バーレーンに引っ越しました♪
2014年11月26日、無事バーレーンに到着しました♪
その後の日常は、jijiのバーレーン日記で更新しております。
20130216CIMG2385.jpg

--/--/-- スポンサー広告   EDIT  TOP
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/07/01 ミラノのこと COMMENT(2)  TB(0)  EDIT  TOP
今日は金曜日。今晩から月曜日の朝にかけて、この夏初めての海に行くことになりました。
そんな訳で今朝はGaggianoでお隣のアパートに住むFra一家にミミの世話を頼み、車をGaggianoに置いていくことにしたので、久しぶりにSimoと2人公共バスを使ってミラノまで来ました。
バス停近くのバーでバスの券を買い、カプチーノとブリオッシュを食べながらバスを待つこと20分。
バスが到着する時間になりバス停へ行ったのですが、いつものごとくバスは遅れ・・そんな中、反対側の車線を見たことのない青いバスが走り去って行きました。
見ると、バスの運転席の前には段ボール紙のようなものでAbbiategrassoと書かれたボードが置いてあったのですが、どう見ても小さめの観光バスにしか見えませんでした。
Simoは、どこかの企業が使っているバスがたまたま通っただけだよと言っていたのですが、しばらくすると私たち側の車線にも同じバスが。
すごい勢いでバス停の前を通り過ぎて行ったので、きっとやはり関係のないバスだと思ったのですが、すると少し先で急にそのバスが停まり、同じバス停で待っていた人のうち数人がバスに向かって走って行くのが見えました。
もしかしたらと思い、Simoと一緒に全力で走りようやくバスに乗ると、見かけは違うものの、実は普段のATMのバスと同じくRomolo駅へ行くバスだったということが分かりました。

バスは空いていたのでSimoと一番前に座ったのですが、次のバス停から乗ってきたおじさんとバスの運転手さんとの会話の中で、どうやらRomolo駅からAbbiategrassoとRosateに行くバスのみ、ミラノ市が運営するATMに代わりIrisbusというプライベートの企業が運営することになったようです。
その後も停まるバス停ごとに、このバスを見上げながら困惑した顔をしている人を多く見て、この新しいサービスについて知らなかったのは私たちだけではないことが分かりました。
今までのATMのバスの運転手さんとは違い、このバスの運転手さんはまだこの道の運転に慣れていないためか、頻繁に手元にある紙を見ながらもすごいスピードで走っていて、バス停で人が手を振っているのに停まるどころか気がつかずに全力で走り過ぎてしまうことも何度かありました・・。
あるバス停では停まったものの、なかなかバスのドアを開けようとせず、乗客がバスに近づいたところでようやく、乗るんだったら手を挙げなくちゃ分からないよとぶつぶつ文句を言いながらドアを開ける始末。
唯一新しいバスで良かったことは、バスがとても新しく、ふかふかのクッションのついた席がとても心地よいことでしょうか。

それにしても、こんな大きな変化があるのなら、前もって新聞に大きく告知しておくか、少なくともそれぞれのバス停に張り紙をしておくべきだと思います・・。
乗客たちがそれぞれ乗車時に「このチケットは使えるの?」、「新しいバスのスケジュールをちょうだい」などと運転手さんに質問をするため、今日は道路の渋滞がほぼなかったにも関わらず、Romolo駅に着くまでにやけに時間がかかりました。
まだバスの車内にはバスの券のための日時の刻印機がなく、今日はチケットを見せるだけで乗れてしまったのですが、今後この新しいサービスがどのようになっていくのか気になるところです。
コメント

* れいこ * 2011/07/18 (12:00) * URL * 編集

超適当だね!
通勤時ならイライラしてしまいそう。
イタリア人はおだやかでのんびりした性格なんだね。

そうだね * jiji * 2011/07/21 (17:09) * URL * 編集

良く言えば、のんびりしているのかな(笑)
時間や礼儀に厳しい日本人は、絶対に住めない国かも!
コメントする * * *












      
トラックバック
トラックバックURL
http://jijimilano.blog108.fc2.com/tb.php/431-6aa3f419
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。