バーレーンに引っ越しました♪
2014年11月26日、無事バーレーンに到着しました♪
その後の日常は、jijiのバーレーン日記で更新しております。
20130216CIMG2385.jpg

--/--/-- スポンサー広告   EDIT  TOP
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/02/25 住居 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
Simoがとても広くていい家があると言うので、今朝9時半に見学の予約を入れ、見に行って来ました。

Simoは月曜日に1軒別のアパートを一人で見てきたのですが、
私はその時に一緒に行くことが出来なかったので、私にとっては3件目のアパート見学です。
場所はミラノの南部で、黄色のラインのメトロの駅が徒歩5分くらいの所にあります。
私の学校まではDuomoの駅で赤のラインに乗り換えなくてはいけないのですが、
Simoの職場までは乗り換えなしで行くことが出来ます。

思ったよりもそのアパート近辺の交通渋滞がひどく、
今日は不動産屋さんの担当者との待ち合わせに2、3分ほど遅れてしまいました。
ただ、今日は担当者の男性一人のみで、大家さんは一緒に来ていなかったので、
前回よりもリラックスしてゆっくりアパートを見ることが出来ました。
値段は先週見に行って気に入ったアパートよりも少し高めですが、
交渉して安く出来るとのこと。

今回のアパートの特徴はとにかく天井が高いこと、そしてベッドルームが2つあることです。
私たちの予算内で買えるミラノ市内のアパートで、
2つベッドールームがあるものはなかなかありません。
あと、天井が4メートルくらいの高さがあったからかもしれませんが、
それぞれの部屋がとても明るく広く見えました。

一つSimoが気に入らなかったのは、アパートの建物が、
よくある大型の集合住宅タイプだったことです。
日本では、建物の外見は飾り気のない大きなアパートやマンションがほとんどだと思うので、
私にとってはあまり重要視する点ではないのですが、SimoもSimoの両親も、
そういったアパートの外見に結構うるさいところがあります。
しかも、ただ“新しくて綺麗”とか“ゴテゴテ”していればいいという訳ではないようで、
何十年も前に建てられた荘厳な雰囲気の建物がBello(美しい)と言うかと思えば、
逆に比較的シンプルな装飾で日本ではないようなカラフルなアパートの写真を
興奮しながら見せてくることもあります。
アパート内部の間取りやスタイル、そして窓からの景色に関しては
Simoと私の意見が合うことがほとんどですが、アパートの外見については、
日本人の私にとってイタリア人のこだわりはまだよく理解出来ないところがあり、
Simoの考えにただ任せています。

今回のアパートは私から1つ難点を挙げるとすれば、エレベーターが古く、
また周りに金網が張ってあり少し怖いイメージがありました。
ただ、Simoはこの点は全く気になっていないようなので、
総合的に見ると今日のこのアパートが第一候補となっています。
アパートの内装や雰囲気は購入する家具次第でいくらでも変えることが出来ますが、
広さや天井の高さは変えられないというのが大きな理由です。

明日も一つ家を見に行くようなので、とても楽しみです。



コメント
コメントする * * *












      
トラックバック
トラックバックURL
http://jijimilano.blog108.fc2.com/tb.php/43-3ad6d158
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。