バーレーンに引っ越しました♪
2014年11月26日、無事バーレーンに到着しました♪
その後の日常は、jijiのバーレーン日記で更新しております。
20130216CIMG2385.jpg

--/--/-- スポンサー広告   EDIT  TOP
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/07/22 レストラン COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
昨晩はGaggianoの運河沿いにあるレストラン、Osteria di Gaggianoで夕ご飯を食べました。

特に下調べをした訳ではなくふと思い立って行ってみたこのレストランは、内装はそこまでお洒落な雰囲気ではなく、中へ入り出迎えてくれたのも少し太った人の良い近所のおばさんという雰囲気の女性。
そんな訳で注文をしてからもあまり味に期待をしていなかったのですが、テーブルに運ばれてきた料理はどれも想像以上に美味しかったです。

前回前菜、プリモ、セコンドと全てオーダーしてお腹がはち切れそうになった経験があるので、今回は前菜は飛ばしてプリモとセコンドのみにしました。
プリモにはそのお店唯一のリゾットであるRisotto alle fragole、なんとイチゴを使ったリゾットがあったので恐る恐る注文してみました。
パンを食べながら待つこと約10分、出てきたのは本当に上にイチゴののったシンプルなリゾット。
脇には甘いイチゴのソースも添えられていたのですが、これが想像していたよりもリゾットと合い、意外と違和感なく食べられました。
お米も固さ味共に良く、とても美味しく頂きました。

P1070284_convert_20110722192920.jpg
Risotto alle fragole

そしてSimoの注文したTagliolini alla carbonara di mare(海のカルボナーラのタリオリーニ)。
タリオリーニという平たくて細いパスタを海の幸とサフランのクリームソースでからめたものだったのですが、これも本当に美味しくて、感動しました。
どちらもとても斬新なアイデアの料理で、普段とは違う味覚が刺激されたような気がしました。

P1070285_convert_20110722193442.jpg
Tagliolini alla carbonara di mare

その後セコンドには、Filetto con panna e senape(マスタードクリームのステーキ)と Gligliata di carne(お肉のグリル)を注文しました。
マスタードクリームのステーキはレアに近いミディアムだったのですが、お肉が本当に柔らかく、ソースの味がとても良かったです。
お肉のグリルは見た瞬間量の多さに驚きましたが、Simoはなんとか食べきっていました・・。
こちらはソースは特になく、グリルしたお肉そのものの風味を味わえます。
付け合わせ(contorno)にはトマトのサラダとポテトフライ。
どれもとても美味しかったのですが、またまた食べ過ぎてしまい、結局デザートもエスプレッソもなしで食事を終えました・・。

P1070287_convert_20110722193612.jpg
Filetto con panna e senape

P1070289_convert_20110722193736.jpg
Gligliata di carne

P1070279_convert_20110722194150.jpg
食前に出てくるパン

プリモが9ユーロから13ユーロ、セコンドが15ユーロと、このカジュアルな雰囲気のレストランにしては値段はそんなに安くはないのですが、量の多さと、なにより味が本当に素晴らしかったので、この値段にも納得という感じです。
次に来るときには、2人でセコンドは1つだけにしようと思いますが・・。
ウェイターさんもとても雰囲気が良く、おススメのレストランです。

Osteria di Gaggiano
Via Roma, 76
Gaggiano (MI)
Tel: 02 9081621

P1070277_convert_20110722194047.jpg
レストランの外観

P1070276_convert_20110722193843.jpg
レストランの前を流れる運河
夜9時半頃だったのですが、丁度日が落ちるところでとても綺麗でした。
コメント
コメントする * * *












      
トラックバック
トラックバックURL
http://jijimilano.blog108.fc2.com/tb.php/446-6d9a6d02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。