バーレーンに引っ越しました♪
2014年11月26日、無事バーレーンに到着しました♪
その後の日常は、jijiのバーレーン日記で更新しております。
20130216CIMG2385.jpg

--/--/-- スポンサー広告   EDIT  TOP
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/05/06 生活 COMMENT(2)  TB(0)  EDIT  TOP
最近のミラノは日がどんどん延び、夜の9時過ぎまで明るくなりました。
日が長いのは嬉しいけれど、夜8時頃に夕食を食べていても、まるで早めの夕方に食事をしているような、変な気分です。

もうミラノの中心部で仕事をしていない今、人の多いミラノへわざわざ行くことを嫌うSimoですが、昨日の土曜日は珍しくSimoの提案でミラノへお散歩に行ってきました。
土曜日だったのでいつも駐車をしているPrimaticcioの南側の大通りも駐車スペースはガラガラ、一つ先のBande Nere駅の近くに駐車をして、Paganoの方面へ歩いて行きました。
朝はお天気が良さそうだったので結構薄着で出てきてしまったのですが、いざ歩き始めてみると思ったよりも肌寒く、しばらくすると雨が降ってきました。
Simoがお散歩途中で思い立って、急遽友人であるKatia&Angelo夫婦とColonne di San Lorenzoの近くでランチをすることになったのですが、そういう訳でDuomoまではメトロで行くことにしました。
メトロを下りてからは雨が一層激しくなってきたのでまずは傘を買うことに。
こうした急に傘が必要な時は、その辺を歩いている物売りから買うのが一番安いのですが(確か3ユーロくらい)、なんとなくその日は物売りたちと話をする気分ではなかったので、近くにあるOVSのお店でピンク色の大きな傘を買いました。
道沿いにある小さなお店を覗きながら、待ち合わせ場所へ。
その頃にはここ最近珍しいほどの大雨になってしまい本当に寒かったので、目的地の近くで見つけたカジュアルだけれど雰囲気の良いレストランで直接会うことにしました。
レストランについてはまた別のブログで書こうと思います。

楽しいランチを終えてから、しばらく外を歩いたのですが、一向に雨の止む気配がないので、Katiaたちとはそこで別れ、私たちもすぐに家に戻ることにしました。
家に帰ってから日本の家族とスカイプで話をしていたのですが、急に外からスカイプの声が聞こえにくくなるほどの騒音が聞こえました。
見ると、今まで降り続いていた雨が一転、大粒のヒョウ(grandine)になり、ものすごい勢いで地面を打ちつけていました。
あっという間に辺りはまるで雪が降ったかのように一面真っ白。
イタリアに来てから以前も一度ヒョウが降ったことがあったと思いますが、今回のヒョウはあまりの勢いのすごさに、外に停めているSimoの車の天井がへこんでしまうのではないかと心配になるほど。
ランチの後、ブラブラせずに家に戻ってきていて本当に良かったと思いました。

今朝ベランダのお花たちに水をあげるために外に出たのですが、結構頑丈で固めの葉っぱをつけたお花の葉が全て、たくさんの穴があいてしまっていました・・昨日のヒョウの凄まじさを改めて感じました。

DSC_0181_convert_20120507044006.jpg
ヒョウの止んだ後の景色

IMG_0895_convert_20120507044411.jpg
Colonne di San Lorenzoの近くにあるParco delle Basilicheという公園

IMG_0896_convert_20120507044615.jpg
雨のColonne di San Lorenzo
コメント

管理人のみ閲覧できます * - * 2012/05/07 (14:03) * * 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ヒョウ * jiji * 2012/05/08 (20:52) * URL * 編集

鍵コメさんへ、

コメントをありがとうございます!
写真ではもうひょうが収まっていますが、降っている時は本当に凄まじかったです・・。
日本もひょうが降ったと聞きました。本当に偶然ですね。

以前にもたまにこちらで大雨が降っていると日本でも大雨だったり・・こんなに地理的には遠いのに、天候が同じことがあるので驚いています!
コメントする * * *












      
トラックバック
トラックバックURL
http://jijimilano.blog108.fc2.com/tb.php/648-5f130b09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。