バーレーンに引っ越しました♪
2014年11月26日、無事バーレーンに到着しました♪
その後の日常は、jijiのバーレーン日記で更新しております。
20130216CIMG2385.jpg

--/--/-- スポンサー広告   EDIT  TOP
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/10/27 住居 COMMENT(2)  TB(0)  EDIT  TOP
昨日はSimoの両親が来てくれて、今までにスーツケースや大きな紙袋にまとめた荷物の中で主に大事な物を全て車でGaggianoまで運んでくれました。
Simoの両親の車は大きめなので、かなりの量の荷物が運べて家の中もすこしスッキリ。

Simoのお父さんは更に、壁にかかっていた鏡や写真、ガラスの飾り棚などを外し、壁に残された穴を埋める作業もしてくれて、とても助かりました。

あとは土曜日の引っ越し本番の時に、大きな家具とトラックに入るだけの荷物を新居のガレージとGaggianoのSimoの両親の家へ業者さんに運んでもらい、その後残ったものがあれば、日曜日か月曜日に掃除をしに戻る時に全て持って行くという風に考えています。

ミラノの引っ越し屋さんの相場はよく知らないのですが、私たちは今回リフォームをしてくれている男性の息子さんが勤めているという引っ越し屋さんに400ユーロ(500ユーロから割引してくれました)でお願いすることにしました。
その前に電話で他に2つほど別の引っ越し屋さんにも聞いてみたのですが、大体600ユーロから800ユーロかかると言われました。
日本でも引っ越し費用は高いと聞きますが、アメリカで何度か引っ越しをした時には、田舎だったこともあるかもしれませんが、1時間29~39ユーロというところが多く、大体30キロ離れた場所でも男性2人で2時間ほどで作業が終わるため、チップを含めても、多くて100ユーロ程度しか払ったことがありませんでした。
それが今回現在のアパートからほんの15キロ離れた場所に引っ越しをするだけなのに、アメリカでの引っ越しと比べて予想以上に高かったので、びっくり。
私たちは引っ越しの費用にあまりお金をかけたくなかったのですが、このような安い引っ越し屋さんの場合は、箱の調達や梱包はもちろん自分たちでしなくてはならないし、更にあまり細々とした物などは基本的に運んではくれないようです。
しかも、壊れ物などはあまり頼まず自分で運んだ方がいいとSimoやSimoの両親が言うので、引っ越し屋さんを頼むにも関わらず結構自分たちですることも多く、意外と大変。

明日の朝はAssagoまでフローリングを買いにいくので、今日はこれからGaggianoに行って泊まる予定です。
引っ越しまでいよいよ2日。新しい生活が楽しみでもあり、また1年過ごしたこの家を出るのが寂しくもあるこの頃です。
コメント

* コジコジ * 2011/10/29 (14:03) * URL * 編集

いよいよですねーうちもオファーして家を買うことになりましたよ!
少し家が近くになりますよ笑 今よりは・・・
また落ち着いたらお会いしたいです。

おめでとう! * jiji * 2011/10/29 (22:43) * URL * 編集

コジコジさんへ、

家が決まったとのこと、おめでとう!
私たちも今日Simoの実家へ引越しを終えて、忙しい週だったので、なんだか気が抜けちゃいました(笑)
とりあえずリフォームが終わるまではのんびり出来そうです^^

コジコジさんにもまたぜひお会いしたいです☆落ち着いたらぜひお茶でも~♪
コメントする * * *












      
トラックバック
トラックバックURL
http://jijimilano.blog108.fc2.com/tb.php/513-cd10d603
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。