バーレーンに引っ越しました♪
2014年11月26日、無事バーレーンに到着しました♪
その後の日常は、jijiのバーレーン日記で更新しております。
20130216CIMG2385.jpg

--/--/-- スポンサー広告   EDIT  TOP
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/12/20 住民登録 COMMENT(2)  TB(0)  EDIT  TOP
今日は本来明日のはずだったアポイントメントを今日と勘違いし、住民登録(residenza)のためにSimoに付き添ってもらいComune di Milanoへ行ってきました。
場所はもともとはPrimaticcio駅の近くにあるオフィスを指定していたのですが、先週Simoに電話で連絡があり、現在Primaticcioのオフィスは改築中のため、Via Larga 12にあるオフィスへ場所が変更になったとのことだったので、約束の5分前にそこへ向かいました。

中へ入りインフォメーションで用件を伝えると、一番奥の大きな部屋の18番のSportello(窓口)へ行くよう促され、そこで手書きで”Appuntamenti di Legione Romane”と書かれた紙の貼ってあるその窓口を見つけました。
立って待つこと5分、前の人が終わり窓口を離れたので、急いで行って聞いてみると、1日間違えてしまったので当たり前ですが、私やSimoの名前でのアポイントメントはないとのこと。
ただ、その受付の女性がとても親切な人で、アポイントメントは見つからなかったものの、手続きを進めてくれることになりました。
まずは滞在許可証とパスポートを渡すと、パスポートをしばらくチェックした後、これは日本のパスポートで出生地の記載がないので、私の日本での出生地(県名)を証明する書類を日本領事館に作成してもらわなければならないと言われました。
以前友人の話を聞き、もしかしたら私も戸籍謄本とその翻訳などが必要かもしれないとは思っていたのですが、Simoの両親が調べたところ外国人の住民登録のための必要書類は納税者番号(これはなぜか今日は必要ありませんでしたが)と滞在許可証、そしてパスポートの3点のみだと聞いていたので、他の手元にある登録関係の書類やコピーは全て念のため持っていっていたものの、戸籍謄本と領事館発行の証明書などは準備をしていませんでした。
実は夏前に結婚の手続きをした際に、戸籍謄本を日本から取り寄せて同じような証明書を作成してもらったのですが、その時はまさか後々必要になるとは思わずわざわざコピーはとっていませんでした。
そのコピーさえあれば、手続きを進めてくれるような雰囲気だったのですが、やはりない物は見つからず、仕方なく諦めてオフィスを後にしました。

それにしても、パスポートがあるので日本人だということはそこで証明されているのに、なぜ滞在許可証の申請の時でさえ証明書提出の必要はなかった出生地にそこまでこだわるのか全く理解できません・・。
逆に考えてみると、Simoが日本に滞在する場合に、大事なのはSimoがイタリア人(外国人)であるということであって、Simoがミラノで生まれたか、ローマで生まれたか、トリノで生まれたかというのは日本の政府にとっては全く重要ではない情報のように思えますが・・。
私はというと、実は生まれは栃木県なのですが、それは母の出身地だったからそこの病院で生まれたというだけで、母も大学からはずっと東京で過ごしているためほとんど栃木には帰ってはいないし、私は観光旅行で日光に数回行ったというほどの思い出しかありません。
でも、イタリアに来てからは、学校の試験や銀行口座を開く時など、生活の中で出身地の県名について聞かれることが多々あり、いつもとても不思議に思っていました。
Simoに聞いても、それについては理由はよく分からないそう。

それはさておき、書類が揃い次第また振り出しに戻りオンラインで恐らく1ヶ月先になるであろうアポイントメントを取らなくてはならないので、面倒と言えば面倒です。
幸い緊急に住民登録を済ませなくてはならないことはないので、気長に進めていこうと思います。
コメント

* れいこ * 2010/12/30 (03:14) * URL * 編集

住民登録って結婚よりも簡単に手続きできそうなのに、戸籍謄本までが必要で大変だね。

最近ね、パスポートで何人ってわからないものなのかもって思ったことがあったよ。というのも、香港生まれで、オーストラリアで永住権持ってる子は、中国とイギリスとオーストラリアのパスポート持ってたよ!

てか、何人ってなんだろうって思う。。。
だって、国籍とアイデンティティは必ず一致するとは思えないし。


国籍 * jiji * 2010/12/30 (11:21) * URL * 編集

確かに国籍とパスポートが”日本”でも、育った場所や両親の出身地などによって、見た目や考え方、生活習慣はどちらかというと外国風な人も、特に東京ではたくさんいるよね。
今後もそういう人がどんどん増えていくんだろうね。

国籍とアイデンティティについては、私もたまに考えることがあるけど、面白いディスカッションができそうだよね!
コメントする * * *












      
トラックバック
トラックバックURL
http://jijimilano.blog108.fc2.com/tb.php/295-f29fdfb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。