バーレーンに引っ越しました♪
2014年11月26日、無事バーレーンに到着しました♪
その後の日常は、jijiのバーレーン日記で更新しております。
20130216CIMG2385.jpg

--/--/-- スポンサー広告   EDIT  TOP
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/02/28 生活 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
今日は午後、洗濯機の修理工(mecanico)の男性が家に来て、洗濯機を直してくれました。

先週の木曜日にSimoが修理依頼の電話をして、本当は翌日の金曜日には来てもらえることになっていたのですが、当日お昼頃に電話があり、体調不良のため月曜日へ変更をお願いされていました。
今日は時間通りにその男性が到着、故障の詳細を伝え、早速作業にとりかかってもらいました。
支払いのことなど、少し不明な点があったため、Simoも仕事を抜けて家に戻ってきていたので、特に問題はなく1時間ほどで終わりました。

ただ、日本では修理の際には、どうしても必要な時以外は家の住人(お客様)の手を煩わすことなく、最後には全て周りの物もきれいに元通りにして帰るものだと思いますが、イタリアではこうした時は色々と話しかけられることも少なくなく、最後に部品の欠片や段ボールなどのゴミは全て置いて帰るのが普通のようです。
今回も例外なく、床の水を拭くためのタオルや、溜まった水をすくうためのボトルなどを貸すよう頼まれ、最後に洗濯機は元の位置に戻してくれたものの、貸したタオルやゴミ、箱などが辺りに散らばっている始末でした・・。
それでもこの男性は、今までの人と比べると、とても真面目な雰囲気で丁寧に対応してくれたので、特に嫌な気分はしませんでしたが。

さて、洗濯機の何が問題だったのかというと、単に洗濯機から出ているチューブの中に年々蓄積されてきたゴミなどが詰まり、水が通らなくなってしまっていたそうです。
費用は意外と高く、チューブの交換と修理代で合わせて150ユーロ。
洗濯機は私たちが購入したのではなく、元々アパートに置いてあったものなので、Simoが大家さんにこの修理費用を払ってもらえるかどうか聞いてみるそうです。

とりあえずは特に大きな問題なく直り、良かったです。

P1060699_convert_20110228231311.jpg

このアパートに越してきてから使っていたSOLEという柔軟剤入りの液体洗剤がなくなったので、今日スーパーに行った時に、"新処方(nuova formula)"という言葉に惹かれ、Dixanという違うブランドの洗剤を買ってみました。
使うのが楽しみです。
コメント
コメントする * * *












      
トラックバック
トラックバックURL
http://jijimilano.blog108.fc2.com/tb.php/349-4354f22d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。