バーレーンに引っ越しました♪
2014年11月26日、無事バーレーンに到着しました♪
その後の日常は、jijiのバーレーン日記で更新しております。
20130216CIMG2385.jpg

--/--/-- スポンサー広告   EDIT  TOP
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/01/18 我が家の猫 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
ミミと新居での生活が始まり1ヶ月。
適応能力の高いミミは、元々の飼い主に私たちの以前のアパートに連れられて来た時と同様、まず家の中を全て歩いてチェックして回った後、すぐにベッドの上で毛繕いをしてリラックスした様子を見せたりと、すっかり新しい環境に馴染んでいたようでした。
その後年末年始に私とSimoが日本へ帰国することになり、その間はSimoの実家のお隣さんであるFrancaに面倒をみてもらっていたのですが、途中日本から1度電話を入れた時には、「いつも鳴いていて、とても寂しいみたいよ」と言っていて、予想していたこととはいえ、私たちも少し心配していました。

そしてミラノへ戻った夜、疲れていたもののミミのことを可哀相に思った私たちは、マルペンサ空港から戻る足でそのままミミを迎えに行くことにしました。
Simoの実家に着き玄関の鍵を回し始めると、すぐにミミの鳴き声が聞こえました。
中へ入ると、なんと声が枯れてガラガラ声になったミミがドアのすぐ向こうで待っていました。
私たちにまた置いていかれるかと思ったのか、私とSimoがミミの荷物をまとめ軽く掃除をしている間も、ずっと一生懸命後をついてくるミミ。
本当に寂しかったんだなと、少し申し訳ない気持ちになりました。

そしてまた変わらぬミミとの生活が始まったのですが、最初の数日は私がずっと家にいたところ、私がキッチンへ行っても、トイレへ行っても、一時も私の側から離れようとしないミミ。
それはまだいいのですが、時差ボケがあるわけではないのに朝4時、5時頃から大声で鳴き始め、起こされる日々が続きました。
私たちが起きないと、私たちの体の上を歩き回り、耳元で鳴くので、無視して寝ることも出来ません。
長い間独りぼっちにされたことへの腹いせか、私がミミを見て触ってあげないと、ほぼ1日中鳴き続けることもあり、パソコンも使えず、雑誌を見ることさえなかなか出来ず、まるで新生児がいるかのような生活でした・・。
さすがに鳴き疲れ、夜私たちと一緒にベッドに入る時にも、私たちにいつのまにか置いていかれるのを防ぐためか、私たちの足やお尻、背中の上で必ず寝ていて、こちらは寝返りさえ打てない始末。
まさに”ミミの逆襲”という名前がぴったりな日々でした。

ようやく昨日くらいから、よく喋る(文句を言う?)のは変わらないものの、昼寝の時間が長くなり、だいぶ落ち着いてきた様子です。
こんなことでは、次に2人で長期出かける時には、ミミも一緒に連れていかなくてはいけないねと、今からSimoと話しています・・。

P1080192_convert_20120117022927.jpg
ベランダでのお散歩が好きなミミ
コメント
コメントする * * *












      
トラックバック
トラックバックURL
http://jijimilano.blog108.fc2.com/tb.php/573-c2f61a3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。