バーレーンに引っ越しました♪
2014年11月26日、無事バーレーンに到着しました♪
その後の日常は、jijiのバーレーン日記で更新しております。
20130216CIMG2385.jpg

--/--/-- スポンサー広告   EDIT  TOP
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/10/17 住居 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
先週全てのリフォーム会社からのお見積もりが揃ってから、一番安い会社に頼もうにも、あまりにも他の会社との金額の差が大きいため、本当にこの会社は信用出来るのかどうかというのが気になっていた私たち。

そんな中Simoがふと思いついて、長年Simo家がお世話になっている隣人であり、Gaggianoの町とその近郊のことなら何でも知っている(顔が広い)Fra一家に電話をして、このリフォーム会社について何か噂を聞いたことがあるかどうか聞いてみることにしました。
夜9時頃だったのですが、Fraに電話をしてからたった20分ほどでFraから折り返しの電話があり、知り合いのおばさんで1人以前この会社にフローリングのリフォームを頼んだ人がいたとのこと。
このおばさんによると、この会社はとても素晴らしい仕事をしてくれて、好印象だった上、このおばさんの更に知り合いの人もこの会社を以前利用しとても良かった(bravo)との情報をくれました。
これにはSimoも嬉しそうで、ようやくこの小さなリフォーム会社に仕事を頼む決心がつきました。

こうしてついに依頼先も決まり、土曜日の午前中はそのリフォーム会社の人が新居に来て内容やスケジュール、支払いなどの最終的な打ち合わせをしました。
そしてリフォームなどの騒音が出る作業の前には必ず建物全体の住民に知らせるための張り紙をしなくてはならないそうで、その紙(リフォームの担当者が準備してくれたもの)を建物の入口2カ所に貼りました。

一通り終えた後、午後はSimoと壁やフローリングの素材を見にAssagoにあるLeroy Merlinへ。
その日初めて知ったのですが、このお店では、壁やフローリングのタイルと木材については、Pronto Consegna(すぐに配送可能)という赤い札がついているもの以外はお取り寄せになり、約25営業日、つまり1ヶ月以上も待たなくてはならないそう・・。
リフォームに約1ヶ月かかるのですが、その期間内に資材が入手出来ないと意味がありません。
資材の種類が豊富なLeroy Merlinですが、こうしてすぐに買えるものだとデザインや色がとても限られてしまうのが難点。
それでも、そのすぐに配送可能なものの中からなんとか好きな色やデザインのものを幾つか見つけました。
資材は今度の週末までに購入をすれば間に合うので、それまでに他のお店で気に入ったものが見つからなければ、Leroy Merlinで見つけたものを買うことになりそうです。

そして月曜日の今日、いよいよリフォームが始まりました。
Simoの仕事の前に新居へ寄り、担当者に鍵を渡してきました。
前払金については、このリフォーム会社の方でもフローリングの下に敷く資材などの購入でお金がかかる上、水回りの工事は別途外注するとのことで、2,500ユーロを今日銀行振込で支払うことになりました。
残りの金額はリフォームが終わってからのお支払いとなります。

こういった小さな会社だと、税金を払わないで済むように現金でのお支払いをお願いされることも少なくないそうなのですが、Simoはそういうことはきちんと処理をしたかったようで、本来は9,000ユーロと言われたのですが、あえて10%の税金(IVA)をつけた9,900ユーロでの請求書を出してもらうことにしました。(リフォーム費用にかかる税金は、所有する1軒目の家なら10%、2軒目以降は21%と金額が変わるそうです)
ただ、この税金をきちんと支払うことで、向こう10年分のSimoの収入税の支払い時に、毎年300ユーロずつ控除が出来るそうなので、長い目で見ると、私たちにとってはプラスとなります。
他のヨーロッパの国々のように、イタリアも税金がとても高いので、こうして事前に仕組みについてよく知り、対処していきたいものです。

コメント
コメントする * * *












      
トラックバック
トラックバックURL
http://jijimilano.blog108.fc2.com/tb.php/501-a8bb5d6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。