家の購入はそういう基準で決めるものではないし、何もないアパートに一からインテリアを自分で決めて部屋をデザインしていくのも楽しいと思いますが。。。

今まで色々な物件を見てきましたが、値段について言えば、ミラノは東京と同じくらい高いような気がします。
今まで見た物件は、広さは40平米くらいの狭いものから120平米やもっと広いものまで様々で、値段も、あまりに郊外のものや修理が必要なほど古いものを除くと、だいたい150,000ユーロ(約1,950万円)から(上は果てしなく高いものまであります)。
一番多いのは200,000ユーロ(約2,600万円)台から400,000ユーロ(約5,200万円)台のようです。
車で10分から20分ほど離れたミラノの郊外で2ベッドルーム、3ベッドルームくらいのアパートが買える値段で、ミラノ中心部では1ベッドルームがせいぜいです。
日本では、東京の中心部から車で10分、20分くらいの所に住んでいても電車が頻繁に通っているので全く不便はありませんが、ミラノでは郊外に住むと電車やバスも東京ほど発達していないため、不便を感じることが多くあります。
だからミラノの中心近郊の駅まで車で通う人も多いのですが(Simoもその一人)、朝の渋滞がひどく、駐車スペースを探すのもとても大変なため、Simoと私にとっては、少し狭くても電車だけで通勤・通学できる場所に住むのがやはり理想的です。

一応幾つか既にミラノ市内で候補のアパートを見つけ、来週アパートの中を見学できるようSimoがアポを取りました。
家は大きな買い物なので、たくさんの物件をみて、じっくりと考えて決めなくてはいけませんが、早く理想のマイホームに巡り合えるといいなあと思います。
コメント
コメントする * * *












      
トラックバック
トラックバックURL
http://jijimilano.blog108.fc2.com/tb.php/27-c4a5d23d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。