バーレーンに引っ越しました♪
2014年11月26日、無事バーレーンに到着しました♪
その後の日常は、jijiのバーレーン日記で更新しております。
20130216CIMG2385.jpg

--/--/-- スポンサー広告   EDIT  TOP
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/04/03 レストラン COMMENT(2)  TB(0)  EDIT  TOP
しばらく夏日が続いていたのですが、週末から少し気温が下がり、今日はSimoの送り迎えはセーターにジャケット、そして厚手のスカーフを巻いて出かけました。
こんなに気候が急に変わると、また体調をくずさないように気をつけなくては・・。

さて日曜日の続きですが、Bresciaへ行った後はPavia県のBorgo Prioloという小さな村にあるCastello di Stefanagoというワイナリーへ行き、aperitivoをしてきました。
というのも、一昨年のクリスマスにSimoのお兄さんからもらったSmartbox(食事やホテルステイなど、もらった人が場所を選べるギフト)の使用期限が3月末だったので、425ものイタリア国内のレストランからSimoが場所を選び、1ヶ月ほど前に予約をしてくれていたのでした。
午前中に訪ねていたBresciaからは2時間ほどのドライブだったのですが、高速道路を下り、Vogheraという町を過ぎた辺りから、今までの真っすぐで平坦な道からは想像できない、まるでマルケ地方のような緑の丘が続き、最高の景色。
ミラノからはそんなに遠くないのに、ちょっとした旅行気分を味わいながら、目的のワイナリーへ向かいました。
カーブの続く山を抜けると、小高い丘の上にお城が。なんとそこが予約していたワイナリーでした。

フロントでaperitivoに来た旨を伝えると、まずはフロントの奥にあるワインを醸造している場所を案内してくれました。
石造りの建物だからかと思いますが、このお城の建物の中は涼しいというよりも寒いほどでした。
マルケにあるSimoの両親の家も、海沿いのアパートは暑いのですが(それでもミラノよりは過ごしやすいのですが)、山の上にある家の中は真夏でもひんやりしていてとても過ごしやすいのです(しかも海のアパートと山の家は、共通して蚊が全くいないところが私にとっては素晴らしい・・)。

少し話がずれてしまいましたが、ワインの大きな樽が並ぶ、地下でもないのにとても涼しいワイン醸造所を見て回りながら、この地方のことやワインの作り方などを説明してもらいました。
このお城ではお城の南西にあるぶどう畑から採れるぶどうを使って5種類の赤ワイン、5種類の白ワイン、そしてスプマンテなどを作っていて、年間にすると4万5千本のワインを出荷しているそうです。

さてワイン醸造の過程などを聞いてからは、お待ちかねのアペリティーボの時間。
外のテラス席に座り、ウェイターさんが持ってきてくれたサラミや生ハム、チーズなどを白ワイン(mullerというものを頂きました)、そして赤ワイン(Croatinaというもの)と一緒に楽しみました。
日本に住むワインやサラミなどが大好きな家族からは「本当にもったいない」と言われているのですが、実は私はもともとあまりお酒が飲めない上、チーズは小さい頃から好きだけれど、ハムやサラミ類に関しては、味がきつく塩辛く感じたのが理由で以前日本では全く食べませんでした・・。
日本で仕事を初めてからはほんのお付き合い程度でお酒を飲むようにはなったものの、もっぱら飲みやすいカクテルばかり注文していたし、ワインやハム類は本当にイタリアに来てからようやく少しづつ味わえるようになったという始末。
なのでもちろんワインの味なんて今でもまだよく分からないのですが、生ハムに関しては結構何でも食べるようになったし、特に少し脂肪がついたpancettaやラードは今では大好きになりました。
サラミに味が似たコテキーノも美味しいと思うようになってきたけれど、サラミはまだまだ修行が必要・・。

という訳で、残念ながらワイナリーに行っておきながら、ワインの味の解説は全く出来ないのですが・・でもSimoは全てとても美味しいと言って味わっていました。
ここは結婚式場としても貸しているそうで、湖などは見えないけれど、こんな緑の丘に囲まれたお城でする結婚式も素敵だなあと思いました。

Aperitivoは3月から10月までは毎日楽しめるそう。
もちろんSmartboxなしでも出来ますが、ワインを買うだけなのでなければ、予約は絶対にして行った方がいいと思います。
ミラノにお住まいの方には、ちょっとした週末の日帰り旅行におすすめです。(Serravalleアウトレットモールが近いので、行きか帰りに寄ってお買い物というプランもいいと思います)

Castello di Stefanago
Localita Stefanago
27040 Borgo Priolo (PV)
Tel: 0383 875227
Email: info@castellodistefanago.it
Sito: www.castellodistefanago.it

P1080515_convert_20120403060633.jpg
Aperitivoのおつまみ
このワイナリーで手作りしているサラミや生ハム(36ヶ月熟成されたもの)、地元で作られたチーズなど。
どれも美味しかったし、綺麗な景色を見ながらの食事はただただ最高でした。

P1080518_convert_20120403060956.jpg
デザートのアーモンドクッキー(torta di mandorle)

P1080521_convert_20120403230717.jpg
ワイナリーからの景色

P1080520_convert_20120403225938.jpg
本当に私たちの知るマルケにそっくり。
マルケの家に比べミラノからもずっと近いので、将来週末用の別荘を買おうかと本気で話し合っているところです。

P1080512_convert_20120403060110.jpg
ぶどうを収穫してからはまずこの金属の樽に入れて熟成(fermentazione)させます。

IMG_0741_convert_20120403230447.jpg
その後作るワインの種類により違う種類の木の樽に移し、12~24ヶ月更に熟成させます。

P1080513_convert_20120403060345.jpg
そして最後にボトルに入れ、出荷前に更に6ヶ月ほど置いて出来上がりだそうです。

P1080524_convert_20120403234658.jpg
私たちも素敵な時間を過ごした記念に赤ワインを買いました。
コメント

* nao * 2012/04/04 (14:43) * URL * 編集

ワイナリーからの景色の写真を「ここ、どこだと思う?」って旦那に聞いてみたら「マルケのどこかじゃないか。」って答えが返ってきました。私も似てるなあと思いました。

更に、「jijiさん達、将来田舎に別荘買うんだって~。私も週末用にミラノかローマかフィレンツェに別荘買いたいなあ。」って言ったらプッと吹き出されてしまいました。v-40

ワイナリー * jiji * 2012/04/05 (22:24) * URL * 編集

naoさん、

マルケ在住の方にそう言ってもらえると、なんだか嬉しいです^^
ロンバルディアは平坦な土地ばかりというけれど、こんな綺麗な場所もあったんだなあと。

別荘はもちろん今すぐではなく、そのうちに買いたいなあ~という計画なのですが、今住んでいるアパートを買うだけでも悩みに悩み、時には落ち込み、ようやく・・という感じだったので(もう将来引っ越しなんて出来れば二度としたくないねと話しているくらいなので 笑)、ほんといつになるかは。。。

ミラノ、ローマかフィレンツエに別荘を持つなんて、かなりラグジュアリーですよね!
コメントする * * *












      
トラックバック
トラックバックURL
http://jijimilano.blog108.fc2.com/tb.php/630-7d45526a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。