バーレーンに引っ越しました♪
2014年11月26日、無事バーレーンに到着しました♪
その後の日常は、jijiのバーレーン日記で更新しております。
20130216CIMG2385.jpg

--/--/-- スポンサー広告   EDIT  TOP
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/10/24 住居 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
週末は新居のタイルとフローリングを見に何軒か郊外のお店をまわりました。

キッチンのフロア用のタイル、そしてバスルームの壁とフロア用のタイルは全て、Assagoの近くのRozzanoという町にあるIPERCERAMICAというお店で購入しました。
ここは土日とも結構混んでいて、店員さんと話すのに時間がかかりましたが、お手頃な値段のタイルやフローリング、シャワーブースや蛇口、シンクの栓などが揃っていました。
このお店に行くまでは、バスルームは壁フロア共に明るめのツヤツヤしたベージュにしようと思っていたのですが、お店でサンプルの写真を見ているうちにアイデアが変わり、ちょっとモダンに壁はツヤツヤした白、フロアはマットな黒に決めました。
それぞれ必要な量はリフォーム会社が予め指示してくれていたので良かったのですが、このお店では注文を受けてからオーダーするので、納品まで10日程度かかるとのことでした。
リフォーム会社に電話して確認すると、幸いその納品のタイミングでも大丈夫そうだったので、合計金額の50%分を支払い、オーダーをしてきました。

さて、フローリングはIPERCERAMICAでは種類が少なく好きなものが見つからなかったので、先週末も行ったLeroy Merlinへ再度行ってみました。
その前に1軒Milano Parquetという大きなフローリング専門店へ行って話を聞いて来たのですが、ここは高品質のフローリングが多いのですが、その分値段も高め。
一番安いもので55ユーロ/1㎡から、高いものは170ユーロ/1㎡以上のものまでありました。
念のためお見積もりをメールでもらうことにしたのですが(その場ではもらえないようです)、フローリングの値段に更に21%の税金(IVA)がかかると聞き、諦めることに・・。
そんな訳でLeroy Merlinへ足を運んでみたのですが、Milano Parquetで色々と話を聞き、たくさんのフローリングを目にしたお陰で少し目が肥えた私たち。
以前は気付かなかった、teakという種類の木で、木目がとても綺麗に出ているフローリングを見つけました。
Leroy Merlinでは、本当の木(legno vero)を使ったフローリングは17ユーロ/㎡から70ユーロ/㎡とMilano Parquetに比べるとお値段はとてもお手頃。
そしてなんと話をしたスタッフの女性から、今週28日(金)のみ、ディスカウントされていないフローリングが全て20%オフになるとの情報を聞き、その日に改めて来て購入することに決めました。
フローリングはリビングルームのみでなく、ベッドルームと廊下の分も購入しなくてはならず、合わせて70㎡にもなるため、20%の割引でもとても大きいのです。

Leroy Merlinでは、あとバスタブとキッチンのシンクも下見をしてきました。
もしかしたら、金曜日にまとめて買うことになるかもしれません。

とりあえず、大事なフローリングとタイルが決まったので、良かったです。

P1070674_convert_20111025004906.jpg
新居の現在の様子。
フローリングとバスルームのタイルは全て剥がされて、コンクリートも少し掘られた状態。
この後新しいコンクリートを流し入れて、保温材を置き、その後フローリングやタイルを敷くそうです。

P1070675_convert_20111025005035.jpg
バスルームもこんな感じ。

P1070676_convert_20111025005145.jpg
Milano Parquetで見せてもらった、Doussièという木の素敵なフローリング。

P1070677_convert_20111025005321.jpg
IPERCERAMICAで購入したキッチン用のタイル
コメント
コメントする * * *












      
トラックバック
トラックバックURL
http://jijimilano.blog108.fc2.com/tb.php/508-3ca36089
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。