バーレーンに引っ越しました♪
2014年11月26日、無事バーレーンに到着しました♪
その後の日常は、jijiのバーレーン日記で更新しております。
20130216CIMG2385.jpg

--/--/-- スポンサー広告   EDIT  TOP
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/02/22 生活 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
初めにその異変に気がついたのは、先週の土曜日。
Simoの両親の家の洗濯機もそうなのですが、現在新居で使っている洗濯機は洗濯終了までなぜか約2時間半もかかるため、その日も洗濯機をまわしてからSimoとお散歩へ出かけていました。
帰ってきてから、いつもは電源のランプが点滅しているのに、その日は点滅をしていなかったので、変だなと思いながらも、気にせず洗濯物を取り出し始めました。
なんだかいつもよりも洗濯物が湿っていると思ったら、なんと洗濯機の底にはまだたくさん水が溜まっている状態。
どうやら洗濯の途中で止まってしまっていたようでした。
その時はもう夜7時頃で、カスタマーサービスも既に閉まっているだろうと思ったので、その日は仕方なく手で一つ一つ洗濯物の水を絞りながら干していくことに。
これが思ったよりも体力のいる作業で、いつもは柔軟剤から香る良い匂いもなぜかせず、ようやく干し終える頃には体力的にも精神的にもとても疲れていました・・。
更に、絞り方が十分ではなかったようで、床が水浸しになってしまったので、あちこちに干した洗濯物の下にタオルを敷くことに。
いつもはスペースの関係でベッドルームの片隅に洗濯物を干していたのですが、あまりに水が落ちてくるため、その後急遽フローリングのベッドルームからタイル敷のバスルームに全て移動をしました。

洗濯機があるという有り難さを痛感した出来事でした。

その晩は洗濯機のコンセントを抜いて寝たのですが、翌日の日曜日、ふと思い立って、洗濯機は空のまま試しに始めからまわしてみることにしました。
すると驚いたことに、今度は普通に最後まで問題なく終わりました。
普段なら翌日にはほとんど乾いている洗濯物も、今回は完全に乾くまで3日ほどかかってしまいましたが、とりあえず洗濯機が自然に直ったという嬉しさで、それまでの疲れなども吹っ飛んでいました。

しかし、そんな中で今日再び洗濯をしたのですが、また土曜日と同じく水がたくさん底に溜まった状態で止まってしまいました・・。
更に、機械の右上にある番号のふってあるノブがカランカランという音をたてながらずっとゆっくりとまわり続けていて、これは完全に壊れてしまったのだと思いました。
早速Simoに電話で伝え、大家さんに連絡をとってもらうことにしました。
イタリアでは何でも対応が遅いことが多いのですが、洗濯機がないと本当に困るので、早いうちに解決して欲しいと思います。

P1060669_convert_20110223041804.jpg
壊れてしまった洗濯機
コメント
コメントする * * *












      
トラックバック
トラックバックURL
http://jijimilano.blog108.fc2.com/tb.php/346-5316ec64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。