バーレーンに引っ越しました♪
2014年11月26日、無事バーレーンに到着しました♪
その後の日常は、jijiのバーレーン日記で更新しております。
20130216CIMG2385.jpg

--/--/-- スポンサー広告   EDIT  TOP
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/04/10 Simoのこと COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
イースター明けの火曜日の今日、Simoは仕事に戻りましたが、まだ休暇に入っている人が実は結構多いのか、朝の高速は渋滞が全くなく、とてもスムーズでした。

さて、Simoが新しい職場に移って早一週間。
入ってすぐに7月いっぱいまでかかる大きなプロジェクトがあり(今年イタリア国内で一番大きなファイナンスの取引になるそう)、前の職場と同じく毎日夜8時くらいまでは仕事をしているものの、幸いなことに仕事の満足度は今のところとても大きいそう。
ただ、まだ職場のあらゆる場所で必要となる社員バッジが出来ていないらしく、先週は毎日お客さんとして受付でIDを提出して手続きをとらなければならなかったのですが、そのバッジがないため金曜日は午後2時までには時間厳守で職場を出なくてはならないと受付に言われたそうで、私にその時間に会社の前に迎えに来てと電話がありました。
金曜日はもともと普通でも仕事は午後1時に終わる(全従業員対象)と聞いてはいたものの、前の職場ではそんなことはあり得なかったので、家を出るまでに時間があったのでお弁当を作りながらも、本当にそんな時間に仕事が終わるのか半信半疑でSimoの会社まで向かった私。
午後2時のぎりぎりまで仕事をしていたらしいSimoは、直属の上司と周りにいた数人の同僚にだけ挨拶をしてとりあえずバタバタと出て来てしまったそうなのですが、その後Simoが所属する部署の一番のボスが見当たらず挨拶が出来なかったということで一度オフィスに戻ろうとしたところ、受付の人はSimoが正式な社員であることを知りながらも、「規則なので、午後2時以降はもうあなたは何がなんでもオフィスへ入ることが出来ません。もし入りたい場合は、社長に連絡をして許可をもらわなくてはならないけど、どうしますか?」と言われ、諦めたそう・・。
文字通りオフィスから閉め出されたSimo。あまりの厳しさに、逆におかしくて2人で吹き出してしまいました。
その後は天気の良い中、会社の近くの広場にあるベンチでお弁当を食べながらピクニックをしたのですが、そんな平日の昼間Simoと一緒に居ることに、とても違和感を感じました・・。

ちなみに新しい職場であるこのガス会社は、San Donatoという地下鉄黄色線の最終駅から徒歩10分ほどの場所にあり、社員用の駐車場はないものの(5年ほど前までは完備していたそうなのですが、その後オフィス用のビルを建設してしまったそう)駐車スペースは近くにたくさんあるため、車通勤ですがとても快適です。
ここSan Donatoは今回Simoの仕事のことがあり初めて訪れたのですが、町の中心部は緑が多く広々としていて、雰囲気は良いです。
ガソリンスタンドをよく見かけるEniという会社の本社があり、町中はガソリンスタンドを含め他の会社のビルの多くが(近くの通りに生い茂る木々までも)このEniによって建設されたそうで、Eniの黄色い看板が目立ちまるで小さなEniタウンといった感じ。
Simoの同僚の話によると、ほんの10年ほど前までは、Eniの社員全てにここSan Donatoで社宅が支給されていたそうです。
今ではそこまでの福利厚生はないものの、6歳までの子供が入れる大きな保育園(nido)や、社員食堂(mensa)などが、Eniのグループ会社であるSimoの勤務先含む全ての従業員に格安で提供されています。
この社員食堂は前の職場ではなかったものなのですが、Simoはとても気に入っていて、毎日の楽しみの一つのようです。
一回たったの1.10ユーロで3種類のプリモ、3種類のセコンド、多国籍料理、飲み物、エスプレッソの中から好きなものを選ぶことが出来るそうで、他に前菜やデザートまで食べても2ユーロもしないそう。
しかも内容は全て日替わりなので、毎日通っても飽きることがありません。
という訳で、ブログには最近のせていなかったものの続けていたお弁当ですが、新しい職場になってからは作るのをやめてしまいました・・社員食堂の方がお弁当を作るよりもよっぽど安いし、作りたてのご飯の方が絶対に美味しいですもんね・・。

一つ驚いたのは、Simoの現在の会社での契約について。
例えば日本では年の休暇日数や昇給の条件、仕事内容などの契約の詳細は、例え同じ業種でも会社によって全く違うのはもちろん、例え同じ会社内でも個人によって異なってくるのではないかと思いますが、イタリアではもちろん給与などの待遇の一部は人により変わるものの、産業の分野ごとに基本的な契約内容はイタリア全土で全従業員同じく定められているのだそう。
Simoの会社はenergia e petrolio(エネルギーとオイル)の分野に入るので、その分野のcontratto collettivo nazionale di lavoro(国が定めた労働協約)という340ページにも及ぶ契約書の本をもらってきました・・。
少しだけ読んでみたけれど、分からない単語が多すぎて即ギブアップ。
人のことだからいいけれど(笑)、でもこれが自分の契約書だったとしても・・ちょっと全て読む気にはなりませんね・・。

P1080537_convert_20120411011704.jpg
Simoの会社の前の通り
以前勤務していたDuomo近辺とは大違い・・。閑静な住宅地の中にあり、緑が多く、一日を通して鳥のさえずりが聞こえます。

P1080535_convert_20120411012127.jpg
会社の前に見える教会前の広場
毎週火曜日に市場(mercato)が開かれます。

P1080536_convert_20120411011507.jpg
広場の向かいにあるモダンなデザインの教会

P1080542_convert_20120411013651.jpg
Simoの契約書。契約書というより、本です・・。
コメント
コメントする * * *












      
トラックバック
トラックバックURL
http://jijimilano.blog108.fc2.com/tb.php/634-cbc7c995
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。