バーレーンに引っ越しました♪
2014年11月26日、無事バーレーンに到着しました♪
その後の日常は、jijiのバーレーン日記で更新しております。
20130216CIMG2385.jpg

--/--/-- スポンサー広告   EDIT  TOP
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/04/12 生活 COMMENT(0)  TB(0)  EDIT  TOP
今朝はSimoと一緒にミラノまで来て、買い物をして帰る予定だったのですが、ミラノまで来てから携帯電話を家に忘れてきたことに気づきました。
私は少し買い物をしてすぐ家に帰るので大丈夫と言ったのですが、心配性のSimoは自分の携帯電話の充電が切れそうなので、職場で充電してから1時間後に私に渡すと言い張り、結局11時15分にSimoの職場の前で会うことに。
その間Duomoの近辺で待っていることも出来たのですが、トラムで10分ほどの所にあるお店に行くことにしました。

さて、買い物を終え、いざ帰ろうとトラムの停留所でトラムを待っていたのですが、その時間なら8分おきに走っているはずのトラムが20分待っても一向に来る気配がありません。
一度、放課後クラスメートの家に行ったときにも、乗っていたトラムが急に停まり、アナウンスもないまましばらく動かないことがありました。
外に出てみると私が乗っていたトラムの前を走っていたトラムが故障して停まってしまったようでした。
いつ復旧するかも分からなかったので、仕方なくクラスメートの家まで歩いていったことを思い出しました。
その時は特に急いでいなかったし、幸い天気が良くクラスメートの家もそこまで遠くはなかったので大した問題ではなかったのですが、今日はSimoとの待ち合わせの時間があるので、とても焦りました。

近くにタクシーも見当たらず、どうしようかと考えた挙句、仕方なくトラムで来た道を歩いて戻ることに。
運良くしばらく歩いて行くと、Duomoの2つ手前の駅近辺を通る別のトラムと合流していたので、そのトラムに乗り無事に戻ることが出来ました。
でも結局Simoの職場にたどり着いたのは11時50分、約束の時間を大幅にオーバーしてしまい、さすがにSimoがまだ入り口の前で待っていないことを確認し少しホッとしながら、会社の受付へ。
Simoの仕事中に職場の中へ行くのは本当に気が引けたのですが、携帯電話どころかSimoの職場の電話番号さえも手元になかったため、受付まで行ってSimoを呼び出してもらうしかありませんでした。
Simoは席にいないので今探してもらっているとのことで、受付のソファに座り待つこと5分ほど、Simoとようやく会うことが出来ました。
なんとSimoは私が職場のビルの前に現れないことを心配し、しばらく待った後、近くの本屋さんなど私が居そうな場所を全て探して歩き回っていたそうです。
トラムが来なかったのは私のせいではないのですが、Simoに申し訳ないことをしたなと思いました。

それにしても、頻繁に起こるストライキといい、すぐ故障してしまうトラムといい、こういった事がよく起こるから日本人に比べイタリア人は時間に関してルーズな人が多いのかなと思います。
日本だったら、この様なことがあると運転手さんが乗客に謝罪の言葉をかけるものだと思いますが、こちらでは謝罪どころか社内アナウンスさえなく、乗客もそれで特に怒る様子もなく、“あー、またか”といった顔をして理由なども確かめずに降りて歩いて行きます。
友人との約束ならそれで済むかもしれませんが、例えば大事な会議があるとか、飛行機の時間に間に合わないないなどの事態だったら、どうするのだろうと思います。
そう考えてしまうこと自体、日本人的なのかもしれませんが・・。
コメント
コメントする * * *












      
トラックバック
トラックバックURL
http://jijimilano.blog108.fc2.com/tb.php/95-08caa04d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。